pagetop

最高のアテンザワゴン中古車を購入するためのおすすめ条件と探し方

最高のアテンザワゴン中古車を購入するためのおすすめ条件と探し方

ステーションワゴンは大人数での移動に最適で、ファミリー層には特に人気のある車種です。

中でもマツダ・アテンザワゴンは、マツダらしいスポーティーなデザインや性能の良さなどから、数あるステーションワゴンの中でもトップクラスの人気を誇っています

ただ新車での購入となると値段が張るのも事実。中古車を候補に入れることで、お得にアテンザワゴンに乗ることができます。

この記事では、「新しいアテンザワゴン中古車に乗りたい人」「低価格でアテンザワゴン中古車を購入したい人」の2つのタイプに分けて、それぞれに最適な中古車条件と具体的な探し方をお伝えしています。

また、中古車につきもののリスクのある中古車の見分け方についても詳しく紹介しています。

これを最後まで読めば、誰でも簡単に予算内で好条件のアテンザワゴンが探せるようになっています。ぜひ最後まで読んでいただき、あなたの中古車選びに役立ててください。

アテンザワゴンの魅力とライバル車を解説

まずは、アテンザワゴンの基本情報と特徴、そしてその魅力、ライバル車と比べた時にどこがどのように優れているかなどをお話していきたいと思います。

アテンザワゴンのおすすめポイントと向いているタイプ

アテンザワゴンのおすすめポイントは数多くありますが、代表的なものは下記になります。

  • 燃費の良さと維持費の安さ
  • 街乗りに適した加速の良さ
  • マツダ車らしいスポーティーかつ流麗なデザイン

それぞれ、以下から詳しく解説していきます。

燃費の良さと維持費の安さ

アテンザワゴンの最大の特徴は燃費の良さです。アテンザワゴンの現行型の燃費は、22.2km/Lです。これは、一部ハイブリッド車や軽自動車よりも優秀な数字です。さらにアテンザワゴンは、ディーゼルエンジンですので、ガソリンではなく軽油が燃料です。

2017年2月現在の軽油とガソリンの値段を比べてみました。

  • ガソリン=124.8円
  • 軽油=102.7円

1リットルあたり約20円の違いがあります。仮にアテンザワゴンと同程度の燃費のガソリン車とで月に1,000キロ乗る人の場合で比べてみましょう。ガソリン車で約5,600円、アテンザワゴンで4,600円と月1,000円ほど維持費が違います。長い距離を乗れば乗るほどオトクになるので、日常的に長距離を車で移動する人に向いている車といえます。燃費や維持費を重視する人にはアテンザワゴンはおすすめできます。

    ※燃費、ガソリン価格、軽油価格はe燃費調べ

街乗りに適した加速の良さ

アテンザワゴンの特徴のひとつに、加速の良さがあります。アテンザワゴンのエンジン性能は最高出力が175ps/4500rpm、加速力を表す最大トルクが420Nm/2000rpmです。

これは加速力に難があると言われてきたディーゼルエンジンでは特筆すべき性能で、V6・4.0Lガソリン車並の数字です。

アテンザワゴンのエンジンは、高回転数時でもバランスの良い走りをしますが、低回転数から中間回転数に差し掛かった時に、一番の性能を発揮します。このことからも街乗りに適しているタイプといえます。

マツダ車らしいスポーティーかつ流麗なデザイン

デザインの評価が高いマツダ車らしい、スポーティーかつ流麗なデザインもその魅力のひとつです。

マツダ車は2012年からすべての車に対して、「生物が目標に向かって動き出す一瞬の強さや美しさ」を意味する「魂動」をデザインコンセプトに据えています。アテンザワゴンももちろん、その流れを汲んでいます。

アテンザワゴンのデザインの良さは、客観的にも国内外で広く認められています。世界のデザイン界で最も権威のあるデザイン賞のひとつ「レッド・ドット・デザイン賞」を2013年に受賞しています。それ以外にも、「ワールドカーデザインオブザイヤー」「グッドデザイン賞」など名だたるデザイン賞を獲得しています。

アテンザワゴンのライバル車はレガシィアウトバック

レガシィアウトバックイメージ画像

アテンザワゴンのライバル車は、同じフラッグシップステーションワゴンである、スバルのレガシィアウトバックです。
両者を比較して、それぞれ優っている点は以下の通りです。

  • 燃費や維持費の安さはアテンザワゴン
  • トップグレード同士の価格対決はレガシィアウトバック

以下からそれぞれ詳しく見ていきましょう。

維持費の安さはアテンザワゴン

燃費の良さはアテンザワゴンに軍配が上がります。アテンザワゴンの燃費は22.2km/Lに対して、レガシィアウトバックは14.6km/Lです。

さらにアテンザワゴンはガソリンより価格が安い軽油が燃料です。ちなみに、2017年2月の軽油とガソリンの価格は、軽油=102.7円、ガソリン=124.8円になっています。

仮に月間1,000キロ走ったとすると、アテンザワゴンは約4,600円になります。対して、レガシィアウトバックを月に1,000キロ乗ると燃料費は、約8,600円です。月にして実に4,000円の差が出てしまうわけです。維持費を重視する人にはアテンザワゴンをおすすめします。

  • ※燃費、ガソリン価格、軽油価格はe燃費調べ

トップグレード同士の価格対決はレガシィアウトバック

しかし、新車を買う場合の費用はレガシィアウトバックの方が安くすみます。レガシィアウトバックのトップグレードは新車価格で347万7,600円です。これに対してアテンザワゴンは、400万1,400円です。あまり車に乗らず燃費でペイできない人や、初期費用を抑えたい人にはレガシィアウトバックの方が適しています

初期費用を抑えるか維持費を安くするか

どちらもメーカーのフラッグシップモデルだけに、性能、デザインともに申し分なく、甲乙つけがたい名車です。あえて言うなら、初期費用を抑えたいならレガシィアウトバック、月々の維持費を考えるならアテンザワゴンでしょう。

アテンザワゴンの中古車相場を解説

アテンザワゴンに向いているタイプの人とその魅力が分かったところで、実際の中古車価格をみてみましょう。大体どのくらいの予算を考えていればアテンザワゴンを買えるのかを知るために、主要な中古車情報サイトを調査しました。

中古車検索サイト 中古車平均価格 中古車相場 台数
カーセンサー 243万円 172~397.4万円 261台
グーネット 220.9万円 113.6~372.9万円 264台
ナビクルcar ※グーネットと同じ ※グーネットと同じ ※グーネットと同じ
車選び.com 252.4万円 151.2~372.9万円 47台
ガリバー 224.8~244.3万円 2台
GAZOO 214~332.2万円 4台
  • ※2017年2月の全国中古車情報を調査

最安値は113万円、最高値は397.4万円でした。

300万円台後半のものは、カスタム済みのものが多く例外と考えてください。

100万円台でも買えるものがありますが、幅広いグレードやカラーなどが選べるという利点を考えると平均価格の220~250万円程度を予算に考えておくのが良いでしょう。

未使用車と新車では、新車がおすすめ

これまでアテンザワゴンの中古車市場を見てきましたが、とにかく新しいアテンザワゴンに乗りたいという人も多いと思います。その時に購入を考えるのが「新車」か「新車同然の未使用車」かという2つの選択肢です。筆者としては、「新車」をオススメします

アテンザワゴンの未使用車の最低価格は、372万9,000円でした。対して、同じグレードのアテンザワゴンの新車は377万4,600円です。このようにほとんど価格が変わりません

加えて、アテンザワゴンはマツダの「クリーンディーゼル補助金」対象車になっています。ここからさらに値引きされるわけです。新しいアテンザワゴンを考えるなら素直に新車を選んだほうが得策です

  • ※未使用車の価格は2017年2月のカーセンサー調べ、新車の価格はトヨタ公式ホームページより引用

これを買えば安心!アテンザワゴンのおすすめ中古車条件を徹底解説

それではここから、アテンザワゴンの中古車を探すために必要な知識についてお話していきたいと思います。予算内で最高のアテンザワゴンを手にするために、予算やライフスタイルなどさまざまな条件に照らし合わせてお伝えしていきます。

新しいアテンザワゴンに乗りたい人と価格重視で選びたい人に分けて紹介します。

アテンザワゴンのおすすめ中古車情報

新しいアテンザワゴン中古車にお得に乗りたい方:2015年式の中古車がおすすめ

アテンザワゴンイメージ画像

新しいアテンザに乗りたい方は2015年式のものをおすすめします。3代目となる現行アテンザワゴンは、2015年に大幅改良が加えられました。このことによって、静寂性、安全性の大幅な向上が図られたり、デザインが刷新されたりしました。

さらに、2016年にもマイナーチェンジをしているため、2015年式のものは、ほとんどの性能は最新式とは変わらない割に、お買い得な価格になっています

この条件のアテンザワゴン中古車の注意点:価格の高さ

お買い得になっているとはいえ、価格の高さはネックです。

中古車市場でも一番安い価格でも、200万円以上かかってしまいます。4代目のアテンザワゴンが発表されるなどすれば、価格はぐっと下がることが期待できますが、次期フルモデルチェンジは未だ噂レベルの情報しかありません。

燃費にこだわりたいけど、価格が高すぎるという人はもう少しリーズナブルなブランドのハイブリッド車から考えてみるのもひとつの手です。

ポイント(1)修復歴のない中古車を選ぶこと

中古車を選ぶ際は、修復歴のない中古車の中から選ぶことが重要です。修復歴があるものは、いくら安くても止めておく方がよいでしょう。修復歴とは車の骨格であるフレーム部分に損傷歴や修理歴のことを言います。

購入時点では不具合がなくても、突発的なトラブルが起こるリスクが飛躍的に高くなります。命を預かる車ですので、安全性が何事にも増して重要です。

ポイント(2)極端に長い・短い走行距離は避けるべき

走行距離が長すぎるものや、逆に極端に短すぎるものは避けるべきでしょう。走行距離が長いものは部品や車体本体の経年劣化によりトラブルが起きやすく、安い価格で購入しても後々の修理費が高くつく場合がよく見受けられます。また、極端に走行距離が短い場合も注意したいところです。

走行距離が極端に短い車は、長い間運転されず放置されていたということが考えられます。後々のトラブルや故障のリスクを考えた場合、いくら安くても避けるのが得策です。

2015年式のアテンザワゴン中古車相場

それでは、2015年式の中古車市場がどのようになっているかを見ていきましょう。主要な中古車情報サイトを調査しました。

中古車検索サイト 中古車相場 台数
カーセンサー 221~330.8万円 57台
グーネット 247.7~320万円 54台
ナビクルcar ※グーネットと同じ ※グーネットと同じ
車選び.com 219.9~358万円 11台
ガリバー
  • ※2017年2月の全国中古車情報を調査
  • ※2015年式・走行距離3~7万キロ・修復暦なしに限定
  • ※ガリバーは登録なし

この条件で探した場合、同じグレードの新車価格より50万円から100万円ほど安く購入することができます。グレードによって多少異なりますが、250万円前後の予算を見ておけば幅広い中古車の中から選ぶことが可能です。

ナビクルcarでもこの条件のアテンザワゴン中古車在庫を掲載しています。

最新の中古車相場、全国の中古車台数もすぐにわかるので、購入の際の参考にしてみてくださいね。

アテンザワゴンの中古車情報

2017-07-20 19:50:07更新

アテンザワゴンの中古車を探す
上記ボタンより在庫情報を見ることができます
まずは移動先のフォームでお近くの都道府県を選択してください

(2)価格の安さを重視してアテンザワゴン中古車を買いたい方:2010~12年の2代目後期の中古車がおすすめ

価格の安さを重視してアテンザワゴンを選びたいのであれば、2010~12年の2代目後期のものをおすすめします。

マツダの新車販売は、販売台数より収益性を重視するという戦略が取られています。一般的には、新車の時点で値引きしない車は、中古車市場でも高値のまま推移する傾向にあります。加えてアテンザワゴンは、人気車種なので値崩れしにくい状況にあります。

とはいえ、現行型である3代目が登場して5年、2代目のものは比較的リーズナブルな値段に落ち着いています。特に、マイナーチェンジ後の後期モデルであれば、現行型と比較しても燃費や走行性能には大きく劣ることはありません。価格とのバランスを考えると2010~12年の2代目後期モデルをおすすめします。

この条件のアテンザワゴン中古車の注意点:エンジン音の大きさ

ディーゼル車に付き物の、エンジン音の大きさには気をつけたいところです。2代目もそれまでのディーゼル車と比べればエンジン音は静かです。しかし、エンジン音の静粛性が格段に良くなった現行の3代目モデルと比べるとどうしても、見劣りしてしまいます

深夜や早朝に住宅街を出入りしなければならないライフスタイルの人は、このタイプのアテンザワゴンの購入は慎重になった方が良いでしょう。どうしてもエンジン音が静かなアテンザワゴンに乗りたい場合は、多少価格が高くても現行型から選ぶのがベターです。

ポイント(1)修復歴のない中古車を選ぶこと

修復歴とは車の骨格であるフレーム部分に損傷歴や修理歴のことを言います。修復歴があるものは、いくら安くても止めておく方が良いでしょう。

購入時には修復歴ありということで多少安くなっていると思いますが、後々の修理費がかさむことも考えられます。そして何より、命を預かる車ですので、安全性が何事にも増して重要です。

ポイント(2)極端に長い・短い走行距離は避けるべき

走行距離が長すぎるものや、逆に極端に短すぎるものは避けるべきでしょう。走行距離が長いものは部品や車体本体の経年劣化によりトラブルが起きやすく、安い価格で購入しても後々の修理費が高くつく場合がよく見受けられます。

逆に極端に走行距離が短い場合も注意したいところです。走行距離が異常に短い車は、長い間運転されず放置されていたということが考えられます。こうしたケースは、消耗部分が劣化していることや、オイル周りの部品にトラブルが出現する可能性があります。

2010~12年の2代目後期のアテンザワゴン中古車相場

筆者おすすめの条件でのアテンザワゴンの中古車相場がどのようになっているかを、主要な中古車情報サイトで調査しました。

中古車検索サイト 中古車相場 台数
カーセンサー 181.7~248.6万円 10台
グーネット 126.9~179.9万円 14台
ナビクルcar ※グーネットと同じ ※グーネットと同じ
車選び.com 157.8~232.7万円 3台
ガリバー 244.3万円 1台
  • ※2017年2月の全国中古車情報を調査
  • ※2010~2012年式・走行距離3~7万キロ・修復暦なしに限定

アテンザワゴンの新車価格は約317万円~約400万円なので、おすすめ条件で探す場合、150万円ほど安く買えることが分かります。一部、200万円を大きく超えるものがあるいますが、特別なカスタムが施されているものなので、例外と考えてください。

ナビクルcarでもこの条件のアテンザワゴン中古車在庫を掲載しています。

最新の中古車相場、全国の中古車台数もすぐにわかるので、購入の際の参考にしてみてくださいね。

アテンザワゴンの中古車情報

2017-07-20 19:50:07更新

アテンザワゴンの中古車を探す
上記ボタンより在庫情報を見ることができます
まずは移動先のフォームでお近くの都道府県を選択してください

筆者おすすめ・アテンザワゴン中古車のまとめ

ここまで紹介したタイプ別のおすすめのアテンザワゴン中古車について、図にまとめたものを掲載します。

アテンザワゴンのおすすめ中古車情報

こちらを参考にして、ぜひあなたにピッタリのアテンザワゴン中古車を見つけてください。

良質なアテンザワゴン中古車を見抜くために!中古車選びで成功するための必須知識

ここまで、間違いのないアテンザワゴン中古車を選ぶための必須の知識をご紹介してきました。もうひとつだけ注意してもらいたい点があります。

販売店に行ってしかチェックできないので、販売店に行く前にぜひ下記を読んでください。

修復歴以外のリスクのある中古車の見分け方

販売店ではじめてチェックできるポイントは水没車か否かです。水没車は、修復歴に記載されることがありません。ということは「修復歴なし」になっていても、実は水没車だったという可能性も十分考えられます。

水没は車に大きなダメージを与えます。その被害は主に電気系統に集中しています。それが原因となってさまざまなトラブルが発生し、修理費が非常に高くついたということも珍しい話ではありません。

簡単に水没車を見分ける方法は、以下の2点になります。

  • 空調が止まっている状態の車内から雑巾のような臭いがする
  • シートベルトを限界まで引っ張っると泥のしみがある

上記のような状態の中古車は水没車である可能性が極めて高いです。こうした車は多少値段が安くても避けるべきでしょう。

まとめ

今回の記事では、アテンザワゴン中古車を賢くオトクに購入する方法を具体的に紹介してきました。アテンザワゴンは、人気があるだけに、戦略や方向性を定めて探さないとなかなか予算内で良い中古車に出会うことは難しいです。

しかし、中古車市場をうまく活用できれば予算内で最高のアサンザワゴンを買うことができます。

ぜひこの記事を活用して、自分にぴったりの1台を探してみてください。

アテンザワゴンの新着中古車情報


アテンザワゴンの中古車を探す
上記ボタンより在庫情報を見ることができます
まずは移動先のフォームでお近くの都道府県を選択してください

アテンザワゴンのスペック情報

アテンザワゴン
全長
4.8m~4.81m
全高
1.48m
全幅
1.84m
CVT - 燃費(JC08モード) 16.0km/L~20.4km/L
駆動方式 2WD,4WD 排気量 2,000cc~2,500cc
定員 5人 車両重量 1,725kg~1,905kg
※燃費は現行モデルの情報です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで最新情報をチェック