pagetop

アテンザスポーツの評価は?そのスペック、魅力を徹底解説

アテンザスポーツ 評価

マツダ・アテンザはマツダの主導によってエンジンから基本プラットフォームまでマツダ主導で新開発された、渾身の力作です。

「Zoom-Zoom」という有名なマツダのブランドフレーズはアテンザから由来しており、まさにアテンザという車はマツダを代表する車種だといえるでしょう。

アテンザのなかでも、5ドアハッチバックは特に「アテンザスポーツ」と称されています。

この記事では、ブランドの世界観を表している「Zoom-Zoom」というキャッチフレーズを生んだアテンザスポーツがどのような魅力をもっており、どんな人に向いているのか解説します。

アテンザスポーツは、大きく分けて2002年5月に発売された初代(GG系)、そして2008年1月から2012年まで販売された2代目(GH系)がありますので、まずは初代アテンザスポーツの魅力を探り、次に2代目の特徴にフィーチャーします。

2代目アテンザスポーツは、2012年終わりごろに販売終了していますので、中古車市場に在庫として豊富にあるわけではありませんが、今後も乗り換えなどにより、一定程度中古車市場への供給が見込まれます。

中古車の値引きを成功させるいちばんの方法

車を買うときに、いちばん値引きに効くのは、いま乗っている車をできるだけ高く売ることです。車の売却にはいろいろな方法がありますが、そのなかには賢い方法と、損をする方法があります。

たとえばディーラーへの下取りや、大手買取業者一社に見積もりを取って、そのまま売却するというのは、実は大きな間違いなのです。車を高く売るための最大の秘訣は、複数の買取業者に査定をしてもらい、買取店に競争してもらうこと。

いくつもの買取業者に連絡を取り、見積もりを取るのは手間がかかりますが、「一括査定サービス」を使えば、必要情報をたった一回書くだけで、自動的に複数業者に査定依頼ができます。

下取りに比べると10万円~30万円高い査定額が出ることも珍しくありません。まずは愛車がいくらで売れるか調べてみましょう。

愛車の価格を調べる >>

初代アテンザスポーツの魅力を探る

初代アテンザスポーツは2002年5月から2007年12月まで販売されました。

初代アテンザとしてはほかに4ドアセダン、5ドアステーションワゴンといったボディタイプが展開されましたが、「アテンザスポーツ」は5ドアハッチバックです。

セダン、ハッチバック、ステーションワゴンで展開された初代アテンザの評価は極めて高く、RJCカー・オブ・ザ・イヤーなど、世界で132もの賞を受賞しています。

それに付随して、売上も好調でした。アテンザはマツダ車のなかで「世界累計生産台数100万台」を最速で達成するという偉業を残しています。

では、なぜ初代アテンザスポーツがそこまで広く受け入れられたのでしょうか。

次に、アテンザスポーツの魅力に迫ってみます。

初代アテンザスポーツの魅力

初代アテンザスポーツの魅力は、つきつめていえば「デザイン」と「走行性能」の2点です。

順に見ていきましょう。

アテンザスポーツの魅力【1】新デザイン「魂動」につながるデザイン

近年マツダ車のデザイン性が改めて評価されています。

現在のマツダのデザインコンセプトは「魂動」と名づけられ、生命力に溢れた躍動的なデザインの車種が次々と開発されています。

2015年にマツダが発表したRX-VISIONは「国際自動車フェスティバル」で最も美しいコンセプトカーとして選ばれ、2016年にはロードスターで、日本車として初めて「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」を受賞するなど、業界関係者からも好評を博しています。

初代アテンザスポーツも、近年のマツダ車に通じるような流線形の美しさ、力強さが感じられるインパクトのあるスタイルです。

アテンザスポーツの魅力【2】操縦性と快適性を備えた走行性能

アテンザスポーツのもう一つの魅力は、走行性能。MZRエンジンを搭載したアテンザスポーツは加速もよく、車両重量もあるため、安定したパワフルな走りが可能です。

乗り心地も硬すぎず、しなやかな乗り味が楽しめます。

「走る楽しさ」を求める人には初代アテンザスポーツがおすすめ

アテンザスポーツには欠点らしい欠点が見当たりません。

スムーズな走りを可能にしてくれるエンジン、よく動く足回り、なめらかなコーナリングなど、ストレスのない走りができるのが、アテンザスポーツのいちばんの特徴といえるでしょう。

そもそも「Zoom-Zoom」というのは日本語でいうと「ブー・ブー」という車が動くときの擬音語であり、車で走ることの楽しさ、喜びを表現したもの。このコンセプトは、まさにアテンザに冠せられるに相応しいコンセプトといえるでしょう。

2代目アテンザスポーツ

2代目アテンザスポーツは2008年1月から2012年10月まで販売されていました。アテンザブランドは現在でも続いていますが、「アテンザスポーツ」の名は2代目をもって終了となりました。

初代との違いから2代目アテンザスポーツの特徴を解説

同じ車種なので、当然といえば当然ですが、2代目アテンザスポーツは初代からまっすぐに進化した車だといえます。
フルモデルチェンジとはいっても、目指すべき方向性は変わらぬまま、正統的に進んだ車が2代目アテンザワゴンです。

では、初代からどう変化したのか、簡単に解説していきます。

安全性能の大幅な向上

2代目アテンザスポーツは、後方から接近する車両を検知してドライバーに警告する「リアビークルモニタリングシステム」を国内で初採用するなど、新たな安全機能を設けています。

安全機能としては、他にも以下の機能が設定できるようになりました。

  • 衝突リスクの軽減に貢献する「マツダプリクラッシュセーフティシステム」
  • 車間距離を保つよう加速・減速を自動制御する「マツダレーダークルーズコントロールシステム」
  • 夜間走行時の前方視界を向上する「固定式アダプティブ・フロントライティングシステム&バイキセノンヘッドランプ」

このように、2代目のアテンザスポーツは、初代に比べ、大幅に安全性能が向上しました。

デザインのさらなる向上

2代目となり、デザインの方向性が大幅に変わったわけではありませんが、さらに流麗なボディラインになりました。

2代目アテンザのデザインテーマは「Bold & Exquisite(大胆かつ精妙な佇まい)」。そのテーマに相応しい、スポーティーかつ洗練された印象を与えるデザインになりました。

エクステリアだけではなく、インテリアにも変化が見られます。ドライビングポジションが高くなり、視認性も高く、快適な運転環境を実現させました。

よりダイナミックになったドライビング性能

初代の2.3Lから、2代目アテンザスポーツは、新開発MZR2.5Lエンジンへ変わりました。より加速度が向上し、より正確なレスポンスができるようになりました。

また社会の環境意識が高まるなか、2代目アテンザスポーツは排出ガスのクリーン化、使用燃料をレギュラーガソリンにするなど、環境性能、経済性にも配慮したつくりとなりました。

繰り返しになりますが、総じて初代アテンザから2代目アテンザへの進化は、初代モデルの理想をより深く追い求め、実現したものといえるでしょう。

2代目アテンザスポーツに向いている人

初代も2代目もそうですが、アテンザスポーツは走りを楽しむための車です。

街乗りだけが目的であれば、正直アテンザスポーツを購入する必要はあまりありません(それはそれで快適ですが)。

高速道路で走る機会が多い、ドライブ自体を十分に楽しみたいという人にとっては、アテンザスポーツがおすすめです。

アテンザスポーツは生産終了しているため、中古車でのみ入手可能

アテンザスポーツは2代目をもって生産終了しています。ですから、アテンザスポーツを購入する場合は、中古車のみとなります。

在庫も減っていくことが考えられるため、希望の中古車が見つかったら、できるだけ早く確認、見積もりを取り、購入検討することをおすすめします。

アテンザスポーツの新着中古車情報


アテンザスポーツの中古車を探す
上記ボタンより在庫情報を見ることができます
まずは移動先のフォームでお近くの都道府県を選択してください

アテンザスポーツのスペック情報

アテンザスポーツ
全長
4.67m~4.74m
全高
1.44m~1.45m
全幅
1.78m~1.8m
CVT - 燃費(JC08モード) 9.4km/L~11.0km/L
駆動方式 2WD,4WD 排気量 2,000cc~2,500cc
定員 5人 車両重量 1,635kg~1,815kg
※燃費は現行モデルの情報です。



中古車の値引きを成功させるいちばんの方法

車を買うときに、いちばん値引きに効くのは、いま乗っている車をできるだけ高く売ることです。車の売却にはいろいろな方法がありますが、そのなかには賢い方法と、損をする方法があります。

たとえばディーラーへの下取りや、大手買取業者一社に見積もりを取って、そのまま売却するというのは、実は大きな間違いなのです。車を高く売るための最大の秘訣は、複数の買取業者に査定をしてもらい、買取店に競争してもらうこと。

いくつもの買取業者に連絡を取り、見積もりを取るのは手間がかかりますが、「一括査定サービス」を使えば、必要情報をたった一回書くだけで、自動的に複数業者に査定依頼ができます。

下取りに比べると10万円~30万円高い査定額が出ることも珍しくありません。まずは愛車がいくらで売れるか調べてみましょう。

愛車の価格を調べる >>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket