pagetop

お得に車を購入できる「見積もりの取り方」とチェックポイントを解説

車購入時の見積もりの注意点!

車は安い買い物ではなく、よほどの車好きか経済的に余裕がある方でない限り、人生のうちでそう何度も車を買うことはないでしょう。

新車、中古車問わず、車を買うということは一大イベントでもあり、誰でもできるだけ安く希望の車に乗りたいと思うものです。そこで大事になってくるのが、見積書の存在。

一般の方にとっては少々難しく見える見積書ですが、納得して車を購入するためには、内容をきちんと理解しなければなりません。

今回の記事では、車を購入する際の見積もりの取り方や、複数の見積もりを取った際に見るべきポイントなどをご紹介します。納得の車購入のために、ぜひ参考にしてください。

中古車の値引きを成功させるいちばんの方法

車を買うときに、いちばん値引きに効くのは、いま乗っている車をできるだけ高く売ることです。車の売却にはいろいろな方法がありますが、そのなかには賢い方法と、損をする方法があります。

たとえばディーラーへの下取りや、大手買取業者一社に見積もりを取って、そのまま売却するというのは、実は大きな間違いなのです。車を高く売るための最大の秘訣は、複数の買取業者に査定をしてもらい、買取店に競争してもらうこと。

いくつもの買取業者に連絡を取り、見積もりを取るのは手間がかかりますが、「一括査定サービス」を使えば、必要情報をたった一回書くだけで、自動的に複数業者に査定依頼ができます。

下取りに比べると10万円~30万円高い査定額が出ることも珍しくありません。まずは愛車がいくらで売れるか調べてみましょう。

愛車の価格を調べる >>

【重要】車を購入する際は必ず見積もりを取る

新車、中古車問わず、高額商品である車を購入する際には、必ず見積もりを取得し、最終的な購入を決めなくてはなりません。

まだ見積もりの段階ということは、契約することが決まったわけではありません。価格や内容などの詳細を打ち合わせしていく、交渉のスタートなのです。

「なんだか見積もりを取ると、もうその店で購入しなければならないのではないか」
「まだ、買うと決めていないのに良いのだろうか」

と心配になり、見積もりを取らず店を後にする方もいらっしゃいます。

しかし、それでは具体的な価格もわからず、交渉をはじめることすらできません。

見積もりを作ってもらうことは無料ですし、店側も相見積を取られることは十分想定の範囲内ですので、遠慮することなく見積もりをお願いしましょう。

見積もりの入手方法

それでは、具体的な見積もりの取得方法について、代表的な方法やそれぞれの注意点を下記よりご紹介していきます。

オンラインで取得する

新車の購入を予定している場合には、各国産メーカーの公式ホームページにて、オンライン見積もりを取得することが可能です。

見積もりは大事とわかっていても、やはりいきなりディーラーに出向くのは躊躇してしまうという方でも、気軽に欲しい車の価格を知ることができます。

ただし、オンラインでの見積もりはあくまで目安にしかならず、肝心の値引き交渉などもできません。

ただ、購入する車種が絞り切れていないような場合、購入予算内でどういった車種が購入できるかをある程度判断するためには有効な手段です。

オンラインであれば、時間を気にすることなく、自宅でのんびり検討することができますので、2~3車種に絞ったうえで、実際にディーラーへ出向くと良いでしょう。

店舗に行って取得する

実際にディーラーや中古車販売店に出向き、購入を考えていると伝えれば、その場で見積もりを発行してもらうことが可能です。

もともと欲しい車が決まっている場合は問題ありませんが、特に中古車の場合で、まだ具体的な車種を決めていないということもあると思います。そんな場合でも、営業マンに予算や購入後の用途など、大体の希望を伝えることで、予算に合わせた車を提案してもらうことも可能です。

もちろん、店側としては車を販売したいわけですから、営業マンはいろいろな話をしながら、なんとかその場での契約を決めようとしてくるかもしれません。

また、一見関係のない話をしながらも、どの程度購入の意思があるかということも探ってくるでしょう。人間誰しも話している時間が長くなれば、親近感が沸き、だんだんと情が入ってきてしまいます。

そうなると、断りにくくなってしまうという方も少なくないかもしれません。

そういった心配があるという場合は、「まだ買うかは決めていないが、とにかく値段が知りたい」と先に伝えておくと良いでしょう。

効率的に店を回り、相見積もりを取るのがポイント

お得に車を購入するためには複数の店で見積もりを取得しなければなりませんので、最初の段階で1店舗当たりの時間を30分~1時間程度に設定し、効率よく回ることを心がけましょう。

また、そうすることで、対応の良くない営業マンや店舗を事前に焙り出すことができます。

帰る意志を示しているにも関わらず、しつこく契約を迫ってくる、または、途端に態度が横柄になるようでは、価格がいくら安くても買わない方が無難です。

このように、複数の見積もりを取るという行為は、車の価格を知ること以外にも、店側の対応を見極める材料にもなるなど、様々な効果が期待できます。

見積もりを見る際のポイント

複数の見積もりを入手することができれば、次に行うのは、それぞれの見積もりを見比べて、購入候補を絞っていく作業となります。

ただし、そのまま見積もりに記載されている情報を見るのではなく、ポイントを絞って見極めることが大切です。

見積もりには、総額以外にもさまざまな項目が記載され、それだけでも見比べるのには多少労力がかかりますが、厄介なのは、各社で見積もりの書式が違うということです。

もっと言えば、見積もりを作成した営業マンによっても違うこともありますし、同じ内容の項目が書かれていても、言い回しや書き方が違うこともあります。

車の購入になれていない一般の方にとっては、例え数社の見積もりであっても、すべてを正確に比較するのはなかなか難しいかもしれません。

そこで下記より、新車、中古車それぞれにおいて、見積もりのどこをチェックし、効率よく比較するためのポイントについて解説していきます。

新車購入時の見積もりのチェックポイント

新車購入時の見積もりには、以下のような項目が記載されています。

  • 車両価格
  • オプション価格
  • 重量税や取得税などの税金
  • 登録費用や納車費用などの諸経費
  • 値引き額
  • 総額

上記に挙げた項目は、誰でも確認すると思いますが、新車を購入するのであれば、車両価格や税金、諸費用といった項目は店が変わったからといってそれほど違いはないものです。

その中で、見積もりを見極める重要なポイントである「値引き額」と「オプション内容」の2点に絞ってみていきましょう。

下取り車の査定額と値引き額は要チェック

新車購入時の見積もりで、もっとも注意してみていただきたいのが、値引き額と、下取り車の査定額です。

下取りには、それまで乗ってきた車の価値で、新たに購入する車の代金の一部を相殺するという考え方があります。

そのため、車両本体の値引きだけではなく、下取り車が有ることで、新車購入代金を抑えることができるのです。

新車をディーラーで購入する際、多くの場合は、車両本体価格からの値引き額と、下取り車の査定額を合わせた価格が、最終的に値引かれることになります。

例えば、値引き10万円+下取り20万円であった場合、実際の購入金額から30万円が値引かれることになりますが、値引き20万円+下取り10万円でも最終的な購入額は同じです。

下取りされる車の査定額は、値引き額の調整に使われてしまうことで、それまで大切にしてきた車の価値もあやふやになってしまいます

初めて見積もりをお願いする際には、下取りなしの見積もりを作成してもらうか、下取りと値引きそれぞれの額をしっかり把握し、比較する必要があります。

オプションの内容も忘れずにチェック

車両本体と共に購入することになるオプション品ですが、見積もりに記載されているオプションも必ずチェックするようにしましょう。

通常、特に指定しなければ、フロアマットやバイザーなどの基本的なパーツがセットになったオプションが最初から記載されていることが多く見受けられます。

さらに、店舗によっては、キャンペーン商品なども最初から記載されていることがありますので、見積もりに無駄なオプションが入っていないか必ずチェックしましょう。

そういったオプションに関しては、何度か商談を重ねていくうちに担当の営業マンからオプションについての説明と、購入するかどうか必ず確認がされます。

【注意点】不要なオプションはつけないようにする

最初の見積もり段階では、どのオプションを付けるか決める必要はありませんので、まずはオプションなしで作成してもらうと良いでしょう。

また、オプション品は下取り車と同じように、値引きの材料として使われることも珍しくなくありません。

車両本体の値引き額が大きい代わりに、数多くのオプションを販売してくることや、車両本体の値引きができない場合は、オプションをオマケとして付けることでお得感を演出するといった手法もあるのです。

新車はローンで購入するという方が多く、オプションはローンに含められるからと、どうしても財布の紐が緩くなってしまいがち。少しでも安く、納得して車を購入したいのであれば、オプションは本当に必要な物だけに限定し、しっかりと見積もりを比較検討する必要があります。

ここまでで、新車を購入する場合の、見積もりのチェックポイントについて解説しました。中古車購入の場合の見積もりの場合は、新車で見るべきポイントとは異なります。次に中古車購入を検討している方向けに、見積もり書を見るときのポイントを解説していきます。

中古車購入時の見積もりチェックポイント

中古車購入時の見積もりには、以下のような項目が記載されています。

  • 車両価格
  • 納車整備費用
  • 重量税や取得税などの税金
  • 登録費用などの代行手数料
  • 値引き額
  • 総額

新車購入時と同じように、中古車を購入する際の見積もりには、購入する車の価格はもちろん、納車までにかかるさまざまな費用が記載されています。

中古車購入時に出される見積もりを見て比較する際、ポイントとなるのが、納車整備費用と代行手数料という中古車独特の費用が、店舗によって大きく違ってくるということです。

次から、中古車購入時の見積もりにおいて注意して見ていただきたい「納車整備費用」と「代行手数料」について詳しく解説していきます。

最重要ポイントは代行手数料

中古車の見積もりを複数比較するのであれば、車庫証明などの代行手数料は必ずチェックするようにしましょう。

税金や自賠責などの経費は、店舗によって違いはほとんどありませんが、代行手数料は、金額や項目数に法律上の決まりがあるわけでなく、店舗ごとに自由に設定することが可能です。

中古車の値段はあってないようなものと言われ、中古車販売店では、販売台数を稼ぐために、ほとんど利益が出ないような価格で販売していることも珍しくありません。しかし、それでは当然商売が成り立たないため、販売する際の手数料や納車整備費用などで利益を確保するようにしています。

そのため消費者側からすると、値引き額が大きく、車両価格が安いからと契約してはみたものの、手数料が割高だったために、結果的に高くなってしまうということも十分あり得るということです。

中古車の見積もりを複数入手したのであれば、車両価格や値引きだけでなく、手数料の項目や総額を確認し、比較するようにしましょう。

車検費用や整備費用は内容も確認すること

中古車はどんなに状態が良さそうに見える車であっても、新車ではないため、納車前の点検や整備はとても重要です。

仮に納車前整備費用が安いとしても、納車後間もなく故障してしまっては意味がありません。そのため、単純な金額で判断するのではなく、整備される内容や、点検箇所が安心・納得できるかを見極める必要があります。

とは言え、一般の方がすべての整備項目や点検内容を的確に把握することは不可能です。

そこで、車検の有無に関係なく、納車前にどの程度点検をしているか、見積もりにある整備費用の内訳はどうなっているかなどの説明を求めましょう。いくら費用が安いからといって、あまりに整備内容が少ない場合や、説明が曖昧な場合は、中古車を購入する以上あまりオススメできません。

また、そういったユーザーの質問にしっかりと答えてくれるか否かという点も、良い業者蚊どうかを見極めるポイントにもなるのです。

見積もりは値引き交渉の武器

お得に車を購入したいのであれば、購入を予定している車の平均的な相場を把握するために、見積もりを複数社から取る必要があります。

購入予定の車の相場を把握した上で、他社の見積もりを提示し、値引き交渉を行うのはとても有効な手段です。

「ほかの会社が出した見積もりを見せるなんてルール違反では?」と心配になる方もいらっしゃるかもしれませんが、その心配は全く必要ありません。

業者にとっても、車が高額な商品である以上、何社かで競合させられることは心得ていますし、織り込み済みです。もしも、その見積もりは他社に見せないでほしいと言われたのであれば、理由を訊ねましょう。

新車中古車問わず、相見積もりは当然ですし、他社に見られては困る情報が、見積もりに記載されているわけがないのです。

本当にその車をユーザーに買ってもらいたいという気持ちが強いのであれば、他社に見せられても困るような見積もりは出してくるはずがありません。

見積もりとは、ユーザーにとって値引き交渉の武器であるのと同時に、業者にとっても、ユーザーにメリットや熱意をアピールできる武器なのです。

内容をしっかり把握して交渉を有利にする

何度かお伝えしているように、見積もりで重要なのは金額ではなく中身です。

業者にとっても見積もりは大きな武器となり、書き方を工夫することでお得に見せるといったこともできます。

わかりやすく例を上げてみましょう。同じ車種の新車をA社とB社で見積もりを取ったところ、A社は総額300万円、B社は総額310万円という見積もりが出たとします。

そのまま単純に総額だけで判断すれば、A社の方がお買い得に見えますが、A社の見積もりには下取り金額が記載されている場合は注意が必要です。まだ正式な査定を受けていないため、下取りの正確な金額がわからないにも関わらず、あくまで営業マンが勝手に下取り15万円として計上している状態です。

対する310万円の見積もりには、下取りは考慮されていないとするとどうでしょうか?

仮に、査定額の15万円が正しかった場合、現段階で下取りを考慮していないB社が出した310万円の見積もりの方が、結果的にお得になる可能性が高いということになります。

見積もりの段階は、まだ契約書や注文書ではなく、何度も交渉をしていく中でどんどん変更されていくものです。

総額以外の各項目を良く精査するのはもちろん、業者側が何を意図しているかを読み解くことも重要なポイントになります。

新しい車のことを考え、気持ちが焦ってしまうかもしれませんが、焦らず時間をかけて見積もりを見比べることで、その後の交渉を有利に進めることができるのです。

まとめ

車を購入するためには、中古車であっても安くて数十万、新車ともなれば数百万単位の買い物であり、また、車はその人の財産でもあります。

どの車に乗るかを決めるためには、自分の経済状況と、その時の感性で決めれば良いですが、最終的な契約をする際には、見積もりを取り、十分注意を払って契約しなければなりません。

新しい車を購入する時はつい気分が高揚し、納車のことばかり考えてしまいがちですが、入手した見積もりの内容をよく読み、きちんと理解することを心がけましょう。

そして、複数の見積もりを入手することで、本当に親身になってくれる業者はどこなのか、自分に合っている業者はどこなのか見極めることができます。

お得に車を購入するためには、とにかく見積もりがはじめの一歩ですので、遠慮することなく見積もりを作ってもらうことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket