pagetop

車売却時にローンが残っていても大丈夫!ローン車を売却する方法と全手順

ローンの残債があってもお得に車を売却する方法

家族が増えてコンパクトカーからミニバンにしたい、突然の転勤で車が不要になったなど、車は、その時のライフスタイルに合わせて買換えや売却をしなければいけないこともあります。

いざ買い替えようと思っても、まだローンの支払いが終わっていない場合、このまま売却できるのか、売却するためにはどうすれば良いのかなど、疑問や不安を持っている方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、ローンの支払いが終わっていなくても、安心してお得に車を売却する方法をご紹介します。

愛車の本当の価値を知りたいですか?

車を手放すときに、利用されているのはディーラーへの下取りです。しかし、このディーラーへの下取り、実は大きな間違いなのです。

ディーラーは車を販売するのが仕事であり、車の買取を行うのが主な業務ではありません。自分の愛車を正当に評価してもらうのは、複数の買取業者に査定してもらうのがいちばん。

「一括査定サービス」を使うと、必要情報をたった一回書くだけで、自動的に複数業者に査定依頼ができます。ディーラーへの下取りに比べると、10万円~30万円高い査定額が出ることも珍しくありません。まずは愛車がいくらで売れるか調べてみましょう。

愛車の価格を調べる >>


ローン支払い中でも売却は可能!ただし、売却方法は名義によって変わる

まだローンの支払いが終わっていなくとも、車を売却することは可能ですが、車の名義が誰になっているかによって売却方法は変わってきます。

電化製品や洋服などとは違い、車は法律によって保管管理の責任や所有権が定められており、車を売却する権利は、その車の所有者にしかありません。

所有者が誰なのかは、自動車検査証(車検証)の中段に記載のある、「所有者の氏名または名称」の欄で確認することができます。

自動車検査証(車検証)には、「所有者」と「使用者」が記載され、所有者の欄に自分の名前が記載されていない場合は、自由に売却することはできませんので注意が必要です。

下記より、自動車検査証(車検証)に記載された所有者(名義人)が誰であるかによって、どういった違いや注意点があるのかご紹介していきます。

本人または家族名義の場合

車検証の所有者の欄に記載された氏名が、本人(自分)または家族である場合は、比較的簡単に売却することが可能です。

ただし、車を売却する権利は所有者にしかありませんので、家族が所有者(名義人)の場合は、本人の同意を得ることと、本人以外が手続きを行う際には、委任状などの書類を準備しなければなりません。

また、銀行などのマイカーローンを利用していると、ローン支払い中であっても自分の名義になっていることがあります。ただし、利用しているローンによっては、支払い中の売却を禁止している場合もありますので、事前に確認するようにしましょう。

ローン会社、ディーラー、クレジット会社の場合

ディーラーや中古車販売店などで車をローンで購入すると、自動車検査証(車検証)の所有者の欄には、ローン会社やディーラー、またはクレジット会社の名義になっています。

普段自分の車として使用していても、所有者がローン会社などになっている場合は、法律上ユーザーは所有者ではなくあくまで使用者であるため、そのままでは車を売却することはできません。

自分が所有者ではない車を売却するためには、ローン会社やディーラーにある所有権を解除し、自分の名義にする必要があります。その場合、原則としてローンを完済する必要があるのですが、その車を売却して得た売却代金を使ってローンを支払うことで売却することが可能です。

ただし、売却代金がローンの残債を上回っていれば問題ありませんが、ローンの残債よりも売却代金が少ない場合、車を売却した後に返済しきれなかったローンの支払い義務は残ります。

ローンの支払い中に車を売却するためには、ローンの残債がいくらあり、自分の車はいくらで売却できるのかということを事前に調べるなど、事前の確認をしっかりと行わなければなりません。

所有権がない場合の買取手続きの手順と、必要な書類

所有権が自分に無い状態で車を売却するためには、とにもかくにも所有権を自分にする必要があります。

万が一、自分に所有権が無い状態で第三者に売却してしまうと、最悪の場合は横領罪や占有離脱物横領罪などといった犯罪になってしまいます。ただし、罪に問われてしまうのは、所有者の許可(承諾)を得ずに勝手に売却してしまった場合ですので、きちんと名義変更を行えば売却することができます。

所有権が自分にない場合は、まずは自分の名義に変更したのちに売却するという流れになり、名義変更を行うためには下記の書類が必要です。

  • 自動車検査証(車検証)
  • 新旧所有者の印鑑証明
  • 新旧所有者の委任状
  • 納税証明書
  • 譲渡証明書
  • 新所有者の車庫証明

それでは、それぞれの書類についてさらに詳しく解説していきます。

自動車検査証(車検証)

所有権が解除されると、所有者は自分の名前に変更されます。

新旧所有者の印鑑証明

通常は発行から3か月以内の印鑑証明が必要で、手続きをご自分で行う場合は、旧所有者の印鑑証明のみ必要です。

車検証に書かれた住所と、印鑑証明の住所が違う場合には、住民票など引っ越したことがわかる証明書が必要になる場合があります。

新旧所有者の委任状

ご自分で名義変更に行かれる場合には、旧所有者の委任状のみ必要です。

買取店などの業者に依頼する場合は、新旧所有者の委任状が必要になります。

納税証明書

自動車税をきちんと納めていなければ、名義変更をすることができないため、所有権を解除する場合には、使用者の方が納めた自動車税の納税証明書が必要です。

当年度に支払った自動車税の納税証明書で、万が一延滞金などが発生している場合は、すべて完納した上で、納税証明書を発行しなくてはなりません。

譲渡証明書

所有権を解除した場合には、ローン会社やディーラーから送ってもらい、家族の名義になっている車を自分の名義に替えるときには、旧所有者の押印も必要になります。

新所有者の車庫証明

家族の名義を、自分の名義に変更する際に必要ですが、ローン会社やディーラーから所有権を移した場合は不要です。

どちらの場合もディーラーに任せるのが楽

家族名義の車や、ディーラーやローン会社が所有者になっているなど、その車の名義が自分であろうとなかろうと、売却に伴う手続きをすべて業者にお任せすることがオススメです。

車を売却するには、買取専門店やディーラーなどの業者に売る、または。知人やネットオークションなどでの個人売買といった方法があります。

ただし、ローンの支払いが終わっていない状態で、個人売買を行うには、ローンを完済しなくてはならないのはもちろん、所有権解除や名義変更といった手続きは非常に煩雑で手間がかかるもの。

ローンを支払っている車を売却したいという方は意外と多く、業者にとっては特別な事例というワケではありませんので、まずは気軽に相談してみましょう。

また、ローン会社やディーラー名義になっている場合、売却代金がいくらになるのかということも重要なポイントになります。

売却後の負担を少しでも減らすためにも、できる限り高く買ってくれる業者を見つけることも忘れてはいけません。

そのためには、1社でも多くの業者から査定見積を手に入れ、比較と交渉を行うことも必要ですので、一括見積りサイトなどを上手に活用することがオススメです。

売却してもローンが残ってしまう場合

ローンの残債が残っている車を売却する場合、もっとも重要なポイントになるのが、「売却代金とローン残高でどちらの方が多いか」ということになります。

通常、ローン残高よりも高い金額で車を売却できれば問題ありませんが、問題なのは、車の売却価格がローン残高に満たなかった場合です。

ここからは「ローン残高より売却価格が高い場合」と、「ローン残高の方が売却価格より高い場合」それぞれについて詳しく見ていきましょう。

ローン残高<売却価格の場合

ローン残高よりも高い価格で売却できれば、ローンを完済して余ったお金は手元に残ることになります。

例えば、ローン残高50万円の車を売却したところ、70万円で売却できれば、ローンの支払い後、手元に20万円が残るということです。

その浮いたお金の使い道は自由ですので、新しい車の購入資金の一部にするもよし、車を新たに購入しないのであれば、家族や友人との旅行などに使うのも良いでしょう。

ローン残高>売却価格の場合

残念ながら、車の売却価格がローン残高よりも低くなってしまう場合は、そのままでは名義変更ができず、売却することができません。

この場合は、残ったローンを支払う必要がありますが、その方法は大きく分けて3つあり、まず一つ目は、残ってしまったローン残高を、手持ちの現金で支払ってしまうという方法です。

ローン残高に対して、あと数万円足りないといった場合には、もっともシンプルで簡単な方法ですが、10万円以上不足するような場合、経済的な余裕が無ければ、あまり現実的な方法とは言えません。

2つ目は、他の金融機関などから不足分を新たに借りるという方法です。

ただし、銀行などのマイカーローンでは、使用用途が限定されていることも多く、ローン支払い中の売却が認められていないという場合もあります。

また、使用用途に制限のないショッピングローンや、消費者金融などでお金を借りるとなると、やはり金利という点で損をしてしまう可能性があるためあまりオススメできません。

そして、3つ目の方法は、新しく買う車のローンに上乗せしてもらうという方法で、新しい車に買い替えるのであればもっとも現実的でオススメの方法と言えるでしょう。

買い替えの場合は、下取りか買い取りどちらがお得か

ここまでご説明してきたように、ローンの支払い中であっても車を売却することは可能ですが、売却後、新たに車を購入する場合には、下取りよりも買取の方が得になるケースがほとんどです。

車種や年式、走行距離などにより若干の違いはありますが、下取りと買取では、概ね5万円~20万円程度の差額があります。さらに、希少価値の高い車種ともなれば、40万円~50万円違うこともめずらしくありません。

より高く売ることができれば、ローンを完済できる可能性は高くなり、完済できなくともその後の負担を大きく軽減することができます。

また、下取りの場合には、あくまで車を新たに購入することが前提であるため、ローン残高よりも高い価格になった余剰分は、購入資金の一部にしかできません。

その点、買取であれば、ローン返済後に余ったお金の使い道は自由ですので、購入する車のパーツ代にしても良いですし、家族で旅行に行くことも可能なのです。

まとめ

車は、他の製品に比べ購入価格も高く、手続きなども面倒ですが、多くの人にとってなくてはならない存在であり、今のライフスタイルに合った車に乗り換えることは、ごく自然なことと言えます。

そのため、ローンの支払いが終わっていなくても、必要に応じて車は乗り換えることは決して無駄なことではないのです。

また、ローンの支払いが終わっていない方が、新しい車に乗り換えるために、ディーラーや中古車販売店、買取専門店などに来店することは、決して珍しいことではありません。

どの店舗も行っても、どうすれば損をせずに買い替えることができるか、売却することができるかなど、親身になって相談に乗ってくれることでしょう。

しかし、記事内でも触れた通り、ローン残債と売却金額をしっかりと知っておく必要があるため、まずは、一括見積サイトなどを利用して、買取専門店などに相談してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket