pagetop

車検切れでも車を売却できる?車を売るベストタイミングを徹底解説!

車検切れでも車を売却できる?車売却のタイミングを徹底解説!

「車をなるべく高く売却したいけど、車検切れしているから安くなってしまうのでは?」と不安に思っている方もいらっしゃるかもしれません。車を売却するタイミングで迷ってしまい、ベストなタイミングを逃してしまう可能性もあるでしょう。

特に車検ギリギリ、もしくは車検切れしてしまっている車の場合、いつ売却すれば少しでも高値で売れるのか気になっているかと思います。

そこで、今回は車を売る時の車検の有無による違いはあるのか、車検を通した場合と切れている場合、どちらが売った時にお得になるのか、詳しく解説していきます。

愛車の本当の価値を知りたいですか?

車を手放すときに、利用されているのはディーラーへの下取りです。しかし、このディーラーへの下取り、実は大きな間違いなのです。

ディーラーは車を販売するのが仕事であり、車の買取を行うのが主な業務ではありません。自分の愛車を正当に評価してもらうのは、複数の買取業者に査定してもらうのがいちばん。

「一括査定サービス」を使うと、必要情報をたった一回書くだけで、自動的に複数業者に査定依頼ができます。ディーラーへの下取りに比べると、10万円~30万円高い査定額が出ることも珍しくありません。まずは愛車がいくらで売れるか調べてみましょう。

愛車の価格を調べる >>


車検切れの車でも売却することはできる

「車検(自動車検査登録制度)」とは自動車の安全を確保し、公害を防止するために、一人ひとりが持つ車の自動車をそれぞれ識別し、所有や使用の実態を知るために検査及び登録を行う制度を指します。

車検に登録されている車は自由に道路を運転することができますが、逆に登録が行われていない車に関しては登録されていない、認められていない車ということになり、運転することができません。

また、それぞれの車種によって車検の有効期間が異なっています。

  • 普通・小型乗用車……初回3年、2回目以降2年
  • 軽自動車……初回3年、2回目以降2年
  • 特種普通、小型乗用車(キャンピングカーなど)……初回2年、2回目以降2年

一般的な普通車や軽自動車などは初回3年、2回目以降2年という有効期間が多くみられますが、特種自動車になると車検の有効期間が異なるので気を付けなくてはなりません。

こうした有効期間のある車検ですが、車検切れの場合、運転することはできないということは上記でもご紹介しました。

そのイメージから、車検切れになってしまうと売却する時にも価格に影響が出てしまうのではないか、そもそも売れないのではないか、と考えてしまう方も多いかと思います。

しかし、実際は車検切れの車であっても売却することは可能です。

同じ車種で同じ走行距離を走った車で、一つは車検を通したばかりの車、もう一つは車検が切れている車があったとします。

何となく車検切れの車の方が安く買い取られてしまうのではないかと考えられますが、車検切れであることが、査定において大きなマイナスポイントにつながるわけではありません。また、車検に通したばかりだということで若干プラスになるくらいで、査定額にほとんど違いはあらわれないのです。

つまり、車検を通したばかりの車と、車検が切れている車の査定額はほとんど変わらないことになります。

車を売るなら車検を通す前のタイミングがベスト

車検切れの車でも売れることは前章でご紹介しました。車をよりお得に売却する場合、どのタイミングがベストかというと「車検を通す前」が一番お得に売ることができると言えるでしょう。

では、なぜ車検を通す前のタイミングがいいのか、詳しく見ていきます。

車検にかかる費用が大きい

まずは車検の費用がどれくらいかかるのか、見てみましょう。

車検の基本料金

車検の基本料金は、車検を依頼した整備工場やディーラーなどへ支払う料金を指します。

基本料金の中には所有者に代わって検査をしたという「代行手数料」、検査をしたことで発生する「検査料」、さらに、法律で決められている点検・整備を行なった際にかかる「24ヶ月点検整備料」の3つが含まれています。

補足:依頼先によって車検基本料は異なる

なお依頼した場所によって車検の基本料が異なるため注意しましょう。

例えばディーラーに依頼した場合、車検基本料は10万円程度になるケースもあり、費用がかなりかかってしまう可能性があります。

整備工場になると様々な車種も取り扱い可能で、ディーラーに比べて安く済ませることができます(その代わり、機器が充実していないところだと、修理等ができないケースも考えられます)。

最も車検基本料を抑えられるのはユーザー車検で、自身で車を点検・整備を行なった後、国の検査場へ運び、検査してもらうというやり方があります。これなら1万円もかからずに車検を通すことが可能ですが、自身に専門的な知識・経験がないとユーザー車検は行うことができず、さらに修理する際に、部品交換などで費用はかかってしまいます。

また、再検査になってしまうとその分の費用も支払わなくてはなりません。時間と手間、そしてお金もかかってきてしまうのであまり効率的な方法とは言えないでしょう。

自動車損害賠償責任保険料(自賠責保険料)

自賠責保険料は、自動車を所有している人は強制的に加入することになる保険の料金を指します。

自賠責保険料は車種によって異なります。

自家用乗用車(24ヶ月契約)の場合25,830円、自家用小型貨物車(12ヶ月契約)の場合17,350円、軽自動車(24ヶ月契約)の場合25,070円です。

自動車重量税

自動車重量税は車検の際に国へ納めなくてはいけない税金となります。

こちらも車種ごとに異なり、軽自動車の場合は2年で6,600円です。

5ナンバークラスで0.5t~1.0tまでの場合は2年で16,400円、5ナンバークラスの1.0t~1.5tの場合は2年で24,600円、3ナンバークラスで1.5t~2.0tまでの場合は2年で32,800円となります。

車両の重量がどれくらいかわからない場合は、自動車検査証で確認してみましょう。

なお、上記の金額はエコカー減免が適用されておらず、車齢が13年未満の車両に対する金額となります。

適用されない場合、金額も異なってくるので気を付けてください。

印紙代

自動車検査証を新しく交付しなくてはならないため、印紙代も必要となります。

印紙代は軽自動車の場合1,100円、普通自動車で1.0t以下の場合は1,700円、それ以上の車両重量となると1,800円がかかります。

車検にかかる費用の内訳は上記のようになります。

あくまでも目安となりますが、軽自動車であっても10万円以上の車検費用がかかってしまう可能性は高いです。

車検に通すことによる売却額アップ効果は少ない

車検にかかる費用はかなり高くなりますが、その分売却時の査定額もアップすれば問題ないと言えるでしょう。

しかし、実際は車検を通している方が査定評価は上がるものの、それほど高い効果を示しません。

目安としては、車検を持っている状態で売却したプリウスが110万円、車検がない状態で売却したものは108万円と、2万円しか差額は生まれません。

プリウスを車検に通す場合、10万円以上かかってしまうことも大いにあり得るため、車検を持っている状態で売却しても8万円以上は損してしまうことになります。

車検を通しても売却額アップ効果が少ない理由として、中古車買取店は車検を安く行うことができる独自ルートを持っており、車検切れの車を買い取ったとしてもそれほどコストをかけずに車検に通すことができるためです。

また、車検切れで廃車に近い車であっても、パーツを分解してリサイクルすることもできます。

特に海外への販売ルートを持つ中古車買取店であれば、特に車検の有無は関係なく査定評価を行うこともあるでしょう。車検に通すことによって売却額がアップすることは少ないと言えるのです。

逆に車検費用は10万円以上することもあり、とても高くつきます。

結局売却額アップ効果も少ないため、車検を通す意味はありません。車検を通す前に売った方が、車検料金を支払わずに済むのでお得になると言えます。

こういったことから、車を売却するタイミングとしては車検に通す前の方が良いのです。

コラム:車検証と印鑑登録証明書の住所が異なっている場合の対処法

車を売却する場合、車検を通す必要はなく、むしろ車検に通す前の方がタイミングとして最適だということをご紹介してきましたが、売却するときには車検証は必要書類として提出しなくてはなりません。

この車検証に記載されている住所というのは購入した時に住んでいた場所になるので、印鑑登録証明書の現住所とは異なるという人もいるかと思います。車検証に記載されている住所と印鑑登録証明書に記載されている住所が違う場合、住所が変わったことを示す住民票が必要となります。

例えば、本籍地は変わっておらず印鑑証明書の住所に現在住んでいる場合、戸籍の附票が1通必要です。

また、本籍地自体が変わり、印鑑証明書の住所に現在住んでいるという場合には、過去の本籍地での戸籍附票と、現在の本籍地での戸籍附票が1通ずつ必要となります。

いずれもコピーで十分なのですが、必ずこれらの書類も用意した上で車売却を行いましょう。

戸籍の附票の入手法と手数料

戸籍の附票を手に入れるには、本籍地にある役所でのみ交付してもらえます。本籍地ではない場所では交付することができないので、必ず本籍地の役所で交付するようにしましょう。

また、戸籍の附票を取得するためには、役所の窓口で直接受け取れるほか、代理人を通して窓口で受け取れる方法、もしくは郵送にて請求する方法があります。

現住所と本籍地がかなり離れている場合は郵送にて請求すると便利です。また、代理人に依頼する場合は委任状が必要となるので用意しておきましょう。なお戸籍の附票は手数料がかかり、1通あたり200円程度かかります。

戸籍謄本・戸籍抄本などと比べると手数料はかからないので、時間が空いたときに窓口で取得、もしくは郵送で取得するようにしましょう。

婚姻による名字変更の場合は戸籍謄本が必要

ちなみに住所ではなく結婚して姓が変わっている場合、戸籍の附票ではなく戸籍謄本が必要になります。

戸籍謄本の取得方法も戸籍の附票と変わりませんが、手数料は1通450円となっています。また、戸籍の一部を写した戸籍抄本ではなく、戸籍に記載されている情報を全て写している戸籍謄本が必要となるので間違えないように気を付けましょう。

まとめ

車検切れの車であっても売却することは可能であり、査定額にもあまり影響されないので売却時に車検のことを気にする必要はありません。

車検には大きな費用がかかります。車の売却を検討している方で、もう少しで車検の時期を迎えるという方は、早めに愛車を手放すことがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket