pagetop

プリウスとアクアの中古車で迷ったらどっちを選ぶ?元ディーラーマンが教える比較ポイント

プリウスとアクアの中古車で迷ったらどっちを選ぶ?元ディーラーマンが教える比較ポイント
プリウスとアクアで迷った時のポイントをざっくり言うと…
「広さ」「乗り心地」「選びやすさ」では断然プリウス!
小回り重視の街乗り用ならアクアがオススメ!
燃費に大きな差は無く、選ぶ年式・グレードで異なる!

中古車でもトヨタ車でプリウスとアクアのどちらを購入するか迷う人が多くいます。そんなときは車のことを知り尽くしているディーラーに聞くのが一番です。

そこでプリウスとアクアの中古車で迷ったときに、どのような観点で選べばいいか、元ディーラーマンにヒアリングしました。その内容をもとにプリウスとアクアの比較ポイントと、それぞれの特長を紹介していきます。

この記事を読むことで、あなたがプリウスを購入するべきか、アクアを買うべきか判断することができます。ぜひご活用ください。

【超】お得な「非公開」中古車を紹介してもらう方法

中古車を購入するなら、安くて、しかも質の高い一台を入手したいものですよね。しかし、中古車市場のなかには、状態が悪いものや、他に比べて割高な車両も多く含まれています。

できるだけコストパフォーマンスの高い中古車を購入するには、コツがあります。それは世の中に出回らない「非公開車両」に狙いを定めること。

中古車市場に在庫として公開している車両の多くは、そうしないと売れないからです。本当に良質で、お買い得な中古車の場合は、何もしなくてもすぐに売れてしまうので、わざわざ公開して、宣伝する必要はありません。

その市場には出回らない、特別な「非公開車両」を優先的に紹介してくれるサービスがありますので、お得な中古車をゲットしたい方は、まずは問い合わせしてみることをおすすめします。もちろん利用するのにお金はかかりません。

専門家の力を借り、満足できる中古車選びをしてください。

秘蔵の非公開車両を見る >>


元ディーラーマン曰く基本的にはプリウス押し!

まずプリウスとアクアの新車スペックは以下となります。

プリウスのスペック情報

プリウス
全長
4.28m~4.54m
全高
1.47m~1.49m
全幅
1.7m~1.76m
CVT 燃費(JC08モード) 34.0km/L~40.8km/L
駆動方式 2WD,4WD 排気量 1,500cc~1,800cc
定員 5人 車両重量 1,495kg~1,735kg
※燃費は現行モデルの情報です。

アクアのスペック情報

アクア
全長
4.0m~4.07m
全高
1.42m~1.5m
全幅
1.7m~1.72m
CVT 燃費(JC08モード) 33.8km/L~38.0km/L
駆動方式 2WD 排気量 1,500cc
定員 5人 車両重量 1,325kg~1,385kg
※燃費は現行モデルの情報です。

プリウスとアクアがよく比較される理由は、トヨタ車でハッチバック型のハイブリッド専用車がこの2車種だけだからです。またトヨタでも大々的に宣伝していることもあり、他車種に比べ認知度が高いこともあげられます。

ユーザーニーズの観点では、「セダンはオヤジくさいから乗りたくない」「ミニバンだと大きすぎる」「軽自動車だと車内が狭い」などの声があり、プリウスとアクアで悩まれる人が多いです。

では本題ですが、結論からいうとプリウスがおすすめです。理由は以下の通りです。

  • 車内空間が広い
  • 乗り心地がいい
  • 中古車台数が多い

ただしプリウスよりアクアの方が車体は小さいので、運転技術に不安があったり、狭い道や駐車のしやすさを重視するなら、小回りの利くアクアを選択すべきです。

    ※推薦者や用途によって観点が異なりますので、一見解として参考にしてください

では、なぜアクアよりプリウスがなぜおすすめなするのか、詳細を説明していきます。

室内空間は圧倒的にプリウスが広い

モデルやグレードによって異なるので、今回は以下をピックアップして比較しました。

プリウス:平成27年12月(2015年式)のグレード名「S」DAA-ZVW50

アクア:平成27年11月(2015年式) のグレード名「S」DAA-NHP10

プリウス アクア 差分
室内長 × 室内幅 × 室内高 2110mm × 1490mm × 1195mm 2015mm × 1395mm × 1175mm 9.5cm × 9.5cm × 2.0cm

乗員定数は両車種ともに最大5名ですが、室内の長さと幅は圧倒的にプリウスが広いです。そのため家族が多かったり、体格が大きい人が多く乗るケースが多いのであれば、断然プリウスがおすすめです。

さらに内装など、インテリアにおいてもプリウスは高級感ある仕様になっていることも特長です。その他ボディの鉄板自体も厚いので、エンジン音と外部の騒音が車内に聞こえにくいこともおすすめ理由としてあげられます。

安定した足回りで運転がしやすい

走行性や性能部分でもプリウスが優れているところはたくさんありますが、とくに注目してほしいところが足回りのサスペンションです。

プリウスの4代目からの仕様となりますが、ダブルウィッシュボーンサスペンションが採用されています。このサスペンションは、トヨタのクラウンなど主に高級車で導入される独立型のサスペンションで、運転時に必ず起こる「車の揺れ」を先代のプリウスやアクアよりも抑えることができます。

プリウスの方が選択肢豊富

自分の条件に合った中古車に出会うためには、中古車市場に出回っている玉数も重要です。

台数が少なければ少ないほど、自分の条件を変更しなければいけない時もあるので、そういった意味でもプリウスの方がいろんな条件の中古車を探すことができます。

車種 在庫登録台数
プリウス 8,208台
アクア 6,657台
    ※数値は2017年12月27日時点で当社サイトの実数値を参照

理解しておきたいプリウスのデメリット

プリウスが圧倒的におすすめである一方、アクアに比べ劣る点も存在します。運転に不安がある人や維持費より購入価格を安く抑えたい人にはアクアが向いているので、プリウスの中古車のデメリットを参考するといいでしょう。

燃費で比較するとアクアの方が若干節約につながる

中古車の場合は前オーナーの乗り方が左右され、エンジン・ミッション・足回りの痛み具合やメンテナンスの仕方で、同じモデル・グレードでも燃費の差がでます。そのため今回は、新車発表時の燃費を参考に比較します。

プリウス アクア
モデル 燃費 モデル 燃費
初代 29.1km/L 初代 36.2km/L
2代目 32.3km/L
3代目 33.1km/L
4代目 35.8km/L
合計 32.6km/L
    ※燃費モードは10・15モードとJC08モードの両方が発表されている場合、10・15モードで計算しています

表をご覧になるとわかるとおり、燃費はアクアの方が優れているのですが、大きな差があるわけではありません。

1年間の平均走行距離が1万kmといわれているので、差額は少なくすみます。その中でもプリウスの4代目と比較するとさらに差がなくなります。

燃費がいいプリウスを探す方法

燃費での注意点として、街乗り用であればアクアの方が燃費はいいですが、高速道路や遠出する場合はパワーのあるプリウスの方が燃費はよくなります。

また、プリウスのモデル・グレードの中でも燃費がいいものを選択すれば、見方によってはプリウスの方が燃費はよいこともあるので、以下のモデル・グレード別プリウスの燃費ランキングを参考にするとよいでしょう。

年式 グレード名 燃費 新車価格
4代目 平成27年12月(2015年式 E 40.8 km/L ¥2,429,018
3代目 平成21年5月(2009年式) L 38 km/L ¥2,050,000
3代目 平成23年12月(2011年式) L 38 km/L ¥2,170,000
4代目 平成27年12月(2015年式) S 37.2 km/L ¥2,479,091
4代目 平成27年12月(2015年式) A 37.2 km/L ¥2,777,563
4代目 平成27年12月(2015年式) Aツーリング
セレクション
37.2 km/L ¥2,926,800
4代目 平成27年12月(2015年式) Aプレミアム 37.2 km/L ¥3,107,455
4代目 平成27年12月(2015年式) Aプレミアム
ツーリング
セレクション
37.2 km/L ¥3,199,745
4代目 平成28年8月(2016年式) Sセーフティプラス 37.2 km/L ¥2,693,520
4代目 平成29年11月(2017年式) Sセーフティプラス 37.2 km/L ¥2,607,120
4代目 平成29年11月(2017年式) Sセーフティプラス
ツートーン
37.2 km/L ¥2,733,480
4代目 平成29年11月(2017年式) A 37.2 km/L ¥2,777,563
4代目 平成29年11月(2017年式) Aツーリング
セレクション
37.2 km/L ¥2,926,800
4代目 平成29年11月(2017年式) Aプレミアム 37.2 km/L ¥3,107,455
4代目 平成29年11月(2017年式) Aプレミアム
ツーリング
セレクション
37.2 km/L ¥3,199,745
4代目 平成29年11月(2017年式) Aプレミアム
ツーリング
セレクション
20thアニバーサリー
リミテッド
37.2 km/L ¥3,850,000

プリウスで一番燃費がいいのは平成27年12月に発売された2015年式のグレード名「E」で、40.8km/Lです。アクアの最高燃費は40.0km/L(2011年12月発売の「L」)なので、このグレードを年式・グレードを選択すれば、間違いなくどのアクアよりも燃費がいいことになります。

価格だけでみるとアクアの方が安いこともある

選ぶ年式や車の状態によって、一概にどちらが安いとは言い切れませんが、平均的にはアクアの方が安い傾向があります。

車種 在庫登録台数 中古車平均相場 車内最低地 車体最高価格
プリウス 8,208台 135.2万円 2.0万円 398.0万円
アクア 6,657台 119.9万円 30.0万円 233.0万円
    ※数値は2017年12月27時点で当社サイトの実数値を参照

しかし、型落ちのプリウスであればアクアよりも安く購入することは可能です。

両車種どちらもよく、価格だけにこだわるのであれば、当サイトで複数車種検索と金額絞込み機能を使うと、目的の中古車に合える確率があがるでしょう。

条件で絞って中古車を探す

メーカー
車種

-

年式

都道府県

市区町村

ミッション

価格

走行距離

修復歴

駆動方式

車検残

支払総額

更に詳しい条件を追加する

車両条件

燃料

ATミッション詳細

ハンドル

排気量

乗車定員

ドア数
ボディタイプ

-

後部スライドドア

過給器

状態

安全装置

装備・仕様・その他

基本装備

仕様

TV・モニター

インテリア

カーナビ種類

AV機器

外装装備

カメラ

小回りはアクアの方が利く

既に触れたとおり、プリウスに比べると、車体が小さいコンパクトカーであるアクアのほうが小回りがきき、運転がしやすい点で有利です。

先ほど紹介した2015年式のS同士でボディサイトを比較すると、

プリウス アクア 差分
室内長 × 室内幅 × 室内高 2110mm × 1490mm × 1195mm 2015mm × 1395mm × 1175mm 9.5cm × 9.5cm × 2.0cm

高さはほぼ変わらず、横幅は若干プリウスが大きい程度です。全長においては54cmも変わるので運転席の視界や運転時の感覚にも大きく影響するでしょう。

またタイヤサイズも異なるため、最小回転半径はプリウスが5.1mに対して、アクアが4.8mですので圧倒的に小回りはアクアの方が利くことがわかります。

プリウスがおすすめの人・アクアがおすすめの人

ここまでの流れをまとめると、以下が車種ごとにおすすめの人です。

プリウスがおすすめの人は…

  • 荷物はたくさん詰める方がいい
  • 中距離・長距離移動が多い
  • 高年式でもいいから購入価格を安く抑えたい

プリウスの中古車事情をもっと知りたい場合は「プリウスの中古車を選ぶなら!おすすめの中古車と相場が分かる全情報」をご覧ください。

アクアがおすすめの人は…

  • 運転にあまり自信がないのでなるべく小さい方がいい
  • 車内空間に広さを求めない

アクアの中古車事情をもっと知りたい場合は「アクアの中古車の在庫紹介!安くて高品質のおすすめ中古車を手に入れる方法」をご覧ください。

燃費については前途したとおり、選択するモデル・グレードに左右されることと、そこまで大きな差がでないため、あまり意識しないことをおすすめします。

これでプリウスとアクアのどちらを購入すればいいか明確になったはずです。実際にどのような中古車があるのか購入したいエリアを選択し、実際に在庫確認あるいは試乗予約をしてみましょう。

プリウスの新着中古車情報


プリウスの中古車情報

2018-01-22 16:06:28更新



アクアの新着中古車情報


アクアの中古車情報

2018-01-22 16:06:31更新

まとめ

プリウスとアクアの中古車で迷ったときは、燃費を基準に選ぶのではなく、乗る頻度や運転能力など普段の車の用途に合わせて選ぶことがおすすめです。

また同じモデルとグレードのプリウスでも中古車の場合は、車の状態や新車購入時のオプションは何を選択したかによって、販売価格が左右されます。

実際に出回っている中古車在庫や相場を見ながら、自分に合った中古車探しにお役立てください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket