クラウンハイブリッド中古車/おすすめの中古車条件と探し方を徹底解説

クラウンハイブリッド中古車/おすすめの中古車条件と探し方を徹底解説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

クラウンは1955年の発売以来、高級セダンタイプ自動車として、数多くの人気を集めてきました。

2008年からは、ハイブリッドタイプも発売され、ますますその人気に拍車をかけています。

とはいえ、そこは高級車。新車は簡単に手が出る値段ではありません。「新車は難しいけれど、中古車なら手が出るかも」と思っている方も少なくないでしょう。

そして、せっかくクラウンの中古車を買うなら「自分の予算内で最高の状態のものを買いたい」と思いませんか。

中古車市場には、残念ながら故障車やさまざまなリスクのあるクラウンハイブリッドの中古車が出回っています。中古車ならではのチェックポイントを見逃してしまうと、思わぬ不利益を被る可能性もあります。

そこで、今回の記事では

  • おすすめのクラウンハイブリッドの中古車条件
  • 予算に見合ったお得なクラウンハイブリッドの探し方

を、詳しく紹介します。

また、リスクを避けて良質な中古車を見つけ出すための必須知識も合わせてお伝えします。

記事を読んだ後、すぐにクラウンハイブリッドの中古車を探せるようになっていますので、ぜひ参考にしてください。

クラウンハイブリッドの魅力とライバル車を解説

まずここで、クラウンハイブリッドの基本的な情報と魅力、そしてライバル車と比較した場合どうなのかを簡単に紹介していきたいと思います。

クラウンは、1955年の発売以来、トヨタの看板車種のひとつであり、正統派セダンタイプ自動車として幅広い支持を集めてきた車種です。

2008年に発売された13代目から、環境に配慮したハイブリッドタイプが本格的に売り出されました。
2012年に発表された14代目からは、クラウン全体における売上の約半数をハイブリッド車が占めるという状況になっています

次に「クラウンハイブリッドのおすすめポイント」「ライバル車種と比較したときの、クラウンハイブリッドの優れている点」を詳しくみていきましょう。

クラウンハイブリッドのおすすめポイントと向いているタイプ

クラウンハイブリッドの具体的なおすすめポイントは以下の通りです。

  • 燃費の良さ
  • 快適な運転のためのさまざまな機能
  • 発進時の静かさ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

燃費の良さ

2013年式のクラウンハイブリッドの燃費は23.2km/L、2008年式のものでも15.8km/Lと燃費の良さが自慢です。同じ2008年式のクラウンは10.0km/Lなので、1.5倍の燃費の良さです。

快適な運転のためのさまざまな機能

クラウンハイブリッドに搭載されている機能のなかで、特筆するべき機能は以下の通りです。

  • 液晶画面にタコメーターやスピードメーターなどが映し出されるファイングラフィックメーター
  • 夜間、暗闇にまぎれて見えにくい歩行者などを赤外線カメラが検知するシステム・ナイトビュー
  • ハイブリッド特有のエンジン音を消すためのアクティブノイズコントロール

発進時の静かさ

発進時はモーターのみ、もしくはEV走行モード付きなので、その静かさも魅力です。

クラウンハイブリッドに向いているタイプ

燃費が良いので、普段から車の運転をする人におすすめです。深夜早朝に住宅街を出るという人には特におすすめできます。

というのも、クラウンハイブリッドは、夜間の運転を助ける機能が搭載されており、発信音対策機能も細かくケアされているからです。

クラウンハイブリッドのライバル車はフーガ

日本を代表する高級車としてしのぎを削ってきたトヨタ・クラウンと日産・フーガですが、その戦いは舞台をハイブリッドの場に移しても続いています。

日産・フーガ画像

以下に両者を比較した場合のそれぞれの利点をまとめました。

  • 中古車価格で選ぶなら「クラウンハイブリッド」
  • 燃費の良さなら「クラウンハイブリッド」
  • エンジン出力にこだわるなら「フーガハイブリッド」
  • 多彩なカラーバリエーションの中から選びたいなら「クラウンハイブリッド」

中古車価格で選ぶならクラウンハイブリッド

大手中古車サイト「カーセンサー」で2017年1月現在の両者の価格を比較しました。

フーガハイブリッドの中古車価格は、109万円から570万円まで出そろい、平均価格は288.4万円でした。対して、クラウンハイブリッドは93万円から349万円で、平均価格は183.1万円でした。

燃費の良さならクラウンハイブリッド

同じ2012年式で比較したところ、フーガハイブリッドの燃費が16.6km/L、クラウンハイブリッドは23.2km/Lと、燃費対決ではクラウンハイブリッドに軍配が上がります。

  • ※燃費は「e燃費」を参照

エンジン性能にこだわるならフーガハイブリッド

クラウンハイブリッドのエンジンは、直列4気筒2.5Lを採用して、燃費性能に重点を置いて開発されています。

対してフーガハイブリッドは364馬力というシステム最高出力に重きを置いて開発をされました。そのため、大排気量車に匹敵するパワーが欲しい場合は、フーガハイブリッドがおすすめです。

多彩なカラーバリエーションの中から選びたいならクラウンハイブリッド

クラウンハイブリッドは、18色の中からチョイスできます。対して、フーガハイブリッドは7色のラインナップです。

カラーで個性を表現したいという人にはクラウンハイブリッドがおすすめです。
※カラーバリエーションは両者とも公式ホームページを参照

クラウンハイブリッドの中古車相場を解説

クラウンハイブリッドの中古車での購入を考えている人は、中古車市場に出回っている相場が気になると思います。

今回の記事では、おすすめの中古車条件ごとの価格相場もご説明しますが、ここでは各中古車情報サイトの情報をもとに、クラウンハイブリッドの価格帯を見て行きたいと思います。

中古車検索サイト 価格帯
カーセンサー 93万円~349万円(平均価格:182.9万円)
グーネット 69.8万円~611.4万円(平均価格:299.5万円)
車選び.com 36万円~598万円(平均価格:225.7万円)
  • ※2017年1月現在の全国中古車情報を調査

こうして見ると100万円を大きく割るものや、100万円前後で買うことができる中古車も数多いことが分かります。

しかし、それらの多くは総走行距離が10万キロをはるかに超えていたり、修復歴があったりします。

また、新車同様の価格のものもありますが、それらは特別なオプションを施していたりします。燃費が23.2km/Lとなる2013~2014年式のクラウンハイブリッドを買うには平均価格である200万円台を予算に考えた方が良いでしょう。

これを買えば安心!クラウンハイブリッドのおすすめ中古車条件を徹底解説

トヨタクラウン画像

ここからは、さまざまな条件に照らし合わせて、筆者おすすめのクラウンハイブリッド中古車と、具体的な探し方を紹介します。

まず、それぞれの中古車条件ごとに、おすすめするユーザータイプを以下の図にまとめました。自分がどれに当てはまるかを考慮して車選びの参考にしてください。

すでに買いたいタイプが決まっている人は、以下からその詳細をご覧いただくこともできます。

クラウンハイブリッドは、未使用車を選ぶよりは新車を選ぶほうがおすすめ

新車同然のクラウンハイブリッドに乗りたいといった方も多いと思います。

そうした場合は「新車でのクラウンハイブリッド購入」「未使用車でのクラウンハイブリッド購入」の2つの選択肢があります。

筆者の見解としては、クラウンハイブリッドでは、新車を選ぶのがおすすめです。

その理由は、たとえば2016年式アスリートSで比べた場合、新車と未使用車では購入金額に大差がないからです

大手中古車情報サイトカーセンサーでは、489万6000円の値段が付いていますが、トヨタの希望小売価格は495万円です。

車検が短かったり、カラーやオプションが選びづらかったりというデメリットを考慮した場合、新車の方がオトクであるといえます。

おすすめのクラウンハイブリッド中古車:2013~14年式の現行型

クラウンイメージ画像

クラウンハイブリッドは、人気車種だけに、なかなか中古車市場に出まわらず、価格が落ちにくい車種のひとつです。

とはいえ、現行型のものでも2013~14年式のものは新車と比べると平均で100万円ほど安く買うことができます。価格は安くても燃費は現行型と変わらないため、燃費とのバランスを考えた場合、このあたりの年式に絞って探すことが得策と言えます。

  • ※燃費は「e燃費」を参照

また、2013年~14年式のクラウンハイブリッドには、以下のようなメリット、長所があります。

  • 燃費性能が高い
  • 価格と質のバランスが最適
  • 耐久性が高いクラウンなので、長く乗れることが期待できる

この条件のクラウンハイブリッド中古車の注意点:価格の高さ

新車の定価よりは100万円ほど安くなっているとはいえ、それでも230万円以上のお金がかかってしまいます。

「予算が気になるけど、どうしてもハイブリッドが良い」という人は、クラウンのような高価格路線のタイプではなく、もう少し手頃なブランドのハイブリッド車を探してみることをおすすめします。

次に、選ぶべき条件のポイントを紹介します。

ポイント(1)修復歴のない中古車を選ぶこと

修復歴のある中古車はいくら安くてもおすすめできません。

修復歴とは車の骨格のであるフレーム部分に損傷歴や修理歴のある車のこと。これは、過去に構造上に問題があると判断されたということです

こうした状態のものは、購入時点では不具合がなくても、突発的なトラブルが起こるリスクが飛躍的に高くなります。

また、購入時には修復歴ありということで多少安くなっていると思いますが、後々の修理費がかさむことも考えられます。

そして何より、命を預かる車ですので、安全性を犠牲にすることは避けるべきです。

ポイント(2)極端に長い・短い走行距離は避けるべき

走行距離が長いものは、部品や車体本体の経年劣化によりトラブルが起きやすく、避けたほうがよいというのはもはや常識です。

同時に、極端に走行距離が短い場合も注意したいところです。

年式がある程度経っているのに、走行距離が短すぎる場合、長期間にわたって運転されず放置されていたということが考えられます。

このようなケースは、消耗部分が劣化していることや、オイル周りの部品にトラブルが出現する可能性が往々にしてあります。

2013~14年式のクラウンハイブリッド中古車相場

2013~14年式のクラウンハイブリッドですが、中古車市場での相場はどうなっているのでしょうか。
主な中古車情報サイトで調査してみました。

中古車検索サイト 中古車相場 対象台数
カーセンサー 239.7万円~393万円 9台
グーネット 228.9万円~620万円 570台
車選び.com 238.9万円~598万円 125台
  • ※2017年1月時点 での全国中古車情報を各中古車検索サイトで調査

新車価格が439万円からなので、大きく値下がりしているものも多くあるのがわかります。

ナビクルcarでもこの条件のクラウンハイブリッド中古車在庫を掲載しています。
最新の中古車相場、全国の中古車台数もすぐにわかるので、購入の際の参考にしてみてくださいね。

クラウンハイブリッドの中古車情報

2017-02-25 20:20:14更新

  • 中古車平均価格:353.4万円
  • 現在の在庫台数:385
  • 価格:255.8〜598.0万円

PICK
UP

967017021300201588001

トヨタ

クラウンハイブリッド

中古車本体価格

335.0万円

支払総額

--万円

年式

2014年式

走行距離

4.6万km

排気

2,500cc

WEB問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちらへ
0066-9709-5594-512

電話問い合わせ

筆者おすすめ・クラウンハイブリッド中古車の探し方

それでは、ここまで紹介してきたクラウンハイブリッドの中古車を効率よく探す方法を紹介したいと思います。

実際にグーネットで検索した結果をもとに見ていきましょう。

グーネットは、クラウンハイブリッドの掲載台数が一番多いので、執筆時点ではクラウンハイブリッドを探す上では一番便利なサイトと言えます。

1.サイトにアクセス

グーネットのTOPページにアクセスします。

2.メーカー選択

メーカー・ブランドから検索から「トヨタ」を選択します。

グーネット検索TOP

3.車種選択

「トヨタ」の車種一覧が表示されますので、「カ行」の「クラウンハイブリッド」をクリックします。

グーネットクラウンハイブリッド車種検索画面

4.地域選択

エリアを選択します。今回は「東京」を選択しました。「チェックした地域で中古車を絞り込む」をクリックします。

グーネットクラウンハイブリッド地域選択画面

該当エリアのクラウンハイブリッド中古車の一覧が表示されました。ここから希望の条件に沿って絞り込んでいきます。

5.条件指定

年式、走行距離、修復歴をそれぞれ指定します。

ここでは、先ほどおすすめとして挙げた、年式は2013~14年、走行距離は2万~10万キロ、修復歴はなしにそれぞれ設定します。

中古車グーネットクラウンハイブリッド地域選択条件選択画面

「この条件で検索」をクリックします。

以上が、グーネットでのクラウンハイブリッド中古車の探し方になります。
次からはネットで中古車を選んで、実際に販売店で確認する際の注意点を細かく見ていきましょう。

筆者おすすめ・クラウンハイブリッド中古車のまとめ

実際にお店に車を見にいく前に、おすすめのクラウンハイブリッド中古車条件について、先ほど示した条件を再度掲載します。

  • 2013~14年式
  • 修復歴なし
  • 極端に走行距離は長いものは避ける

良質なクラウンハイブリッド中古車を見抜くために!中古車選びで成功するための必須知識

これまで、クラウンハイブリッド中古車を選ぶ上で、筆者が重要と思うことをお伝えしてきました。
最後に、より失敗のない中古車選びをするためのポイントを紹介します。

「修復歴がある」以外のリスクのあるクラウンハイブリッドの見分け方

先ほど、修復歴のある中古車はやめたほうが賢明と紹介しましたが、修復歴以外にも中古車販売店に行ってからチェックできるリスク回避の方法を紹介します。

販売店ではじめてわかるリスク、それは水没車です。

水没被害の車は、修復歴に記載されません。つまり、「修復歴なし」になっていても、実は水没車だったという可能性も考えられます。

水没は車に大きなダメージを与えます。ダメージは主に電気系統に多く、購入後、それが原因となってさまざまなトラブルが発生し、修理費が非常に高くついたということも珍しい話ではありません。

しかし、水没車を簡単に見分ける方法が2つあります

  • 空調が止まっている状態の車内から雑巾のような臭いがする
  • シートベルトを限界まで引っ張ると泥のしみがある

上記のような状態の中古車は水没車である可能性が極めて高いです。

復習(1)修復歴のない中古車を選ぶこと

原則的には、修復歴のある中古車はいくら安くてもおすすめできません。修復歴とは車の骨格のであるフレーム部分に損傷歴や修理歴のあるもののことを言い、過去に構造上に問題があると判断されたということになります。

このような状態のものは、購入時点では不具合がなくても、突発的なトラブルが起こるリスクが飛躍的に高くなります。

また、購入時には修復歴ありということで多少安くなっていると思いますが、後々の修理費がかさむことも考えられます。そして何より、命を預かる車ですので安全性が何事にも増して重要です。

復習(2)極端に長い・短い走行距離は避けるべき

走行距離が長いものは部品や車体本体の経年劣化によりトラブルが起きやすく、避けたほうがよいというのはもはや常識です。同時に、極端に走行距離が短い場合も注意したいところです。

年式がある程度経っているのに、走行距離が短すぎる場合、長い間運転されず放置されていたということが考えられます。

このようなケースは、消耗部分が劣化していることや、オイル周りの部品にトラブルが出現する可能性が往々にしてあります。

まとめ

今回の記事では、最高のクラウンハイブリッド中古車が見つけられるように、筆者おすすめのクラウンハイブリッドの中古車条件や中古車相場、そして具体的な探し方などを詳しく紹介してきました。

クラウンハイブリッドは高級車だけに、新車はおいそれと手を出せませんが、中古車市場をうまく活用すれば、憧れのクラウンハイブリッドをお得な価格で手に入れることができます。

ぜひ、この記事を参考にして、あなたにぴったりの1台を探してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで最新情報をチェック