pagetop

事故車とは何?故障のリスクと事故車の見抜き方をどこよりも分かりやすく解説

事故車とは何?故障のリスクと事故車の見抜き方をどこよりも分かりやすく解説

「事故車」という言葉を聞いたことがある方の中には、言葉通りに「事故を起こした車」という認識をされている方もいるかもしれません。

しかし、実際のところ「事故車」という言葉は、車業界では「修復歴車」を指すものとして使われています。ちなみに中古車の販売員や、査定士でも「修復歴車」「修復歴」ではなく「事故車」「事故歴」という表現を使っていることが多くあります。

正しい事故車の定義や注意すべきポイントを知らなければ、思わぬところで「実は事故車だった」という車を選んでしまうことにもなりかねません。今回の記事では、事故車の正しい定義とデメリット、具体的な事故車の見分け方をご紹介します。安全な中古車購入の為に、ぜひ参考にしてください。

事故車(正しくは修復歴車)の定義を詳しく解説

冒頭でお伝えしたように、「事故車」とは、修復歴のある車、つまり「修復歴車」を意味します。

修復歴車とは、簡単にいうと「車の骨格(フレーム)部分を交換・修復したもの」を指します。「事故車」と呼ばれるのは、この原因が事故であることが多いためです。細かい定義は、以下の3組織によって定められています。

  • (社団法人)自動車公正取引委員会
  • (財団法人)日本自動車査定協会
  • 日本中古車自動車販売商工組合連合会

車の骨格と修復歴となる箇所をカンタン図解

骨格とはどの部分を指すのか、具体的に損傷が修復歴となる場所はどこなのかを、以下に図解つきでご紹介します。ちなみに例として用いるのは、一般的なモノコック構造のボンネットタイプとなります。

一般的な乗用車を検討している場合は、こちらを見ておけば問題ありません。(トラックなどでは、フレーム構造が若干異なっています。)

1.フレーム 2.フロントクロスメンバー 3.フロントインサイドパネル
4.ピラー 5.ダッシュパネル 6.ルーフパネル 7.ルームフロアパネル
8.トランクフロアパネル 9.ラジエターコアサポート

車の骨格と修復歴となる箇所

上記のうち、1~8の骨格部分に損傷があるもの、または修復されているものが修復歴(事故歴)車ということです。しかし、ネジ止め部分は修復歴には含まれません。
また9については、

  • 交換されているかつ、隣接している骨格部分にへこみ・曲がりまたは修理歴のあるもの

が修復歴車となります。
時々、事故にあっても修理していなければ修復歴車にはあたらないのではともいわれますが、該当部分に損傷やへこみがあれば修復歴車になり、それが修理済かは直接関係がありません。上記も修復歴車として告知する義務があり、修理済でない分、より危険度が高いです。

販売店や査定士に告知義務があるのは「事故歴」ではなく「修復歴」

また、査定や販売に関わって業者側に告知義務があるのは「事故歴(事故をしたことがあるか)」ではなく「修復歴」です。事故でどこかにぶつけた、ということがあっても、フレームの損傷・修復歴にあたる修理がなければ業者に告知義務はありません。

さきほどもお伝えしたように、業者側でも「事故車」「修復歴車」を混同して使用していることがあるので注意が必要です。
安全な車選びのためには、

  • 業者側がどちらの意味で「事故車」といっているのか不明なら「修復歴があるか」ときいてみる
  • それでも通じない場合は、知識に不安があるのでその販売店・業者は避けるようにする
  • 修復歴がないとされている場合でも、事故歴がないかは確認すること

ことがおすすめです。

広い意味の「事故車」には修復歴車以外のものも含まれる

上記のように、修復歴のある車を指す言葉は正しくは「修復歴車」で、「事故車」ではありません。しかし広い意味でいうなら、事故をした車を事故車と表現するのは自然なことです。

事故を起こした車がすべて修復歴車になるわけではありませんので、以下のような図式が成立します。

修復歴車と事故歴車の関係を表した図

外装パーツの交換や修理程度では、修復歴に該当しないものもあります。
たとえば、

  • 車をぶつけてドアやバンパー、フェンダーを交換した
  • 飛び石でフロントガラスを交換した

などの修理は「修復歴」にはあたりません。

しかし、修復歴車自体は10台に1台程度の割合でオークションに出回っています。次の章では、事故車(修復暦車)のデメリットをお伝えします。
※誤解を防ぐため、ここからは「修復暦車」として記載します。

修復歴車のデメリット・リスクを知る

修復歴車はその特性から、中古車価格がかなり安くなります。そのため、「軽微な修復歴なら修復歴車を選んだ方がお得」とする意見も聞かれます。確かに修復歴車でも、きちんとした修復さえ行われていれば、走行に支障がないことも多くあります。

しかし筆者の見解からすると、修復歴車はやはり選ぶべきではありません。それには以下のような理由があります。

修復歴車のデメリット:走行に支障が出る可能性がある

車の骨格とは、文字通り骨組み・構造部分として、安全に走行する為に欠かせないものです。その部分に損傷があったという事は、車の剛性・直進性能・ブレーキ等に影響がある可能性もあります。

確かに事故車は、格安といえるほど中古車価格が下がるのも事実ですが、その分購入後の事故・不具合の可能性や、手に入れてからの修理代が増すリスクがあります。

特に骨格の損傷は不具合の連鎖となるケースも多いため、結果的にメンテナンス・修理額で値下がり分は帳消しになってしまう事があります。

修復の程度や技術者の腕などにもよりますが、修復後に不具合が発生しないとも言い切れないため、市場で価格が安くなるわけです。

そこはプロでも判断が難しく、修復の有無はわかっても、その後の不具合の発生までは断定できません。そのため命を預けて乗るものである以上は、わざわざ自分からこのリスクを取りにいく必要はないと考えています。

ディーラーの中古車でも修復暦車は当然存在する

ディーラーの新車販売時に下取りされて、中古車ディーラーで販売されている中古車でも事故車はありえます。中古車販売店やオークションと同等の割合で存在すると考えてよいでしょう。

新車を購入する人が、事故を起こしていない・修復歴にあたるようなパーツ交換・修復をしていないとは限らないからです。

修復暦車にみられる不具合の実例

ここでは、修復歴があることによる不具合の実例を、整備工場の担当者と共にピックアップしました。

修復歴による不具合事例(1)

車両フロント部分の事故、横転などにより、フロントガラスまで破損。ピラー、ダッシュパネル、ルーフパネル等、フロントガラス周辺の修正を行いフロントガラス交換を実施した車。

その後、暫くしたのちにフロントガラス上部付近からの雨漏れ発生や、何もしていないのにフロントガラスに突然ヒビ割れが発生した。

修復歴による不具合事例(2)

    車両側面の事故により、サイドパネル全般の修正を実施した車。修理直後か暫くしたのちかは不明だが、気づいたら走行中ハンドルが取られ、車が曲がっていくような感じになっていた。

いずれの場合も事故によるフレーム部の修正が原因の可能性が高く、ほぼ間違いないと思われるケースです。

モノコック構造の特徴として、衝撃を吸収しやすく広範囲に衝撃が伝わりやすくなっています。軽い事故の時、運転していた方がさほど衝撃を感じていなくても、車自体の損傷が大きくなるのはその為です。

上記のケースも、フレーム修正が不十分だった、又は、無事と思われていた部分にも実は被害が広がっていた等が考えられます。

具体的にそれぞれの見解をお伝えします。
事例(1)に関しては、

  • 修正箇所にできた小さな錆が徐々に広がることでガラスの接着材(シーリング)が浮き上がり、はがれることで雨漏れ発生
  • ガラス自体は問題なくはまるものの若干の狂いがあったため、気温変化などによって金属の収縮が起きたときに、ガラスを圧迫しヒビ割れ発生

と考えられます。

事例(2)に関しては、ステアリング装置廻りやサスペンション廻りなどが正常であることの確認も当然必要ですが、フレーム修正はしたもののホイールベースに狂いが出てしまい直進状態でも車が曲がっていくようになってしまったと考えられます。

ホイールベースとは、前輪と後輪の軸間距離です。この長さが左右で違うと、直進状態でもホイールベースの短い方に車両は曲がって進みます。

修復歴による不具合は複合的な要因もあるため断定はできませんが、少なくともこのような故障事例があることは覚えておいてください。安全な車選びのためには、やはり修復歴車は避けるべきだと考えられます。

修復歴車を見分けるには?易しい~専門的な秘訣まで紹介

しかし、見落としであったり、故意であったり、理由は様々でしょうが、実際に中古車市場の中には修復歴有りの車が修復歴無しとされている場合が少なからずあるのは事実です。

車、特に中古車を購入する以上は、修復歴車のリスクは常にあると思ってください。だからこそ、きちんと見分ける知識を持つことで、安全に中古車の購入ができます。

修復歴車の見分け方は、大きく2つに分かれます。

  • (基本)中古車を探す段階での修復歴の有無を見る
  • (難)現車確認の際、車の状態から判断する

修復歴車を避けて探す場合、中古車購入が前提となるものとしてお話しします。

(基本の方法)中古車検索サイトで修復歴なしで検索する

カーセンサーなどに代表される中古車検索サイトには「修復歴のあり・なし」を選択できる機能があります。こちらを活用して、修復歴のない車を選ぶのがもっとも簡単です。

カーセンサーの中古車検索で修復歴なしを選択する方法

こちらは、カーセンサーの中古車検索結果です。検索条件の中央あたりに、「修復歴なし」というチェックボックスがありますので、こちらにチェックを入れれば、修復歴なしで登録されている中古車を絞り込むことができます。

しかし、中にはごく稀に修復歴の申告がされていない中古車もまぎれています。以前に比べると、悪質な業者は格段に減りましたが、それでも可能性はゼロではありません。

こういった車を見抜くには、現車確認の際に中古車のコンディションチェックを見る方法があります。
前者に比べると難易度は高いですが、ひとつひとつのチェックポイントはそこまで難しくないので安心してください。

(難易度:高)現車確認の際、修復歴車の可能性を見抜く方法

ここからは、現車確認の際、修復歴車の可能性があるかを見抜く方法です。しかし、正確に修復歴車を見抜くのは、プロでも判断の難しいところです。

実際、自動車整備工場の方であっても、実際に修復歴車とされる現車を見たときに特に判断もつかなかったという結果もよく聞かれます。

ここでご紹介する方法は、「修復歴車の可能性がある」ものを見抜く方法です。まずは探し方の時点で修復歴車を除外することを実践し、そのうえで確実さを増す方法として活用してください。とはいえ、方法自体は特に難しくありません。

その方法とは、

  • 外装パーツ間の隙間が不自然に空いていないかを確認する
  • 外装パーツ等を脱着・修理をしたことがあるであろう痕跡を探す
  • 目視できるフレーム部分を確認する

の3つです。それぞれ、事例とともにご紹介します。

外装パーツ間の隙間が不自然に空いていないかを確認する目安

修復歴のある車では、フレームの歪みによって、外装パーツの隙間が不自然に空いていることがあります。その隙間を見るべきポイントは以下です。

  • フロントフェンダーとボンネットの隙間
  • フロントピラーとフロントフェンダーの隙間
  • フロントドアとフロントフェンダーの隙間
  • フロントドアとリヤドアの隙間
  • リヤドアとリヤフェンダーの隙間
  • テールランプとバックドアの隙間
  • テールランプとリヤフェンダーの隙間
  • テールランプとリヤバンパーの隙間
  • バックドア上部とルーフパネルの隙間
  • バックドア上部とリヤフェンダー上部の隙間
  • フロントフェンダーとフロントバンパーのズレ

隙間が不自然かどうかについては、単純に隙間を見たところで基準がわかりませんので、左右で比較してみるのがいいでしょう。

参考画像1フロントフェンダーとボンネットの隙間

フロントピラーとフロントフェンダー_フロントドアとフロントフェンダーの隙間

参考画像3フロントドアとリヤドアの隙間

参考画像4リヤドアとリヤフェンダーの隙間

参考画像5テールランプとバックドア_ テールランプとリヤフェンダー_ テールランプとリヤバンパーの隙間

参考画像6バックドア上部とルーフパネル_バックドア上部とリヤフェンダー上部の隙間

ここまでの参考画像に使用した車は、過去に田んぼに落ちて横転した経歴のある車です。修理後、10年10万km以上走行していますが、特に大きな問題は起きていません。

画像ではわかりにくいかもしれませんが、隙間の差はそれなりに出ています。参考画像5のテールランプとバックドアの隙間は特に目立っています。

参考画像7フロントフェンダーとフロントバンパーのズレ

こちらのフロントフェンダーとフロントバンパーのズレに関しては、隙間というよりも、左右で比較するとズレが明らかなのでわかりやすいと思います。

外装パーツ等を脱着・修理をしたことがあるであろう痕跡を探す

次に、外装パーツ等を脱着・修理した痕跡についてですが、これはパーツの取付部分に元の位置からのずれ、ボルト類を外した痕跡があるか判断するのがいいと思います。見るべきポイントは以下です。

  • 各部ドアのヒンジ部
  • フロントフェンダー・ヘッドライトの取付部
  • ボンネット・フロントフェンダーの取付部
  • ヘッドライト取付部

参考画像とともに見ていきましょう。

参考画像8・9・10各部ドアのヒンジ部

参考画像11フロントフェンダー・ヘッドライトの取付部

ここまでの写真は、実際取り外していない事例となります。どの部分を指すかの参考にしてください。

参考画像12ボンネット・フロントフェンダーの取付部

参考画像13ヘッドライト取付部

参考画像12は、取付位置のズレ、ボルト部の塗装の剝げから、あきらかな取外しの痕跡が見られます。参考画像13は、左右を比較したものですが、取付ボルト位置が明らかに違いますので、どちらかは取り外したことがあると判断できますね。

外装パーツの脱着跡から修復歴を判断するには上記のようなポイントを見ていくことです。しかし、その痕跡等が発見できたとしても、それが修復歴有りに直接つながるわけではありません。

隙間については、脱着した際の取付位置の調整具合という理由も考えられます。いずれにしても、点検整備を含む何かしらの修理等の為に、その部位を外す必要があったというのは確かです。

これらに当てはまった場合、「必ずではないが、修復歴があるかもしれない」という考え方をするのが良いでしょう。

目視できるフレーム部分を確認する方法

修復歴に関わるようなフレーム部位には、そのまま見えるルーフパネルや、ボンネットやドアを開けて見えるところ以外は、ほぼ内外装パーツやエンジン、補機類等に隠れて見えないものです。当然、修理する側も外から簡単に目につくところは特に気を付けて仕上げます。

  • 展示してある車のフレームを見たいので内外装を外して下さいと頼む
  • 自分で内外装パーツを外す

これらはまず無理なので、目視できるフレームの見方をお伝えします。

簡単に見えるフレーム部分の確認例としては、大まかに分けて以下の2つのポイントです。

  • ルーフパネル後部・リヤフェンダーパネルの上部、左右
  • フロントインサイドパネル左右

参考画像14ルーフパネル後部・リヤフェンダーパネル上部、左右

こちらの画像は、リヤ左フェンダーパネル部の損傷により、修復・修正をかけてある車です。丸印の部分に注目すれば、ボディシーリングの塗り方の違いがわかると思います。

このようなポイントを発見できれば、正確な範囲まではわからなくても、近辺の修復・修正作業はあったと判断できます。

参考画像15フロントインサイドパネル左右

こちらの参考画像15は、修復歴は無いですが、事故による修復で一番多いフロント部の例として上げました。このようなポイントを左右で比較すると発見できる可能性は高いです。

左側に一部、腐食によるフレームの亀裂が見られますが、このようなポイントにも注目してみて下さい。

まとめ

いかがでしたか。今回の記事では、事故車についての本当の定義とデメリット、見分けるための方法をお伝えしました。事故車=修復歴車であることと、その見分け方についてご理解いただければ幸いです。

繰り返しになりますが、修復歴車だからといって、必ず故障する訳ではありませんし、長く問題なく走る車もあります。

しかし車購入は大きな買い物ですし、命を乗せて走るものです。できるだけ安く購入したい方にとっては、修復歴車の値落ちは魅力的かもしれませんが、もしものリスクの方が高いと筆者は考えています。

今回の内容を参考に、事故車・修復歴車を避けて安全な車選びに役立ててください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで最新情報をチェック