pagetop

エクシーガの中古車を誰よりお得に購入するための中古車探しの全情報

ホワイトのスバルエクシーガ

エクシーガは、軽快で運転しやすい走りとスポーティーなデザインが魅力のミニバンです。

2008年に誕生し、2015年にエクシーガ クロスオーバー7に引き継がれたものの、ミニバンのエクシーガ自体は生産終了してしまいました。

しかし、その魅力は未だ健在です。

初めて中古車を購入する方でも、乗り換えでエクシーガ中古車を検討している方であっても、どんなエクシーガが手に入るのかとワクワクしている方も多いでしょう。

しかし、中古車市場には、さまざまなエクシーガ中古車が存在します。中古車は1台1台状態が異なるため、購入時の注意点を知らなければ、重大なリスクを抱えた中古車を引いてしまうことになりかねません。

今回の記事では、筆者おすすめのエクシーガの中古車条件と、中古車相場や探し方まで、すべての情報を公開します。

この記事を読んだ後、すぐに、希望のエクシーガが探せるように情報をお伝えしますので、ぜひご覧ください。

中古車の値引きを成功させるいちばんの方法

車を買うときに、いちばん値引きに効くのは、いま乗っている車をできるだけ高く売ることです。車の売却にはいろいろな方法がありますが、そのなかには賢い方法と、損をする方法があります。

たとえばディーラーへの下取りや、大手買取業者一社に見積もりを取って、そのまま売却するというのは、実は大きな間違いなのです。車を高く売るための最大の秘訣は、複数の買取業者に査定をしてもらい、買取店に競争してもらうこと。

いくつもの買取業者に連絡を取り、見積もりを取るのは手間がかかりますが、「一括査定サービス」を使えば、必要情報をたった一回書くだけで、自動的に複数業者に査定依頼ができます。

下取りに比べると10万円~30万円高い査定額が出ることも珍しくありません。まずは愛車がいくらで売れるか調べてみましょう。

愛車の価格を調べる >>

エクシーガの魅力とライバル車を解説

はじめに、エクシーガについて詳しく知りたいとお考えの方に向けて、エクシーガの魅力やライバル車種についてお話しします。

エクシーガの他に、検討すべき車があるのか?自分には本当にエクシーガがぴったりなのか?といったあなたの疑問に答えていきたいと思います。

エクシーガのおすすめポイントと向いているタイプ

エクシーガの魅力は、

  • アイサイトが搭載されていること
  • スポーティーなデザインでありながら、国産Lクラスミニバンに匹敵する車内高を確保
  • 7名乗車できる居住性と高い走行性能の両立

の3つといえます。

上記の魅力を持つエクシーガに向いているタイプの方は、

  • ロングドライブをすることが多い方
  • 走行性能にこだわりのある方
  • スポーツカーは持て余す方
  • 7名までの大人数で利用することが多い方

といえます。下記で詳しくお話ししていきます。

ロングドライブの強い味方であるアイサイトが搭載されていること

12年式以降のエクシーガは万が一の事故に備えて、前方にある車や人を認識するアイサイトを搭載しています。

アイサイトとは、危険を察知すると制御を行ない、スピードを加減速する運転支援システムです。

いわば、ロングドライブをするときに強い味方となってくれるシステムです。

上記の魅力から、エクシーガは、ロングドライブをすることが多い方に向いている車といえるでしょう。

スポーティーなデザインでありながら、国産Lクラスミニバンに匹敵する車内高を確保

エクシーガは、スタイリッシュなボディ、そしてスバルの人気車種レガシィを彷彿とさせるフロントマスクなど、スポーティーなビジュアルを備えています。

その一方で、国産Lクラスミニバンに匹敵する車内高1275mmを確保し、広々とした室内を実現しています。

上記の点からは、エクシーガはスポーツカーでは持て余す方に向いている車といえるでしょう。

7人乗車できる居住性と高い走行性能の両立

エクシーガは、7人まで乗車できる高い居住性とミニバンらしからぬ高い走行性能を兼ね備えています。

安定した走行を可能にする水平対向エンジンとAWDを先代から採用しており、ターボ機能を搭載しています。

そのため、ミニバンらしからぬ軽快で運転しやすい走りを可能にしています。

上記の魅力から、エクシーガは走行性能にこだわりのある方や7名までの大人数で利用することが多い方に向いている車といえるでしょう。

エクシーガのライバル車はホンダ・オデッセイ/マツダ・MPV

エクシーガのライバル車はホンダ・オデッセイ/マツダ・MPV

ミニバンの中でのライバル車種は、

  • ロングセラーを続けている高級ミニバンのホンダ・オデッセイ
  • 高いハンドリング性能によってスポーティーに走るMPV

の2つといえます。しかし、エクシーガはこの中でも運転しやすいミニバンとしての地位を確立しています。ホンダ・オデッセイは、力強い走りとラグジュアリーなデザインが融合したミニバンです。

車高をセダン車並みに低くし、低重心にすることで、力強い走りを実現しました。

しかし、5代目以降のモデルはスライドドアを採用したことにより車高が高くなり、セダン車より劣る車高となりました。

また、オデッセイのラグジュアリーなデザインに心奪われる方は少なくありません。

3代目以降のモデルがスタイリッシュに設計されたことによって、オデッセイはオシャレな車というイメージが根付きました。オデッセイとエクシーガを比べてみると、オデッセイはデザイン性に優れているものの、ターボ機能は搭載されていません。

ただ、走行性能に関してはエクシーガが優っていると考えていいでしょう。

ラグジュアリーなデザインと低重心による運転のしやすさを重視する場合は、オデッセイがおすすめです。

一方、マツダ・MPVは、2016年3月に生産終了になったミニバンです。

マツダはMPVを「ドライバーズミニバン」とうたっており、エクシーガに匹敵するほどの性能の高さを誇ります。MPVは特に足回りの性能が高いため、ハンドルの操作がしやすく、また、デコボコ道などの衝撃をうまく吸収してくれます。

さらに、ターボ機能を搭載し、快適なドライブを実現させました。

ただし、車内高が低いため、居住性がよくありません。ミニバンなので7人が乗車できますが、大人は狭いと感じるでしょう。

また、シートをフルフラットにしても、自転車やボードなどの大きな荷物は積めないと考えた方が良いです。

MPVとエクシーガを比較してみると、エクシーガ同様にスポーティーな走りができるものの、車内の快適さは劣ります。

大きな荷物を積む機会がなく、軽快なドライブをしたい場合は、MPVがおすすめです。

以上のことから、筆者として総合的におすすめするのは、高い住居性と走行機能、そしてスポーティーなデザインを兼ね備えたエクシーガです。

エクシーガの中古車相場を解説

それでは、大体どのくらいの予算があればエクシーガを買えるのかを知るために、現在のエクシーガ中古車市場の実態を紹介したいと思います。

中古車検索サイト 中古車平均価格 中古車相場 台数
カーセンサー 117.8万円 29万~249.9万円 349台
グーネット 163.8万円 39.8~249.9万円万円 342台
ナビクルcar ※グーネットと同じ ※グーネットと同じ ※グーネットと同じ
車選び.com 134.5万円 42.0〜249.9万円 165台
ガリバー 89.8~188万円 13台
GAZOO 89~197万円 16台
  • ※2017年2月の全国中古車情報を調査

中古車平均価格はサイトによって幅がありますが、最安値は20〜40万円、最高値は240~270万円ほどになっています。

20万円代のエクシーガが出回っていることから、安く手に入れられると思いがちですが、これらの中には、修復歴ありなどの問題がある中古車が含まれている可能性があります。

そういった問題を抱える車を避けるために、これからご紹介するおすすめのエクシーガの選び方をぜひ参考にしてください。

これを買えば安心!エクシーガのおすすめ中古車条件を徹底解説

いよいよここから、リスク抱えるエクシーガ中古車を避け、質のいい中古車を探す方法をタイプごとに分けてご紹介します。

あなたがどのタイプに当てはまるかを選ぶことで、最適なエクシーガの中古車を見つけることができます。

(1)新しいエクシーガ中古車にお得に乗りたい方:後期型(2013~2014年式)の中古車がおすすめ

最終モデル後期のエクシーガ

エクシーガの中古車の中でも、新しいモデルにお得に乗りたいという方は、後期型(2013〜2014年式)の中古車がおすすめです。

後期型は、エクシーガの中で最新のモデルにあたります。

そのため、走行距離3万キロ以上走行していない後期型中古車は、新車価格と30~40万円ほどしか変わりません。

お得に乗りたいとお考えの方は「4万キロほど走行している」後期型中古車を選びましょう。

安さを重視したい方は、「(2)価格の安さを重視してエクシーガ中古車を買いたい方:前期〜中期型(2009~2011年式)の中古車がおすすめ」へ進むことをおすすめします。

3-1-1.この条件のエクシーガ中古車の注意点:販売台数が少ない

筆者は、エクシーガの後期型中古車の販売台数が少ないと考えています。

先ほどお伝えしたように、エクシーガは2015年をもって生産終了となりました。

2013〜2014年式の後期型中古車は、生産終了直前にあたります。そのため、生産されてからさほど年数が経っていないことと、生産終了されたことが重なって市場にあまり出回っていないと考えています。

販売台数が少ない場合、希望するグレードがなかったり、お住いの地域では売っていなかったりと、不便なことが出てきてしまいます。

例えば、お住いの地域ではなく遠方の場所にある中古車を選ぶ場合、運送料などが発生します。

後期型中古車を選ぶ際は、近隣地域に扱っている販売店があるかも含めて、ご検討してみてください。

ポイント(1)修復歴のない中古車を選ぶこと

エクシーガの中古車を選ぶときは、修復歴のある車を避けましょう。

修復歴のある車とは、車の骨格部分を交換、または修復したことがある車です。事故車とも呼ばれます。車の骨格部分に損傷があったという事は、車の剛性・直進性能・ブレーキ等に影響がある可能性もあります。

要は、いつ故障してもおかしくないリスクを抱えているということです。そのため、修復歴車を選ぶことはおすすめできません。

修復歴について、「中古車の修復歴のリスクと安全な中古車を見分けるポイント」の記事で細かくお話ししていますので、ご覧ください。

ポイント(2)極端に長い・短い走行距離は避けるべき

エクシーガの中古車を選ぶときは、走行距離が極端に長い、もしくは短い中古車を避けましょう。

走行距離は短い方が良い状態だと思いがちですが、極端に短いものは長い間運転されていなかった可能性があります。車を運転せず放置してしまうと、消耗部品やオイルまわりのパーツのトラブルに繋がります。

また、走行距離が長い場合も同様に消耗部品や車体本体によくありません。

消耗距離が極端に長い・短い中古車を安く買ったとしても、修理費用が掛かることで結局は高くついてしまったケースは少なくありません。

走行距離が極端に長い、もしくは短い中古車を選ぶのは避けましょう。

後期型(2013~2014年式)のエクシーガ中古車相場

上記の条件「後期型(2013~2014年式)・修復歴なし・走行距離3~7万キロ」に当てはまるエクシーガ中古車の相場はどのようになっているか、主要な中古車検索サイトで調査しました。

中古車検索サイト 中古車相場 台数
カーセンサー 129.6~237.6万円 11台
グーネット 125.3~237.6万円 17台
ナビクルcar ※グーネットと同じ ※グーネットと同じ
車選び.com 180.5~237.6万円 7台
ガリバー 0台
  • ※2017年2月の全国中古車情報を調査
    ※2013~2014年式・走行距離3~7万キロ・修復歴なしに限定

先ほどお伝えしたように、上記の条件で探す場合、販売台数が少なくなっています。

しかし、数が少ないながらも中には120〜130万円に値落ちしている中古車もありました。

最安値125.3万円のエクシーガ中古車の事例をピックアップしてみました。

  • グレード:2.5i
  • 中古車本体価格:125.3万円
  • 年式:2014年式
  • 走行距離:6.8万km

新車価格が248万円なので、本体比較で123万円ほど安くなる計算です。

筆者が見たところ、上記中古車でも問題なく乗れると思います。

ただし、グレードや走行距離に希望があるのであれば、150~200万円ほどの予算を考えておくと良いでしょう。

ナビクルcarでもこの条件のエクシーガ中古車在庫を掲載しています。

最新の中古車相場、全国の中古車台数もすぐにわかるので、購入の際の参考にしてみてくださいね。

エクシーガの新着中古車情報

エクシーガの中古車を探す
上記ボタンより在庫情報を見ることができます
まずは移動先のフォームでお近くの都道府県を選択してください

(2)価格の安さを重視してエクシーガ中古車を買いたい方:中期型(2010~2011年式)の中古車がおすすめ

エクシーガ最終モデルの中古車

エクシーガの中古車の中でも価格の安さを重視してエクシーガ中古車に乗りたいという方は、中期型(2010〜2011年式)の中古車がおすすめです。

この条件であれば、中古車本体価格にして100万円前後でエクシーガの中古車が手に入ります。

さらに安さを重視したい方は、「(3)激安のエクシーガ中古車を買いたい方:先代(2008年式)の中古車がおすすめ」へ進むことをおすすめします。

この条件のエクシーガ中古車の注意点:12年式以前はアイサイトが搭載されていない

中期型(2010〜2011年式)にはアイサイトが搭載されていません。

先ほどお伝えしたように、エクシーガは2012年式以降からアイサイトが搭載されるようになりました。

アイサイト搭載車が良い場合、「新しいエクシーガ中古車にお得に乗りたい方:後期型(2013~2014年式)の中古車がおすすめ」をお読みください。

ポイント(1)修復歴のない中古車を選ぶこと

エクシーガの中古車を選ぶときは、修復歴のある車を避けましょう。

修復歴のある車とは、車の骨格部分を交換、または修復したことがある車です。事故車とも呼ばれます。

車の骨格部分に損傷があったという事は、車の剛性・直進性能・ブレーキ等に影響がある可能性もあります。

要は、いつ故障してもおかしくないリスクを抱えているということです。そのため、修復歴車を選ぶのはおすすめできません。

修復歴について「中古車の修復歴のリスクと安全な中古車を見分けるポイント」の記事で細かくお話ししていますので、ご覧ください。

ポイント(2)極端に長い・短い走行距離は避けるべき

エクシーガの中古車を選ぶときは、走行距離が極端に長い、もしくは短い中古車を避けましょう。

走行距離は短い方が良い状態だと思いがちですが、極端に短いものは長い間運転されていなかった可能性があります。

車を運転せず放置してしまうと、消耗部品やオイルまわりのパーツのトラブルに繋がります。

また、走行距離が長い場合も同様に消耗部品や車体本体によくありません。

消耗距離が極端に長い・短い中古車を安く買ったとしても、修理費用が掛かることで結局は高くついてしまったケースは少なくありません。

走行距離が極端に長い、もしくは短い中古車を選ぶのは避けましょう。

中期型(2010~2011年式)のエクシーガ中古車相場

上記の条件「中期型(2010~2011年式)・修復歴なし・走行距離3~7万キロ」に当て嵌まるエクシーガ中古車の相場はどのようになっているか、主要な中古車検索サイトで調査しました。

中古車検索サイト 中古車相場 台数
カーセンサー 83~237.6万円万円 73台
グーネット 79.8~205万円 72台
ナビクルcar ※グーネットと同じ ※グーネットと同じ
車選び.com 91.3~205万円 44台
ガリバー 0台
  • ※2017年2月の全国中古車情報を調査
    ※2010~2012年式・走行距離3~7万キロ・修復歴なしに限定

最高値237.6万円の中古車は、走行距離が3万キロであることに加え、グレードが2.0GT tuned by STIなので、価格が30万円ほど高くなっているようです。

2.0GT tuned by STIとは、エクシーガにモータースポーツの技術とパーツを取り入れ、レースに出るような車に仕上げた特別仕様車です。

それを除くと、この条件のエクシーガ中古車相場は80~200万円ほどといえます。

筆者が見たところ、最安値80万円のエクシーガ中古車でも問題なく乗れると思います。

ただし、グレードや走行距離に希望があるのであれば、100〜130万円ほどの予算を考えておくと良いでしょう。

ナビクルcarでもこの条件のエクシーガ中古車在庫を掲載しています。

最新の中古車相場、全国の中古車台数もすぐにわかるので、購入の際の参考にしてみてくださいね。

エクシーガの新着中古車情報

エクシーガの中古車を探す
上記ボタンより在庫情報を見ることができます
まずは移動先のフォームでお近くの都道府県を選択してください

(3)激安のエクシーガ中古車を買いたい方:先代(2008年式)の中古車がおすすめ

エクシーガ先代モデル

激安のエクシーガ中古車に乗りたいという方は、先代(2008年式)の中古車がおすすめです。

この条件であれば、中古車本体価格にして60万円前後でエクシーガの中古車が手に入ります。

先代(2008年式)でも走行機能に問題がなく、見た目も古くない

先代のエクシーガ生産から10年近く経過しているため、「10年落ちの中古車はちょっと…」と思われるかもしれません。

しかし、10年落ちの中古車でも問題なく走ります。

筆者は10年落ちの中古車を幾度となく運転していますが、トラブルが発生したことはありません。

見た目に関しては、エクシーガ最新モデルと比較すると古臭さが多少あるものの、気にならない範囲です。

ただし、この場合、経年相応の汚れや傷があると考えた方が良いでしょう。

中には、前オーナーが定期的にメンテナンスしてとても良い状態のエクシーガもありますが、やはり8年近く乗られているとどうしても汚れや傷がついてしまいます。

見た目を受け入れられない場合、「新しいエクシーガ中古車にお得に乗りたい方:後期型(2013~2014年式)の中古車がおすすめ」へ進むことをおすすめします。

この条件のエクシーガ中古車の注意点:12年式以前はアイサイトが搭載されていない

先代にはアイサイトが搭載されていません。

先ほどお伝えしたように、エクシーガは2012年式以降からアイサイトが搭載されるようになりました。

アイサイト搭載車が良い場合、「新しいエクシーガ中古車にお得に乗りたい方:後期型(2013~2014年式)の中古車がおすすめ」へ進むことをおすすめします。

ポイント(1)修復歴のない中古車を選ぶこと

エクシーガ中古車を選ぶ際は、修復歴のある中古車は避けましょう。

修復歴のある車とは、車の骨格部分を交換、または修復したことがある車です。事故車とも呼ばれます。

車の骨格部分に損傷があったという事は、車の剛性・直進性能・ブレーキ等に影響がある可能性もあります。

要は、いつ故障してもおかしくないリスクを抱えているということです。そのため、修復歴車を選ぶことはおすすめできません。

修復歴について「中古車の修復歴のリスクと安全な中古車を見分けるポイント」の記事で細かくお話ししていますので、ご覧ください。

ポイント(2)極端に長い・短い走行距離は避けるべき

エクシーガの中古車を選ぶときは、走行距離が極端に長い、もしくは短い中古車を避けましょう。

走行距離は短い方が良い状態だと思いがちですが、極端に短いものは長い間運転されていなかった可能性があります。

車を運転せず放置してしまうと、消耗部品やオイルまわりのパーツのトラブルに繋がります。

また、走行距離が長い場合も同様に消耗部品や車体本体によくありません。

消耗距離が極端に長い・短い中古車を安く買ったとしても、修理費用が掛かることで結局は高くついてしまったケースは少なくありません。

走行距離が極端に長い、もしくは短い中古車を選ぶのは避けましょう。

先代(2008年式)のエクシーガ中古車相場

上記の条件「先代(2008年式)・修復歴なし・走行距離3~7万キロ」に当てはまるエクシーガ中古車の相場はどのようになっているか、主要な中古車検索サイトで調査しました。

中古車検索サイト 中古車相場 台数
カーセンサー 54~177.8万円 37台
グーネット 60~183万円 33台
ナビクルcar ※グーネットと同じ ※グーネットと同じ
車選び.com 54~158万円 16台
ガリバー 109〜135万円 2台
  • ※2017年2月の全国中古車情報を調査
    ※2008年式・走行距離3~7万キロ・修復歴なしに限定

この条件のエクシーガ中古車相場は50~180万円ほどといえます。

先代エクシーガの新車価格は200〜280万円なので、最高210万円ほど安い値段になっています。激安を求めている方にピッタリな条件ではないでしょうか。

筆者が見たところ、最安値54万円のエクシーガ中古車でも問題なく乗れると思います。

ただし、グレードや走行距離に希望があるのであれば、70〜100万円ほどの予算を考えておくと良いでしょう。

ナビクルcarでもこの条件のエクシーガ中古車在庫を掲載しています。

最新の中古車相場、全国の中古車台数もすぐにわかるので、購入の際の参考にしてみてくださいね。

エクシーガの新着中古車情報

エクシーガの中古車を探す
上記ボタンより在庫情報を見ることができます
まずは移動先のフォームでお近くの都道府県を選択してください

筆者おすすめ・エクシーガ中古車の探し方

それでは、ここまでご紹介したエクシーガ中古車をスムーズに探す具体的な方法をお伝えします。グーネットで実際に検索してみましょう。

    (1)新しいエクシーガ中古車にお得に乗りたい方:後期型(2013~2014年式)の中古車がおすすめ
    (2)価格の安さを重視してエクシーガを買いたい方:前期・中期型(2010~2011年式)の中古車
    (3)激安のエクシーガを買いたい方:先代(2008年式)の中古車

基本的な探し方は変わりませんので、合わせてみていきましょう。

サイトにアクセス

グーネットのTOPページにアクセスします。

メーカー選択

メーカー一覧から「スバル」を選択します。

グーネットトップ

車種選択

スバルの車種一覧が表示されますので、「ア行」の「エクシーガ」をクリックします。チェックボックスにチェックを入れることで、エクシーガとエクシーガクロスオーバー7など、複数の車種でも検索できます。

グーネットエクシーガ中古車地域検索画面

地域選択

エリアを選択します。ここでは「埼玉県」「神奈川県」を選択しました。「チェックした地域で中古車を絞り込む」をクリックします。

グーネットエクシーガ中古車地域検索画面

該当エリアのエクシーガ中古車の一覧が表示されました。希望の条件でここから絞り込んでいくことになります。

条件指定

年式・走行距離・修復歴の項目を変更します。

(後期型のエクシーガ中古車で検索する場合)年式はH25(2013)年〜H26(2014)年・走行距離は5万キロ以下、修復歴はなしに設定します。

(中期型のエクシーガ中古車で検索する場合)年式はH22(2010)年〜H23(2011)年・走行距離は7万キロ以下、修復歴はなしに設定します。

(先代のエクシーガ中古車で検索する場合)年式はH20(2008)年・走行距離は9万キロ以下、修復歴はなしに設定します。

該当件数○○件の数字が変わりますので、「この条件で検索」をクリックします。

グーネットエクシーガ中古車条件選択

グーネットでのエクシーガ中古車の探し方は以上です。以降の章では、実際に中古車を選び、販売店で確認する際の注意点も説明しますのでぜひご覧ください。

筆者おすすめ・エクシーガ中古車のまとめ

ここまでご紹介した筆者おすすめのエクシーガ中古車条件について、再度一覧にまとめたものを掲載します。

エクシーガのおすすめ中古車情報

こちらを参考に、ぜひあなたの理想通りのエクシーガ中古車を見つけてください。

良質なエクシーガ中古車を見抜くために!中古車選びで成功するための必須知識

ここまで、筆者おすすめのエクシーガ中古車の条件・探し方をお伝えしました。

最後に、リスクを避けて安全な中古車を選ぶために知っておきたい注意点をご紹介します。

修復歴車以外の故障車・リスクのあるエクシーガ中古車の見分け方

上記でお話しした修復歴車の他にも、中古車には水没車のリスクを抱える車が存在します。

水没車のリスク

エクシーガ中古車を選ぶときは、水没車のリスクを抱える車を避けましょう。

水没車は、修復歴車の対象にならない故障にあたります。つまり、修復歴なしと書かれていても水没車である可能性があります。

水没車は電装系統がダメージを受けている可能性が高く、時間の経過とともに故障が進行していきます。車購入後、トラブルが発生し、修理費用が高く掛かるケースは珍しくありません。

確認する方法としては、以下のポイントがあります。

  • 車内の空調が止まっている状態で、中から生乾きのような臭いがする
  • シートベルトを限界まで引っ張ってみると、泥のラインのようなシミがある

上記に当てはまれば、水没車の可能性があります。

価格が安くとも、水没車の可能性がある中古車を選ぶのは避けましょう。

まとめ

いかがでしたか。

今回の記事では、理想のエクシーガ中古車を見つけられるように、筆者おすすめのエクシーガ中古車条件と、中古車相場・具体的な探し方をお伝えしました。

エクシーガは生産終了を迎えてから月日が経ちますが、その魅力は未だ健在です。

リスクを回避しつつ、中古車のメリットを最大限に活かせば、希望価格帯で質のいいエクシーガを見つけられるはずです。

ぜひ今回の内容を参考に、あなたにぴったりのエクシーガ中古車を見つけてください。

エクシーガの新着中古車情報


エクシーガの中古車を探す
上記ボタンより在庫情報を見ることができます
まずは移動先のフォームでお近くの都道府県を選択してください

エクシーガのスペック情報

エクシーガ
全長
4.74m
全高
1.65m~1.66m
全幅
1.78m
CVT 燃費(JC08モード) 11.2km/L~13.2km/L
駆動方式 2WD,4WD 排気量 2,000cc~2,500cc
定員 7人 車両重量 1,865kg~2,015kg
※燃費は現行モデルの情報です。


中古車の値引きを成功させるいちばんの方法

車を買うときに、いちばん値引きに効くのは、いま乗っている車をできるだけ高く売ることです。車の売却にはいろいろな方法がありますが、そのなかには賢い方法と、損をする方法があります。

たとえばディーラーへの下取りや、大手買取業者一社に見積もりを取って、そのまま売却するというのは、実は大きな間違いなのです。車を高く売るための最大の秘訣は、複数の買取業者に査定をしてもらい、買取店に競争してもらうこと。

いくつもの買取業者に連絡を取り、見積もりを取るのは手間がかかりますが、「一括査定サービス」を使えば、必要情報をたった一回書くだけで、自動的に複数業者に査定依頼ができます。

下取りに比べると10万円~30万円高い査定額が出ることも珍しくありません。まずは愛車がいくらで売れるか調べてみましょう。

愛車の価格を調べる >>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket