新型フリードから中古車まで!今フリードが「買い」な理由の全情報

新型フリードから中古車まで!フリードが「買い」な理由の全情報
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

2008年にデビューし、コンパクトミニバンの定番として人気を獲得してきたホンダ・フリードが2016年9月に新型へとフルモデルチェンジを行いました。

「新型のフリードは買う価値があるのか?」「そもそも、フリードってどんな車?」と気になる方は多いのではないでしょうか。

今回の記事では、ホンダが自信をもってリリースする新型フリードを新機能・内外装の変化・ライバル車との比較など、全方面から徹底解説します。

また中古車を検討している方に向けて、先代~新型フリードの中古車情報も詳しくお話しします。ぜひ参考にしてください。

すぐ分かる!フリードの特徴を紹介

そもそもフリードってどんな車か、気になる方に向けて特徴と歴史を簡単にご紹介します。不要な方は、次章からの「新型フリード/フリード+の魅力・おすすめポイントを徹底解説」に進んでください。

「ちょうどいいサイズ」に進化した実用コンパクトミニバン

フリードは、同じくホンダ・モビリオからの流れをくむコンパクトミニバンです。「ちょうどいい」をコンセプトにして、ミニバンの中でもコンパクトサイズな取り回しの良さと、サイズに対し背が高いボディで車内の広さによって家族で乗るのに十分な車内の広さを両立させました。

乗車人数は5人乗り/7~8人乗りで展開。買い物やレジャーなど、実用性の高い「プチバン」といえるポジションを獲得しています。

2016年にフルモデルチェンジを行った新型フリードでは、「7days Wonderful Mobility」をコンセプトに、安全性能・使い勝手はさらに向上しました。

趣味・遊びに特化:フリードスパイク/新型フリード+

フリードをベースに、趣味や遊びに特化したモデルを展開したのがフリードスパイクです。

反転フロアボードの採用によって、一部の荷室フロアを低くする、などが可能になり、趣味・遊びに特化した収納・シートアレンジの使い勝手が魅力です。新型では、フリード+に改名しています。

ライバル車種はトヨタ・シエンタや背の高い軽自動車

シエンタ外観

同じコンパクトミニバン製でライバルといえるのがトヨタ・シエンタです。シエンタは2015年にフルモデルチェンジをしています。

それまでは、内外装の質感ではフリードに遅れをとっていたシエンタですが、フルモデルチェンジ後はその差を埋める品質となり人気を高めました。

フリードのフルモデルチェンジで、競争はさらに熾烈になると予想されます。

またシエンタだけでなく、コンパクトサイズに対し車内空間の広い、タントのような背の高い軽自動車もライバルといえます。

新型フリードとシエンタの比較をすると、主に以下のような違いがあります。

新型フリードとシエンタの比較ポイント

  • フロントマスクは個性的なシエンタと親しみやすい新型フリードに好みが分かれる
  • 2列目シートの居住性・スペースは新型フリードがわずかに勝るが、どちらも満足いくレベル
  • 3列目シートの座り心地・ホールド感は新型フリードが勝る
  • ラゲッジスペースの開口部は新型フリードが広い・荷物の積みやすさで勝る

フリードのモデル変遷が一目で分かるよう、一覧をまとめました。

フリードモデル変遷

新型フリード/フリード+の魅力・おすすめポイントを徹底解説

それでは、新型フリードがフルモデルチェンジを経てどう変わったのか、おすすめポイントを詳しくお話しします。ぜひ、購入の参考にしてください。

新型フリード/フリード+の外観の変化

新型フリードにおける外観の変化が気になる方も多いことでしょう。最初に、初代・新型の外観の変化を見てみましょう。

フリード外観比較

基本的に新型フリードも、初代の「ちょうどいい」コンセプトを踏襲したサイズになっています。

細かく比較すると、新型では全長が50~80mmほど拡大しています。全幅は変わらず、全高は5~10mmほど縮小しています。

全長が短く、街中での運転のしやすさ・取り回しの良さがフリードの魅力です。そのポイントは引継ぎつつ、機能と装備を充実させました。

新型フリードの外観&価格

新型フリードの外観

グレード 価格 備考
B 188.0~209.6万円 6人乗り・FF/4WD
G 198.0~221.2万円 6人乗り:FF/4WD 7人乗り:FF
Gホンダセンシング 210.0~212.1万円 6人乗り:FF/4WD 7人乗り:FF
ハイブリッドB 225.6~247.2万円 6人乗り・FF/4WD
ハイブリッドG 237.6~260.8万円 6人乗り:FF/4WD 7人乗り:FF
ハイブリッドGホンダセンシング 249.6~272.8万円 6人乗り:FF/4WD 7人乗り:FF

新型フリード+の外観&価格

初代モデルのフリードスパイク・フリード両者ではフロント周りのデザインも異なっていたものが、新型フリード+ではフロントマスクは共通、ラゲッジスペースとテールゲートが異なります。

荷物を積み込む利便性に考慮し、テールゲートを拡大(開口部を低く)しています。

新型フリード+の外観

グレード 価格 備考
B 190.0万円 5人乗り・FF
G 200.0~223.2万円 5人乗り・FF/4WD
Gホンダセンシング 212.0~235.2万円 5人乗り・FF/4WD
ハイブリッドB 227.6万円 5人乗り・FF
ハイブリッドG 239.6~262.8万円 5人乗り・FF/4WD
ハイブリッドGホンダセンシング 251.6万円~274.8万円 5人乗り・FF/4WD
ハイブリッドEX 267.6万円 5人乗り・FF

新型フリード/フリード+のカラー展開は9色

新型フリード/フリード+のカラーバリエーションは全9色・ラインナップは以下のようになっています。

新型フリードカラーバリエーション

拡大して見たい方はこちら

新型フリードの筆者おすすめポイント4点を徹底紹介

外観の雰囲気を掴んでいただいたところで、新型フリードが進化したポイント、おすすめのポイントを4点ご紹介します。

  1. 快適な走行性能と低燃費
  2. 視界良好で快適な室内空間
  3. ラゲッジスペースの使い勝手向上:大きな荷物も問題なし
  4. ホンダセンシング・安全機能の追加

次の章から詳しく見ていきましょう。

快適な走行性能と低燃費

新型フリードでは、ホンダらしい走りにさらにこだわり、コンパクトなボディに対して非常に優秀な走行性能を備えています。

走行性能や走行スペックで向上したのは主に以下のポイントです。

  • 多人数乗車でも安心な操縦安定性
  • コーナリング・カーブでもふらつかない安定性を実現
  • 振動対策で静粛性が高まった
  • ハイブリッドに4WDが追加

ガソリンエンジン・ハイブリッドともに、気持ちのいいスポーティな加速性能と街中での低速運転での扱いやすさを両立しています。

高速道路や多人数乗車でも安心です。ガソリン車における直噴エンジンの採用や高知能CVTが、パワーのある走りと低燃費の実現に一役買っています。

小回りの良さがフリードの持ち味

冒頭で、フリードのコンセプトは「ちょうどいい」から始まったとお伝えしましたが、新型フリードでもその「ちょうどいい」サイズ設定を引き継ぎ、街中の運転のしやすさ・取り回しの良さを実現しています。

フリード小回り走行図版

コンパクトミニバンの中でもすぐれた燃費性能

フリードは初代から、そのコンパクトなボディによってミニバンの中ですぐれた低燃費を実現していました。実際にe燃費で2016年10月の直近90日間の平均実燃費を確認すると、

  • 初代フリード:11.36km/L
  • 新型シエンタ:12.30km/L

という数値になっており、その実力が伺えます。新型はさらに低燃費となり、カタログ燃費で

新型フリードのカタログ燃費(JC08モード)

  • ガソリン車:19.0km/L
  • ハイブリッド車:27.2km/L

です。これは2016年9月の時点での6人乗りミニバンのトップクラスの数値です(ホンダ調べ)。

実燃費の数値を集計するにはまだデータが足りませんが、初代のガソリン車(Gグレード)がカタログ燃費16.6km/Lであったことを考えると、ガソリン車でも14km/L~15km/Lほどは見込めると筆者は考えています。

視界良好で快適な室内空間

フリード室内図版

新型フリードでは、ウインドウの大きさやレイアウトを変更することで、良好な視界と快適な室内空間を実現しています。

新型では初代よりも全高が5~10mm低くなっていますが、室内高はむしろ高くなり、車内スペースは全体的に広がっています。

「三角窓」を縦長にし運転席からの死角をなくす

新型フリードのインテリアの特徴として、フロントサイドの三角窓がより縦長になるとともに、ピラーを細長くし、フロンドドアの死角を小さくしたことが挙げられます。

この死角はミニバンにはありがちな問題ですが、新型フリードではこの点をうまくクリアしました。

運転に配慮したスイッチ類や、収納スペースの使い勝手が向上

運転時の使い勝手・操作性にも配慮がみられます。主に、以下のような改修が行われています。

  • 温度の上げ下げによって発光色が変わるエアコンダイヤル
  • 後席のお子様の様子などを確認できる頭上広角ミラー
  • 安全装備関連のスイッチを集約
  • 小物収納としてインパネアッパーボックスを装備
  • コンソールに引き出し型のトレイを準備

フリードエアコンダイヤイル

新型フリード/フリード+で選べる3種類のシート

コンパクトながら居住性にすぐれるフリードですので、車選びの際は、シートの仕様が気になるところではないでしょうか。

新型フリード/フリード+では、シートのホールド感や厚みもあるため座り心地は快適です。シート仕様も3種類が用意されています。

  • フリードでは2列目の仕様が異なる3列シート
  • フリード+は2列シート

となっています。それぞれ、使い勝手が異なりますのでご紹介します。

フリード:6人乗り仕様の2列目キャプテンシート式

6人乗り仕様インテリア

新型フリードのFFモデルすべてに設定されているのが、3列仕様の6人乗りで、2列目が左右独立キャプテンシートになっているタイプです。3列目からウォークスルーが可能な仕様です。

フリード:7人乗り仕様の2列目3人掛けシート式

フリード7人乗り仕様のインテリア

7人乗りの場合は、1・3列目は6人乗りと変わりません。2列目シートが6:4分割式の3人掛けシートとなります。

そのままでウォークスルーはできませんが、シートを折りたたむタンブルシート仕様です。折りたたむことで前列から3列目へ移動も可能です。

フリード+:ラゲッジスペースをフルに活用できる余裕の2列シート仕様

フリード+のみの仕様である2列シート仕様は、2列目を座面から前方に引き出して、背もたれを重ねるタイプの折りたたみ機構がついています。

全モデル通してシートをフラットにしての車中泊も十分可能

フリードの6人乗り・7人乗りともに、1&2列目もしくは2&3列目を倒すことでフラットシート仕様にできます。

フリード+の場合は2列目をダブルフォールディング式で倒すことで、大人2名+お子様のような家族であれば、車中泊も十分可能です。

フリードフラットシート仕様

ラゲッジスペースの使い勝手向上:大きな荷物も問題なし

フリードラゲッジルーム

新型フリードは、初代フリードからの流れを汲み、コンパクトなボディに対する広い荷室(ラゲッシスペース)をさらに強化しています。

これは、箱型に近いボディデザインと、柔軟なシートアレンジ、空間の効率化が可能にしたものです。

特にフリード+では、「遊び・趣味に特化したスタイル」の本領ともいえる、圧倒的な積載量を備えます。

フリードラゲッジルーム寸法

もっとも積載量にすぐれるのはフリード+(5人乗り)

5/6/7人乗りの3タイプのシート構成の中では、フリード+の5人乗りがもっとも積載量にすぐれます。

定員乗車時でも余裕のあるラゲッジスペースを存分に活用できるためです。

また、フリード+特有の荷室ユーティリティボードの採用で、上下に荷物を分けて積むことが可能です。

荷室ユーティリティボード

フリード+のフロア高は335mmという低床仕様で、見た目からも荷物の積みやすさが伝わるのではないでしょうか。

フリード・7人乗りでもシートアレンジで広いラゲッジスペースを確保

人数が多いとラゲッジスペースがないかといえば、新型フリードではそうでもありません。2列目のシートをタンブル(起こすようにして折りたたむ)にすると、3列目のシート前に荷物を積むことができます。

フリード・6人乗りならタンブルできずともスライド量でアレンジがきく

6人乗りのフリードでは、タンブルシートにすることはできませんのが、その代わりにシートのスライド量が多くできるため、車内スペースを有効に使えます。

3列目のシートをたたんだ状態での荷物の積み込みには充分な力を発揮するでしょう。

まとめると、3列シート仕様の定員フル乗車では、さすがにそこまでのスペースは確保できませんが、4~5名以下の乗車人数であればシートアレンジ次第で非常に多くの荷物を積むことができます。

ホンダセンシング・最新の安全運転支援機能の追加

ホンダが「事故のない社会」の実現を目指して、導入したのが最新の安全運転支援システム・ホンダセンシングです。

ミリ波レーダー・単眼カメラによって、以下の8つの機能が実現できます。

フリードに実装されたホンダセンシングの機能一覧

  • 衝突軽減ブレーキ:前方車や歩行者などと衝突の危険がある場合の自動ブレーキ
  • 歩行者事故低減ステアリング:車線を外れ、歩行者と衝突の危険がある際にステアリングを制御
  • アダブティブ・クルーズ・コントロール:クルーズコントロールに前方車検知機能を追加
  • 誤発進抑制機能:車の近距離に障害物がある場合にアクセルを踏み込んだ際の抑制機能
  • 車線維持支援システム:車線中央に沿って走れるようステアリング操作支援
  • 先行者発進お知らせ機能:先行車の発進を検知しても自車が停止し続けた場合のアラート
  • 路外逸脱抑制機能:60~100km/hの指定速度間で車線を外れそうになった際の制御機能
  • 標識認識機能:一定の標識表示を認識してディスプレイに表示する

安全運転支援機能

これらの支援機能によって安心・安全な運転と事故回避を支援してくれます。もちろん絶対ではありませんし、制御機能によってかえって危険を招くことを防ぐため、作動速度域が限定されています。

ホンダセンシングはあくまで、ドライバーの安全運転の手助けをするものとして考えれば、非常に高機能と言えるでしょう。

この実装によって、ホンダのミニバンにはすべてにホンダ・センシングの安全支援機能が搭載されることになりました。

注意点:ホンダ・センシングの標準装備は新型フリードの上級グレード

新型フリードでホンダ・センシングが標準装備されるのは、上級グレードの「ハイブリッドEX」「ハイブリッドGホンダセンシング」「Gホンダセンシング」となります。

標準グレードの「G」には、オプション装備(価格:\108,000)となりますので注意しましょう。エントリーグレードの「B」ではオプションでも付属しなくなります。

もっとも手が届きやすいBグレードですが、最新の安全支援機能は残念ながらつかない、と覚えておいてください。

一発で分かる!新型フリード/フリード+装備早見表

ここまでの内容を踏まえて、ホンダ・フリードの公式HPで公開されている装備早見表を元に、新型フリード/フリード+の装備の違いが分かる一覧をまとめました。新型フリードの装備をより詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

フリード装備早見表

拡大して見たい方はこちら

フリード+装備早見表

拡大して見たい方はこちら

フリードの中古車を検討している方へ:おすすめ中古車情報を解説

ここまで、筆者の見解も含めた新型フリード/フリード+のおすすめポイントをご紹介してきました。中には初代フリードの中古車を検討している方、新型フリードを買おうと決めたけど、中古車で買えるの?と疑問な方がいるかもしれません。

ここでは、フリードを中古車で購入するうえでのおすすめの選択肢をお話しします。

新型フリードを希望する場合は新車がおすすめ

フリード外観

結論からいうと、新型フリードを希望する場合は新車での購入をおすすめします。未使用車ではダメなのか?と感じるかもしれませんが、2016年10月現在では、未使用車が新車の新型フリードとほぼ変わらない価格であるためです。

カーセンサーで、同じGホンダ・センシングの新車販売価格と未使用車価格を比較しました。

新車の場合 金額 中古車の場合
(届出済未使用車)
金額
車両本体価格 1,944,444円 車両本体価格 1,974,074円
車両本体消費税 155,556円 車両本体消費税 157,926円
自動車税(年額) 14,300円 諸費用 159,000円
自動車取得税 21,000円 自動車取得税 上記に含まれる
自動車重量税 11,200円 自動車重量税 上記に含まれる
自賠責保険 40,040円 自賠責保険 上記に含まれる
リサイクル料金 10,440円 リサイクル料金 上記に含まれる
登録諸費用概算 52,480円 登録手数料 上記に含まれる
支払い合計 2,249,460円 2,291,000円
  • ※2016年10月時点のカーセンサー中古車情報から調査

こちらを見ると、諸費用込みではむしろ未使用車の方が高くなっていることが分かります。

また全国中古車も9台と、まだ発売から1ヶ月でこれから増えていくにしても現実的ではありません。

新型フリードを希望する方は、迷わず新車を選択するのが良いでしょう。

中古車では初代がこれから買い時に

中古車の価格は市場のニーズ、つまり市場にどれだけその中古車を欲しがる人がいるかの動向で決定されますので、「フルモデルチェンジ後」は先代モデルの中古車価格が下がりやすくなります。仕組みとしては、

  • フルモデルチェンジがあると、最新のモデルへの買い替えが進む
  • 主に下取りで、先代モデルの中古車が市場に流れる
  • (先代の新車が残る場合の値下げも手伝って)ニーズに対して中古車が増え、先代の中古車価格が下がる

といった仕組みです。

フリードの場合は、新型の登場は2016年9月ですので、本格的に先代モデルの中古車が買い替えで増えるのはこれからです。

初代フリードの中古車購入に向いている方はこんな方

  • フリードをできるだけお得に購入したい方
  • 新型フリードにこだわらない方
  • 広い車内・コンパクトなボディというコンセプト自体に魅力を感じる方

個人的には、新型フリード/フリード+は新機能も追加され買う価値が高まりました。しかし初代も、プチバンの人気の立役者として、広い車内とコンパクトな取り回しの良さを備えています。

デザインコンセプトも「初代~新型」で基本的には変わっていませんので、新しいフリード、機能が充実したフリードが欲しいという方以外は、お得に購入できる初代の中古車はおすすめです。

初代フリードの中古車相場

2016年10月現在、初代フリードの中古車相場(中古車平均価格・中古車最安値・最高値)を調査しました。

本来であれば、中古車平均価格は初代に絞って調べるのがベストです。

しかし上述のように現在のところ、カーセンサーでも全国で9台の在庫に留まります。平均価格はフリード全体で調べてみました。最安値・最高値は正確に初代に絞って調査しています。

中古車検索サイト 中古車平均価格 中古車最安値~最高値
カーセンサー 109.0万円 25.5~225.5万円
グーネット 140.4万円 25.5~225.5万円
車選び.com 107.7万円 35.8~199.8万円
  • ※2016年10月時点の各中古車検索サイトの全国中古車情報を調査

中古車事例を挙げると、以下のようなものがあります。

初代フリードの中古車事例

  • 2009年式
  • グレードG
  • 中古車本体価格99万円
  • 諸費用込み総額116万円
  • カーセンサー認定つき(評点4)

標準グレードGでも、本体価格100万円を下回る価格で質の良い中古車が購入できることが分かります。

これから、初代フリードが中古車市場に流れる中で、さらに買い得になっていくことが予想できます。

まとめ

いかがでしたか。今回の記事では、フリードの購入を検討している方に、フルモデルチェンジした新型フリード/フリード+がどう変わったか・おすすめな理由と初代の中古車情報をお伝えしました。

フリードの魅力とともに、ご自身が新型・初代どちらを購入するか決められたのではないでしょうか。ぜひ、購入の参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで最新情報をチェック