pagetop

日産の伝統セダン・グロリアを安全かつお得に購入するための全知識

日産の伝統セダン・グロリアを安全かつお得に購入するための全知識

日産・グロリアは1959年(昭和34年)から2004年(平成16年)まで製造・販売されていた高級セダンで、名車として名高い車種です。

ただ、いくらかつての名車とはいえ、最初期のグロリアはもうすでに旧車の領域に入っていている車です。それでも「昔からグロリアに憧れていて、今でも状態の良い車があれば乗りたい」という人や「レトロな車が好きなので手に入れたい」という人が、今なお数多くいます。この記事を読んでいるあなたも「チャンスがあればグロリアに乗りたい」と考えている人なのではないでしょうか。

そんな方々に向けて、この記事では、グロリア中古車の現状についてお伝えしていきます。グロリアにあこがれていている人は、「どこまで古いグロリアなら安心して乗ることができるか」や「中古車市場にはどの年式のグロリアが出ているのか」、「どのモデルのグロリアが一番おすすめなのか」、「グロリアを買うにはいくらくらいの予算が必要なのか」と思っていると思います。

この記事では、グロリア中古車をいま買うことについてのさまざまな疑問点や懸念点に対して詳しく丁寧に応えていきます。この記事を最後まで読んでいただければ、いまグロリアを購入するとしたらどのモデルが買いなのか、さらに自分にとってベストなグロリア中古車はどんな条件なのかが簡単に分かるようになっています。最後まで読んでいただければ、きっとあなたのグロリア中古車の購入のお役に立てると思いますので、ぜひ全文を読んでください。

グロリアの魅力を解説

グロリアの魅力と一口で言っても、モデルによってさまざまな顔を見せる車で、それぞれのタイプごとに異なった魅力があります。ここでは、そんなグロリアに全タイプを通した代表的な魅力をお伝えしていきたいと思います。筆者が考える全モデルに共通したグロリアの魅力やおすすめポイントは以下の3点になります。

  • 伝統や高級感あふれるクラシカルなデザイン
  • 走行性能の高さ
  • 抜群の足回りの良さ

グロリアのおすすめポイント.1伝統や高級感あふれるクラシカルなデザイン

伝統を感じさせるクラシカルなデザインはグロリアの大きな魅力のひとつです。確かに、代を重ねるに連れて徐々にデザインは変更されています。しかし、全モデルを通して、その高級感とクラシカルな表情は変わっていません。

また、同じ旧車の部類に入るセドリックやクラウンと比較すると、セドリックやクラウンは、旧車そのものというデザインです。しかし、グロリアは、一番最初のモデルでも旧車のデザインとは一線を画した当時としては先進的なデザインのボディーをしています。まさに、今のセダンの源流を形作ったデザインと言えるのではないでしょうか。

グロリアのおすすめポイント.2走行性能の高さ

走行性能の高さもグロリアのおすすめポイントです。さすがに現役の車のような先進的な機能は備えていません。しかし、グロリアは当時の日産の技術の粋を集めた車ですので、同時期の他の車と比べると段違いの走行性能の高さを誇っています。

グロリアのおすすめポイント.3抜群の操作性の良さ

抜群の操作性の良さもグロリアの優れている点です。グロリアはそれまでの国産車の多くが実現できなかった足回りの良さ、取り回しの良さに大きな特徴があります。このDNAは最終モデルまで受け継がれ、高級セダンとしては抜群の操作性の良さがウリのひとつとなっています。

グロリアのモデル変遷

前までの章で、グロリアの基本的な情報と魅力が分かったと思います。ここからは初代から11代に渡る長いグロリアの歴史を振り返っていきたいと思います。下の図がグロリアの全歴史です。

日産・グロリアのモデル変遷と中古車選びを解説

初代から11代目まで、長い歴史を持つグロリアですが、どのモデルのグロリアがどのようなタイプの人に向いているのでしょうか。この章では、初代から最終モデルである11代目までの特徴をお伝えしつつ、それに向いているのはどんな人なのか、特有の注意点はどんなところなのかを詳しく解説していきます。

初代~4代目グロリア(1959~1962年)

中古車市場で購入して現役で走らせるというのは在庫台数的にも現実的ではありません。

とはいえ、このモデルは後のグロリアの方向性を決定づける重要な期間の車です。そういった意味で世代ごとの特色などを紹介していきます。

初代グロリアの特徴(1959~1962年)

初代グロリアは、1959年から1962年の間に製造・販売された車です。当時は日産自動車ではなく、プリンス自動車工業という会社が製造・販売していました。

皇太子明仁親王(現:今上天皇)のご成婚をお祝いし、「グロリア(ラテン語で栄光の意味)」と命名され、後に同親王殿下に納入されました。初代グロリアは、戦後に一般発売された車の中で初の3ナンバー車となっています。

2代目グロリアの特徴(1962~1967年)

2代目グロリアは、1962年から1967年まで販売されました。皇太子殿下への納入をきっかけに、宮内庁への納入が増え、皇室御用達というイメージがつきはじめたのもこの時期のことです。

2代目は初代と比べると、より精悍で大人っぽいデザインになったほか、サスペンションシステムが改良され、長時間の運転にも耐えられるように仕様変更されています。

3代目グロリアの特徴(1967~1971年)

3代目グロリアは、1967年から1971年の間に発売されたタイプです。先代モデルと比べると、より高級感や気品が漂うデザインに変更されました。

日本中に高速道路が次々と整備されるなか、時代の要請に応え高速運転時の走行安定性を高めたのもこのモデルの大きな特徴です。

4代目グロリアの特徴(1971~1975年)

4代目グロリアは、1971年から1975年の間、販売されていたタイプです。

このタイプから、AT(オートマ)車を導入しています。また、最高出力140馬力、排気量2400ccを記録し、高級セダンでありながら当時の国産スポーツカーにも負けない走行性能を示しています。

5代目グロリア(1975~1979年)

初代から4代目グロリアまで、その特徴や魅力に重点を置いてお伝えしてきました。5代目以降は、入荷次第によっては中古車市場で購入をすることも可能ですので、その特徴に加え、具体的な選び方、中古車市場の相場まで幅広くお伝えしていきます。

5代目グロリアの特徴:排出ガス浄化システムを備えている

5代目グロリアは、1975年から1979年の間に売り出されていたタイプです。このタイプのグロリアの大きな特徴は、環境に配慮して排出ガス浄化システムを備えている点です。

当時は日本中で環境汚染問題が社会問題化しており、それを受けて排出ガスシステムにおいて大きなモデルチェンジを図っています。

5代目グロリアの中古車の選び方

このモデルのグロリア中古車が、中古車市場に売りに出されていることはめったにありません。中古車市場で見かけたらすぐに販売店に連絡を入れることをおすすめします。その中でも1人のオーナーが大切に乗り続けてきたワンオーナーのグロリア中古車を探すことをおすすめします。

5代目グロリアの中古車を購入したい人は1977~79年式の5代目後期モデルがおすすめ

5代目グロリアは1977年にマイナーチェンジをしています。その内容は、最高級モデル「ブロアム」の投入です。せっかくこの年式のグロリアを狙うのであれば、より高級感やプレミアム感の高いブロアムを購入したいところです。

5代目グロリアの購入に向いているのはこんな方

5代目グロリアに向いているタイプは、以下の通りです。

  • レトロな車が欲しい人
  • 高級感あるクラシカルなモデルが欲しい人

5代目グロリアの中古車相場

それでは、5代目グロリアの中古車市場はどのようになっているかを調べてみましょう。現時点で在庫があるのでしょうか。調査の結果は下の表になります・

中古車検索サイト 中古車平均価格 中古車相場 台数
カーセンサー 151万円 98~198万円 4台
グーネット 98.8万円 28~140万円 5台
ナビクルcar 98.8万円 28~140万円 5台
車選び.com 198万円 1台
ガリバー 0台
GAZOO 0台
  • ※2017年4月の全国中古車情報を調査
    ※1975~1979年式を調査

最安値は28万円、最高値は198万円という結果になりました。表を見ていただけるとわかるように、約40年前のモデルなため台数はかなり少ないです。さらに、現在レトロな車がブームになっているので年式が古い割に価格は非常に高めです。

6代目グロリア(1979~1983年)

ここでは、6代目グロリアの特徴と中古車の選び方、さらに6代目グロリアの購入に向いている人のタイプを解説してきます。では早速、見ていきましょう。

6代目グロリアの特徴:先代モデルよりも静粛性と燃費性能が高い

6代目グロリアは、1979年から1983年までの間に発表された車です。

先代モデルよりも、よりシャープな印象になったデザインは高く評価され、1979年度の「日本カーオブザイヤー」にも輝きました。性能の面では、エンジンシステムの向上により、先代グロリアより静粛性と燃費性能が高まりました。

6代目グロリアの中古車の選び方

6代目グロリアが欲しい人は、1982年から1983年式のモデルをおすすめします。グロリアは1982年にマイナーチェンジしていて、従来のものと比べると約25%も燃費性能と静粛性が向上しています。

6代目グロリアの購入に向いているのはこんな方

6代目、グロリアに向いているのは、以下の人です。

  • レトロなデザインの車が欲しい人
  • 古い車の割に燃費性能と静粛性が高い車が欲しい人

6代目グロリアの中古車相場

6代目グロリアの具体的な魅力とおすすめのタイプがわかったところで、実際の中古車市場について見ていきましょう。主要な中古車情報サイトで調査しました。

中古車検索サイト 中古車平均価格 中古車相場 台数
カーセンサー 103.3万円 65~168万円 6台
グーネット 101万円 48~168万円 7台
ナビクルcar 101万円 48~168万円 7台
車選び.com 98万円 1台
ガリバー 0台
GAZOO 0台
  • ※2017年4月の全国中古車情報を調査
    ※1979~1983年式を調査

調査の結果、最安値は48万円、最高値は168万円でした。5代目グロリアより、レトロな車といった部分でのニーズが弱まったのか、平均価格は5代目よりも安めでした。

ただ、いずれにしても売りに出されている数の絶対数が非常に少ないですので、中古車市場で理想の1台を見つけたらすぐにアクションを起こす必要があります。

7代目グロリア(1983~1987年)

ここでは、7代目グロリアの特徴や中古車の選び方を解説していきます。加えて、7代目グロリアの購入に向いているタイプ、7代目グロリアの中古車市場がどのようになっているかも合わせてお伝えしていきます。

7代目グロリアの特徴:国産初のV型6気筒エンジン搭載

7代目グロリアは、1983年から1987年までの間に発売されていたタイプのグロリアです。このタイプのグロリアは、当時の自動車業界の権威ある学会から最優秀を受賞し、名実ともに世界の名車の仲間入りを果たしました。

また、国産車初のV型6気筒エンジンを搭載しており、性能の面でも世界の名車に肩を並べる存在になりました。

7代目グロリアの中古車の選び方

7代目グロリアの中で特におすすめの年式は、1985年から1987年式の7代目後期モデルのグロリアです。この年式は、ジェットターボ、ターボアストロード、新型ブロアムなどの新たな基軸のグロリアを続々と投入しています。機能面で幅広い選択肢の中から選ぶならこの年式のものがおすすめです。

7代目グロリアの購入に向いているのはこんな方

ここまでの情報を通して、7代目グロリアに向いている人は以下のタイプです。

  • レトロ感のある車がほしい人
  • エンジン性能が高い車がほしい人

7代目グロリアの中古車相場

ここまで、7代目グロリアの特徴や魅力、おすすめの条件などについて見てきました。では、7代目グロリアの中古車市場はどうなっているのでしょうか。ここから一緒に見ていきたいと思います。

中古車検索サイト 中古車平均価格 中古車相場 台数
カーセンサー 88.6万円 65~234万円 18台
グーネット 87.3万円 37.9~234万円 17台
ナビクルcar 87.3万円 37.9~234万円 17台
車選び.com 128万円 1台
ガリバー 0台
GAZOO 0台
  • ※2017年4月の全国中古車情報を調査
    ※1983~1987年式を調査

最安値は37万9,000円、最高値は234万円でした。最高値の車は、前出の上級グレード・ブロアムで、しかも最高級オプションをつけている車でした。通常の7代目グロリアを購入する分には、平均価格である90万円前後を考えておいてください。

8代目グロリア(1987~1991年)

次は8代目のグロリアを見ていきましょう。この項では8代目グロリアの概要とおすすめポイント、おすすめの中古車条件などを詳しく解説していきます。また、実際の中古車市場の相場も詳しく調べていますので、ぜひ参考にしてください。

8代目グロリアの特徴:走行性能が向上

8代目グロリアは、1987年から1991年までのモデルです。テレビゲームの「グランツーリスモ」でグロリアが初登場したのはこのモデルです。このタイプのグロリアは先代よりさらにスポーティさに重点を置いて開発されています。

操縦安定性と乗り心地の良さを重視した8代目グロリアは、従来までのモデルより、より「走っていて楽しい車」に主眼が置かれています。

8代目グロリアの中古車の選び方

8代目グロリアで特におすすめなのは、1989年から1991年までの8代目後期モデルです。8代目後期からは、当時、世界で初めての電子制御5速AT(オートマ)システムが設定されています。

また、速度計のデジタルメーターもオプションとして備わりました。

8代目グロリアの購入に向いているのはこんな方:グランツーリスモが大好きでグロリアに憧れていた人、クラシカルな車を軽快に運転したい人

8代目グロリアに向いている人は以下のタイプです。

  • グランツーリスモシリーズが大好きでグロリアに憧れていた人
  • クラシカルな車を軽快に運転したい人

8代目グロリアの中古車相場

それでは、8代目グロリアがどのくらいでやり取りされているか、中古車市場を見ていきましょう。主要な中古車情報サイトで調査しました。結果は下の表です。

中古車検索サイト 中古車平均価格 中古車相場 台数
カーセンサー 71万円 34.7~138万円 13台
グーネット 62.3万円 35~145.7万円 26台
ナビクルcar 62.3万円 35~145.7万円 26台
車選び.com 0台
ガリバー 0台
GAZOO 0台
  • ※2017年4月の全国中古車情報を調査
    ※1987~1991年式を調査

8代目グロリアの中古車市場を調査した結果、最安値は34.7万円、最高値は145万7,000円でした。この年式まで来るとレトロ車としての希少感は多少薄れ、古い車なりの価格になってきていることがわかります。予算の目安としては70~80万円前後を考えておくと幅広い車の中から選ぶことができます。

9代目グロリア(1991~1995年)

ここでは、9代目グロリアについて紹介していきます。内容は、9代目グロリアの特徴や魅力、中古車を買う上でのおすすめの条件、中古車市場相場について詳細にお伝えしています。9代目のグロリアに興味がある人は必見の内容です。

9代目グロリアの特徴:全車AT(オートマ)車

9代目グロリアは、1991年から1995年まで活躍してきたグロリアです。このタイプのグロリアから全グレードが3ナンバー(普通乗用車)になりました。8代目グロリアと性能自体はあまり変わりません。しかし、大きく変わった箇所は9代目グロリアから全車AT(オートマ)車になったところです。

9代目グロリアの中古車の選び方

9代目グロリアの購入を考えていて、テレビゲーム「グランツーリスモシリーズ」のファンの人は、1993年から1995年の9代目後期モデルの中古車をおすすめします。

このタイプからグランツーリスモで使われていたモデルが、オプションパッケージとして増強されています。

9代目グロリアの購入に向いているのはこんな方

9代目グロリアの購入に向いている人は以下の通りです。

  • グランツーリスモでグロリアのファンになった人

9代目グロリアの中古車相場

ここで、9代目グロリアの中古車相場を調べてみましょう。主要な中古車情報サイトを調査しました。その結果は下の表になります。

中古車検索サイト 中古車平均価格 中古車相場 台数
カーセンサー 37.8万円 15~88.6万円 17台
グーネット 47.5万円 15~145.7万円 25台
ナビクルcar 47.5万円 15~145.7万円 25台
車選び.com 33.4万円 24〜48.3万円 3台
ガリバー 0台
GAZOO 0台
  • ※2017年4月の全国中古車情報を調査
    ※1991~1995年式を調査

調査の結果、最安値は15万円、最高値は88万6,000円ということがわかりました。9代目以前と比べると平均価格をはじめ、最安値、最高値ともに安くなっていることに気がつくと思います。

中古車市場に出ているものは、ほとんどのものが50万円以下で購入可能で、しかも走行距離も適正なものでした。加えて、出回っているほとんどの車がグランツーリスモバージョンでしたので、グランツーリスモでグロリアに憧れた人たちは、今が大きなチャンスです。

10代目グロリア(1995~1997年)

次に紹介するのは10代目グロリアです。10代目グロリアは、最終モデルのひとつ前のモデルです。ここでは、10代目グロリアの特徴やおすすめポイント、どのような車を選べば良いか、さらに、購入するための相場などを詳しくお伝えしています。

10代目グロリアの特徴:運転席と助手席にSRSエアバッグを装備

10代目グロリアは、1995年から1999年の間、発売されていたモデルです。

このモデルの既存にはない一番の特徴は、運転席と助手席にSRSエアバッグを標準装備している点です。エンジン性能や走行性能より、安全性能の向上を重視しています。時代がより安全な車を求めていたというわけです。

このことは、グロリアをはじめ他の車にとってもエポックメイキングのような出来事であったと筆者は考えます。

10代目グロリアの中古車の選び方

10代目グロリアを購入するなら、1997年以降に発表された10代目後期モデルを選んだ方が良いでしょう。

冬に雪が降る地域に住んでいる人には特におすすめです。10代目後期モデルから、降雪地仕様のバージョンが発表されました。雪が降りづらい地域の人も、万が一を考えればこのタイプを選んだほうが良いでしょう。

10代目グロリアの購入に向いているのはこんな方:スピードや走行性能よりも安全性能を重視したい人、降雪地に住んでいる人

10代目グロリアの購入に向いているのは以下のタイプの人です。

  • スピードや走行性能よりも安全性能を重視したい人
  • 降雪地に住んでいる人

10代目グロリアの中古車相場

それではここで、10代目グロリアがどの程度の予算で購入することができるかを見ていきましょう。主要な中古車情報サイトで、その相場を調べてみました。

中古車検索サイト 中古車平均価格 中古車相場 台数
カーセンサー 30.2万円 9~98万円 43台
グーネット 38.2万円 17~98万円 53台
ナビクルcar 38.2万円 17~98万円 53台
車選び.com 36.3万円 9〜67.2万円 8台
ガリバー 0台
GAZOO 0台
  • ※2017年4月の全国中古車情報を調査
    ※1995~1999年式を調査

調査した結果、上記のようになりました。最安値は9万円、最高値は98万円でした。この年代まで来ると、中古車在庫豊富にあるようになり、それに伴って価格も安くなっています。この年式のグロリアを購入する人は、予算50万円ほどを考えておけば幅広い選択肢の中から理想の1台を選ぶことができるでしょう。

11代目グロリア(1999年~2004年)

ここでは、11代目グロリアの概要や特徴をお伝えしていきたいと思います。また、実際に購入するのに向いているタイプや中古車相場にも言及していますので、気になる人はぜひ最後まで読んでください。

ちなみに、ここで紹介する11代目グロリアは、長い歴史を持つグロリアの最終モデルでもあります。

11代目グロリアの特徴:クーペとセダンの融合のようなデザイン

11代目グロリアは、1999年から2004年まで製造・販売されていたモデルです。これまで振り返ってきたことからもわかると思いますが、とても長い歴史を持つグロリアの最終モデルです。

外観のデザインはこれまでより、よりスポーティーになっておりクーペとセダンの融合のような印象を放っています。

また、エクステリアもインテリアもラグジュアリー感が満載で、これまでのグロリアとは一線を画しています。

50年以上の長い間、日本を代表する車種として君臨してきたグロリアですが、この11代目を最後に引退しています。ただ、その遺伝子は後継のフーガに受け継がれています。新しい車でもグロリアの雰囲気を感じたい人は、フーガの購入をおすすめします。

11代目グロリアの中古車の選び方

11代目グロリアを中古車市場で購入するなら、2001年以降に販売されている11代目後期モデルがおすすめです。11代目グロリアは、2001年にマイナーチェンジをしています。そのようなわけで2001年以降のグロリアが、現状で一番新しいグロリアになります。

11代目後期モデルは、それまでと比べるとさまざまなグレードやカラー、オプションが用意されています。このモデルの中古車を購入する際には幅広い種類のものから選ぶことができると思います。

11代目グロリアの購入に向いているのはこんな方

11代目グロリアに向いている人は以下のタイプの人です。

  • 幅広い選択肢の中から理想のグロリアを選びたい人
  • エクステリアもインテリアも高級感のあるグロリアが欲しい人

11代目グロリアの中古車相場

それでは、実際の中古車市場はどのようになっているのでしょうか。主要な中古車情報サイトを調査しましたので、一緒に見ていきましょう。

中古車検索サイト 中古車平均価格 中古車相場 台数
カーセンサー 24.5万円 0.8~95万円 130台
グーネット 25.8万円 5.8~95.1万円 130台
ナビクルcar 25.8万円 5.8~95.1万円 130台
車選び.com 32.6万円 8〜69.9万円 41台
ガリバー 0台
GAZOO 0台
  • ※2017年4月の全国中古車情報を調査
    ※1999~2004年式を調査

調査の結果、最安値は8,000円、最高値は95万1,000円でした。最安値のものを含めて10万円未満のものも数多くありますが、走行距離が長かったり、修復歴ありだったりのものが多いのでおすすめはできません。この条件で、安全なグロリア中古車を購入するには20万円前後の予算を考えておくと良いでしょう。

グロリアの中古車選びの注意点を解説

ここまで、グロリアのおすすめポイントや中古車相場などについて詳しく解説してきました。ここからは、中古車特有のトラブルを未然に防ぐポイントをお教えします。グロリアは40年以上現役だった車種なので、それぞれにリスクを回避するためのチェックポイントは多々あります。

ここでは、5~8代目の年季の入ったグロリアと9~11代目の比較的新しいグロリアに分けて、それぞれ中古車を購入する際に気をつけていただきたい項目をまとめました。

5代~8代目(年季の入った)グロリア中古車のチェックポイント

5~8代目の年季の入ったグロリアを現車確認する際に、必ずチェックしていただきたいポイントを下の表にまとめました。

元々が相当古い車で部品の交換も容易ではないため、一度不具合を起こしてしまうと修理費が非常に高額になってしまう恐れがあります。購入前にきちんとチェックして、リスクの芽は早いうちに摘んでおきましょう。

エンジンルーム内のチェック オイルキャップの周りに油汚れがついていないか
バッテリーは正常に作動するか
エンジン音に異音はしないか
各部品のチェック 各部品は消耗していないか
タイヤ回りのチェック ブレーキを踏んだ時に違和感はないか
試乗の際に足回りに異音がしないか
外装のチェック ウインカーやハザードは正常に点灯するか
シートフレームに故障がないか
内装のチェック パワーウインドウは正常に作動するか
エアコンは正常に作動するか

9~11代目(比較的新しい)グロリア中古車のチェックポイント

次は、9~11代目のグロリアのチェックポイントです。前の世代に比べて比較的新しい車とはいえ、それでもすべての車が10年落ち以上です。現車チェックをする際には念入りに各部位のチェックを行いましょう。以下のチェック表にしたがって各部位をチェックしてください。

エンジン周りのチェック エンジンがを掛けた際に黒煙や異臭がしないか
エンジンをかけた時に異音がしないか
エンジンのオイル漏れはないか
各部品のチェック 各部品の交換時期は適正なものか
タイヤ回りのチェック タイヤまわりを見た際に歪んでいないか
試乗の際に足回りに異音がしないか
外装のチェック 遠くから眺めたときにひずみやゆがみはないか
シートフレームに故障がないか
内装のチェック インテリアがいたんでいないか
電気系統に不具合はないか

まとめ

この記事では、日本を代表する名車であるグロリアを取り上げました。記事全体を通して、グロリアの歴史から、各世代の特色、さらにその世代ごとにおすすめの中古車条件がお分かりいただけたかと思います。加えて、中古車特有の故障やトラブルのリスクの少ない車選びの方法も合わせてお伝えしてきました。

この記事を最初から最後まで読んでいただけると、グロリアがどんな車なのか、自分にとって最適のグロリアはどんな条件なのかが分かるはずです。ぜひ、この記事を参考に、失敗や後悔のないグロリア中古車選びをしてください。

グロリアのスペック情報

グロリア
全長
4.69m~5.01m
全高
1.39m~1.5m
全幅
1.69m~1.77m
CVT 燃費(10・15モード) 8.6km/L~11.6km/L
駆動方式 2WD,4WD 排気量 2,000cc~3,000cc
定員 5人~8人 車両重量 1,745kg~2,035kg
※燃費は現行モデルの情報です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket