pagetop

いま「買い得」な中古車9選!予算別おすすめ車種と失敗しない購入の秘訣

いま「買い得」な中古車9選!予算別おすすめ車種と失敗しない購入の秘訣

さまざまな車種が存在する中古車市場。「もっともお得な中古車は何なのか?」「種類が多すぎてどれを選んだらいいのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。

お買い得な中古車を購入するためには、

  • コスパの良いベストな車種を知ること
  • その中で、状態のいい中古車を正しく見極めること

が大切です。

今回の記事では、中古車整備の経験が長い筆者が、特におすすめできるお買い得な中古車をピックアップしてご紹介します。

ぜひ参考にしてください。

  • ※記事内で記載される燃費表示は、「JC08モード」もしくは「10・15モード」で測定されたカタログ値となっています。
  • ※カタログ燃費部分に表示された値は最高値となっています。
  • ※記事内の中古車相場・事例は「グーネット」で2017年1月時点の中古車情報を調査しました。

一括査定について

中古車の売却方法はさまざまですが、いちばん多く利用されているのはディーラーへの下取りではないでしょうか。

しかし、自分が乗っている愛車を高く売りたいのであれば、相見積もりが必須となります。ディーラーに下取りを出すのは、高く売れる愛車を安く手放すようなもの。はっきり損をしているといっていいでしょう。

いちばん中古車を高く売るには、複数業者に一度に見積もり依頼をすることができる「一括査定」が最適です。

一括査定を今すぐ試す >>

迷ったらコレを選ぶべき!今もっともお買い得な中古車3選

中古車市場は、需要と供給で価格が変化します。簡単にいえば、「いま買うならこの車種がお買い得!」というように、時期によってお買い得な車種は変わるのです。

ここでは、「軽自動車」「コンパクトカー」「ミニバン」のボディタイプから、それぞれ1車種ずつ「いま買うべきお買い得車」をご紹介します。

お買い得×リッター30km以上の低燃費が魅力な「ダイハツ・ミライース」

ダイハツ・ミライースの中古車

「ミラ イース」は、低燃費技術である「e:sテクノロジー」の採用で、新車時の燃費が27~35.2km/Lと非常に経済的な車両です。ミラ イースの詳細は下記のとおりです。

ダイハツ・ミライースのスペック情報

  • 中古車相場 75.0万円
  • 生産時期 2011年9月~現行モデル
  • 定員 4人
  • 新車販売価格 75~136万円
  • カタログ燃費 35.2km/L
ダイハツ・ミライースの特徴

  • 燃費性能が抜群
  • 小回りが効いて運転しやすいので、女性ドライバーの方でも安心
  • 税金などの維持費も安い
ダイハツ・ミライースはこんな人におすすめ

  • 燃費の良い車種をお得に購入したい
  • 運転に不慣れなので、操作しやすい車に乗りたい
  • とにかく安く車を所有したい
ダイハツ・ミライースの中古車事例

  • ミラ イース/L
  • 年式/2012年
  • 走行距離/6.4万km
  • 車両価格/45万円

実用性と信頼性で選ぶなら!「トヨタ・カローラ ルミオン」

トヨタ・カローラ ルミオンの中古車

まさに「トヨタらしい車両」ともいえる実用性の高さを誇るのが「カローラルミオン」です。

車内空間が広く、ある程度の大きさの荷物なら、難なく積み込むことができます。スタイリッシュな車体のデザインは、どの年代のドライバーにもフィットするはずです。

排気量も1500ccと1800ccがラインナップされており、まさに「ちょうどいい使い勝手・乗り心地の車」といっていいでしょう。

車体も丈夫なので、特に長く乗りたい方におすすめです。

トヨタ・カローラ ルミオンのスペック情報

  • 中古車相場 95万円
  • 生産時期 2007年10月~2015年12月
  • 定員 5人
  • 新車販売価格 168万円~242.6万円
  • カタログ燃費 17.8km
トヨタ・カローラ ルミオンの特徴

  • 車内空間が広く、実用的
  • 5人乗りかつ燃費が良い
  • ミラーが大きいので、初心者でも運転しやすい
トヨタ・カローラ ルミオンはこんな人におすすめ

  • 実用的な中古車が欲しい
  • 長く乗れる中古車を購入したい
  • 5人乗りで燃費のよい車が欲しい
トヨタ・カローラ ルミオンの中古車事例

  • カローラルミオン/1.8Sエアロツアラー
  • 年式/2007
  • 走行距離/8.7万km
  • 車両価格/52万円

街乗りも長距離も快適に乗れる!ミニバン屈指の走行性能を持つ「ホンダ・オデッセイ」

ホンダ・オデッセイの中古車

ホンダが誇る走行性能とミニバンの実用性がバランスよく組み合わさった車両が、「オデッセイ」です。

低重心に設計されているため、高速道路を走行しているときもセダンのような安定性があります。

なかでも、スポーツグレードである「アブソルート」は、スポーツセダンを運転していると錯覚するほどの走行性能となっています。

乗車定員は7人乗りで、快適な乗り心地が持ち味のミニバンです。

ホンダ・オデッセイのスペック情報

  • 中古車相場 52.7万円
  • 生産時期 2003年10月~2008年9月生産モデル
  • 定員 7人
  • 新車販売価格 226万円~323万円
  • カタログ燃費 12.2km/L
ホンダ・オデッセイの特徴

  • ミニバンらしからぬ高い走行性能
  • 足回りにこだわりがあり、乗り心地がいい
  • 3列シートを採用した快適な車内空間
ホンダ・オデッセイはこんな人におすすめ

  • 走行性能の高いミニバンが欲しい
  • ドレスアップしやすい車種を選択したい
  • 高速道路で遠出しても疲れにくい車を購入したい
ホンダ・オデッセイの中古車事例

  • オデッセイ/M
  • 年式/2003年
  • 走行距離/3.8万km
  • 車両価格/55万円

自分にぴったりの中古車がわかる!予算別「高コスパ中古車」を徹底紹介

中古車を購入する際には、やはり、予算の都合もあるかと思います。しかし予算が厳しいからといって、お買い得な中古車がないわけではありません。

ここでは、予算別に「高コスパ中古車」をご紹介していきましょう。

【50万円以内】で買えるおすすめ中古車を解説

「できれば50万円以内で中古車を購入したい」という方もいらっしゃると思います。

しかし、ハッキリ言ってしまえば、100万円程度の価格帯に比べて、質の悪い中古車が含まれる確立も高くなります。

その中からレベルの高い中古車を選択するためには、中古車に関する知識は多少なり必要になるでしょう。

今回の記事では、中古車の選び方のポイントも合わせてお伝えしますので、読み終わった後には安全な車を選び抜くことが可能になるでしょう。

ここでは、筆者の自動車に関する視点と経験から、車両価格50万円以下のおすすめ「高コスパ中古車」をご紹介していきます。

運転しやすさと実用性を兼ね備えた「ホンダ・モビリオスパイク」

ホンダ・モビリオスパイクの中古車

ホンダのコンパクトカーで人気車種といえば「フィット」ですが、人気が高いために、中古車価格がなかなか下がらない車種でもあるのです。

しかし実は、フィットと同じエンジンを積んでいて、フィットよりも広い車内空間を実現した車種があります。それが、「モビリオスパイク」です。

モビリオスパイクは「無段変速機」というトランスミッションを採用しており、加速が非常にスムーズです。

加えて、変速によるムダを省くことによって低燃費を実現しています。

また、コンパクトカーでありながら、大きな荷物も難なく載せられ、小回りが利きます。

サイドミラーが大きく運転時の死角が少ないという特徴もあり、初心者ドライバーでも運転しやすい車種だといえるでしょう。

ホンダ・モビリオスパイクのスペック情報

  • 中古車相場 32万円
  • 生産時期 2002年9月~2008年4月
  • 定員 5人
  • 新車販売価格 148.6万円~209万円
  • カタログ燃費 17.6km/L
ホンダ・モビリオスパイクの特徴

  • コンパクトカーながら広い車内空間
  • 無段階変速なので加速がスムーズ
  • 大きな荷物も載せられる
ホンダ・モビリオスパイクはこんな人におすすめ

  • 低燃費で実用的な車が欲しい
  • 小回りの利く運転しやすい車がいい
  • お買い得な車両を購入したい
事例

  • モビリオスパイク/1.5wタイプHIDエディション
  • 年式/2008年
  • 走行距離/9.4万km
  • 車両価格/25.8万円

かわいいデザインで乗りやすい「日産・マーチ」

日産・マーチの中古車

日産のコンパクトカーの中でも、抜群のかわいらしさが特徴の「マーチ」。

欧州車風の外観で、特に女性ドライバーに人気の車両です。新車時の燃費は23km/Lと非常に省燃費です。

全長・全幅ともに小さめのデザインであるため、初心者ドライバーでも運転しやすい車両となっています。

現行モデルでも中古車価格が手頃で、まさに「今が旬のお買い得車」だといえるでしょう。

日産・マーチのスペック情報

  • 中古車相場 70.2万円
  • 生産時期 2010年7月~現行モデル
  • 定員 5人
  • 新車販売価格 100万円~356万円
  • カタログ燃費 23kkm/L
日産・マーチの特徴

  • 欧州車風の愛らしいデザイン
  • 現行モデルでありながらもお手頃価格で購入できる
  • 初心者ドライバーでも運転しやすいボディサイズ
日産・マーチはこんな人におすすめ

  • 初めて自動車を所有する
  • 燃費の良い自動車を安く購入したい
  • 手軽に街乗りできる車が欲しい
日産・マーチの中古車事例

  • マーチ/S
  • 年式/2013年
  • 走行距離/6.0万km
  • 車両価格/43万円

軽自動車ながらもアグレッシブに走れる!「ダイハツ・ムーヴ」

ダイハツ・ムーヴの中古車

ダイハツの車種ラインナップの中でも人気なのが、「ムーヴ」です。

自発光式のメーターやフロアイルミネーション、キーフリーシステムなどを採用した充実した装備が特徴で、小回りはバツグンです。

市街地でも快適に走行できる車両です。新車時の燃費が23km/Lと省燃費かつ購入しやすい価格帯なので、非常にお買い得な1台といえるでしょう。

ダイハツ・ムーヴのスペック情報

  • 中古車相場 47.9万円
  • 生産時期 2006年10月~2010年11月
  • 定員 4人
  • 新車販売価格 102万円~169万円
  • カタログ燃費 23km/L
ダイハツ・ムーヴの特徴

  • 軽自動車ながらもパワフルな走行性能を持つ
  • キーフリーシステムなどの装備が充実
  • 小回りが利くので、市街地でも運転しやすい
ダイハツ・ムーヴはこんな人におすすめ

  • 50万円以内で質の良い軽自動車を購入したい
  • 走行距離の少ない車両を安く買いたい
  • 運転しやすい軽自動車を探している
ダイハツ・ムーヴの中古車事例

  • ムーヴ/X
  • 年式/2006年
  • 走行距離/3.7万km
  • 車両価格/46万円

【100万円以内】で買える、おすすめ中古車

50万円以内の予算では状態の悪い車両が目立つミニバンでも、予算が100万円までとなれば、レベルの高さも十分な車両を購入することができます。

また、新車時の車両価格が高いセダンも購入できるような価格帯となるため、幅広い選択肢の中から好みの1台を検討することができるでしょう。では、早速厳選お買い得車種をご紹介していきましょう。

快適な車内空間と豪華設備が特徴の「トヨタ・アルファード」

トヨタ・アルファードの中古車

トヨタのハイクラスミニバンといえば、「ヴェルファイア」と「アルファード」です。

アルファードは、ミニバンの中でもトップクラスの車内空間を誇り、長距離ドライブでも快適に過ごすことができます。

新車時の価格が高い車種ではあるものの、モデルチェンジによって中古車市場の価格もお手頃になりつつあります。

ハイクラスミニバンを100万円で乗るならアルファード!といってもいいくらいお買い得な車両です。

トヨタ・アルファードのスペック情報

  • 中古車相場 74.4万円
  • 生産時期 2002年5月~2008年4月
  • 定員 8人
  • 新車販売価格 284万円~662万円
  • カタログ燃費 9.7km/L
トヨタ・アルファードの特徴

  • 長距離ドライブでも快適な車内空間
  • 車体サイズが大きく、8人乗りも十分可能
  • 10万km走行車も高値で取り引きされるほど丈夫
トヨタ・アルファードはこんな人におすすめ

  • ハイクラスミニバンを安く購入したい
  • 世帯人数が多い
  • 長距離ドライブを楽しみたい
トヨタ・アルファードの中古車事例

  • アルファード/V
  • 年式/2006年
  • 走行距離/3.8万km
  • 車両価格/78万円

ミニバンの火付け役にして鉄板「ホンダ・ステップワゴン」

ホンダ・ステップワゴンの中古車

ミニバンといえばこの車種! との声も多い「ステップワゴン」。

ホンダの技術の結晶であるV-TECエンジンを搭載し、高速道路もスムーズに走行できます。車両前面のガラスが大きく、広い視界を実現しています。

また、低重心設計により、ミニバン特有のフラつきや操作性の悪さも軽減されています。モデルチェンジによって中古車がよりお買い得になっており、まさに「今が狙い目」の車両です。

ホンダ・ステップワゴンのスペック情報

  • 中古車相場 69.9万円
  • 生産時期 2005年5月~2009年9月
  • 定員 8人
  • 新車販売価格 200万円~341万円
  • カタログ燃費 12.6km /L
ホンダ・ステップワゴンの特徴

  • 5ナンバークラスながらも、3列シート採用で広い車内空間を持つ
  • 低重心設計で、ミニバン特有の操作性の悪さを軽減
  • モデルチェンジによってお買い得になっている
ホンダ・ステップワゴンはこんな人におすすめ

  • 質のよいミニバンを安く購入したい
  • 維持費の安いミニバンを探している
  • 家族で遠出する際に車を使いたい
ホンダ・ステップワゴンの中古車事例

  • ステップワゴン/G
  • 年式/2008年
  • 走行距離/6.0万km
  • 車両価格/99.8万円

これぞラグジュアリーセダンともいうべき快適な乗り心地「トヨタ・クラウンロイヤル」

トヨタ・クラウンロイヤルの中古車

ラグジュアリーセダンの中でも特に人気の高い「クラウン」。

クラウンは絶品とのいえる快適な乗り心地を実現しており、室内の静粛性、装備の質、運転性能、どの点を取ってもレベルの高い車両だといえます。

そんなクラウンも、モデルチェンジによって価格が下がり、100万円以内で購入することができるようになりました。

また、クラウンの特徴のひとつに「頑丈な車体」が挙げられます。なかには15万km以上走行していながら、状態のいい車両が中古車市場で流通しているケースもあるほどです。

トヨタ・クラウンロイヤルのスペック情報

  • 中古車相場 70.6万円
  • 生産時期 2003年12月~2008年1月
  • 定員 5人
  • 新車販売価格 331万円~532万円
  • カタログ燃費 12km/L
トヨタ・クラウンロイヤルの特徴

  • 走行音が非常に静か
  • 乗り心地が良く、長距離ドライブでも快適
  • 装備がラグジュアリーなので高級感がある
トヨタ・クラウンロイヤルはこんな人におすすめ

  • 質のいいラグジュアリーセダンを安く購入したい
  • 丈夫な車両を長く乗りたい
  • 乗り心地の良い車両を購入したい
トヨタ・クラウンロイヤルの中古車事例

  • クラウン/ロイヤルサルーンプレミアムエディション
  • 年式/2007年
  • 走行距離/0.3万km
  • 車両価格/100万円

お買い得中古車の見つけ方と、失敗しない購入方法

ここまで、筆者おすすめのお買い得中古車をご紹介してきました。

安く買いたいからといって、単純に低年式を狙うだけでは状態のよくない中古車に当たってしまう可能性が高まります。

お買い得な中古車を見つけるにはさまざまなポイントがあります。ここからは、良質な中古車の見つけ方の秘訣と、失敗しないためのチェックポイント・購入方法を解説していきましょう。

走行距離「6万キロ~10万キロ」が狙い目

中古車選びで重視すべき点として、「走行距離」があります。

なぜかというと、走行距離が多くなるほど故障率が上がってしまうため、車両価格もどんどん安くなっていくからです。

年式の新しい車両でも走行距離が10万km以上の場合、故障に悩まされがちなケースも考えられます。

したがって、中古車選びでは比較的故障の少ない「6万km~10万km」を狙うことで、より質のいいお買い得車を見つけることができます。

「5年落ち」前後の中古車なら、新車価格の半額で買える

新車の発売から5年落ち前後の中古車は、特に狙い目です。

多くの車種では、新車発売から5年程度経過すると、新車価格の半額程度まで車両価格が下がるからです。

特に、もともと新車時の価格が高いような車両は値下がり率も高いため、中古車としても「お買い得」なのです。

ただし、人気の高い軽自動車やミニバンは車両価格が下がりにくいため、あえて人気が分散しやすいコンパクトカーをチェックしてみるのも賢い手だといえるでしょう。

値段が下がる時期を狙い、中古車を購入する

実は、中古車の価格が高騰する時期があります。それが、新社会人や新生活によって中古車市場の需要が全体的に高まる3月です。

需要が高まれば、車両価格も全体的に高騰します。逆にいえば、3月を過ぎ、4~5月は車両が売れにくくなっているため、中古車購入時の価格交渉も容易になります。

よりお買い得に車を購入したいのであれば、「4~5月」を狙いましょう。

中古車購入で失敗しないためのチェックポイント

お買い得な車両を見つけたとしても、より長く安心して乗るために、必ずチェックしておくべきポイントが4つあります。それぞれ簡単に解説していきましょう。

ポイント(1)修復歴がない中古車を選ぶ

修復歴とは、「フレーム(車体の骨格部分を修正するほどの損傷があったかどうか」という記録のことです。

修復歴のある車両は安価なのでお買い得に見えますが、長く走行すると想定外の不具合につながる可能性があります。

そうなってしまっては、せっかくお買い得でも意味がなくなってしまいます。そのようなことから、修復歴のある車両は避けたほうが無難でしょう。

ポイント(2)法定点検・整備がされているかをチェックする

整備されていない車両は、当然ながら安価です。

しかし、購入時には整備費用も上乗せされるため、結局、お買い得とはいえなくなってしまいます。

法定点検である「12ヶ月点検」や「24ヶ月点検」がしっかりと実施されているかどうか、あらかじめチェックしておきましょう。

ポイント(4)試乗をして中古車のコンディション、乗り心地の確認を行う

中古車の外装にあるキズ、走行中の異音や乗り心地は、実車確認でしか気付くことができません。

中古車を購入する際は、できる限り実車を確認し、短時間でも試乗したほうがよいでしょう。

購入後のクレームは対応できないというケースも少なくありません。事前に現車確認をして、無用なトラブルは避けるようにしましょう。

また、試乗に限らず、実車確認で車のどこをチェックするべきかの必須知識を「中古車を購入する前にチェックするポイントを紹介」でお話ししています。こちらもぜひご覧ください。

ポイント(4)保証期間を確認する:有料の延長保証には入っておくのがおすすめ

中古車の保障は販売店によって大きく異なります。

また、車両によっては有料の延長保証に加入することができる場合もあります。

有料の延長保証は、一定の条件に該当するような故障であれば無償修理してもらえるので、できる限り加入しておくとよいでしょう。

まとめ

中古車市場にはたくさんのお買い得な中古車があります。

今回ご紹介した車種から選ぶことで、コスパの良い中古車に出会うことができるでしょう。

また、その中でも良質な車を正しく見分けるコツをあらかじめ知っておくことで、安い一方で、故障や不具合のリスクのある中古車を避けることができます。

今回のポイントを参考にしていただき、ぜひあなたの希望に合ったお得な中古車を見つけてください。

一括査定について

中古車の売却方法はさまざまですが、いちばん多く利用されているのはディーラーへの下取りではないでしょうか。

しかし、自分が乗っている愛車を高く売りたいのであれば、相見積もりが必須となります。ディーラーに下取りを出すのは、高く売れる愛車を安く手放すようなもの。はっきり損をしているといっていいでしょう。

いちばん中古車を高く売るには、複数業者に一度に見積もり依頼をすることができる「一括査定」が最適です。

一括査定を今すぐ試す >>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで最新情報をチェック