pagetop

インサイトの中古車を誰よりもお得に購入するための中古車探し全情報

インサイトの中古車を誰よりもお得に購入するための中古車探し全情報

ホンダ・インサイトは、かつてスポーツカータイプのハイブリットカーとして大きな注目を浴びた車種です。

1999年に先代が販売され、2006年に一度生産終了になったものの、2年の時を経て2009年にスポーツカータイプのハイブリットカーとして復活、そして2014年に生産終了しました。

乗り換え・車購入でインサイトを検討されている方には中古車が選択肢となります。

せっかくであれば「自分が希望する条件で、もっともお買い得なインサイト中古車を見つけたい」と思いませんか。

しかし、中古車はその事情から、故障や内部・外部の劣化の可能性は否定できません。

ただ安さを重視して選ぶことによって「故障をくり返し、修理費でかえって高くついてしまった」という失敗事例も確かにあります。

今回の記事では筆者おすすめのインサイトの中古車条件と、安全・安心な探し方まで、すべての情報を公開します。

この記事を読んだ後、すぐに希望のインサイトが探せるように情報をお伝えしますので、ぜひご覧ください。

インサイトの魅力とライバル車を解説

はじめに、インサイトについて詳しく知りたいとお考えの方に向けて、インサイトの魅力やライバル車種についてお話しします。

インサイトのライバル車として、ほかにどんな車があるのか?自分には本当にインサイトがぴったりなのか?といったあなたの疑問に答えていきたいと思います。

インサイトのおすすめポイントと向いているタイプ

インサイトの魅力は、

  • 低燃費運転を可能にするハイブリッドカー
  • 街乗りでもしっかり存在感を放つスタイリッシュなフォルム
  • 低燃費ながらもパワフルな走行を可能にしていること

の3つといえます。

上記3つの魅力を持つインサイトに向いているタイプの方は、

  • コストパフォーマンスの良い運転がしたい方
  • 小型乗用車を希望し、デザインにこだわりがある方
  • スポーツカーは持て余す方

といえます。下記で詳しくお話ししていきます。

低燃費運転を可能にするハイブリッドカー

インサイトは、スポーツカーの技術を取り入れたエンジンとモーターが搭載されており、最高27.2km/Lの低燃費を可能にしています。

加速時はエンジンとモーター、クルーズ時はエンジンのみ、停止時はエンジンが停止するアイドリング機能が稼働します。

コストパフォーマンスの良い運転をしたい方に向いている車といえるでしょう。

街乗りでもしっかり存在感を放つスタイリッシュなフォルム

インサイトは、5ナンバーサイズのスタイリッシュなフォルムが持ち味です。

5ナンバーサイズとは、小型乗用車に分類されるサイズをいいます。

具体的には、全長4.7メートル以下、全幅1.7メートル以下、全高2.0メートル以下、ガソリン車の場合は総排気量が2000cc以下の車を指します。

また、インサイトのスタイリッシュなフォルムは、空気抵抗を減らすことを可能にしています。

小型乗用車を希望し、デザインにこだわりのある方に向いている車といえるでしょう。

低燃費ながらもスポーティーな走行を可能にしていること

インサイトは、ホンダがレースやスポーツカーで培った技術が取り入れられているハイブリッドカーです。

先ほどお伝えしたように、発売当初はスポーツカータイプのハイブリッドカーとして脚光を浴びました。

エンジンとモーターが並行稼働することにより、スムーズな加速、そしてパワフルな走行を可能にし、快適なドライブを提供しています。

インサイトのライバル車はフィットハイブリッド/トヨタ・プリウス

ンサイトのライバル車はフィットハイブリッド/トヨタ・プリウス

ハイブリッドカーの中でのライバル車種は、

  • ホンダを代表するコンパクトハイブリットカー フィットハイブリッド
  • ロングセラーを続けている人気車種トヨタ・プリウス

インサイトはこの中でもスポーツカータイプのハイブリッドカーとしての地位を確立しています。

ホンダ・フィットハイブリッドは、燃費が低いことと住居性が高いことから、コンパクトカー市場の中でも高い人気を誇ります。

フィットハイブリッドはインサイト同様にエンジンとモーターが搭載しており、低燃費運転を可能にしています。

例えば、フィットハイブリッドの特別仕様車Fパッケージコンフォートエディションモデルの燃費は、33.6km/Lです。先ほどお伝えしたように、インサイトの燃費は27.2km/Lなので、フィットの方が圧倒的に低燃費です。

また、フィットハイブリッドはコンパクトサイズながらも室内高1280mmを確保し、高い住居性を実現しています。インサイトの室内高は1150mmなので、フィットより130mmほど低く、大人だと狭く感じてしまうほどの高さです。

以上のことから、燃費、そして住居性はインサイトよりフィットの方が優っているといえるでしょう。

ただし、フィットハイブリッドには、インサイトが誇る空気抵抗を抑えたフォルムとスポーティーなデザインがありません。

筆者としては、燃費と住居性を重視したい方はフィットハイブリッド、空気抵抗とデザイン面を重視したい方はインサイトがおすすめです。

プリウスは、トヨタを代表する人気車種ハイブリッドカー

一方、プリウスは、トヨタを代表する人気車種ハイブリッドカーです。

2015年にフルモデルチェンジし、大きな進化を遂げたプリウスは、ハイブリッドカーとしての世界トップクラスの座を我がものにしました。

燃費37.2 km/Lという圧倒的な燃費性能と空気抵抗に配慮した近未来的ビジュアル、高い居住性が共存しています。ただし、プリウスはハイブリッドカーとして世界トップクラスの座に君臨しているだけあって、中古車価格が値落ちしにくいです。

3〜4年乗られたプリウスの中には、新車価格から20〜30万円しか値落ちしていないものもあります。

筆者としては、性能を最重視したい方はプリウスがおすすめです。

ただ、筆者としては、価格なども考慮に入れ、総合的におすすめするのは、この中でもスポーツカータイプのハイブリッドカーとしての地位を確立しているインサイトです。

インサイトの中古車相場を解説

それでは、大体どのくらいの予算があればインサイトを買えるのかを知るために、現在のインサイト中古車市場の実態を紹介したいと思います。

中古車検索サイト 中古車平均価格 中古車相場 台数
カーセンサー 71.1万円 17万~159.8万円 884台
グーネット 65.1万円 15~138万円 746台
ナビクルcar ※グーネットと同じ ※グーネットと同じ ※グーネットと同じ
車選び.com 74万円 17〜159.8万円 165台
ガリバー 48.8~106.8万円 13台
GAZOO 58~139.9万円 31台
  • ※2017年2月の全国中古車情報を調査

中古車平均価格はサイトによって幅がありますが、最安値は15万円・最高値は160万円ほどになっています。

10万円代のインサイトが出回っていることから、安く手に入れられると思いがちですが、これらの中には、修復歴ありなどの問題がある中古車が含まれている可能性があります。

そういった問題を抱える車を避けるために、これからご紹介するおすすめのインサイトの選び方をぜひ参考にしてください。

3.これを買えば安心!インサイトのおすすめ中古車条件を徹底解説

いよいよここから、リスクを抱えるインサイト中古車を避け、質のいい中古車を探す方法をタイプごとに分けてご紹介します。

あなたがどのタイプに当てはまるかを選ぶことで、最適なインサイトの中古車を見つけることができます。

(1)新しいインサイト中古車にお得に乗りたい方:後期型(2012~2013年式)の中古車がおすすめ

新しいインサイト中古車にお得に乗りたい方

インサイトの中古車の中でも、新しいモデルにお得に乗りたいという方は、後期型(2013〜2014年式)の中古車がおすすめです。

インサイトの中で最新のモデルにあたりますが、生産から4〜5年経過しているため、新車価格から100万円以上値落ちしている中古車が多く見受けられます。

それでいながら、後期型インサイトの燃費性能やスタイリッシュなフォルム、スポーティーなデザインなどは健在なので、お得に乗ることができます。

安さを重視したい方は、「(2)価格の安さを重視してインサイト中古車を買いたい方:中期型(2011年式)の中古車がおすすめ」へ進むことをおすすめします。

この条件のインサイト中古車の注意点:HVバッテリーの劣化

インサイトの中古車を選ぶ際は、HVバッテリーの状態に気をつけましょう。

ガソリン車とハイブリッド車では、バッテリーの役割が異なります。ガソリン車に搭載されているバッテリーは、エンジンを付ける役割を担っています。一方、ハイブリッド車のHVバッテリーは、モーターを回転させる役割を担っています。

インサイトのようなハイブリッド車に搭載されているモーターは、バッテリーから電力を供給して動いています。

HVバッテリーが劣化してしまうと、結果的に走行できない状態になってしまいます。新品に交換となれば、工賃に30万〜50万円ほど掛かってしまいます。

HVバッテリーの寿命の目安は、25万キロといわれており、実質上一般的な走行距離を超えているため交換不要なのですが、走行距離が極端に長い・短い中古車は要注意です。

詳しくは、下記のポイント2「極端に長い・短い走行距離は避けるべき」をご覧ください。

ポイント(1)修復歴のない中古車を選ぶこと

インサイトの中古車を選ぶときは、修復歴のある車を避けましょう。

修復歴のある車とは、車の骨格部分を交換、または修復したことがある車です。事故車とも呼ばれます。車の骨格部分に損傷があったという事は、車の剛性・直進性能・ブレーキ等に影響がある可能性もあります。

要は、いつ故障してもおかしくないリスクを抱えているということです。そのため、修復歴車を選ぶことはおすすめできません。

修復歴について「中古車の修復歴のリスクと安全な中古車を見分けるポイント」の記事で細かくお話ししていますので、ご覧ください。

ポイント(2)極端に長い・短い走行距離は避けるべき

インサイトの中古車を選ぶときは、走行距離が極端に長い、もしくは短い中古車を避けましょう。

走行距離は短い方が良い状態だと思いがちですが、極端に短いものは長い間運転されていなかった可能性があります。車を運転せず放置してしまうと、消耗部品やオイルまわりのパーツのトラブルに繋がります。

また、走行距離が長い場合も同様に消耗部品や車体本体によくありません。

消耗距離が極端に長い・短い中古車を安く買ったとしても、修理費用が掛かることで結局は高くついてしまったケースは少なくありません。

走行距離が極端に長い、もしくは短い中古車を選ぶのは避けましょう。

後期型(2012~2013年式)のインサイト中古車相場

上記の条件「後期型(2012~2013年式)・修復歴なし・走行距離3~7万キロ」に当てはまるインサイト中古車の相場はどのようになっているかを主要な中古車検索サイトで調査しました。

中古車検索サイト 中古車相場 台数
カーセンサー 69~149万円 48台
グーネット 83.8~129.8万円 5台
ナビクルcar ※グーネットと同じ ※グーネットと同じ
車選び.com 129.8~139万円 5台
ガリバー 0台
  • ※2017年2月の全国中古車情報を調査
    ※2012~2013年式・走行距離3~7万キロ・修復歴なしに限定

先ほどお伝えしたように、上記の条件で探す場合、新車価格から100万円ほど安くなっています。

最安値69万円のインサイト中古車の事例をピックアップしてみました。

  • グレード:XG
  • 中古車本体価格:69万円
  • 年式:2012年式
  • 走行距離:5.3万km

新車価格が213万円なので、本体比較で144万円ほど安くなっています。

筆者が見たところ、上記中古車でも問題なく乗れると思いますが、グレードや走行距離に希望があるのであれば、80~100万円ほどの予算を考えておくと良いでしょう。

ナビクルcarでもこの条件のインサイト中古車在庫を掲載しています。

最新の中古車相場、全国の中古車台数もすぐにわかるので、購入の際の参考にしてみてくださいね。

インサイトの新着中古車情報

インサイトの中古車を探す
上記ボタンより在庫情報を見ることができます
まずは移動先のフォームでお近くの都道府県を選択してください

(2)価格の安さを重視してインサイト中古車を買いたい方:中期型(2011年式)の中古車がおすすめ

価格の安さを重視してインサイト中古車を買いたい方

インサイトの中古車の中でも価格の安さを重視してインサイト中古車に乗りたいという方は、中期型(2011年式)の中古車がおすすめです。

モデルとしては後期型と中期型に違いはありませんので、安さを重視してインサイト中古車を買いたい方はこちらの中期型が良いでしょう。

この条件であれば、中古車本体価格にして60万円前後でインサイト中古車が手に入ります。

さらに安さを重視したい方は、「(3)激安のインサイト中古車を買いたい方:前期型(2009〜2010年式)の中古車がおすすめ」へ進むことをおすすめします。

この条件のインサイト中古車の注意点:HVバッテリーの劣化

インサイトの中古車を選ぶ際は、HVバッテリーの状態に気をつけましょう。

ガソリン車とハイブリッド車では、バッテリーの役割が異なります。 ガソリン車に搭載されているバッテリーは、エンジンを付ける役割を担っています。一方、ハイブリッド車のHVバッテリーは、モーターを回転させる役割を担っています。

インサイトのようなハイブリッド車に搭載されているモーターは、バッテリーから電力を供給して動いています。HVバッテリーが劣化してしまうと、結果的に走行できない状態になってしまいます。

新品に交換となれば、工賃に30万〜50万円ほど掛かってしまいます。

HVバッテリーの寿命の目安は、25万キロといわれており、実質上一般的な走行距離を超えているため交換不要なのですが、走行距離が極端に長い・短い中古車は要注意です。

詳しくは、下記のポイント2「極端に長い・短い走行距離は避けるべき」をご覧ください。

ポイント(1)修復歴のない中古車を選ぶこと

インサイトの中古車を選ぶときは、修復歴のある車を避けましょう。修復歴のある車とは、車の骨格部分を交換、または修復したことがある車です。事故車とも呼ばれます。

車の骨格部分に損傷があったという事は、車の剛性・直進性能・ブレーキ等に影響がある可能性もあります。つまり、いつ故障してもおかしくないリスクを抱えているということです。そのため、修復歴車を選ぶのはおすすめできません。

修復歴について「中古車の修復歴のリスクと安全な中古車を見分けるポイント」の記事で細かくお話ししていますので、ご覧ください。

ポイント(2)極端に長い・短い走行距離は避けるべき

インサイトの中古車を選ぶときは、走行距離が極端に長い、もしくは短い中古車を避けましょう。

走行距離は短い方が良い状態だと思いがちですが、極端に短いものは長い間運転されていなかった可能性があります。車を運転せず放置してしまうと、消耗部品やオイルまわりのパーツのトラブルに繋がります。

また、走行距離が長い場合も同様に消耗部品や車体本体によくありません。

消耗距離が極端に長い・短い中古車を安く買ったとしても、修理費用が掛かることで結局は高くついてしまったケースは少なくありません。

走行距離が極端に長い、もしくは短い中古車を選ぶのは避けましょう。

中期型(2011年式)のインサイト中古車相場

上記の条件「中期型(2011年式)・修復歴なし・走行距離3~7万キロ」に当て嵌まるインサイト中古車の相場はどのようになっているかを主要な中古車検索サイトで調査しました。

中古車検索サイト 中古車相場 台数
カーセンサー 49.8~135.9万円 46台
グーネット 49.8~99.9万円 29台
ナビクルcar ※グーネットと同じ ※グーネットと同じ
車選び.com 59.8~129.7万円 10台
ガリバー 75万円 1台
  • ※2017年2月の全国中古車情報を調査
    ※2011年式・走行距離3~7万キロ・修復歴なしに限定

120〜140万円の高価格中古車は、走行距離が3万キロほどと短いことに加え、グレードが最上級のXL インターナビセレクトなので、価格が高くなっているようです。

上記を除くと、この条件のインサイト中古車相場は50~100万円ほどといえます。

筆者が見たところ、最安値である49.8万円のインサイト中古車でも問題なく乗れると思いますが、グレードや走行距離に希望があるのであれば、70〜80万円ほどの予算を考えておくと良いでしょう。

ナビクルcarでもこの条件のインサイト中古車在庫を掲載しています。

最新の中古車相場、全国の中古車台数もすぐにわかるので、購入の際の参考にしてみてくださいね。

インサイトの新着中古車情報

インサイトの中古車を探す
上記ボタンより在庫情報を見ることができます
まずは移動先のフォームでお近くの都道府県を選択してください

(3)激安のインサイト中古車を買いたい方:前期型(2009〜2010年式)の中古車がおすすめ

激安のインサイト中古車に乗りたいという方は、前期型(2009〜2010年式)の中古車がおすすめです。

この条件であれば、中古車本体価格にして40万円前後でインサイトの中古車が手に入ります。

前期型(2009〜2010年式)でも走行機能に問題がなく、見た目も古くない

前期型のインサイトが生産されてから8年近く経過しているため、「8年落ちの中古車はちょっと…」と思われるかもしれません。しかし、8年落ちの中古車でも問題なく走ります。

筆者は10年落ちの中古車を幾度となく運転していますが、トラブルが発生したことはありません。

見た目に関しては、インサイト最新モデルと比較すると古臭さが多少あるものの気にならない範囲です。ただし、この場合、経年相応の汚れや傷があると考えた方が良いでしょう。

中には、前オーナーが定期的にメンテナンスしてとても良い状態のインサイトもありますが、やはり8年近く乗られているとどうしても汚れや傷がついてしまいます。

見た目を受け入れられない場合、「新しいインサイト中古車にお得に乗りたい方:後期型(2012~2013年式)の中古車がおすすめ」へ進むことをおすすめします。

この条件のインサイト中古車の注意点:HVバッテリーの劣化

この条件の中古車も、HVバッテリーの劣化に注意してください。

ポイント(1)修復歴のない中古車を選ぶこと

インサイト中古車を選ぶ際は、修復歴のある中古車は避けましょう。

修復歴のある車とは、車の骨格部分を交換、または修復したことがある車です。事故車とも呼ばれます。車の骨格部分に損傷があったということは、車の剛性・直進性能・ブレーキ等に影響がある可能性もあります。

要は、いつ故障してもおかしくないリスクを抱えているということです。そのため、修復歴車を選ぶことはおすすめできません。

修復歴について「中古車の修復歴のリスクと安全な中古車を見分けるポイント」の記事で細かくお話ししていますので、ご覧ください。

ポイント(2)極端に長い・短い走行距離は避けるべき

インサイトの中古車を選ぶときは、走行距離が極端に長い、もしくは短い中古車を避けましょう。走行距離は短い方が良い状態だと思いがちですが、極端に短いものは長い間運転されていなかった可能性があります。

車を運転せず放置してしまうと、消耗部品やオイルまわりのパーツのトラブルに繋がります。

また、走行距離が長い場合も同様に消耗部品や車体本体によくありません。

消耗距離が極端に長い・短い中古車を安く買ったとしても、修理費用が掛かることで結局は高くついてしまったケースは少なくありません。

走行距離が極端に長い、もしくは短い中古車を選ぶのは避けましょう。

前期型(2009〜2010年式)のインサイト中古車相場

「前期型(2009〜2010年式)・修復歴なし・走行距離3~7万キロ」の条件に当てはまるインサイト中古車の相場はどのようになっているか、主要な中古車検索サイトで調査しました。

中古車検索サイト 中古車相場 台数
カーセンサー 29.8~108万円 368台
グーネット 29.8~108万円 326台
ナビクルcar ※グーネットと同じ ※グーネットと同じ
車選び.com 39~100万円 91台
ガリバー 35~106.8万円 18台
  • ※2017年2月の全国中古車情報を調査
    ※2009~2010年式・走行距離3~7万キロ・修復歴なしに限定

この条件のインサイト中古車相場は30~110万円ほどといえます。

前期型インサイトの新車価格は190〜230万円なので、最高200万円ほど安い値段になっています。激安を求めている方にピッタリな条件ではないでしょうか。

筆者が見たところ、最安値29.8万円のインサイト中古車でも問題なく乗れると思いますが、グレードや走行距離に希望があるのであれば、40〜70万円ほどの予算を考えておくと良いでしょう。

ナビクルcarでもこの条件のインサイト中古車在庫を掲載しています。

最新の中古車相場、全国の中古車台数もすぐにわかるので、購入の際の参考にしてみてくださいね。

インサイトの新着中古車情報

インサイトの中古車を探す
上記ボタンより在庫情報を見ることができます
まずは移動先のフォームでお近くの都道府県を選択してください

筆者おすすめ・インサイト中古車の探し方

それでは、ここまでご紹介したインサイト中古車をスムーズに探す具体的な方法をお伝えします。グーネットで実際に検索してみましょう。

  1. 新しいインサイト中古車にお得に乗りたい方:後期型(2012~2013年式)の中古車がおすすめ
  2. 価格の安さを重視してインサイトを買いたい方:中期型(2011年式)の中古車
  3. 激安のインサイトを買いたい方:前期型(2009〜2010年式)の中古車

基本的な探し方は変わりませんので、合わせてみていきましょう。

サイトにアクセス

グーネットのTOPページにアクセスします。

メーカー選択

メーカー一覧から「ホンダ」を選択します。
グーネットトップ

車種選択

ホンダの車種一覧が表示されますので、「ア行」の「インサイト」をクリックします。チェックボックスにチェックを入れることで、インサイトとフィットなど、複数の車種でも検索できます。

グーネットインサイト中古車地域検索画面

地域選択

エリアを選択します。ここでは「埼玉県」「神奈川県」を選択しました。「チェックした地域で中古車を絞り込む」をクリックします。

グーネットインサイト中古車地域検索画面

該当エリアのインサイト中古車の一覧が表示されました。希望の条件でここから絞り込んでいくことになります。

条件指定

年式・走行距離・修復歴の項目を変更します。

(後期型のインサイト中古車で検索する場合)年式はH24(2012)年〜H25(2013)年・走行距離は5万キロ以下、修復歴はなしに設定します。

(中期型のインサイト中古車で検索する場合)年式はH23(2011)年・走行距離は6万キロ以下、修復歴はなしに設定します。

(前期型のインサイト中古車で検索する場合)年式はH21(2009)年〜H22(2010)年・走行距離は7万キロ以下、修復歴はなしに設定します。

グーネットインサイト中古車条件選択前

該当件数○○件の数字が変わりますので、「この条件で検索」をクリックします。

グーネットでのインサイト中古車の探し方は以上です。以降の章では、実際に中古車を選び、販売店で確認する際の注意点も説明しますのでぜひご覧ください。

筆者おすすめ・インサイト中古車のまとめ

ここまでご紹介した筆者おすすめのインサイト中古車条件について、再度一覧にまとめたものを掲載します。

インサイトのおすすめ中古車情報

こちらを参考に、ぜひあなたの理想通りのインサイト中古車を見つけてください。

6.良質なインサイト中古車を見抜くために!中古車選びで成功するための必須知識

ここまで、筆者おすすめのインサイト中古車の条件・探し方をお伝えしました。

最後に、リスクを避けて安全な中古車を選ぶために知っておきたい注意点をご紹介します。

修復歴車以外の故障車・リスクのあるインサイト中古車の見分け方

上記でお話しした修復歴車の他にも、中古車には水没車のリスクを抱える車が存在します。

水没車のリスク

インサイト中古車を選ぶときは、水没車のリスクを抱える車を避けましょう。

水没車は、修復歴車の対象にならない故障にあたります。つまり、修復歴なしと書かれていても水没車である可能性があります。水没車は電装系統がダメージを受けている可能性が高く、時間の経過とともに故障が進行していきます。

車購入後、トラブルが発生し、修理費用が高く掛かるケースは珍しくありません。確認する方法としては、以下のポイントがあります。

  • 車内の空調が止まっている状態で、中から生乾きのような臭いがする
  • シートベルトを限界まで引っ張ってみると、泥のラインのようなシミがある

上記に当てはまれば、水没車の可能性があります。

例え価格が安くとも、水没車の可能性がある中古車を選ぶのは避けましょう。

まとめ

今回の記事では、理想のインサイト中古車を見つけられるように、筆者おすすめのインサイト中古車条件や中古車相場、具体的な探し方などをお伝えしました。

あなたが希望するインサイトを見つけられたでしょうか。リスクを回避しつつ中古車のメリットを最大限に活かせば、希望価格帯内で質のいいインサイトを見つけることが可能です。

ぜひ今回の内容を参考に、あなたにぴったりのインサイト中古車を見つけてください。

インサイトの中古車を探す
上記ボタンより在庫情報を見ることができます
まずは移動先のフォームでお近くの都道府県を選択してください

インサイトのスペック情報

インサイト
全長
3.94m~4.4m
全高
1.36m~1.44m
全幅
1.7m
CVT 燃費(JC08モード) 22.2km/L~27.2km/L
駆動方式 2WD 排気量 1,000cc~1,500cc
定員 2人~5人 車両重量 930kg~1,485kg
※燃費は現行モデルの情報です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket