最高のジェイドの中古車を購入するための中古車条件と探し方の全情報

ホンダ・ジェイドの中古車購入/おすすめ中古車条件と探し方の全情報
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ホンダ・ジェイドは、日本では2015年から発売が開始された6人乗りコンパクトミニバンです。

これまで大人気を博していたストリームやオデッセイといった車種の後継として位置づけられている車です。

ジェイドはファミリー層を中心に幅広い人気を博していますので「家族が増えたタイミングで、ジェイドを中古車で購入したい」という方も多いのではないでしょうか。

しかし、せっかく中古車で購入するのであれば、「予算内でもっとも状態のいい、お得なジェイドの中古車を選びたい」とは思いませんか。

また、中古車は価格の面ではメリットもあるのですが、中古車市場にはさまざまな年式・条件の中古車が出回っています。

深く考えずに購入すると、故障・不具合のリスクが高い中古車を選んでしまうことにもなりかねません。

今回の記事では

  • 筆者がおすすめするジェイドの中古車条件と具体的な注意点
  • 予算内で、良質・安全な中古車を見つけるためのポイント

をすべてお伝えします。

ぜひ参考にしてください。

ジェイドの魅力とライバル車を解説

ホンダ・ジェイドは、2013年に中国で、2015年からは日本でも販売が開始された6人乗りコンパクトミニバンです。

「2+2+2」というシートレイアウトはストリーム、スタイリングは3~4代目オデッセイと、いずれも一世を風靡したホンダの人気車種のDNAを受け継いでいる車種といっていいでしょう。

また、全高1530ミリとセダン並みの低くスタイリッシュなフォルムもファンを惹きつけています
この項では、ジェイドの魅力とおすすめのポイント、同時に購入を検討する方が多いライバル車と比較した時の利点などを詳しく紹介していきたいと思います。

ジェイドのおすすめポイントと向いているタイプ

ジェイドの魅力を簡単にまとめると以下のポイントになります。

  • セダンを思わせるデザイン性
  • 燃費の良さ
  • 操作性の良さ
  • 多くの立体駐車場に対応

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

おすすめポイント(1)セダンを思わせるデザイン性

ミニバンでありながら、セダンを思わせるシックなデザインが魅力です。また、オデッセイやストリームといった若者に人気だった車種のデザインを引き継ぐ、高いデザイン性を誇っています。

おすすめポイント(2)燃費の良さ

ハイブリット仕様車で25.0km/L、RS(ガソリン車)が18.0km/Lという燃費の良さも魅力です。

おすすめポイント(3)操作性の良さ

カーブでも軽くハンドルが切れる取り回しの良さ、街乗りにピッタリの小回りが効く操作性の良さが特徴です。

3ナンバーサイズの車種でありながら、全高1530ミリの低全高なので、多くの立体駐車場にも難なく停めることができます。

また、これらの点から、ジェイドに向いている人のタイプは、普段から大人数での移動が多いファミリーといえるでしょう。

ジェイドのライバル車はウィッシュ

6人乗りミニバンという独自の路線を行くジェイドですが、同じミニバンという視点で考えた時ライバルになるのはトヨタ・ウィッシュと言えます。

トヨタウィッシュ イメージ画像

以下にそれぞれの強みをまとめました。

  • 燃費の良さで選ぶならジェイド
  • 購入価格を抑えるならウィッシュ

燃費の良さで選ぶならジェイド

燃費を比べてみると、ジェイドのハイブリッド車が25.0km/L、ガソリン車は18.0km/Lです。対して、ウィッシュは2.0Lモデルが14.4km/L、1.8Lモデルが16.0km/Lです。

燃費の良さで比較するとジェイドに軍配が上がります。

購入価格を抑えるならウィッシュ

新車の価格はガソリン車のジェイドRSが253万円、ハイブリッドが272万円~292万円です。ウィッシュの方は190万円台からラインナップしているので、価格面ではウィッシュが優っています

ジェイドに向いている人

毎日車に乗るというヘビーユーザー、またはよくドライブで遠出をする人はジェイドをおすすめします。

ウィッシュに向いている人

平日はほとんど車に乗らず、週末も近距離の移動だけという人にはウィッシュがおすすめです。

ジェイドの中古車相場を解説

ジェイドの魅力が分かったところで、実際の中古車市場はどうなっているかを詳しく見て行きましょう。
主要な中古車情報サイトから2017年1月現在の平均価格、最安値、最高値を割り出しました。

中古車検索サイト 価格帯
カーセンサー 159.9万円~290万円(平均価格:229.9万円)
グーネット 159.9万円~289.9万円(平均価格:186.9万円)
車選び.com 199万円~275万円(平均価格:234万円)
  • ※2017年1月時点の全国中古車情報を調査

最高値は290万円前後ですが、このようなケースは新車同然の未使用車か、高級なカーナビなどが付いたケースがほとんどです。

グーネットの場合、200万円以下のジェイドが多く売り出されていたので例外ですが、実際に購入にかかる予算は、平均価格である230万円前後を考えておくのが妥当でしょう。

これを買えば安心!ジェイドのおすすめ中古車条件を徹底解説

ホンダジェイドイメージ画像

中古車市場で、ジェイドを購入する際の大体の予算が分かったところで、次からは筆者おすすめのジェイド中古車と具体的な探し方を紹介していきます。

まずおすすめのジェイドの条件と、それに向いた人を図にまとめました。

ジェイドのおすすめ中古車情報

自分がどれに当てはまるかを知ることで、より効率良く最適の1台を見つけることができるでしょう。
以下から、すぐに詳細を確認することもできます。

(1)新車同様のジェイドにお得に乗りたいなら:未使用車を選ぶ

新車同然のジェイドに乗りたいといった方も多いと思います。その場合、「新車でのジェイド購入」「未使用車でのジェイド購入」の2つの選択肢があります。

ずばり「ジェイドでは、未使用車を選ぶのがおすすめ」です
理由は中古車市場に未使用車が多く供給されていて、新車同然の未使用車の価格が下がっているからです。

ジェイドの新車は、ハイブリッドタイプが272万円、RSが253万円で売り出されています。

これに対して、2017年1月現在のカーセンサーでのジェイド未使用車の価格は、2016年形式のハイブリッドタイプが229万8000円です。

(2)ジェイド中古車にお得に乗りたい方:ハイブリッドタイプの中古車がおすすめ

ホンダジェイドハイブリッドイメージ画像

ジェイドには、ハイブリッドタイプとガソリン車のRSの2つのタイプがあります。

新車では、ハイブリッドが272万円、RSが253万円で売り出されています。ジェイドは新車市場では圧倒的にハイブリッドの方が売れたため、中古車市場にも十分な供給が行き渡っています。

これに対して、RSはハイブリッドと比べると市場にあまり出回っていないため、未だ価格が崩れていません。

2017年1月現在、カーセンサーで売りに出されているものの最安値は、ハイブリッド、RSともに159万9000円です。価格が同じなら、燃費が段違いで種類も豊富なハイブリッドから選びたいところです。

この条件のジェイド中古車の注意点:保証内容

ジェイドハイブリッドの中古車を購入するうえで、十分注意しておきたいのが保証内容です。ハイブリッド特有のシステム部分の故障は、ガソリン車とは比べものにならないほど高額になってしまうケースがあるからです

一度に40万円もの修理費を取られてしまったということも決して珍しいことではありません。中古車販売店を見る際に、どのレベルまでの故障に対応してくれるか、保証内容を確かめておくのが肝要です。

保証が充実している販売店とそうではない販売店で、たとえば価格に10万円の開きがあったとしても、保証が充実している販売店で購入することをおすすめします。

ポイント(1)修復歴のない中古車を選ぶこと

中古車を購入する上で、最初に気に留めておきたいポイントは修復歴の有無です。修復歴とは、車の骨格であるフレーム部分に損傷や修理歴がある中古車のことで、一般的に事故車といわれることもあります。

このような状態のものは、購入時点では不具合がなくても、突発的なトラブルが起こるリスクが飛躍的に高くなります

また、購入時には修復歴ありということで多少安くなっていると思いますが、後々の修理費がかさむことが考えられます。何より、自動車に求められる安全性を犠牲にするべきではありません。

ポイント(2)極端に長い・短い走行距離は避けるべき

中古車情報サイトを眺めていると、走行距離が数キロのものから数十万キロに及ぶものまで、さまざまあることに気づきます。

この中でおすすめは、走行距離数万キロから10万キロ以下のものです。極端に長いもの、逆に不自然に短いものは避けたほうがよいでしょう。

走行距離が長いものは、部品や車体本体の経年劣化によりトラブルが起きやすく、避けたほうがよいというのはもはや常識ですが、極端に走行距離が短い場合も注意したいところです。

年式がある程度経っているのに、走行距離が短すぎる場合、長い間運転されず放置されていたということが考えられます。このようなケースは、消耗部分が劣化していることやオイル周りのパーツにトラブルが出現する可能性が往々にしてあります。

ハイブリッドタイプのジェイド中古車相場

このタイプのジェイド中古車市場について主要な中古車情報サイトで調査してみました。

中古車検索サイト 中古車相場 中古車台数
カーセンサー 169万円~290万円 244台
グーネット 159.9万円~284万円 229台
車選び.com 199.8万円~275.9万円 45台
  • ※2017年1月時点での全国中古車情報を各中古車検索サイトで調査

ジェイドは2015年からの発売なので、市場に出回っているものすべてが最新モデルです。
最新モデルが、新車定価から100万円以上安い価格で購入することができます。

筆者おすすめ・ジェイド中古車の探し方

ここまでジェイド中古車について詳しく見てきましたが、ここからは実際にスムーズに探す方法を紹介していきます。

ジェイド中古車の検索には、2017年1月現在で中古車台数が最も多いカーセンサーを使用します。

1.サイトにアクセス

グーネットのTOPページにアクセスします。

2.メーカー選択

メーカー一覧から「ホンダ」を選択します。

グーネット検索TOP

3.車種選択

ホンダの車種一覧が表示されますので、「サ行」の「ジェイド」をクリックします。

グーネットジェイド中古車車種検索画面

4.地域選択

地域を選択します。ここでは「東京」を選択しました。「チェックした地域の中古車を検索する」をクリックします。

グーネットジェイド中古車地域選択画面

該当エリアのジェイド中古車の一覧が表示されました。

グーネットジェイド中古車一覧画面

希望の条件でここから絞り込んでいくことになります。

5.条件指定

年式・走行距離・修復歴の項目を変更します。○○台検索するという台数が変わりますので、クリックします。

グーネットジェイド中古車条件指定画面

カーセンサーを使ってのジェイド中古車探しの手順は以上です。

次からは、実際に販売店に行き、ジェイド中古車を確認する際に必要な知識や注意点を紹介しますので、ぜひご覧ください。

筆者おすすめ・ジェイド中古車のまとめ

これまで紹介した筆者がおすすめするジェイド中古車条件について、図にまとめたものを再度掲載します。

ジェイドのおすすめ中古車情報

ジェイド中古車を見抜くために!中古車選びで成功するための必須知識

先ほど、修復歴のある中古車はやめたほうが賢明と紹介しましたが、修復歴以外にも中古車販売店に行ってからチェックできるリスク回避の方法を紹介します。

修復歴以外の故障車・リスクのあるジェイドの見分け方

販売店で初めて分かるリスク、それは水没車です。

水没被害の車は、修復歴に記載されません。つまり「修復歴なし」になっていても、実は水没車だったという可能性も考えられるわけです

水没は車に大きなダメージを与えます。その被害は主に電気系統に多く、購入後、それが原因となってさまざまなトラブルが発生します。

簡単に水没車を見分ける方法は、以下の2点になります。

  • 空調が止まっている状態の車内から雑巾のような臭いがする
  • シートベルトを限界まで引っ張ると泥のしみがある

上記のような状態の中古車は水没車である可能性が極めて高いです。

復習(1)修復歴のない中古車を選ぶこと

中古車を購入する上で、気に留めておきたいポイントは修復歴の有無です。

このような状態のものは、購入時点では不具合がなくても、突発的なトラブルが起こるリスクが飛躍的に高くなります。購入時には修復歴がありということで、安く売られていることも多いですが、手は出さないことが賢明です。

復習(2)極端に長い・短い走行距離は避けるべき

おすすめは、走行距離数万キロから10万キロ以下のものです。極端に長いものや逆に不自然に短いものは避けましょう。

走行距離が長いものは部品や車体本体の経年劣化によりトラブルが起きやすく、避けた方がよいというのはもはや常識ですが、極端に走行距離が短い場合も注意したいところです。

消耗部分が劣化していることやオイル周りのパーツにトラブルが出現する可能性が往々にしてあります。

まとめ

今回の記事では、ジェイドの特性や魅力に触れつつ、筆者おすすめのジェイド中古車と具体的な探し方を紹介してきました。

新車ではなかなか手が出せないジェイドも、中古車市場をうまく活用すればオトクな価格で理想の1台を手に入れることがわかったと思います。また、中古車ならではの故障車や危険な車を見分けるポイントも記載しましたので、購入の前にチェックすることを再度おすすめします。

ぜひ、この記事を参考にして、あなたにぴったりのジェイド中古車を探してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで最新情報をチェック