pagetop

ミライースの中古車購入/おすすめ中古車条件と探し方の全情報

ミライースの中古車購入/おすすめ中古車条件と探し方の全情報

ダイハツ・ミライースは、「ミラ」をベースにした5ドアハッチバックタイプの軽自動車です。

ミライースは2011年に発売されてから約6年が経っているため、中古車市場にはお買い得な車両も増えてきています。

ミライースを購入を検討している方は「予算内で最も良好なミライース中古車を見つけたい」と思ってはいないでしょうか。

中古車はその特性から、1台1台車両の状態が異なります。

ですが、今回の記事を読んでいただくことで、以下の2つを叶える中古車選びができます。

  • 予算内かつあなたに最も合ったミライースの中古車条件がわかる
  • 故障リスクのある中古車を避けて、安全・良質な車を選ぶことができる

今回は、筆者がおすすめするミライースの中古車条件や予算内での中古車の探し方など、全てをお伝えします。

読んでいただいた後で、あなたが欲しいと思っているミライースをすぐ探せるような記事になっているので、ぜひ最後までご覧ください。

ミライースの魅力とライバル車を解説

この章では、ミライースの魅力やライバル車について解説します。

「ミライースだけでなく、他の車種も検討している」という方は特に、ミライースの特徴やメリット、ライバル車の存在をまず知っておきましょう。

すぐにおすすめの中古車を知りたいという方は、「これを買えば安心!ミライースのおすすめ中古車条件を徹底解説」から先へ進んでください。

ミライースは、2011年9月の発売以降モデルチェンジをしていないため、初代モデルの前・中期型と後期型に大別できます。

前・中期型と後期型の違いは、以下のような点です。

ミライース:前・中期型と後期型の違い

  • 一部のグレードに衝突回避支援システムを導入することにより安全性能が向上
  • 「ファン&リラックスドライブコンセプト」の採用で乗り心地や静粛性が向上
  • エクステリア・インテリアのデザインを一部変更
  • ボディカラーを一部グレードを除くすべてを変更
  • 「e-Sテクノロジー」の進化による低燃費(JC08モードで35.2km/L)・高走行性能の両立
  • 安全装備が充実したスマートアシスト搭載グレードの追加

ミライースならではの魅力やおすすめする方のタイプ、ライバル車をこれから比較していきます。

それらを見て「自分に合っている」と思えたら、ぜひミライースを第一候補として中古車を探してみてください。

ミライースのおすすめポイントと向いているタイプ

ミライースのおすすめポイントを簡単にまとめると、以下のようになります。

  • ガソリン車の中でもトップクラスの燃費性能
  • 車両が小さい
  • 小回りも利いて取り回しが楽
  • ハイブリッド車よりもエコ

ハイブリッド車は製造時や廃棄時にガソリン車より多くの資源やコストを必要とします。

しかし、ミライースはガソリン車である上、ボディも小さいので、資源や廃棄コストを多く必要としません。

これらの点から考えると、ミライースに向いているタイプは、

  • 軽自動車で税金を安く抑えたいという人
  • 走りもエコも両立した車が欲しい人
  • 街乗りの利用が多い人
  • 本体代金を安く抑えたい人
  • セカンドカーとして小さい車が欲しいという人

という方と考えられます。

この5つのタイプに該当する方は、ミライースをおすすめできる方と言えるでしょう。

ミライースのライバル車はスズキ・アルト

スズキ・アルト

ミライースのライバル車としてよく比較されるのはスズキ・アルトです。

ミライースとアルトは、良きライバル関係と言えます。

ミライースの発売が2011年で後期型は2013年から発売されているのに対して、アルトの新型モデルの発売は2014年ということもあり、アルトの方がデザインは新しいと言えます。

そして、車重が80kg程度軽いので、加速性能などは若干アルトが上回っています。しかし、ボディサイズ・ハンドリング・燃費性能・装備ではほとんど変わりはありません。

ところが、ミライースの方が車体価格は圧倒的に安いのです。

ミライースの新車価格が76万円~135万円であるのに対して、アルトは84万円~140万円となっています。

性能はほとんど変わらない上で

  • 新車価格はミライースの方が安いこと
  • 中古車の流通数も豊富であること
  • といった理由から、筆者としてはミライースをおすすめします。

    ミライースの中古車相場を解説

    この章では、それぞれの目的に応じたモデル別のミライース中古車相場を述べていきます。

    まずは、どのぐらいの価格帯でミライースが販売されているのかを見ていきたいと思います。

    中古車検索サイト 中古車平均価格 中古車相場
    カーセンサー 74.5万円 12.8万円~123.0万円
    グーネット 83.7万円 12.8万円~127.0万円
    車選び.com 73.5万円 12.8万円~119.8万円
    ナビクル 75.2万円 13.8万円~127.0万円
    価格.com 12.0万円~123.0万円
    • ※2017年1月時点での中古車情報

    120万円を超えるような個体は35周年限定+最上級Gfグレード+SA(スマートアシスト)の未使用車などで、筆者おすすめのL SAであれば、70万円以下の個体も多く存在しています。

    4WDが良いという人には、数は少なめですがLf SAやGf SAも選ぶ価値が高いでしょう。

    • ※スマートアシスト…ダイハツが開発した安全システムのことです。

    これを買えば安心!ミライースのおすすめ中古車条件を徹底解説

    ミライースのおすすめ中古車

    ミライースを購入するにあたって、あなたはどのような希望を持っているでしょうか。今回は、以下の2つの軸で、おすすめのミライースをご紹介します。

    • 新しいミライースにお得に乗りたい
    • 価格の安さを重視してミライースを買いたい

    結論からいうと、

    • 前者の場合は初代モデル中期型・後期型(2012年式~2017年式)
    • 後者の場合は初代モデル初期型(2011年式~2012年式)

    がおすすめです。

    ただ、初代モデル後期型の場合は、2代目ミライースが2017年中に発売される予定なので、もし購入時期に余裕がある方は、新型の発売を待ってからの方がよりお得に購入できるでしょう。

    フルモデルチェンジが起こると、先代扱いになった今の現行モデルが中古車市場に流れ、価格が下がる傾向があるためです。

    おすすめの中古車条件は、以下からすぐに詳細を知ることもできます。

    一目であなたに合ったミライースが分かるように、おすすめの中古車条件を図にまとめてみました。
    ぜひ参考にしてください。

    ミライースのおすすめ中古車条件

    新車同然のミライースに乗りたい方へ:ミライースの未使用車がおすすめ

    中には、限りなく新車に近い状態のミライースの購入したいという方もいることでしょう。

    その場合は、未使用車と新車という選択肢があります。

    最初に結論を言うと、その2点どちらかであれば未使用車の購入をおすすめします。おすすめの理由として、以下の点が挙げられます。

    • 未使用車の方が本体価格が新車より安くなっている
    • 販売店保証が付いていれば新車と変わらないアフターサービスを受けられる
    • モデル末期のため、未使用車の流通数が豊富である
    • そもそも新車を購入するならもうじき発表のフルモデルチェンジを待つのがおすすめ
    • 自動車重量税が必要にならず、取得税も減額される
    • すでに登録済みの車両現物があるため、納期が早い

    グレード別のお話をすると、筆者おすすめのミライースL SAでは新車時の車体本体価格は96万円となります。

    最高値引き額はモデル末期であっても5万円~10万円のようなので、86万円~91万円は必要となります。

    しかし、未使用車であれば80万円以下の個体も多く存在している上に、販売店保証もきちんとついています

    これらの理由から、全く新しいミライースに乗りたい場合は未使用車の購入がおすすめです。

    (1)新しいミライース中古車にお得に乗りたい方:初代モデル中期型・後期型の中古車がおすすめ

    中古車の中でも、なるべく新しいミライースに乗りたいという方は、初代モデル中期型・後期型(2013年~2017年)がおすすめです。

    初代:中期型・後期型のミライースをおすすめする理由としては、以下の4点が挙げられます。

    • 中期型なら新車登録から4年~5年が経過しているから、中古車価格としての購入するメリットがある
    • 後期型であればモデルチェンジを控えているため個体が豊富に揃う
    • 初期型とは違って故障リスクなどは改善されている
    • スマートアシスト搭載グレードがある

    後期型だと高年式だから高いのでは?と思われるかもしれませんが、ミライースの場合は元々の車体価格自体が安いですし、未使用車も含めてお買い得な個体も多くなっています。

    筆者としては、安全装備が充実しているスマートアシストが搭載されている方が買い得なので、そちらをおすすめします。

    ただ、後期型でも5万km程度を走行している個体は、走行距離の割に車体価格が高いため、あまりおすすめしません。

    この条件のミライースの注意点:バッテリーが上がりやすく警告灯が点灯することもある

    初代モデルの中期・後期型を購入するにあたって、注意すべき点がいくつかあります。

    現車確認の際にはこういった点をよく見ておくと、購入後にいきなりトラブルという事態は防げるのです。

    ミライース中古車で起こりうる、主なトラブルは以下のようなものです。

    1. バッテリーが上がりやすい
    2. CVT異常警告灯が点灯する

    などがよく報告されています。

    現車確認時は、この2つのポイントを忘れずにチェックすることをおすすめします。

    ポイント(1)修復歴のない中古車を選ぶこと

    中古車を選ぶ上で重要なポイントのひとつに、修復歴のない中古車を選ぶことが挙げられます。

    修復歴のある車というのは、昔であれば「事故車」と呼ばれていて、車の骨格(フレーム)に損傷や修理歴のある中古車を指します。

    修復歴のある車は、確かにかなり格安に購入することが可能ですが、車の重要な部分が損傷していた場合、安全性や走行性に問題が生じてしまいます。

    もちろん、損傷した状態は軽微から重大なものまで様々です。

    しかし、カーオークションのようなプロたちが活躍する現場であっても、修復歴が故障につながるかを正しく見抜くのは至難の業なのです。

    一般の方であれば、それがいかに難しいかが分かると思います。

    そういったリスクを背負ってまで、修復歴のある車を選ぶべきではない、というのが筆者の見解です。

    ポイント(2)極端に長い・短い走行距離は避けるべき

    中古車を選ぶ時、「走行距離」は判断材料として外せません。

    走行距離の平均は1年で5,000km~1万kmと言われているため、2013年~2014年の中期型であれば2万km~5万km程度、2015年~2017年モデルであれば未使用~3万km程度のものを選ぶと良いでしょう。

    確かに、走行距離が短いというのは理想的ではあるのですが、それが乗らずに放置されていたから、という可能性もあります。

    車は定期的に動かすことでコンディションを維持できるので、極端に走行距離が短い場合はメンテナンス状態などを確認しましょう。2016年式後期であれば未使用車でも特に問題はないでしょう。

    逆に、走行距離が極端に多い車両の場合、消耗品や交換品なども発生しますし、故障のリスクも増えるので、できれば避けておきたいところです。

    中期型・後期型(2013年~2017年)のミライース中古車相場

    この条件でのミライースの中古車相場を中古車検索サイトで調査しました。中古車相場は以下のようになっています。

    中古車検索サイト 中古車相場 対象台数
    カーセンサー 49.8万円~123.0万円 1,830台
    グーネット 45.0万円~127.0万円 2,761台
    ナビクル 45.0万円~127.0万円 2,906台
    • 年式は2013年~2017年式、走行距離は下限なし~4万km、修復歴なしで検索
    • 2017年1月時点での中古車情報

    先述の筆者おすすめグレードであるL SAは走行距離3万km程度でも50万円~ですし、数は少ないですが4WDモデルのLf SAでも3万km程度で70万円~となっています。

    ナビクルcarでもこの条件の中古車在庫を掲載しています。また、最新の中古車相場や全国の中古車台数もわかるためぜひ参考にしてください。

    以下のピックアップした中古車で気になったものがあれば問い合わせてみましょう。もちろん、中古車一覧をご覧いただいて探すこともできます。

    ミライースの中古車情報

    2017-05-29 20:20:02更新

    • 中古車平均価格:79.8万円
    • 現在の在庫台数:2,225
    • 価格:39.8〜128.0万円

    PICK
    UP

    971017032600801468001

    ダイハツ

    ミライース

    中古車本体価格

    78.3万円

    支払総額

    87.7万円

    年式

    2016年式

    走行距離

    0.8万km

    排気

    660cc

    都道府県

    福岡県

    この車両の詳細を見る

    (2)価格の安さを重視してミライース中古車を買いたい方:初代モデル初期型の中古車がおすすめ

    • とにかく予算重視の30万円台でミライースを手に入れたい
    • 中古車の魅力は価格が安いことだから、どうせならなるべく安い価格で購入したい

    という方には、初代モデル前期型のミライースがおすすめです。

    年式としては2011年式~2012年式となります。中古車本体価格で言うと30万円台から購入することが可能です。

    ちなみに、最も古い2011年式の購入を考えた場合は6年落ちとなるので気になる方も多いかもしれませんが、最近の車はメンテナンスさえ怠らなければ、たとえ10年落ちの車でも特に走行面や機能面に問題ないと言えます。

    このミライース初代モデル前期型を購入するにあたって注意するポイントは、以下のようになっています。

    この条件のミライース中古車の注意点:初期型ならではの不具合に注意

    この条件のミライースの注意点は、初期モデルならではの不具合がありえることです。

    ここでは、初期モデルに特有の不具合についてご説明します。事前に不具合を知っておくことで、リスクのある個体を避けることが出来るからです。

    ミライースの場合、

    • アイドリングストップ機能の不具合により必要のない時にエンジンが停止
    • CVT(無段変速機)不良によって走行中異音が発生
    • EGR(廃棄再循環装置)バルブより異音が発生

    などが事例としてあります。

    走行距離が少ない車両では、これらの不具合が出現しておらず、整備されていない可能性があります。

    また、整備記録があるのであれば、これらが整備されているのかを確認した方がよいでしょう。

    ちなみに、こういったリスクを確実に避けたい場合は、上記でご紹介している中期・後期型を選ぶか保証付き車両の購入、認定中古車の購入がおすすめです。

    ポイント(1)修復歴のない中古車を選ぶこと

    中古車を選ぶ上で重要なポイントのひとつに、修復歴のない中古車を選ぶことが挙げられます。

    修復歴のある車というのは、昔であれば「事故車」と呼ばれていて、車の骨格(フレーム)に損傷や修理歴のある中古車を指します。

    修復歴のある車は、確かにかなり格安に購入することが可能ですが、車の重要な部分が損傷していた場合、安全性や走行性に問題が生じてしまいます。

    もちろん、損傷した状態は軽微から重大なものまで様々です。

    しかし、カーオークションのようなプロたちが活躍する現場であっても、修復歴が故障につながるかを正しく見抜くのは至難の業なのです。

    一般の方であれば、それがいかに難しいかが分かると思います。

    そういったリスクを背負ってまで、修復歴のある車を選ぶべきではない、というのが筆者の見解です。

    ポイント(2)極端に長い・短い走行距離は避けるべき

    2011年式ともなると、個体によって走行距離もバラバラだと言えます。

    走行距離の目安は1年で5,000km~1万kmと言われていますから、走行距離が3万km~6万km程度の個体を選ぶのが理想的です。

    確かに、走行距離が短いというのは理想的ではあるのですが、乗らずに放置されていた可能性もあります。

    たとえば、2011年式で6年落ちなのに走行距離が1万km以内などの場合が該当します。

    車は定期的に動かすことでコンディションを維持できるので、極端に走行距離が短い場合はメンテナンス状態などを確認しましょう。

    逆に、走行距離が極端に多い車両の場合、消耗品や交換品なども発生しますし、故障のリスクも増えるので、できれば避けておきたいところです。

    初期型(2011年式~2012年式)のミライース中古車相場

    この条件でのミライースの中古車相場を中古車検索サイトで調査しました。

    実際の中古車相場をみてみると、この条件であれば30万円台から購入することが可能となることが分かります。

    中古車検索サイト 中古車相場 対象台数
    カーセンサー 38.8万円~92.0万円 351台
    グーネット 33.8万円~99.9万円 396台
    ナビクル 33.8万円~99.9万円 400台
    • ※年式は2011年~2012年式、走行距離は3万km~6万km、修復歴なしで検索
    • ※2017年1月時点での中古車情報を調査

    グレードについてお伝えすると、筆者のおすすめはスタンダードモデルのLグレードです。

    Lであれば必要最低限の装備はついているので不備は感じませんし、最低30万円台からの購入が可能で50万円程の予算なら市場に多くの中古車が流通しているからです。

    ナビクルcarでもこの条件の中古車在庫を掲載しています。また、最新の中古車相場や全国の中古車台数もわかるためぜひ参考にしてください。

    以下のピックアップした中古車で気になったものがあれば問い合わせてみましょう。もちろん、中古車一覧をご覧いただいて探すこともできます。

    ミライースの中古車情報

    2017-05-29 20:20:02更新

    • 中古車平均価格:59.1万円
    • 現在の在庫台数:627
    • 価格:28.8〜97.0万円

    PICK
    UP

    971017032000703308001

    ダイハツ

    ミライース

    中古車本体価格

    58.0万円

    支払総額

    67.0万円

    年式

    2012年式

    走行距離

    3.8万km

    排気

    660cc

    都道府県

    奈良県

    この車両の詳細を見る

    筆者おすすめ・ミライース中古車の探し方

    それでは、ここまでご紹介したミライース中古車をスムーズに探す具体的な方法をお伝えします。グーネットで、実際に探してみましょう。

    • (1)新しいミライース中古車にお得に乗りたい方:フルモデルチェンジを控えているため流通台数が豊富な初代モデル中期型・後期型(2013年式~2017年式)
    • (2)価格の安さを重視してミライース中古車を買いたい方:初代モデル前期型の中古車(2011年式~2012年式)

    どちらでも、基本的な探し方は変わりませんので、併せて見ていきましょう。

    1.サイトにアクセス

    グーネットのTOPページにアクセスします。

    2.メーカー選択

    メーカー一覧から「ダイハツ」を選択します。

    グーネット検索TOP

    3.車種選択

    ダイハツの車種一覧が表示されるので、「マ行」のミライース選択してチェックボックスにチェックを入れます。複数チェックすることも可能です。

    中古車グーネット車種検索画面

    4.地域選択

    次にエリアを選択します。「チェックした地域の中古車を検索する」をクリックします。こちらも複数チェックすることが可能となります。

    中古車グーネット車種検索

    5.条件指定

    年式・走行距離の項目を変更して修復歴なしにチェックを入れます。

    中古車グーネット条件指定画面

    • 新しいミライース中古車(初代モデル中期・後期型)を検索する場合:年式が2013年~2017年、走行距離は指定なし~4万km、修復歴なしにチェックを入れます。
    • 価格の安さを重視してミライース中古車(初代モデル前期型)を検索する場合:年式が2011年~2012年、走行距離は3km~6万km、修復歴なしにチェックを入れます。

    〇〇台検索するという部分が変化したら、そこをクリックすると検索が開始されます。グーネットでのミライースの検索の仕方は以上になります。

    以下の章では、実際にミライースを販売店で確認する際に避けた方が良い車両の見分け方や理由を説明していきます。

    筆者おすすめ・ミライース中古車のまとめ

    ここまで紹介した筆者のおすすめミライースについて、一覧にまとめたものを改めて掲載しますので、改めて確認してみてください。

    ミライースのおすすめ中古車条件

    良質なミライース中古車を見抜くために!中古車選びで成功するための必須知識

    最後に、実際に問い合わせ、現車確認の段階で、故障や問題のリスクのある車両を避けるためのポイントを述べていきます。

    修復歴車以外の故障車・リスクのあるミライース中古車の見分け方

    先述の修復歴のある車やミライース特有の不具合などが見られる中古車以外にも、以下のようなリスクが存在します。

    水没車のリスク

    実は、修復歴の対象にならない故障というものが存在しています。それは水没車のことで、修復歴に含まれないことから修復歴なしとされてしまいます。

    この水没車は主に電気系統にダメージを受けることが多く、時間の経過と共に修理が必要となることが多いようです。

    最悪の場合、修理が続いて、最終的にはグレードの高い中古車価格に迫るほど費用がかさんでしまうケースもあるようです。

    水没車の可能性をチェックするポイント

    水没車であるかどうかをチェックする目安は、以下を参考にしてください。

    • 車内、車体の下、エンジンルームに錆がないか
    • 説明書や整備記録などの書類に濡れた形跡がないか
    • 車内に泥の匂いなどの異臭や汚れはないか

    また、ミライース中古車を店舗で安全に購入するためのポイントとして、「中古車を購入する前にチェックするポイントを紹介」の記事もぜひ参考にしてみて下さい。

    先述の修復歴車の見抜き方と併せて参考にしていただければ、リスクのある中古車を選んでしまう可能性を最低限にできると考えています。

    まとめ

    いかがでしたか。

    今回の記事では、あなたにぴったりのお買い得なミライースを探し出せるように、筆者がおすすめする中古車条件や検索方法まですべてをお伝えしました。

    中古車選びで最も重要なことは、まず自分自身に合った条件を見つけることです。中古車の魅力を最大限に活かすことができれば、きっと末永く乗れる1台を探し出すことができると思います。

    ぜひ今回の内容を参考にして、理想のミライースを手に入れてください。

    ミライースの新着中古車情報


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで最新情報をチェック