pagetop

ミラの中古車を購入する際の必須情報とおすすめ中古車条件を詳細解説

mira-usedcar-ec

ダイハツ・ミラは、軽自動車に力を入れるダイハツの代名詞的な軽自動車です。

その歴史は古く、初代の発売が1980年と30年をゆうに超える長い間、多くのドライバーから愛されてきたロングセラーブランドです。省燃費、低価格路線が広く受け入れられていて、現在でも日本国内で広く愛されている車のひとつです。

軽自動車のなかでも低価格なミラですが、この記事を読んでいるあなたは、「より安く、より質の良いミラを買いたい」と思っていたり「ミラの中古車はいくらくらいするのだろう」と思われているかもしれません。

また「予算内でミラの中古車を買うことができるのだろうか」と考えている人も多いのではないでしょうか。この記事ではミラの中古車市場を徹底的に調査、分析し、一人ひとりにぴったりのミラ中古車の条件を紹介しています。

また、知らないと確実に損をする上質なミラ中古車の見分け方も詳細に説明しています。

必ずあなたのミラ中古車選びの役に立ちますので、ぜひ最後まで読んでください。

  • ※記事中の車種画像は直近モデルのものです。

ミラの魅力とライバル車を解説

ミラは、軽自動車の開発に力を入れるダイハツを代表するブランドです。その低価格・低燃費路線が多くの人から支持を集め、日本を代表する軽自動車の地位を確立しています。

ここでは、ミラの魅力やおすすめポイント、どんな人がミラに向いているのかを解説していきます。同時購入を検討するであろうライバル車との比較もしていきます。

ミラのおすすめポイントと向いているタイプ

ミラのおすすめポイントは数多くありますが、大きく分けると以下のポイントになります。

  • 新車でも80万円台で購入できる低価格
  • 最小回転半径4.2メートルの小回りの良さ
  • 高い安全性能

それでは、次から一つずつ詳しく見ていきましょう。

新車でも80万円台で購入できる低価格

新車でも80万円台から購入することができる点がミラの最大の魅力です。基本的に軽自動車はあらゆる車種の中で最も低価格の部類に入ります。しかし、多くの軽自動車は100万円前後してしまうのが実情です。

ミラのように80万円台から買うことができる車種はほんの一握りです。新車価格が安いため、必然的に中古車価格も安くなってきます。

つまり、低価格で質の良い中古車に出会える可能性が高いというわけです。貯金はあまりないけど、とにかく早く車が欲しいといった人におすすめです。

最小回転半径4.2メートルの小回りの良さ

最小回転半径が4.2メートルという小回りの良さもミラの魅力のひとつです。ちなみにこの4.2メートルという数字は小回りが効く軽自動車の中でもトップクラスの数字です。

小回りが効くので狭い道を運転しなければならない人や、免許を取り立ての運転初心者に向いている車です。

高い安全性能

ミラは、軽自動車の中でも特に安全性能に優れた車として知られています。国内や欧米の衝突安全テストを高い水準でクリアしていることはもちろん、ダイハツ独自のより厳しい基準の安全テストもクリアしています。

ボディには、ダイハツが培った安全性能の粋を集めた衝突安全ボディ「TAF(タフ)」を採用し、車対車の衝突に特に強い車になっています。

また、運転者と乗員の命を守る「デュアルSRSエアバッグ」、拘束性の高いシートベルト「ELRシートベルト」が標準装備されています。

安全性能に優れている点はすべての人におすすめできますが、特に運転に自信がない人にとって心強い車といえるでしょう。

ミラのライバル車はスズキ・アルト

mira-usedcar-1-1

ミラVSアルトといえば、1980~90年代から現在まで長く続くライバル関係として知られています。ミラが新型車を発表すればアルトがそれに対抗するようにニューモデルを発売するというように、熾烈な競争がくり広げられてきました。

ここでは永遠のライバルであるアルトとミラを比較します。とはいえ、この2車種の特徴やスペックは非常に似ています。ただ、選び方の判断基準としては、次の点が挙げられるでしょう。

  • 標準装備の安全性能で選ぶならミラ
  • 燃費性能で選ぶならアルト
  • 室内空間の広さはミラ

まずはじめの安全性能ですが、標準装備で比べた場合、ミラの方が優れています。ミラの安全システムとして前出の衝突安全ボディ・TAF、デュアルSRSエアバッグ、ELRシートベルトなどがありますが、これらはすべてのミラに標準装備されています。

対して、アルト独自の安全システムとしては衝突軽減ブレーキ、誤発進抑制機能、エマージェンシーストップシグナルがあります。しかし、これらの安全システムはオプションです。すべての中古車についているわけではありません。そういった意味で、この項目ではミラをチョイスします。

次に、燃費の良さで選ぶならアルトになります。アルトの燃費は軽自動車トップクラスの37.0km/Lです。対して、ミラは24.2km/Lになっています。ミラも決して燃費が悪いというレベルではありませんが、アルトの数字が圧倒しています。燃費で選ぶなら断然アルトです。

最後に、室内空間の広さはミラの方が広くなっています。ミラの室内の大きさは、2,000ミリ(室内長)×1,350ミリ(室内幅)×1,265(室内高)ミリです。これに対してアルトは1,985ミリ(室内長)×1,255ミリ(室内幅)×1,215ミリ(室内高)です。少しでも広い室内空間を望む人はミラがおすすめです。

ミラの魅力と向いているタイプの人がわかったところで、次からは実際にどのような価格でミラが中古車市場で取引されているかを見ていきましょう。

ミラの中古車相場を解説

前までの章で、ミラのおすすめポイントとミラに向いているタイプがわかったと思います。

それでは、ここからは実際の中古車市場を見て大体の予算感を掴んでいきましょう。目安の金額を把握するために主要な中古車情報サイトを調査して、下の表にまとめました。

中古車検索サイト 中古車平均価格 中古車相場 台数
カーセンサー 29万円 7.9~108万円 2,116台
グーネット 28.3万円 5~100万円 1,893台
ナビクルcar 28.3万円 5~100万円 1,893台
車選び.com 34.7万円 5〜92.8万円 758台
ガリバー 26.5~84.9万円 691台
GAZOO 25~92.8万円 145台
  • ※2017年3月の全国中古車情報を調査

調査の結果、最安値は5万円、最高値は108万円でした。ただし、80万円台後半のものは特別なカスタム車でしたので、ここでは例外と考えてください。

ミラ中古車市場では、諸費用を合わせた支払総額で10万円以下の激安車も数多くあります。しかし、さまざまなカラーやグレードの中で安全な車を選ぶとなると20~40万円程度の予算を考えておくと良いでしょう。

ミラの中古車情報

2017-08-17 08:30:58更新

新車同様のミラに乗りたい場合:未使用車と新車どちらがお得か

これまでミラ中古車のお話をしてきましたが、「とにかく新しいミラに乗りたい」という人も多いと思います。その際には、新車か未使用車の中から選ぶことになります。

「新車か未使用車、どちらがお得か」と言われれば、筆者の考えでは未使用車がおすすめです。その理由は価格です。

ミラの新車価格は一番グレードの低いもので約88万5,000円です。中古車市場で走行距離が数キロしかない未使用車を調査すると、同じグレードのもので60万円から70万円ほどで買うことができます。

しかも登録台数が多いので、カラーなども比較的幅広く選べます。

上記の理由から、新しいミラに乗りたい場合、未使用車をおすすめします。

  • ※新車価格はダイハツHPより引用、中古車価格はカーセンサーで調査

これを買えば安心!ミラのおすすめ中古車条件を徹底解説

ここからはいよいよ、予算内で最高品質のミラ中古車を買うための必須知識をお伝えしていきます。ミラ中古車を選ぶ際に、何を重視して選ぶかによってタイプを3パターンに分けて、お伝えします。

もう既に具体的にどのようなミラ中古車に乗りたいかが決まっている場合は、下記から直接読んでいただくこともできます。

「(1)新しいミラ中古車にお得に乗りたい方:2013~16年式の中古車がおすすめ」
「(2)価格の安さを重視してミラ中古車を買いたい方:2007~12年式の中古車がおすすめ」
「(3)激安のミラ中古車を買いたい方:2002~05年式の中古車がおすすめ」

(1)新しいミラ中古車にお得に乗りたい方:2013~16年式の中古車がおすすめ

新しいミラ中古車にお得に乗りたい方

新しいミラ中古車に乗りたい人は2013~16年式のものをおすすめします。ミラの現行モデルである7代目ミラは2007年に発表されています。その後、2013年に仕様変更が行われました。つまり、2013年式以降のミラが一番新しいタイプのミラというわけです。

新しいミラを乗りたい人は現行型の最新モデルである2013年式以降のものから選ぶようにしましょう。

この条件のミラ中古車の注意点:AT車がない、燃費性能がそこまで高くない

2013~16年式のミラ中古車の大きな注意点は以下の2点になります。

  • この年式のミラにはAT車・CVT車が存在せず、MT車のみ
  • 最新の車と比べると燃費性能がそこまで高くない

まず、一番重要な点ですが、ミラのAT(オートマ)車は2010年、CVT(連続可変トランスミッション)車が2013年に生産終了しています。つまり、2013~2016年式のミラにはMT(マニュアル)車しか存在しません。

ですので、マニュアル車を運転したくない、運転免許がAT限定という人は違う車種から選びましょう。

次に、燃費性能についてです。ミラは売り出し時からずっと低価格・低燃費がウリで、刷り込み的に「ミラは燃費が良い」と思っている人も多いと思います。

しかし、現状のミラの燃費は24.2km/Lです。

決して、燃費が悪いわけではありませんが、軽自動車の中では特別良いという部類のものではありません。

現在の軽自動車の中には30km/Lを軽く超えてくるものがあります。燃費性能で選ぶなら他の軽自動車にした方が良いでしょう。

2013~2016年式のミラ中古車相場

ここで、2013~2016年式のミラ中古車が実際どれくらいの価格で買えるのかを見ていきましょう。主要な中古車情報サイトで調査した結果が下の表です。

中古車検索サイト 中古車相場 台数
カーセンサー 37.8~62.1万円 17台
グーネット 50~55万円 11台
ナビクルcar 50~55万円 11台
車選び.com 37.8~60万円 11台
ガリバー
  • ※2017年2月の全国中古車情報を調査
    ※2013~2016年式・走行距離7万キロ以内・修復歴なしに限定
    ※ガリバーは取扱なし

調査の結果、最安値は37.8万円、最高値は62.1万円でした。未使用車ではなく、かつ中古車として理想的な走行距離(3~7万キロ)の車があまり多くなく、登録台数はどのサイトもかなり少なくなっています。

しかし、どのサイトも50万円近辺の価格帯が一番厚くなっています。この条件で質の良いミラ中古車を買う場合、予算は50万円以上を考えておくと良いでしょう。

ミラの中古車情報

2017-08-17 08:30:58更新

ミラの中古車を探す
上記ボタンより在庫情報を見ることができます
まずは移動先のフォームでお近くの都道府県を選択してください

(2)価格の安さを重視してミラ中古車を買いたい方:2007~12年式の中古車がおすすめ

価格の安さを重視してミラ中古車を買いたい方

価格の安さを重視してミラ中古車を買いたい人は、2007~12年式の中古車がおすすめです。現行型のミラは2007年に発表されました。その後、2013年に仕様変更されました。つまり、この年式のものは最新のものから一つ前のバージョンのミラというわけです。

一般的に中古車は、新しいモデルや仕様変更が発表されると旧型のものは価格が下がります。

とはいえ、最新のものと性能的にそう大きく変わるわけではありません。価格と性能のバランスを考えると、価格の安さを重視する人でもこのタイプのミラ中古車の性能には納得できるはずです。

この条件のミラ中古車の注意点:CVT故障、ハンドル樹脂の接着不良

このタイプのミラ中古車で注意したいのは以下の2点です。

  • CVT故障
  • ハンドル樹脂の接着不良

まずは、CVT故障について説明します。

エンジンの動力伝達機構であるCVTの異常は、2006年から2010年の間に製造されたミラに見つかった欠陥です。

対象車は約10万台以上という大規模なリコールが行われています。リコール済ならリコール済のシールが貼ってあるはずですので、必ず確認してください。

万一故障が発生すれば30~50万円程の修理費用がかかってしまいますので注意してください。

次に注意したいのがハンドル樹脂の接着不良です。これは、2002年から2009年の間に製造されたミラに見られる不具合で、樹脂の接着が不完全でハンドルがぶよぶよになってしまうというものです。

ダイハツ側は保証期間を延長することで問題の解決を図りました。きちんと問題が解決されているか見た目で分からない場合はディーラーに直接尋ねましょう。

2007~12年式のミラ中古車相場

2007~12年式のミラ中古車市場はどのようになっているのでしょうか。主要な中古車情報サイトで調査した結果が下の表です。

中古車検索サイト 中古車相場 台数
カーセンサー 15~89万円 539台
グーネット 15~90万円 451台
ナビクルcar 15~90万円 451台
車選び.com 17.8~80.9万円 207台
ガリバー 46~84.9万円 21台
  • ※2017年2月の全国中古車情報を調査
    ※2007~2012年式・走行距離7万キロ以内・修復歴なしに限定

調査の結果、最安値は15万円、最高値は90万円でした。ただ、90万円近くのものは特別なカスタム車でしたので、ここでは例外に考えてください。

このタイプのミラ中古車では30~40万円の価格帯が一番多くの在庫があります。もちろん、10~20万円でも買うこともできます。

幅広いカラーやより状態の良いものが選べるという観点で、このタイプのミラ中古車を買う場合は30~40万円を予算として考えておくのをおすすめします。

ミラの中古車情報

2017-08-17 08:30:59更新

ミラの中古車を探す
上記ボタンより在庫情報を見ることができます
まずは移動先のフォームでお近くの都道府県を選択してください

(3)激安のミラ中古車を買いたい方:2002~05年式の中古車がおすすめ

激安のミラ中古車を買いたい方

とにかく少しでも安いミラ中古車が欲しいという人は、2002~2005年式の中古車をおすすめします。ミラの現行型モデルは2006年に発売されたので、このタイプのミラ中古車は現行型モデルより一つ古いタイプのものになります。

一般的に中古車は新しい型が発表されると旧型のものは価格が下がります。現実的なところ、現状のミラ中古車市場で一番安い年式がこのタイプです。

この条件のミラ中古車の注意点:故障リスクの高さ、ハンドル樹脂の接着不良

このタイプのミラ中古車を購入する上での注意点は以下の2点です。

  • 故障リスクの高さ
  • ハンドル樹脂の接着不良

中古車の購入で一番気をつけなければならないのは、故障リスクの高さです。一般的に年式が古ければ古いほど、故障のリスクは高くなります。

年式が2002~05年だと新車登録からすべて10年以上の年月が経っているため、いかに品質に定評がある日本車でも経年劣化による不具合は出てきます。

購入前にさまざまな事項をチェックするのはもちろんですが、万が一故障が発生した時のために保証サービスがある販売店で買うことをおすすめします。

次に注意したいのがハンドル樹脂の接着不良です。これは「この条件のミラ中古車の注意点:CVT故障、ハンドル樹脂の接着不良」の項でも説明しましたので、ご覧ください。

2002~05年式のミラ中古車相場

それでは、2002~05年式のミラ中古車市場がどのようになっているのか見ていきましょう。主要な中古車情報サイトで調査した結果が下の表です。

中古車検索サイト 中古車相場 台数
カーセンサー 9.9~52.8万円 171台
グーネット 11.4~52.8万円 149台
ナビクルcar 11.4~52.8万円 149台
車選び.com 14~75.9万円 126台
ガリバー 39.9~40.6万円 3台
  • ※2017年2月の全国中古車情報を調査
    ※2002~2005年式・走行距離7万キロ以内・修復歴なしに限定

調査の結果、最安値は9万9,000円、最高値は75万9,000円でした。この最高値のものはカスタム済の車でしたので、ここでは例外と考える方が賢明でしょう。

調査の結果、このタイプのミラ中古車で一番多い価格帯は20万円前後のものでした。幅広いカラーやより安全なミラ中古車を選べるので、予算も20万円前後を考えておきましょう。

ミラの中古車情報

2017-08-17 08:30:59更新

ミラの中古車を探す
上記ボタンより在庫情報を見ることができます
まずは移動先のフォームでお近くの都道府県を選択してください

筆者おすすめ・ミラ中古車の探し方

ここまで予算別に3タイプに分けて、そのタイプごとに一番適した中古車条件を紹介してきました。

ここでは、その条件を利用してインターネット上でどのようにしたら理想の1台にたどり着くことができるのかを説明したいと思います。手順は下記のいずれも同様です。

  1. 新しいミラ中古車にお得に乗りたい方:2014~16年式の中古車がおすすめ
  2. 価格の安さを重視してミラ中古車を買いたい方:2010~12年式の中古車がおすすめ
  3. 激安のミラ中古車を買いたい方:2002~05年式の中古車がおすすめ

サイトにアクセス

グーネットのTOPページにアクセスします。

メーカー選択

メーカー一覧から「ダイハツ」を選択してください。

gooネットトップページ

車種選択

ダイハツの車種一覧が表示されます。「マ」行の「ミラ」を選択します。同時に他の車種も見たい場合は、その車種のチェックボックスを選択してから「選択したクルマで地域を絞り込む」をクリックします。

gooネット車種選択

地域選択

前のページをクリックすると、地域を選択するページが出てきます。

ここではあなたがミラ中古車を買いたいと思う都道府県、あるいは地域を選択してください。ここでは「関東」を選択しました。

gooネット地域選択

関東地方に登録されているミラ中古車の一覧が表示されました。条件に応じた希望の条件を次から絞り込んでいきます。

条件指定

次は条件指定のページになります。まずは、年式を入力しましょう。今回は「(2)価格の安さを重視してミラ中古車を買いたい方:2010~12年式の中古車がおすすめ」を例にとって見てみましょう。

年式の下限を「2010年」、上限を「2012年」にそれぞれ選択してください。

その後、走行距離の下限を「3万キロ」、上限を「7万キロ」に修復歴は「なし」にそれぞれ設定してください。この条件に合う、該当件数の数字が条件のセットとともに増減します。

該当件数が○○件という数字が変わりますので、「この条件で検索」をクリックします。

gooネット条件指定

クリックした後、条件に合うミラ中古車の一覧が表示されます。

一覧の並べ替えは価格ごとや走行距離ごと、カラーごとにも並べ替えができますので、自分の重視する項目に合った形でソートしてみてください。

以上がグーネットを使用した具体的なミラ中古車の探し方になります。

筆者おすすめ・ミラ中古車のまとめ

ここまで予算ごとに3つのタイプに分けて、それぞれにおすすめの中古車条件を紹介してきました。ここで、それらを分かりやすく図にしたものを掲載します。

ミラのおすすめ中古車条件

自分がどのタイプでどの中古車条件がおすすめなのかが一目でわかると思います。実際に販売店に行く前に再度図でチェックしてみてください。

良質なミラ中古車を見抜くために!中古車選びで成功するための必須知識

ここまでミラ中古車を買いたい人を予算ごとに3つのタイプに分けて、それぞれのタイプごとに最適な中古車条件、気をつけるべきポイントを紹介してきました。

ここでは、それに加えて中古車特有のリスクある中古車を見分ける方法をお伝えします。これを理解していていないと故障リスクの高い中古車を掴まされてしまう可能性もありますので、ぜひ最後まで読んでください。

修復歴のある車は避けるべき

修復歴のある中古車は例外なく避けたほうが無難です。修復歴とは、車の骨格部分であるフレーム部分に過去に、交換歴や修理歴がある車のことを言います。

車の根幹部分の不具合が過去にあった車ということで、当然、故障のリスクも飛躍的に高まります。

しかし、いくら安くても購入は見合わせるべきでしょう。修復歴がある中古車は故障のリスクが飛躍的に高まります。さらに、エンストや突然ブレーキが利かなくなるなどの突発的なトラブルが起こる危険性も修復歴のない中古車と比べると高まります。

走行距離が長すぎる、年式の割に短すぎる車は避けるべき

走行距離が長過ぎるものや、逆に年式の割に走行距離が短すぎるものも避けましょう。中古車において理想的な走行距離は3~7万キロと言われています。できればこの範囲内での中古車選びをおすすめします。

走行距離が長いものは、各部品の経年劣化により、故障やトラブルのリスクが高まります。購入時に多少安く買うことができても、故障が起こった際の修理費用などを考えるとおすすめはできません。

また、発売されてから年数がある程度経っているのに、極端に走行距離が短いものも気をつけたいポイントです。こうした中古車は、長い間動かされずに放置されていた可能性が考えられます。しかも、屋根のない青空中古車店に置かれていた場合は、各部品の劣化も著しくなります。

このような中古車は、各部品の故障のほか、消耗部分の劣化、オイル周りのトラブルがありえます。こちらも購入時に安くても後々の修理費がかさむ可能性が高くなります。

水没車の見分け方

水没車とは過去に水没した経験がある車のことをいいます。

水没車は、「修復歴あり」にはなりません。しかもインターネット上では情報が提供されておらず、中古車ディーラーに行って、販売員に確かめるか、自分の目でチェックするかしないといけません。

水没車にはもちろん、それなりのリスクがあります。水没車のトラブルは電気系統に多よく見られます。電気系統にトラブルが起こった場合、エンジンがつかなくなるということも考えられます。

水没車を見分けるポイントは以下になります。

  • エアコンがついていないのに車の中から雑巾のような臭いがする
  • シートベルトを最後まで引っ張ると泥のしみが確認できる

このような中古車は、高い可能性で水没車であるといって良いでしょう。このような中古車は、少しくらい安くても避けることをおすすめします。

ミラ中古車のチェックポイント表

ここまでのおさらいとして、危険な中古車を見分けるポイントをまとめました。実際に販売店で中古車をチェックする際に活用してください。

エンジン周りのチェック
エンジンがきちんと整備されているかどうか
エンジンをかけたときに異音はしないか
エンジンオイルに漏れはないか
CVTのチェック CVTに不具合はないか、修理済みかどうか
タイヤ回りのチェック
外側から見た際にタイヤ回りに違和感はないか
試乗した際、ハンドルを切るときにタイヤ回りから異音はしないか
外装のチェック
車両全体を見て歪みや凹み、波打ちはないか
車両全体を見てナンバープレートやヘッドライトに違和感はないか
内装のチェック
インテリアはきちんと整備されているか
ハンドルの接着面に不具合はないか

まとめ

ここまで、あなたの予算内で最高品質のダイハツ・ミラを購入するためにはどのような条件でミラ中古車を探せば効率的かを紹介してきました。

それと同時に、中古車特有の気をつけるべきポイントも合わせて解説しました。

この記事を読むことで、「どのようなミラ中古車を探せば良いかわからない」という人も、どんなミラがいいのか具体的にイメージできたのではないでしょうか。

この記事で紹介している通りに探していただければ、誰でも簡単に理想のミラ中古車に巡り合うことができると思います。

ぜひ、この記事を参考にして、あなたが求めているミラを入手してください。

ミラの新着中古車情報

ミラの中古車を探す
上記ボタンより在庫情報を見ることができます
まずは移動先のフォームでお近くの都道府県を選択してください

ミラのスペック情報

ミラ
全長
3.3m~3.4m
全高
1.43m~1.55m
全幅
1.4m~1.48m
CVT 燃費(JC08モード) 21.6km/L
駆動方式 2WD,4WD 排気量 660cc
定員 0人~4人 車両重量 690kg~1,100kg
※燃費は現行モデルの情報です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket