pagetop

トラック中古車の購入/おすすめ車種とベストな中古車を探すための全情報

トラック中古車の購入/おすすめ車種とベストな中古車を探し出すための全情報

トラックの中古車を検討している方にとって「トラック」と一言でいっても

  • 軽トラック
  • 普段も使えるピックアップトラック
  • 仕事で使う貨物用の2tトラック

など、さまざまな希望があると思います。その中で共通しているのは「使い勝手の良い、状態の良いトラックを見つけたい」ということではないでしょうか。

トラックはタイプごとに中古車選びで注意すべき点が異なるため、それらのポイントを押さえておくことが最良の中古車を選び抜くためには重要です。

今回の記事を読んでいただければ

  • トラックの基本的な種類と適した用途が分かる
  • 軽トラック、ピックアップトラック、貨物用トラックの中でもっともおすすめできる車種と、失敗しないための中古車選びの秘訣が分かる

が実現できます。ぜひ参考にしてください。

  • ※記事内で記載される燃費表示は、「JC08モード」もしくは「10・15モード」で測定されたカタログ値となっています。
  • ※記事内で表記される「中古車相場」は2017年1月時点のグーネット中古車情報・「新車価格」は各公式カタログ・HPを参考にしています。

トラック中古車のタイプを解説

「トラック中古車」と一口にいっても、非常にさまざまな種類があります。それぞれに特徴があり、使用用途も異なります。トラック中古車としてニーズが高いのは、

  • 軽トラック
  • ピックアップトラック
  • 貨物用トラック(小型、中型、大型)

の3種類です。それぞれの特徴と使用用途を解説していきましょう。先に、おすすめの中古車が知りたいという方は以下から進んでいただけます。

軽トラックの特徴とおすすめの使い方

中古車トラックの中でもニーズが高いのが、「軽トラック」です。軽トラックの代表的な車種は、ダイハツのハイゼット、スズキのキャリーなどがあります。

軽トラックは、最大積載量350kgとなっており、それ以上の荷物を載せることはできません。また、荷台に載せられる荷物のサイズは、

  • 最大長さ…はみ出し部分が車両の長さの10分の1まで
  • 最大幅…車体の幅
  • 最大高さ…2.5m

と規定されていますので、積載する荷物のサイズをあらかじめ確認しておきましょう。その他、軽トラックの特徴とおすすめできる方は下記のとおりです。

軽トラックの特徴

  • 維持費のかからない実用的なトラック
  • 軽荷物の積載が主な利用用途
  • 一定のメーカーが他社に車両を供給しているケースが多い
軽トラックはこんな人におすすめ

  • 維持費のかからない実用的なトラックがほしい
  • 主に積載する荷物が350kg以下
  • 近距離運搬にトラックを利用したい

ピックアップトラックの特徴とおすすめの使い方

トラックの中でも軽自動車以上大型トラック未満にあたるのが、「ピックアップトラック」です。分類的には、「荷台とキャビンが一体となったもの」となっており、開放式荷台部分と乗車部分が繋がっているのが特徴です。

代表的な車種には、「トヨタハイラックス」や「マツダボンゴ」などがあります。

ピックアップトラックの分類は曖昧な部分もあり、主に乗用車として利用されるような車種と、主に商業用として利用される車種が含まれています。

乗用車として利用される車種はスタイリッシュな外観を持ち、欧米において高い人気があります。

商業用として利用される車種は、軽トラックを普通車サイズにしたような車両で、高い積載能力を持ちます。

どちらも用途が異なりますので、ご自身の利用用途を一度確認しておきましょう。ピックアップトラックの特徴と適した人は下記のとおりです。

ピックアップトラックの特徴

  • 開放式(屋根のない)荷台
  • 乗用として利用される車種と商業用として利用される車種で、外観に大きな違いがある
  • 乗用のピックアップトラックは、中古車市場で非常に希少
ピックアップトラックはこんな人におすすめ

  • 大きな荷物を載せたい
  • スタイリッシュな外観と積載能力を兼ね備えた車両を購入したい
  • 運転しやすいトラックが欲しい

貨物用トラック(小型、中型、大型)の特徴とおすすめの使い方

「トラック」という名称を聞いて、多くの人が思い浮かべやすい大きな車両が、「貨物用トラック」です。積載量によって小型、中型、大型に分類されます。

貨物用トラックの大まかな分類

  • 小型 積載量2トン以下
  • 中型 積載量4トンクラス
  • 大型 積載量10トンクラス

中古車市場で特に人気が高いのは、小型・中型トラックです。ここからは、小型・中型トラックを集中的に解説します。

小型・中型トラックの形状はさまざまな種類があり、ご自身が使用する用途に適した車両を選択する必要があります。主な形状と用途は下記のとおりです。

小型、中型トラックの形状と利用用途

  • 平ボディー:荷台が開放されている形状です。通常の荷物運搬に利用します。
  • バンボディ:荷台がアルミ製の外装で保護されている形状です。保護が必要な荷物の運搬に適しています。
  • ウイング:荷物の積み下ろしを容易にするために、荷台の開閉機構を採用しています。フォークリフトによる荷物の積み下ろし作業に適しています。
  • ユニック:荷物を吊り下げられるクレーンが付いた形状です。荷物の積み下ろしにクレーンを利用するような用途に適しています。
  • ダンプ:荷台に昇降機能を持たせることで、工事用の砂などの積み下ろしを容易にした形状です。砂などの運搬に適しています。

代表的な車種は、「日野スペースレンジャー」「いすゞエルフ」などがあります。その他、貨物用トラックの特徴と適した人は下記のとおりです。

貨物用トラックの特徴

  • さまざまな形状があり、適した車両を選択できる
  • 積載能力が高く、大量の荷物を運搬できる
  • 中古車市場の流通価格は高め
貨物用トラックに向いている人

  • たくさんの荷物を一度に運搬したい
  • 荷物の積み下ろしをフォークリフト等で行いたい
  • 利用用途に適した形状の車両を選択したい

軽トラックのおすすめ中古車を徹底解説

軽トラックの中でもさまざまな車種があり、それぞれ特徴が異なります。ここでは、筆者おすすめの軽トラック中古車を3台ご紹介します。

ダイハツ ハイゼット:運転しやすく頑丈な軽トラックをお探しの方におすすめ

おすすめのトラック:ダイハツ・ハイゼット

ダイハツのハイゼットは、大胆なカラーリングを用意していることでも有名で、ビビットなオレンジや緑といった、いわゆる「商業車らしくない色」を選択肢に加えたことで、女性ドライバーにも人気の高い軽トラックです。

荷台の長さが長く、高い積載能力を持ちます。シートスライド幅が広いので、身長の低い方から高い方まで、全ての方が運転しやすいよう作られています。

また、ダイハツは軽自動車製造技術に定評があり、車両自体も丈夫です。長く安心して乗りたい方にピッタリの一台だといえるでしょう。ハイゼットの詳細は下記のとおりです。

ダイハツ・ハイゼットのおすすめポイント

  • カラーが豊富なので、好みに合った車両を選択しやすい
  • シートのスライド幅が大きいので、窮屈な車両が苦手な方でも快適に運転できる
  • 新車時の燃費が17.0km/Lと省燃費
ダイハツ・ハイゼットの新車価格と中古車相場

  • 新車価格 56~103万円
  • 中古車相場 69.1万円
実際の中古車事例

  • ハイゼット/トラック
  • 年式/2003年
  • 走行距離/1.6万km
  • 車両価格/32.8万円

スズキ キャリー:荷物の積み下ろし負担を軽減したい方におすすめ

:おすすめのトラック:スズキ・キャリー

ダイハツハイゼットと並ぶ軽トラック部門の人気車種、それがスズキの「キャリー」です。高い積載能力を持ち、荷台の長さも軽トラックの中ではトップクラスです。

加えて、荷台の高さを低く設定してあるので、荷物の積み下ろしによる負担が軽減されています。

1971年~2009年まで日本国内での軽トラック部門トップシェアを保ち続けただけあって、とても丈夫に作られています。

ドアの開口部が大きく、作業しやすいよう設計されているので、作業における負担を軽減したい方にピッタリの車両です。

スズキ・キャリーのおすすめポイント

  • 荷台の長さが長く、大きな荷物も積載しやすい
  • 新車時の燃費が19.8km/Lなので維持費が安い
  • ドア開口部が大きく、乗り降りしやすい
スズキ・キャリーの中古車相場

  • 新車価格 67~219万円
  • 中古車相場 63.2万円
実際の中古車事例

  • キャリー/トラック
  • 年式/2014年
  • 走行距離/3.3万km
  • 車両価格/49万円

日産 クリッパー:安く買える実用的な軽トラックをお探しの方におすすめ

おすすめのトラック:日産・クリッパー

日産のクリッパーは、初代は三菱自動車、2代目以降はスズキからOEM供給を受けて販売されている車両です。

OEMとは、ベース車両の供給を他社から受けて、自社の車両として販売する方法です。車両の生産を供給元が行い、同スペックでエンブレムだけ異なった車両を販売するケースがほとんどです。

OEMで供給された車両は中古車市場で値段が下がる傾向があり、供給元の軽トラックよりもお得に購入することができるのです。

日産のクリッパーは、三菱自動車のミニキャブと同じスペックとなっており、安く購入できるうえに実用的な機能が特徴です。「とりあえず安く軽トラを購入したい」という方にピッタリの車両だといえるでしょう。

日産・クリッパーのおすすめポイント

  • OEM車両なので、安く購入できる
  • 小回りが利く設計
  • 実用的な機能が一通り揃っているので、商業用として活躍できる
日産・クリッパーの中古車相場

  • 新車価格 60.4万円~113.3万円
  • 中古車相場 56.3万円
実際の中古車事例

  • クリッパートラック/SD
  • 年式/2013年
  • 走行距離/2.7万km
  • 車両価格/49.6万円

ピックアップトラックのおすすめ中古車を徹底解説

スタイリッシュな乗用自動車から積載能力の高い商業用自動車まで、車種によっての違いが大きいのがピックアップトラックです。ここでは筆者の見解から、おすすめ車種を3台ご紹介しましょう!

トヨタ ハイラックス:外装のスタイリッシュさと積載能力を両立したい方におすすめ

国内生産のピックアップトラックの中でも絶大な人気を誇るのが、「ハイラックス」です。

残念ながら、国内向けの生産はもう行われておらず、新車で手にすることはできません。したがって、中古車市場では高い価値がついています。

白石肇さん(@budomari49)が投稿した写真

エンジン、足回りとも非常に頑丈で、中には30万km以上走行しているにも関わらず故障しない車両もあるほどです。

外見のスタイリッシュさと開放式の荷台を兼ね備えているので、「カッコよくて実用的な中古車が欲しい」という方にはピッタリの車両だといえるでしょう。

トヨタ・ハイラックスのおすすめポイント

  • 外見の良さと積載能力を兼ね備えている
  • 非常に頑丈
  • 悪路でもパワフルに走行できる
トヨタ・ハイラックスの中古車相場

  • 新車価格 113万円~255万円
  • 中古車相場 138万円
実際の中古車事例

  • ハイラックス/ピックアップ
  • 年式/1996年
  • 走行距離/13.1万km
  • 車両価格/118.8万円

マツダ ボンゴ:大きな荷台と荷物の積み下ろし負担を軽減するパワーゲート付きがおすすめ

おすすめのトラック:マツダ・ボンゴ

商業用のピックアップトラックとして流通台数が多いのが、マツダ「ボンゴ」です。ボンゴは商業用車両として人気が高く、高い積載能力を兼ね備えています。

「小型トラックほど大きな荷物を運ぶわけではないけど、軽トラックでは頼りない」というような場合に活躍できる車両で、中にはパワーゲートを備えている中古車もあります。

パワーゲートとは、バッテリーの力で荷台の一部を昇降させる機能のことで、重い荷物を積み下ろしする際に非常に有効です。「商業車として少し大きめのトラックを購入したい」という方にピッタリの1台です。

マツダ・ボンゴのおすすめポイント

  • パワーゲート付きの中古車もある
  • 普通車と同じ感覚で運転できるので、トラックが初めてでも安心
  • 1トン前後の積載能力を兼ね備えているので、大きな荷物も運搬可能
マツダ・ボンゴの中古車相場

  • 新車価格 130万円~221万円
  • 中古車相場 111.9万円
実際の中古車事例

  • ボンゴ/トラック
  • 年式/2002年
  • 走行距離/6.6万km
  • 車両価格/81万円

日産 バネットトラック:安く実用的なピックアップトラックを購入したい方におすすめ

:おすすめのトラック:日産・バネットトラック

日産のバネットトラックは、1993年以降マツダによるOEMとなっています。OEM供給車両は供給元が販売する車両よりも値段が下がりやすいため、中古車市場でもお得に購入することができます。

日産のバネットはマツダのボンゴと同じスペックとなっており、高い積載能力が特徴です。

購入しやすい値段帯に設定されていますので、「安く実用的なピックアップトラックが欲しい」という方にピッタリな車両だといえるでしょう。

日産・バネットトラックのおすすめポイント

  • マツダボンゴと同じスペックで、安く購入できる
  • 積載能力が高く実用的
  • 中古車市場の流通台数が多く、お買い得車も多い
日産・バネットトラックの中古車相場

  • 新車価格 134.5万円~212.4万円
  • 中古車相場 96.5万円
実際の中古車事例

  • バネットトラック/1.8DX
  • 年式/2005年
  • 走行距離/6.6万km
  • 車両価格/39.9万円

貨物用トラック(小型、中型)のおすすめ中古車を徹底解説

「トラックが欲しい」という方の中には、高い積載能力を持つ小型・中型トラックを検討している方も多いでしょう。

しかし、「どれも同じに見えてどの車種が良いのかわからない…」というような場合もあるかと思います。そこで、ここでは筆者おすすめの小型・中型トラックをご紹介したいと思います。ぜひ参考にしてください。

いすゞ エルフ:扱いやすいサイズの荷台と運転しやすさが魅力

:おすすめのトラック:いすゞ・エルフ

日野自動車と並んでトラックメーカーとして定評があるのが、いすゞ自動車です。そのいすゞ自動車の主力車両として高い人気を獲得している車両が、「エルフ」なのです。

小型トラックの中でも流通台数が多く、商業用として扱いやすいサイズの荷台が特徴です。

車体のサイズも「小さすぎず大きすぎず」となっていますので、4トントラックのような特有の内輪差が生じにくいのも特徴です。ちょうどよい積載能力と取り扱いの容易さが特徴の1台です。

いすゞ・エルフのおすすめポイント

  • 積載能力2トン前後が主流
  • ボディサイズが大きすぎないので、運転しやすい
  • オートマチック車両もあるので、トラック初心者でも運転可能
いすゞ・エルフの中古車相場

  • 新車価格 ベース車両で400万円前後
    (※装備によって価格が大きく前後)
  • 中古車相場 204.2万円
実際の中古車事例

  • エルフ/トラック1.5トン平ボディー
  • 年式/2012年
  • 走行距離/8.5万km
  • 車両価格/194.4万円

日野 レンジャー:クレーンで荷物を運搬したい方におすすめ

中型トラックとして高い人気を誇るのが、日野自動車の「レンジャー」です。車体が非常に頑丈で、走行距離をもろともしないようなパワフルさがあります。

日野自動車はトラックメーカーの中でも老舗のメーカーで、国内トラック・バス生産の最大手となっています。

中でも、平ボディーの荷台にクレーンがついたユニック車両が人気で、荷物の積み下ろしを簡単に行うことができます。

ただし、ユニック操作には小型移動式クレーンの資格教育を受ける必要がありますので、注意しておきましょう。

日野・レンジャーのおすすめポイント

  • ユニック付き中古車もある
  • 積載能力が高く、重い荷物を積んでも安定して走行できる
  • 非常に頑丈で故障しにくい
日野・レンジャーの中古車相場

  • 新車価格 ベース車両で600万円前後
    (※装備によって価格が大きく前後)
  • 中古車相場 312.9万円
実際の中古車事例

  • レンジャー/4段ユニッククレーン付き
  • 年式/2003年
  • 走行距離/4.1万km
  • 車両価格/425万円

三菱ふそう キャンター:運転の楽さと車両の安さを求める方におすすめ

:おすすめのトラック:三菱ふそう・キャンター

三菱ふそうのキャンターは、小型・中型トラックの中でも人気の高い車種です。積載能力のラインナップも豊富で、よりニーズに適した車両を選択できるのが特徴です。

変速ショックを少なくするなどの工夫がされていて、長距離運転でもドライバーの負担が少ないというメリットがあります。

中古車市場での流通台数が多いため、お買い得車を購入しやすい車両となっています。「長距離運転しても疲れにくく、安いトラックを購入したい」という方にピッタリの1台だといえるでしょう。

三菱ふそう・キャンターのおすすめポイント

  • ドライバーの負担を少なくする設計なので、長距離運転でも疲れにくい
  • 中古車市場での台数が多く、安く購入しやすい
  • ラインナップが多様なので、細かなニーズも満たすことができる
三菱ふそう・キャンターの中古車相場

  • 新車価格 ベース車両で300万円前後
    (※※装備によって価格が大きく前後)
  • 中古車相場 242.1万円
実際の中古車事例

  • キャンター/平ボディートラック
  • 年式/2011年
  • 走行距離/6.0万km
  • 車両価格/175万円

トラック中古車を購入する時の注意点

ここまで、トラックのタイプ別におすすめの中古車をご紹介してきました。次は、トラック中古車の購入で共通して注意するべき注意点・ポイントをお伝えします。

トラック中古車を購入するときの注意点として、

  1. 所持している免許で運転可能か、あらかじめ確認しておく
  2. 荷台のサビや走行時の異音がないかどうか、現車を確認する
  3. 内装の汚れ、キズ、破れをチェックする
  4. エアコンの有無、パワーステアリング、パワーウィンドウなどの装備を確認しておく

という4つのポイントがあります。商業用車両は雑に扱われることが多く、内装・外装に大きなキズがあるケースもあります。

また、新車購入時に最低限の装備で購入されるケースも多いため、エアコンやパワーウィンドウが装着されていない中古車もあります。状態の良い中古車を購入するためにも、購入前に現車確認しておきましょう。

上記注意点を前提にすると、狙い目となるトラック中古車の条件は、

  • 走行距離6万km前後
  • ご自身の利用用途に適している
  • 新車生産から15年以内
  • 修復歴なし

という中古車といえるでしょう。これらの条件を満たすトラック中古車であれば、安心して長く乗ることができるという見解を持っています。

トラック中古車の探し方を解説

トラック中古車の購入を検討する際、「中古車検索サイトで購入するか、販売店で購入するか、どちらが良いのかな…」「検索サイトでどうやって探すと簡単なのかな」という疑問を抱く方も多いでしょう。

ここでは、素朴な疑問を解決し、そのうえで検索サイトでの購入手順を解説していきます。

中古車検索サイトを利用し、販売店で購入する流れがおすすめ

中古車検索サイトでの購入か、販売店での購入か、どちらを利用しようか迷っている方もいらっしゃると思います。

結論からいうと、「中古車検索サイトで比較し、販売店で購入する」というのが、おすすめの購入手段です。

なぜかというと、販売店だけの情報量では、相場から見てお得なのかどうかを判断することができないからです。

中古車検索サイトには多数のトラック中古車が掲載されていますので、好みの車両に目星をつけることによって、ご自身の好みに合った中古車を見つけることができます。

実際の検索、購入手順

では、実際に中古車検索サイトを使い、トラック中古車を購入する手順を解説しましょう。中古車検索サイトは「グーネット」を利用しています。

手順1

「中古車を探す」部分の下部にある、「複数条件から検索」の中から該当するボディタイプを選択し、「この条件で探す」ボタンをクリック

おすすめのトラック中古車の探し方- 手順01

手順2

車種一覧の中から好みの車種にチェックを入れ、「この条件の車種を全て見る」をクリック

おすすめのトラック中古車の探し方- 手順02

手順3

購入を希望する地域にチェックを入れ、「チェックした地域で中古車を絞り込む」をクリック
ちなみに、エリアは近隣の地域で探したほうが、納車費用を節約することができるためオススメです。

おすすめのトラック中古車の探し方- 手順03

手順4

絞り込まれた車種が一覧表示されるので、お好みの車両を探し、見つかったら車両の画像をクリックします。

おすすめのトラック中古車の探し方- 手順04

手順5

車種の詳細を確認し購入を検討する場合は、ページ右側の電話番号、もしくは「在庫確認・見積り依頼」から購入総額を問い合わせします。

おすすめのトラック中古車の探し方- 手順05

手順6

総額を確認し問題なければ、販売店の指定する方法で購入します。

まとめ

トラック中古車にはそれぞれ特徴があり、ご自身のニーズに適した車両を見つけることができます。この記事でお伝えしたポイントを簡単にまとめると、

  • 利用用途に応じたトラックの種類を選択する
  • 購入時には、キズの有無や装備の状態など、トラック特有の注意点を把握しておく
  • トラック中古車の狙い目は、「走行距離6万km前後」「ご自身の利用用途に適している」「新車生産から15年以内」「修復歴なし」がポイント
  • 中古車検索サイトで目星を付け、販売店で購入するのがおすすめ

です。あなたの理想のトラック中古車購入に役立てていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで最新情報をチェック