pagetop

中古車の事故車/誤解しがちな定義と注意点・見分け方を解説

中古車の事故車/誤解しがちな定義と注意点・見分け方を解説

「事故車って死亡事故が起こっているの?」と不安だったり、購入を考えていた中古車・または購入した車が事故車と判明して悩んでいる方は多いのではないでしょうか。事故車であるからといって死亡事故が起こっている訳ではありませんが、「事故車」という言葉が一人歩きして、正しい解釈がされていないケースも多くあります。

正しい事故車の定義や注意すべきポイントを知らなければ、思わぬところで「実は事故車だった」という車を選んでしまうことにもなりかねません。今回の記事では、事故車の正しい定義とデメリット、具体的な事故車の見分け方をご紹介します。安全な中古車購入の為に、ぜひ参考にしてください。

中古車の事故車の定義

まず、中古車での事故車の定義についてお伝えします。結論からいうと、実は事故車とは「修復歴車」と同じ車を指します。「事故などで、車の骨格(フレーム)に損傷があり修理済の車」ということです。

詳細な定義は以下の3団体によって定められています。

  • (社団法人)自動車公正取引協議会
  • (財団法人)日本自動車査定協会
  • 日本中古車自動車販売商工組合連合会

具体的にどの部分が損傷を受けたら修復歴車と呼ばれるのかを下記に図解しました。

車の骨格・フレーム名称

自動車の骨格・フレーム名称

1. フレーム 2. フロントクロスメンバー 3. フロントインサイドパネル 4. ピラー
5. ダッシュパネル 6. ルーフパネル 7. ルームフロアパネル 8. トランクフロアパネル
9. ラジエターコアサポート

上記のうち、1~8については

  • 骨格部分に損傷があるもの
  • 骨格部分が修復されているもの

のいずれかに該当すれば修復歴(事故歴)車です。しかし、ネジ止め部分は修復歴には含まれません。

また9については、

  • 交換されているかつ、隣接している骨格部分にへこみ・曲がりまたは修理歴のあるもの

が修復歴車となります。

また「事故車であっても修復歴車でない車はダメージも少なくお買い得」という意見も時々聞かれますが、事故車と修復歴車は同じものを指しています。これは事故車の定義が誤って広まっているということでもあります。

死亡事故が起こっているとは限らない

事故車=死亡事故や大事故を起こした車、ではありません。言葉の響きから「死亡事故が起こっているの?」「誰か亡くなっているの?」と誤解されがちなのですが、事故車(修復歴車)であるか否かは、あくまで車の骨格部分の損傷・交換の有無によるものです。その一因になるものが事故というだけで、必ず事故を起こした車とは限らない訳です。

筆者の見解で言えば、死亡事故を起こしたような車は、おおむね廃車になってしまいますし、修理してまで販売するメリットがあまりないので中古車市場に出回ることはほとんどありません。死亡事故を起こした事故車に遭遇することは極めて稀といえます。

しかし、事故車(修復歴車)自体は10台に1台程度の割合でオークションに出回っています。
次に、事故車(修復歴車)のデメリットをお伝えします。

事故車(修復歴車)のデメリット・リスクを知る

事故車はその特性から、中古車価格がかなり安くなります。そのため、「軽微な修復歴なら事故車を選んだ方がお得」とする意見も聞かれます。しかし筆者の見解からすると、事故車は選ぶべきではありません。それには以下のような理由があります。

事故車のデメリット:走行に支障が出る可能性がある

車の骨格とは、文字通り骨組み・構造部分として、安全に走行する為に欠かせないものです。
その部分に損傷があったという事は、車の剛性・直進性能・ブレーキ等に影響がある可能性もあります。
一部では、軽い修復歴ならば安くなるのでお得とも言われていますが、やはり筆者として修復歴車は選ぶべきではないと考えています。

確かに事故車は、格安といえるほど中古車価格が下がるのも事実ですが、その分購入後の事故・不具合の可能性や、手に入れてからの修理代が増すリスクがあります。特に骨格の損傷は不具合の連鎖となるケースも多いため、結果的にメンテナンス・修理額で値下がり分は帳消しになってしまう事があります。
命を預けて乗るものである以上は、わざわざ自分からこのリスクを取りにいく必要はないと考えています。

ディーラーの中古車でも事故車はある

ディーラーの新車販売時に下取りされて、中古車ディーラーで販売されている中古車でも事故車はありえます。中古車販売店やオークションと同等の割合で存在すると考えてよいでしょう。新車を購入する人が、事故を起こしていない・車の骨格を損傷するような乗り方をしていないとは限らないからです。

中古車を購入する以上は、事故車(修復歴車)のリスクは常にあると思ってください。だからこそ、きちんと見分ける知識を持つことで、安全に中古車の購入ができます。

事故車(修復歴車)の見分け方のコツ

事故車の見分け方は、大きく2つに分かれます。

  • (基本)中古車を探す段階での修復歴の有無を見る
  • (難)現車確認の際、車の状態から判断する

中古車を探す段階について、カーセンサーなどに代表される中古車検索サイトには「修復歴のあり・なし」を選択できる機能があります。こちらを活用して、修復歴のない車を選ぶのがもっとも簡単です。

カーセンサーでの検索方法

こちらは、カーセンサーの中古車検索結果です。検索条件の中央あたりに、「修復歴なし」というチェックボックスがありますので、こちらにチェックを入れれば、修復歴なしで登録されている中古車を絞り込むことができます。

しかし、中にはごく稀に修復歴の申告がされていない中古車もまぎれています。以前に比べると、悪質な業者は格段に減りましたが、それでも可能性はゼロではありません。

こういった車を見抜くには、現車確認の際に中古車のコンディションチェックを見る方法があります。
前者に比べると難易度は高いですが、ひとつひとつのチェックポイントはそこまで難しくないので安心してください。

具体的な事故車を除いた中古車の探し方・中古車の現車確認のポイントについては「中古車を購入する前にチェックするポイントを紹介」「中古車の修復歴のリスクと安全な中古車を見分けるポイント」の記事を参考にしてください。

まとめ

いかがでしたか。今回の記事では、中古車の事故車について、本当の定義とデメリット、見分けるための方法をお伝えしました。

繰り返しになりますが、事故車だからといって死亡が出るような大事故をしている訳ではないことがほとんどです。しかし事故車、つまり修復歴車は骨格(フレーム)部分という車の構造部分に損傷がある車です。確かに中古車価格は安くなっていますが、リスクの方が高いと筆者は考えています。

今回の内容を参考に、事故車・修復歴車を避けて安全な中古車選びに役立ててください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket