pagetop

中古車の一ヶ月点検/受けられるケースと費用・注意点を解説

中古車の一ヶ月点検/受けられるケースと費用・注意点を解説

新車では比較的一般的な、購入後の「一ヶ月点検」ですが、「中古車の場合は一ヶ月点検は行ってもらえるのか?」「中古車の一ヶ月点検の流れを知りたい」という方は多いのではないでしょうか。

また、一ヶ月点検を行うという案内は受けたものの、どうしていいか分からない方もいるかもしれません。新車の場合でも、一か月点検は忘れていたままという方も意外と多いのですが、中古車だからこそ車の状態をベストに保つために、点検・整備についての正しい知識をしっかり身につけておきましょう。

今回は、中古車の一ヶ月点検を受ける上での注意点について詳しくお話しします。ぜひ参考にしてください。

中古車の一ヶ月点検は可能か

そもそも、中古車の場合の一ヶ月点検は実施されているのでしょうか。結論から言えば、中古車業界全体では実施されるケースはそこまで多くありません。主に以下の2つで購入した場合のみ実施されています。

※すでに、中古車の一ヶ月案内を受けている方については「中古車一ヶ月点検の流れ」へ進んでください。

中古車一ヶ月点検を受けられる場所

  • ディーラーの中古車販売店/ディーラー
  • 保証内容、サービスで一ヶ月点検対応を行っている中古車販売店

前者が中古車一ヶ月点検を行うもっとも一般的なケースです。ディーラーの中古車販売店(中古車ディーラー)で購入した中古車であれば、店舗に持ち込むことで点検を行ってくれます。

また、ディーラー系列でない中古車販売店で購入した中古車でも、該当するメーカーのディーラーに持ち込めば点検を受けられます。

正直なところ、全国すべてのディーラーで「一ヶ月点検」を行っているわけではありませんが、点検のユーザーはディーラーから見ても大切にしたい顧客ですので、基本的には対応してくれると考えて良いでしょう。

認定中古車など、メーカーとしても品質を保証したい中古車の場合は、高い確率で一ヶ月点検の案内があります。

後者の(ディーラー系列でない)中古車販売店の場合は、率直に言って一ヶ月点検を行っているところはほぼありません。筆者が何店舗かの中古車販売店のオーナーにヒアリングした結果でも、一ヶ月点検を行っている店舗はありませんでした。

納車前点検を行っているので、一ヶ月では車の状態は大きく変わらないと判断している販売店が多いようです。しかし、稀ですが保証内容で「一ヶ月点検」を設けている場合であれば、対応してもらえます。

中古車販売店で購入した場合で、保証内容にも一ヶ月点検が含まれていない場合は、基本的に点検は行わないと考えてください。どうしてもこのタイミングで点検を受けたい場合は、有償でもよければディーラーへ持ち込めば点検を受けることができます。

中古車の一ヶ月点検の流れとポイント

次に、中古車一ヶ月点検を行う場合の流れに添って、ポイントをご説明します。

車両を預ける:引き取りサービスをやっているところは少ない

店舗に車両を預けるところからスタートしますが、引き取りサービスを行っているところは正直多くありません。自分で運転して、店舗に車を持ち込むのが一般的です。

所要時間については当日の予約状況や施設の設備によりますが、30分~1時間ほどで一ヶ月点検は完了します。下記に代車についても触れていますが、このような時間であれば代車に乗ることもなく、現場で待つという方も多いでしょう。

中古車の一ヶ月点検の内容

中古車の場合は、新車のように明確な点検基準がある訳ではありません。新車の場合は以下の項目についてチェックが行われます。

ディーラーに持ち込む場合は、同様の点検が行われると考えてよいでしょう。

室内点検 ・ブレーキペダルの遊び
・パーキングブレーキの引きしろ(踏みしろ)
エンジンルーム点検 ・ブレーキ液量・クラッチ液量(MT)
・エンジンの低速および加速の状態
・エンジンオイル量・汚れ・油もれ
・燃料もれ
・冷却水量
・トランスミッション、トランスファの油量、油もれ
下周り点検 ・ステアリングギヤボックスの油もれ
・パワーステアリング機構の油量、油もれ
・デファレンシャルの油もれ
・ブレーキ配管の損傷、油もれ、取付状態

車に詳しい方ならば、自分でも見られるところが多いと思いますが、慣れない方にはここまで無料でチェックしてもらえるのは良いと思います。しかし、中古車販売店の場合は上記の項目の中でも目視でできる内容・タイヤ/ホイールのボルト締めあたりがメインと思って良いでしょう。

代車について

ディーラーであれば代車は基本的に手配してもらえますが、下記にお伝えするように所要時間は長くかかりません。わざわざ代車に乗って帰るかどうかは店舗で待てる時間で決めるのが良いでしょう。

また、直前の点検予約や、予約なしで直接訪れた場合は代車の用意がないこともありますので注意しましょう。販売店の場合は、一ヶ月点検で代車が手配できる可能性は少なくなります。

一ヶ月が過ぎてしまった場合でも点検対応してくれる

中には、中古車の一ヶ月点検の通知を販売店から受けていたが、なかなか行けずに時期が過ぎてしまったということがあるかもしれません。原則、一ヶ月を過ぎてしまっても、一ヶ月点検を実施しますと謳っている販売店・保証内容ならば問題なく受けることができます。二ヶ月、三ヶ月過ぎて行った場合でも大丈夫です。

しかし、土日などは混むタイミングですので、一ヶ月点検の期日内だとしても事前に連絡していきましょう。

これから長く安全に乗るために:日ごろから点検できるポイント

中古車購入から一ヶ月・二ヶ月が過ぎ、これからの運転が楽しみな方も多いことでしょう。最後に、自分で出来る日常点検のチェックポイントをまとめました。

車の点検は難しそう、という方もいるかもしれませんが、上記の簡単にチェックできるポイントばかりです。長く安全に運転するためにも、ぜひ下記を参考に点検を実践してみてください。自身での点検は、月に一度行うのがベストです。

エンジンオイルの点検 ・オイルレベルゲージが上限と下限の間にあるか
(一度拭き取って差し込みなおして正確に測る)
・オイルの色が極端に汚れていないか
ラジエーター(冷却装置)の点検 ・リザーブタンクの冷却水の液面が上限と下限の間にあるか
・冷却水漏れの様子がないか(大きく減っていたら漏れの可能性が高い)
バッテリーの点検 ・バッテリー液量が上限と下限の間にあるか
※液は透明なので見えにくいため注意。車体を揺らして確認する
タイミングベルトの点検 ・ゴム製のタイミングベルトが磨耗していないか
・エンジンをかけた時にキュルキュルと異音がしないか
タイヤの点検 ・異常にタイヤが沈んでいないか(空気圧過少の可能性)
・大きな石などがタイヤの溝に挟まっていないか
・タイヤの溝が1.6mm以下に減っていないか
(タイヤの横側にある三角マークが示す先のスリップサインを確認する※1.6mmの山があるので、地面に接触していないか)
・タイヤに大きな亀裂、損傷がないか
ブレーキの点検 ・ブレーキペダルを踏んだときに、踏みしろ(踏み始めから踏み終わり)が充分にあるか
・踏み終わりしろ(踏み終わったペダルと床の距離)があるか
・ブレーキペダルの踏みごたえが柔らかくないか
パーキングブレーキレバー・ペダルの点検 ・パーキングレバーの引きしろが充分にあるか
・パーキングペダルの踏みしろが充分にあるか

まとめ

いかがでしたか。今回の記事では中古車の一ヶ月点検について、一ヶ月点検を受けられるケースと点検の流れをメインにお話ししました。中古車では納車点検も実施しているため、一ヶ月点検で大きな不具合が見つかることはごく稀だと思います。

しかし、これから何年も乗るうえで、適切なメンテナンス・点検を知ることはとても大切です。一ヶ月点検の案内があった場合は、ぜひ今後のチェックポイントを教えてもらう意味でも、点検に持っていきましょう。

中古車販売店での購入などで、一ヶ月点検の対象でない方も、後半でご紹介した日常点検のチェックポイントをぜひ実践してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket