pagetop

中古車オークション代行ならここ!おすすめ業者を費用から徹底比較

中古車オークション代行ならここ!おすすめ業者を費用から徹底比較

中古車の購入や売却を考える中で、「安く買える」「高く売れる」オークション代行を検討する方は少なくないでしょう。

しかし、どの代行業者がいいのか、そもそも業者間で差があるのかどうかが分かりづらいのが現状です。実際、筆者が初めてオークション代行を利用しようとしたときは迷ったものです。

そこで今回は、オークション代行の注意点に触れた上で、利用しやすいおすすめのオークション代行業者をご紹介します。また、トラブル回避のためにすべきことについてもお話しします。ぜひ参考にしてくださいね。

【超】お得な「非公開」中古車を紹介してもらう方法

中古車を購入するなら、安くて、しかも質の高い一台を入手したいものですよね。しかし、中古車市場のなかには、状態が悪いものや、他に比べて割高な車両も多く含まれています。

できるだけコストパフォーマンスの高い中古車を購入するには、コツがあります。それは世の中に出回らない「非公開車両」に狙いを定めること。

中古車市場に在庫として公開している車両の多くは、そうしないと売れないからです。本当に良質で、お買い得な中古車の場合は、何もしなくてもすぐに売れてしまうので、わざわざ公開して、宣伝する必要はありません。

その市場には出回らない、特別な「非公開車両」を優先的に紹介してくれるサービスがありますので、お得な中古車をゲットしたい方は、まずは問い合わせしてみることをおすすめします。もちろん利用するのにお金はかかりません。

専門家の力を借り、満足できる中古車選びをしてください。

秘蔵の非公開車両を見る >>


中古車の値引きを成功させるいちばんの方法

車を買うときに、いちばん値引きに効くのは、いま乗っている車をできるだけ高く売ることです。車の売却にはいろいろな方法がありますが、そのなかには賢い方法と、損をする方法があります。

たとえばディーラーへの下取りや、大手買取業者一社に見積もりを取って、そのまま売却するというのは、実は大きな間違いなのです。車を高く売るための最大の秘訣は、複数の買取業者に査定をしてもらい、買取店に競争してもらうこと。

いくつもの買取業者に連絡を取り、見積もりを取るのは手間がかかりますが、「一括査定サービス」を使えば、必要情報をたった一回書くだけで、自動的に複数業者に査定依頼ができます。

下取りに比べると10万円~30万円高い査定額が出ることも珍しくありません。まずは愛車がいくらで売れるか調べてみましょう。

愛車の価格を調べる >>

中古車オークション代行の知っておきたい注意点

ご存知の方が多いかもしれませんが、オークション代行の最大のメリットは金銭面にあります。オークション代行利用者のほとんどは金銭的メリットが目的と言えるでしょう。

筆者としても、中古車を安く手に入れたい方や高く売りたい方にとっては有効な売買方法だと考えています。実際、オークション代行業者からの購入ならば、販売店の利益が乗らない分、平均20~30万ほど相場に差があります。

また、オークション会場は中古車の取扱い台数が多く、有名なオークション会社であるUSSだと毎週5万台近くの中古車が出品されており、車種・グレード・色など希望条件と合う中古車を見つけやすいというメリットもあります。

とは言え、安心・安全にオークション代行を利用するためには、メリットだけではなく注意点にも目を向ける必要があります。みなさんにぜひ知っておいてほしい注意点は下記2点です。

オークション代行の注意点

    ・落札側(購入):現物確認・試乗ができない
    一般の方はオークション会場に入れないため、代行業者が用意する資料を見て落札を判断することになります。

    ・出品側(売却):落札されない可能性がある
    大手会場における落札率が6~7割ですので、なかなか売れないという状況は珍しくありません。

もし、自分の目でちゃんと現物を見て買いたいという方や、確実に売却して早くお金を調達する必要があるという方は、オートオークション代行よりも中古車販売店や買取店での売買が向いているかもしれません。

上記注意点について承知できる方であれば、安く買えて高く売れるオートオークションは良い売買方法と言えます。

ただ、筆者の経験上、オークション代行業者はサイトが分かりづらかったり対応が不親切だったりと、中が見えづらい傾向にあります。そこで次章では、比較的利用しやすいおすすめの代行業者をご紹介します。

▽ 車を高く売るなら一括査定
http://a-satei.com

オークション代行ならカーオークションがいちばん無難!

最初にお伝えしますと、オークション代行業者としてそれなりに知名度があり、おすすめできる業者は下記3社(カーオークション.jp、オークサポート、くるまオークションドットコム)です。中でも、筆者としては「カーオークション.jp」がいちばんおすすめです。

というのも、本記事執筆にあたり筆者が各社に問い合わせたところ、接客スキル(ユーザーへの対応力)の面ではオークサポートとくるまオークションドットコムはやや不安の残る点がありました。

また、カーオークションではしつこい営業やサービスの押し売りがなかった点が、筆者としては好印象です。

Webサイトの情報の新しさという点においても、筆者としては「カーオークション.jp」がいちばん無難に使える代行業者だという印象があります。

ですが、各社で特徴が異なりますので、みなさんが気になるであろう「料金体系」「サポート内容」についてこれよりお話ししていきます。まずは、各社についてかんたんにご紹介します。

カーオークション.jp

カーオークション.jpは代行手数料が業界最安です。代行手数料は落札成功時のみ発生するというのも安心です。

また、万が一の故障に備えて3年間保証を付けることができたり、大きな瑕疵が見つかった場合に返品できたりといったオプションも用意されています。

カーオークション

オークサポート

オークサポートの特徴は、「相場検索機能で希望車を見つけ、その希望車に対して代行依頼できる」という点です。また、成功報酬制であり、また、実際に落札したときの明細を公開してもらえる明朗会計で安心です。

オークサポート

くるまオークションドットコム

くるまオークションドットコムは、東海エリアをカバーしている代行業者です。アフター保証と手厚いサービスが特徴です。

保証には「24ヶ月無料修理保証」「無条件返品買取保証」などがあり、そのほか「無料代車サービス」「購入車両事前チェックサービス」などの心強いサービスもついています。

くるまオークションドットコム

基本的に、オークション代行での売買は手数料を考慮しても金銭的にプラスになりますが、業者に支払う費用が高いのは考えものです。そこで、これら代行業者の気になる費用を見てみましょう。

各代行業者の費用比較

先述の3つの代行業者について、主な費用を比較してみました。各種料金は、筆者が各社に直接問い合わせて確認した情報を掲載しています。

落札する場合(購入)の費用

落札(購入)にかかる主な手数料

費用 カーオークション.jp オークサポート くるまオークションドットコム
代行手数料 落札価格が
150万円未満:39,800円
150万円以上:44,800円
300万円以上:49,800円
500万円以上:落札価格の1%
50,000円 落札価格が
100万円以下:50,000円
100万円超え:落札価格の5%
※名目:オークションサービス手数料
落札料 8,000円 8,000円 50,000円
※名目:オークションシステム使用料
入札料 無料 無料
  • ※2016年8月現在の金額
  • ※すべて税別

手数料だけで見ると、落札価格が500万円までの中古車なら「カーオークション.jp」、500万円を超える中古車なら「オークサポート」を選ぶと、代行手数料は最大50,000円以内におさまります。

しかし、業者選びには万が一の対応内容も重要な要素です。本記事の最初にお伝えした注意点である「現物確認・試乗ができない」点について、各代行業者がどのような対応をしているかを見てみましょう。

カーオークション.jp オークサポート くるまオークションドットコム
・主な10会場の画像つきレポート
・(オプション)3年間保証
・(オプション)返品システム
・電話とメールで車の状態を報告
・(オプション)2年間保証
・購入車両事前チェックサービス
・品質保証
・無条件返品買取保証
・24ヶ月無料修理保証
・24時間無料レスキューサービス

上記のとおり「くるまオークションドットコム」は保証系のサービスが充実しています。直接現車を見たり試乗したりできないからこそ、車両チェックや保証の有無は大切です。

くるまオークションドットコムは手数料がやや高めではありますが、リスクが気になる方には安心して利用できるサービスとしておすすめします。

まとめると・・・

  • 代行料をとにかく安く済ませたい方(落札価格~500万円):カーオークション.jp
  • 代行料をとにかく安く済ませたい方(落札価格500万円~):オークサポート
  • 品質保証や修理保証など、手厚いサービスを求める方:くるまオークションドットコム

出品する場合(売却)の費用

出品(売却)にかかる主な手数料

費用 カーオークション.jp オークサポート くるまオークションドットコム
代行手数料 35,000円 30,000円 50,000円
出品料 約10,000円 9,000円 約10,000円
成約料 約10,000円 9,000円 約10,000円
陸送費(往路) 地域により変動 地域により変動 10,000円
その他 10,000円
※名目:最終仕上げ料
合計 50,000円+陸送費 48,000円+陸送費 80,000円+陸送費
  • ※2016年8月現在の金額
  • ※すべて税別
  • ※くるまオークションドットコムでは、出品料+成約料をオークション経費として掲載

手数料だけで見ると、出品するならカーオークション.jpかオークサポートがお手頃です。

なお、業者選びにはもしもの時の対応内容が重要な要素です。本記事の最初に、出品時の注意点として「落札されない可能性がある」とお話ししました。もしそのような結果になった場合には、「再出品する」もしくは「車を返却してもらう」という選択肢があります。

まず、再出品する場合の「追加費用」はどの程度なのでしょうか。

1回目で落札されず、再出品する場合の追加費用

オークション代行業者 追加でかかる費用
カーオークション.jp 再出品ごとに +出品料約10,000円
オークサポート 再出品ごとに +出品料9,000円
くるまオークションドットコム 再出品ごとに +出品料約10,000円
  • ※2016年8月現在の金額
  • ※すべて税別

表から分かるように、再出品する際の追加費用は各社で大きな差がありません。代行手数料や成約料などの総費用を考えると、利用しやすいサービスは「カーオークション.jp」「オークサポート」と言えます。

一方、再出品をせずに車の返却をしてもらう場合は、代行業者によって代行手数料がかかる・かからないの違いなどの差異があります。車を返却してもらう場合に最終的に支払う「総費用」を下記にまとめてみました。

1回目で落札されず、車を返却してもらう場合の総費用

費用 カーオークション.jp オークサポート くるまオークションドットコム
代行手数料 35,000円
出品料 約10,000円 9,000円 約10,000円
陸送費(往復) 地域により変動 地域により変動 20,000円
キャンセル料 30,000円
その他 10,000円
※名目:最終仕上げ料
合計 45,000円+陸送費 9,000円+陸送費 50,000円+陸送費
  • ※2016年8月現在の金額
  • ※すべて税別

表から分かるように、再出品せずに車を返却してもらう場合、総費用が一番安いのは「オークサポート」となっています。

上記をまとめると、

  • 落札されなかったら再出品する場合:カーオークション.jp、オークサポート
  • 落札されなかったら返品してもらう場合:オークサポート

なお、「くるまオークションドッドコム」では「買取コース」が用意されています。もし落札されなかった場合、は代わりに買い取ってもらうことができますので、落札されなかった場合が心配という方におすすめです。

さて、実際にオークション代行業者を利用するとなった場合、身を守るためにしておくべきことがあります。ぜひチェックしてください。

▽ 車を高く売るなら一括査定
http://a-satei.com

トラブルを避けるためにすべきこと

落札側(購入):代行業者にチェックして欲しいポイントを伝える

代行業者はプロですが、任せきりにせず、「ここはチェックして!」というポイントがあればちゃんと伝えておきましょう。

落札行為自体は代行業者がおこないますが、選ぶのはあくまであなたの責任です。落札した中古車が想像と違っても、基本的に代行業者は責任を負えません。

自分で現車を確認できない分、不安に思う点はしっかり確認するようにしましょう。

落札側(購入):クレーム期間を確認し、落札後はすぐに点検をする

基本的にオークションはノークレーム・ノーリターンと言われています。しかし、オークション会場によってはクレーム期間が設けられており、その期間内であればクレーム申請が可能です。

とは言っても、一般的にクレーム期間は5日~1週間となっており、充分期間があるとは言えません。ものによっては落札当日のみ受付というものもあります。

つまり、陸送期間を考慮すると「自分ではチェックできない」ということになり、実質クレーム期間がないに等しい項目も存在します。

落札して一安心する前に、車体の点検をしっかりおこなうことはもちろん、あらかじめ「クレーム期間」の規定について代行業者に確認したりネットで調べたりするようにしましょう。

なお、低価格で落札された中古車については、クレームを受け付けてくれないケースが多いです。低価格にはそれなりの理由があるということであり、落札者はこのことを理解しておきましょう。

出品側(売却):最低落札価格を設定する

オークション出品の場合、当然「落札されるなら落札価格はいくらでもいい」というわけにはいきませんよね。より高く売るためにオークション代行を利用するのですから、あなたにとっての最低ラインがあるはずです。

納得した取引をするために、いくらまでなら良いのかしっかり考えておきましょう。そして、代行業者の担当者へしっかり伝えるようにしてください。

業者間向けのオークションですから、落札にしても出品にしても一般の方では判断しづらい事象が出てくるかもしれません。その時は遠慮せず、担当者に相談するようにしてください。

▽ 車を高く売るなら一括査定
http://a-satei.com

オークション代行と比べた個人売買の特徴

ヤフオクやメルカリなど、オークションサイトを介した個人売買の手段も増えてきました。売り手と買い手が直接売買を行うため、業者による中間マージンがなく、安価に購入したり高く販売できることが多いです。

ただし、お得になる以外のメリットはなく、トラブルのリスクが高いので注意が必要です。主に、以下のようなデメリットがあります。

  • アフターフォローや保証がない。
  • 名義変更などの手続きが自分でやる必要がある。
  • 代金先払いになるので詐欺にあうリスクがある。
  • 個人情報が流出する危険性がある。

なお、販売店がオークションサイトに出品している場合がありますが、この場合については、中古車販売店で購入するのとほとんど変わらないため、ここでは説明を省略します。

まとめ

中古車のオークション代行についてお話しましたが、いかがでしょうか。リスクに不安を感じたり、難しそうだと感じた方は、オークション代行は控えた方が良いと筆者は考えます。

中古車販売店や中古車買取店で購入・売却する方が簡単で、オークションにおけるリスクもなく安心です。

リスクを踏まえた上で、オークション代行を利用したいと考えている方は、本記事に記載した注意点に気を付けて利用してください。

補足:代行業者を利用する前にオークション相場を調べる方法

利用しやすい代行業者は分かったものの、実際に利用する前にオークション相場を知っておきたい!という方は多いと思います。

実は、ご紹介した代行業者のうち、「オークサポート」で相場検索をすることができます。こちらのページで必要条件を入力すると簡単に調べることができますので、ぜひお試しください。中古車相場については、「中古車のオークション相場が簡単に分かる全情報と代行利用の必須知識」でも詳しく解説しています。あわせてご参考ください。

中古車相場検索

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket