pagetop

アクセラの中古車を誰よりもお得に購入するための全知識

アクセラの中古車を誰よりもお得に購入するための中古車選び全情報

2003年に発売されたアクセラはマツダがこだわってきた「人馬一体の走り」と、上質な居住空間を持った、安定の人気車です。

発売以来、3代のモデルチェンジを経て、中古車市場においても高品質でお買い得な車両が増えています。

自分の予算と希望にあった最高のアクセラを購入するためには、以下のことを知っておく必要があります。

  • 自分の予算内で買える中で一番お得なアクセラの条件
  • あなたの希望に合うおすすめなアクセラの探し方
  • 注意する点、チェックポイント

この記事では、筆者おすすめのアクセラの中古車条件と中古車相場、探し方までご紹介します。

お読みいただくと、ご自身の希望にあったアクセラの中古車を探せるようになっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

【超】お得な「非公開」中古車を紹介してもらう方法

中古車を購入するなら、安くて、しかも質の高い一台を入手したいものですよね。しかし、中古車市場のなかには、状態が悪いものや、他に比べて割高な車両も多く含まれています。

できるだけコストパフォーマンスの高い中古車を購入するには、コツがあります。それは世の中に出回らない「非公開車両」に狙いを定めること。

中古車市場に在庫として公開している車両の多くは、そうしないと売れないからです。本当に良質で、お買い得な中古車の場合は、何もしなくてもすぐに売れてしまうので、わざわざ公開して、宣伝する必要はありません。

その市場には出回らない、特別な「非公開車両」を優先的に紹介してくれるサービスがありますので、お得な中古車をゲットしたい方は、まずは問い合わせしてみることをおすすめします。もちろん利用するのにお金はかかりません。

専門家の力を借り、満足できる中古車選びをしてください。

秘蔵の非公開車両を見る >>


今回の記事の流れ

今回の記事では、あなたの予算や条件にぴったりのアクセラの中古車を探せるように「中古車に求める条件」から「具体的な条件設定」「もっとも簡単な探し方」までをお話していきます。

アクセラのおすすめポイントを理解したうえでベストなアクセラの中古車を見つけていきましょう。

アクセラのおすすめ中古車条件

アクセラのおすすめポイントを解説

マツダの名車「ファミリア」の後継モデルとして誕生したアクセラはファミリア同様高い評価を得ています。4ドアセダンと5ドアハッチバックの2種類のボディタイプを採用しています。

パワートレインもスカイアクティブエンジンのクリーンディーゼルと直噴ガソリン、そしてハイブリッド車の3パターンを展開しており、環境や燃費効率にも配慮した優れた車となっています。

そこで、

  • スカイアクティブエンジンの魅力
  • マツダ自慢の安全性能
  • スポーツモデルの存在

についてお話ししましょう。

アクセラのおすすめポイント(1)スカイアクティブエンジンの魅力

2010年にマツダが最先端の技術を結集して作り上げたスカイアクティブエンジンは、環境性能や燃費効率の向上したので高評価を得ています。

例えば、燃費効率は従来のエンジンと比較して30パーセント向上し、10・15モードでは32km/Lと高燃費です。

次世代のエンジンはどうあるべきか、というコンセプトのもと、常識を覆すような技術革新を重ね、世界一を目指して開発されました。その結果、“走る歓び”と“優れた環境性能”の両立が実現しました。

アクセラのおすすめポイント(2)マツダ自慢の安全性能

ドライバーが安全に運転できる状態を確保するためにマツダは革新的な技術を開発しました。迫りくる危険を未然に防ぎ、もしもの時にもきちんと備えるシステムがアクセラには標準装備されています。

具体的には自動ブレーキやペダル踏み間違い加速抑制装置、車線逸脱防止装置など最先端技術があげられます。

アクセラのおすすめポイント(3)スポーツモデルの存在

ファミリーカーでありながら5ドアハッチバックモデルも設定されていて「スポーツ」と銘打って高い評価を得ています。

スカイアクティブエンジン-D22のパワートレインに18インチタイヤ、本革シート、6速MTを組み合わせたスポーティーなモデルが設定されています。このスポーツに乗れば、走りを楽しみたい方も十分に満足することができます。

それでは、アクセラ中古車が実際にどれほど流通しているのか、また、全体的に見たアクセラの中古車相場はどれくらいなのか調べてみましょう。

アクセラ全体の中古車相場

アクセラがどのような車で、どれほど魅力のある車かおおむねご理解いただけたと思います。それでは、実際の流通台数や中古車相場について、中古車検索サイトの情報をお知らせします。

中古車検索サイト 中古車平均価格 中古車相場 台数
カーセンサー 166万円 13~324.8万円 1,101台
グーネット 104.1万円 19.8~290万円 244台
ナビクルcar 104.1万円 19.8~290万円 244台
    *2017年12月の全国中古車情報を調査
    *修復歴なしに限定

低価格の車両は年式が古くて走行距離の多い車両ですが、基本グレードの1.5Sはどの形式でもおすすめです。特に2代目BL系のアクセラはだいぶ価格もこなれてきて80~120万円ほどで購入出来るのでお買い得といえます。

中古車検索サイトで調べると、10万円台から300万円オーバーまで価格差があります。ここから、ポイントになる価格ごとのおすすめ中古車をご紹介します。

価格別!アクセラのおすすめ中古車条件

前述の通り、アクセラも3代目となり、流通する中古車も増えてきました。スカイアクティブエンジンを搭載した15S-L、15Sプロアクティブ、15Cが発表されています。

クリーンディーゼルエンジン搭載車は15Sシリーズに加えて22シリーズが設定されています。

ハイブリット車には、HYBRID-S L-パッケージ、HYBRID-Sプロアクティブ、HYBRID-Cの3グレードが展開しています。どのグレードがお得でしょうか。

250万円以下で、良質なアクセラを購入したい方:3代目BM/BY系アクセラHYBRID-S L-パッケージ

この条件で中古車を探すなら、思い切ってアクセラハイブリットに狙いを絞ると良いと筆者は考えます。おすすめは3代目BM/BY系アクセラHYBRID-S L-パッケージです。エンジンはマツダ独自のものですが、モーター等はトヨタから供給されています。トヨタ・プリウスと同じシステムを採用しています。

HYBRID-S L-パッケージを新車で購入すると車両本体価格287.9万円になりますが、1~2年落ちで走行距離も5,000キロ以下のモデルが散見しており、価格も240万円前後です。試乗車として使用されていた車が多いので、ほぼ新車並みの中古車を手に入れることが出来るでしょう。

この条件のアクセラ中古車の注意点(1):ハイブリットエンジンの特徴に慣れる

前述の通り、HYBRID-Sはスカイアクティブエンジンにトヨタ車用に開発されたハイブリッドシステムを組み合わせています。

スポーツモードやパドルシフト的な可変システムがありません。出力値はプリウスとほぼ同じですが、始動時にはやや遅れるようです。慣れるのに時間が必要かもしれないので、試乗して確認すると良いでしょう。

この条件のアクセラ中古車の注意点(2):マツダコネクトのシステムが独特

マツダコネクトと呼ばれるシステムが標準装備になり、7インチのセンターディスプレイが設置されます。少ない視線移動とブラインド操作を可能にしたことで、運転に集中できるようになりました。また、別途専用のSDカードを利用する事によってナビを利用することができます。

しかし、マツダコネクトの評価は分かれるところです。起動や操作速度は速くなりましたが、表示項目や設定方法などが既存のオーディオやカーナビと異なる点が多いことによる扱いづらさがあるようです。

試乗するときには必ずマツダコネクトを起動して、操作具合や視認性を確認しましょう。

250万円の予算で購入できるアクセラはほとんど新車並みの良質な中古車です。新車よりも数十万円も費用をおさえることができるので、一考の価値があります。

この条件のアクセラの中古車相場

中古車検索サイト 中古車平均価格 中古車相場 台数
カーセンサー 165.2万円 129.9~274万円 119台
グーネット 163.7万円 115~280万円 120台
ナビクルcar 163.7万円 115~280万円 120台
    *2017年12月の全国中古車情報を調査
    *修復歴なしに限定

200~240万円程度で問題ない中古車を買うことができます。ハイブリッド車でもグレードにより価格差がありますが、この予算では高年式のHYBRID-S L-パッケージがおすすめです。

200万円以下で良質なアクセラを購入したい方:3代目BM/BY系アクセラ1.5Sがおすすめ

この条件でアクセラを選ぶなら、3代目BM/BY系アクセラ1.5Sがおすすめです。特に、2015年式のモデルは160~180万円前後で手に入れることができます。

マツダが技術を結集して作り上げた安全性能のシステムは、事故を未然に防止するアクティブセーフティ技術、事故にあうリスクや被害を軽減する衝突被害軽減ブレーキ、事故の被害を軽減するパッシブセーフティ技術、ドライバーの運転を支援する機能を備えた「i-ACTIVSENSE」などがあります。

これらが全モデルに搭載されているので、ドライバーが安全に運転できる状態を保つことができます。刻一刻と変化する運転環境下において、ドライバーの危険に対する認知・判断・操作をサポートします。

もちろん、ドライバーが安全運転を心がけることは当然ですが、もしもの時にも被害を軽減するでしょう。こうした安全性能の最新の技術が標準装備されている3代目BM/BY系アクセラを筆者はおすすめします。

この条件のアクセラ中古車の注意点(1):ディーゼルエンジンの不具合

どのモデルも全体としてよい車なのですが、ディーゼルエンジンの不具合がマイナス面として取り上げられています。

原因はディーゼルエンジンそのものではなく、前オーナーがディーゼルエンジンの特徴をよく理解していないことにあります。例えば、買い物の時にだけ使うといった、いわゆる街乗りをしていると、エンジン内にススがたまりエンジン性能をフルに発揮させることができなくなります。

ディーゼルエンジンの状態を確かめるためには、前オーナーがどのように乗っていたかを教えてもらうのも最良の中古車を見出すテクニックの一つです。

この条件のアクセラ中古車の注意点(2):運転中の音

運転中の室内に、不快に思うほどの騒音が入ってくることがあります。

異音とまではいかないまでも、エンジンが高回転時にノイズが入ってくるようです。樹脂製部品やプラスチック素材のビビリ音も発生します。ロードノイズを軽減するためにアルミホイールやタイヤの形状に工夫がなされていますが、高速走行時にはやはり気になるようです。

運転中に発生するノイズが許容できる範囲のノイズなのか確認したほうがよいでしょう。この価格帯になると、走行距離も伸びてきます。価格が安いからといってすぐに購入を決めてしまうのではなく、じっくりと考えましょう。

その時、忘れずにエンジンの調子を見定めることは大切です。

この条件のアクセラ中古車相場

中古車検索サイト 中古車平均価格 中古車相場 台数
カーセンサー 163.8万円 28~216万円 255台
グーネット 88.1万円 19.8~218万円 202台
ナビクルcar 88.1万円 19.8~218万円 202台
    *2017年12月の全国中古車情報を調査
    *修復歴なしに限定

160~180万円で問題ない中古車を購入することができます。15Sはどのモデルでもお買い得ですが、程度の良い中古車を購入するには3代目BM/BL系をおすすめします。

160万円以下の良質なアクセラを購入したい方

この条件のアクセラ中古車の中で、良いコンディションの車を探し出すために、初代BK系、2代目BL系に注目することが出来ます。

アクセラセダンだけではなく、5ドアハッチバックのアクセラスポーツなどにも手が届きますので、選択肢が広がります。走行距離と価格の兼ね合いをよく見て決めましょう。希望条件に合った中古車は必ず見つかります。

この条件のアクセラ中古車の注意点(1):足回りの硬さ

足回りの特性が自分の好みとあっているか確認することが重要です。

アクセラの乗り心地は競合車よりも硬いといわれています。大体の方が足回りの硬さを好意的にとらえていますが、硬すぎて乗り心地が悪いと考えている方もいます。

乗り心地は好みが分かれやすいところなので一概に良し悪しは決められませんが、長距離の疲労軽減や安定感に繋がっているのは事実です。

足回りの硬さが自分の好みに合うか、試乗して実際に確かめたい部分です。

この条件のアクセラ中古車の注意点(2):室内のビビリ音

初代BK系、2代目BL系ともに、前述の3代目BM/BY系同様室内のビビリ音が発生します。特に2代目BL系では、天井サングラス小物入れ附近の接合部品同士が共鳴していて、それが窓ガラスに伝わってダッシュボード附近のビビリ音になっているようです。

しかし、該当箇所に消音材を貼付すると異音をある程度なくすことが出来ます。自分の条件や予算の中でベストな中古車を見つけ出すために、試乗するときにビビリ音がするか確認することが必要です。
 

この条件のアクセラ中古車相場

中古車検索サイト 中古車平均価格 中古車相場 台数
カーセンサー 164.4万円 35~189.3万円 559台
グーネット 88.1万円 13~165万円 96台
ナビクルcar 88.1万円 13~165万円 96台
    *2017年12月の全国中古車情報を調査
    *修復歴なしに限定

80~120万円で問題ない中古車を探すことができます。初代、2代目モデルともに値段はだいぶ落ち着いてきました。状態にもよりますが、アクセラスポーツにも手が届きますので、あきらめずに探しましょう。

ここまでで、アクセラの中古車情報やおおよその相場についてお話ししました。今一度チェックポイントや購入時の注意事項について考えましょう。

筆者おすすめ・アクセラ中古車のまとめ

アクセラ中古車を見極めるためのチェックポイントをまとめました。

エンジン回りのチェック 走行時に異音があるか(ビビリ音)
パワーステアリングのチェック 正常に機能するか
足回りのチェック タイヤの減り具合は均等か・硬さは十分か
マツダコネクトのチェック きちんと作動するか・操作性は大丈夫か

アクセラの中古車は10万円台から300万円オーバーのものまで価格帯に幅があります。

250万円の予算があったら、3代目BM/BY系アクセラHYBRID-S L-パッケージをおすすめします。新車で購入するより数十万円安く購入できることや、試乗車上がりの車が多く、低走行距離の車体が多いからです。

200万円の予算でという条件があるなら、3代目BM/BY系アクセラ1.5Sを考えてみても良いでしょう。

160万円の予算を活用できるなら、初代BK系、2代目BL系アクセラ15Sは評価が高いのでおすすめです。

ここまでご紹介した筆者おすすめのアクセラ中古車条件について、再度図にまとめたものを掲載します。

アクセラのおすすめ中古車条件

まとめ

いかがでしたか。今回の記事では、あなたが自分に合ったアクセラの中古車を見つけられるように、筆者おすすめの条件と、中古車相場・具体的な探し方までお伝えしました。

あなたにあった条件のアクセラがみつかれば、あとは販売店へ連絡するだけです。メリットを最大限に活かせれば、価格も安く、質のいいアクセラを手に入れられるでしょう。

アクセラは2003年に発表されて以来、どのモデルも高評価を得てきました。中古車も流通量が増えてきていますから、あなたの希望や予算に応じた車両を必ず見つけ出すことができます。

ぜひ今回の内容を参考に、あなたにぴったりの中古車を見つけてください。

中古車の値引きを成功させるいちばんの方法

車を買うときに、いちばん値引きに効くのは、いま乗っている車をできるだけ高く売ることです。車の売却にはいろいろな方法がありますが、そのなかには賢い方法と、損をする方法があります。

たとえばディーラーへの下取りや、大手買取業者一社に見積もりを取って、そのまま売却するというのは、実は大きな間違いなのです。車を高く売るための最大の秘訣は、複数の買取業者に査定をしてもらい、買取店に競争してもらうこと。

いくつもの買取業者に連絡を取り、見積もりを取るのは手間がかかりますが、「一括査定サービス」を使えば、必要情報をたった一回書くだけで、自動的に複数業者に査定依頼ができます。

下取りに比べると10万円~30万円高い査定額が出ることも珍しくありません。まずは愛車がいくらで売れるか調べてみましょう。

愛車の価格を調べる >>

アクセラの新着中古車情報


条件で絞って中古車を探す

メーカー
車種

-

年式

都道府県

市区町村

ミッション

価格

走行距離

修復歴

駆動方式

車検残

支払総額

更に詳しい条件を追加する

車両条件

燃料

ATミッション詳細

ハンドル

排気量

乗車定員

ドア数
ボディタイプ

-

後部スライドドア

過給器

状態

安全装置

装備・仕様・その他

基本装備

仕様

TV・モニター

インテリア

カーナビ種類

AV機器

外装装備

カメラ


アクセラのスペック情報

アクセラ
全長
4.48m~4.58m
全高
1.46m~1.51m
全幅
1.75m~1.8m
CVT 燃費(JC08モード) 17.8km/L~21.4km/L
駆動方式 2WD,4WD 排気量 1,500cc~2,300cc
定員 5人 車両重量 1,455kg~1,795kg
※燃費は現行モデルの情報です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket