pagetop

安心して乗れる中古車を安く買う為には?3つの重要ポイント

安心して乗れる中古車を安く買う為には?3つの重要ポイント

中古車を購入する際、少しでも安く買いたいと考えている方は多いと思います。また、ただ安く買うだけではなく「安心」して使える良い中古車を買いたいと思うことでしょう。中古車の購入でとにかく安いことだけを求めると、予想外の出費を招いたり、失敗することにもなりかねません。

そこで今回の記事では、安心して乗れる中古車を安く買うための方法をご紹介していきます。また、失敗事例とその対策についてもご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

【超】お得な「非公開」中古車を紹介してもらう方法

中古車を購入するなら、安くて、しかも質の高い一台を入手したいものですよね。しかし、中古車市場のなかには、状態が悪いものや、他に比べて割高な車両も多く含まれています。

できるだけコストパフォーマンスの高い中古車を購入するには、コツがあります。それは世の中に出回らない「非公開車両」に狙いを定めること。

中古車市場に在庫として公開している車両の多くは、そうしないと売れないからです。本当に良質で、お買い得な中古車の場合は、何もしなくてもすぐに売れてしまうので、わざわざ公開して、宣伝する必要はありません。

その市場には出回らない、特別な「非公開車両」を優先的に紹介してくれるサービスがありますので、お得な中古車をゲットしたい方は、まずは問い合わせしてみることをおすすめします。もちろん利用するのにお金はかかりません。

専門家の力を借り、満足できる中古車選びをしてください。

秘蔵の非公開車両を見る >>

中古車を安く買うためのポイント

中古車を安く買うためにはいろいろな方法がありますが、購入金額に大きく影響するポイントから押さえていくことをおすすめします。購入金額に大きく影響するポイントの中でも特に「安心」して購入をするためには、次の3つをおさえて中古車選びをしましょう。

  • 走行距離
  • 年式
  • こだわりは最小限に

次は、各ポイント別のおすすめの選び方を紹介していきます。

中古車を安く買うための走行距離の選び方

中古車の状態を左右する要素の1つとして走行距離があります。走行距離が長いということは、これまでたくさん使われてきたことを意味するため、使用と共に車が傷んでいる可能性が高くなります。

そのため、一般的に中古車は走行距離が長くなるにつれて価格は安くなります。 一例として走行距離に対する中古車価格の変化をホンダ フィットを例にしてご紹介します。

走行距離 価格
1万km~2万km 約90万円
5万km~6万km 約70万円
10万km~11万km 約30万円

こちらの例では走行距離の違いによって、30%以上も中古車価格が変わってくることが分かります。ただし、走行距離が長いということは故障の可能性が高くなるため修理代や車検のときのメンテナンス代などが高くなることも有り得ます。

そこで、おすすめの走行距離の選び方は「自分の車の使い方に合った走行距離を選ぶ」ということです。

おすすめの走行距離は4万km~5万km

これは、世間でよく言われているように車の寿命を10万kmとして考え、中古車の平均使用年数が5~6年で5~6万km走行する(1年あたり1万km)と仮定したときのおすすめ走行距離です。※車種、使用方法によってこの寿命は変動があります。 計算式としては次のようになります。

(おすすめの走行距離)= (10万km)-(あなたがこれから走行する距離)

もちろん、買い物や通勤、レジャーなどの用途や利用期間など、あなたがどう車を使用するかで走行距離も変わってきますので、ひとつの目安としてお考えください。

年式の選び方:おすすめの年式は5年前のもの

次に中古車を安く購入するためのポイントは「年式」を決めることです。「年式」をかんたんに説明すると、車が作られた年のことです。

そのため、年式が古いものほど車はたくさん使われ、状態も劣化している可能性がある為価格は安くなります。 一例として年式に対する中古車価格の変化を同じくホンダ フィットでご紹介します。

年式 価格
2015年式 約120万円~130万円
2011年式 約80万円
2007年式 約50万円~60万円

この例では年式の違いで価格は2倍の差が付くことが分かります。ただし、年式が古いと走行距離と同じように故障の可能性が高くなるデメリットがあります。 そこで、このデメリットを考慮しながらどう年式を選べば良いかについて、次でご紹介します。

おすすめの年式目安は5年落ちのもの

先ほどの走行距離と同様に、中古車の平均使用年数が5年〜6年ということと車の寿命が10年ということを考慮するとおすすめの年式は5年落ちのものということになります。

計算式としては次のようになります。

(おすすめの年式)= (車の寿命10年)-(あなたがこれから利用する期間)

注意点としては、装備やオプションの有無もチェックしましょう。キーレスエントリーやスマートキーなどは年式・グレードによっては装備されていないことがあります。後から付けることができない装備にこだわりがある場合は事前に確認することをおすすめします。

こだわりは最小限に

中古車を安く買う最後のポイントは、こだわりを少なくすることです。率直に言ってこだわりが多いほど、上記で紹介した「走行距離」や「年式」の選択肢も少なくなってきます。 ここでは、「こだわりの持ち方」にポイントを置いて中古車を安く買う方法を紹介していきます。

装備・オプションにこだわらない

あとから購入して付けることが可能なナビやアルミホイール、バックモニターなどは、よほど強いこだわりがない場合はとりあえず見合わせましょう。そうすることで、たくさんの中古車からより安い車を見つけられる可能性が高くなります。

ボディカラーにこだわらない

中古車の価格は市場の人気で決まります。当然人気が高いものほど価格は高くなります。そのため、人気なカラーの中古車は高い傾向にあります。中古車を安く買いたい方はボディカラーにこだわらないほうが結果的に安く購入できるでしょう。

ここまで、中古車を安く買うためのポイントやおすすめをご紹介してきました。ただし、価格が安い中古車は、故障しやすくなる・想定外の維持費がかかるなどのデメリットがあることに注意しましょう。

次は、中古車を安く買うときの注意点とその回避方法についてご紹介します。

中古車を安く買うときの注意点と対策

安さだけを求めて、中古車を買う時に気を付けるポイントを押さえないと、最終的に金銭的不安が増えたり、後悔する買い物になってしまうかもしれません。ここでは実際に安い中古車を購入して後悔している方の事例紹介とともに、注意するべきポイントをお伝えします。

安い中古車を購入して失敗したAさんの事例

社会人になりたてのAさんは移動手段として車を購入したいと思っていましたがお金がなかったため、とにかく安く購入したいとスバルのフォレスターを20万円と安い金額で購入しました。

購入した車は8年前の年式で走行距離は約10万kmでした。購入してから1年間は問題なく利用できましたが、その後オイル漏れの症状が出て点検。購入したお店に修理を依頼したところ他にもタイミングベルトに劣化があり、交換する必要があるとの事で、追加で13万円ほどかかってしまいました。

その後また1年後にオイル漏れが再発し、乗り続けることを断念したものの、車の価値はなく5円で引き取ってもらうことになりました。

Aさんは安さだけを追求して中古車を買ったため、失敗をしました。このようなことにならないために「安く」買うときには購入後も「安心」して利用できる中古車を買うことがポイントになるでしょう。

その為の方法として「アフターサービスが充実している販売店で購入する」ことをおすすめします。

安心の「アフターサービス」を受けられるオススメの買い方はコレ!

ここでは安心して中古車を買うために、充実したアフターサービスを受けられる買い方をご紹介していきます。まず販売店の種類は下記の4種類があります。

  • 中古車ディーラー
  • 中古車検索サイト
  • 中古車販売店
  • 買取専門店の中古車販売

ここでは、筆者が特におすすめする3つについてご紹介します。

中古車ディーラー:U-car保証

おすすめポイント

  • メーカー系が運営しているところからの技術力や品質の安心感あり
  • 質の高い中古車が比較的多い
  • 座席シートを外し、汚れやニオイを徹底的に綺麗にする「まるごとクリーニング」を実施

アフターサービスの内容

  • メーカー・年式を問わず走行距離無制限・1年間の無料保証!
  • 全国の系列店で保証修理可能
  • 最長3年の延長保証(有償)

中古車検索サイト:Goo保証

おすすめポイント

  • 最新の中古車情報を様々な条件から探し出すことができる中古車検索サイト
  • 業界最大手で全国60ほどの拠点で情報収集を行っており、豊富な情報量が魅力

アフターサービス(Goo保証)の内容

  • 最大3年の保証
  • 故障が起きても24時間365日電話でサポート。全国5000工場のネットワークで旅先でも安心
  • 純正ナビやパワーウィンドウなどの電装部品も保障

買取専門店の中古車販売:ガリバー保証

おすすめポイント

  • 最近まで利用されていた新鮮な車が多い
  • 仲介者が少ないため比較的安い金額で購入可能
  • 放射線検査済み

アフターサービスの内容

  • 最長10年の長期オプション保障
  • 100日以内の返品に対応
  • 販売している中古車に修理歴・事故車なし

まとめ

いかがでしたか。今回は、中古車を安く買う方法と注意点についてお話ししました。中古車を安く買いたいという方は、車両の購入代金だけでなく購入後も安心して利用できる中古車を選ぶことが大切です。以下にポイントをまとめます。

車両の購入代金を安くするための3つのポイント

  • 走行距離
  • 年式
  • こだわりは最小限に

購入後も安心して利用できる中古車を選ぶためには、アフターサービスが充実している販売店で購入することがポイントです。また、10年以上走行している中古車でも、勿論安全に乗れる中古車もあります。アフターサービスの他に肝心なのはリスクのある中古車を避ける目を持つことです。

現車を確認する際は、「中古車を購入する前にチェックするポイントを紹介」を参考に、問題のある車を避けるようにしましょう。

【超】お得な「非公開」中古車を紹介してもらう方法

中古車を購入するなら、安くて、しかも質の高い一台を入手したいものですよね。しかし、中古車市場のなかには、状態が悪いものや、他に比べて割高な車両も多く含まれています。

できるだけコストパフォーマンスの高い中古車を購入するには、コツがあります。それは世の中に出回らない「非公開車両」に狙いを定めること。

中古車市場に在庫として公開している車両の多くは、そうしないと売れないからです。本当に良質で、お買い得な中古車の場合は、何もしなくてもすぐに売れてしまうので、わざわざ公開して、宣伝する必要はありません。

その市場には出回らない、特別な「非公開車両」を優先的に紹介してくれるサービスがありますので、お得な中古車をゲットしたい方は、まずは問い合わせしてみることをおすすめします。もちろん利用するのにお金はかかりません。

専門家の力を借り、満足できる中古車選びをしてください。

秘蔵の非公開車両を見る >>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket