pagetop

中古車購入に印鑑証明が必要な理由と発行までの流れ

中古車購入に印鑑証明が必要な理由と発行までの流れ

初めて中古車を購入するとき、中古車販売店から「印鑑証明を用意して下さい」と言われて「何で中古車の購入に印鑑証明が必要なの?」とか「そもそも印鑑証明ってなに?」などの疑問を抱く方は多いのではないでしょうか。
今回の記事では、中古車購入時の印鑑証明についての説明や発行方法についてご紹介しています。最後までご覧頂ければきっとその疑問を解消できると思います。

また、記事終盤に印鑑証明以外の必要書類についてもご紹介していますので、改めて確認したい方は是非参考にして下さい。

中古車の購入には印鑑証明が必要

冒頭でお伝えした通り、中古車を購入するときに印鑑証明は原則として必要になります(※場合によっては必要ないケースもあります。記事内、印鑑証明が必要ないケースへ)印鑑証明が理由については後述しますが、そもそも印鑑証明とはどういったものなのでしょうか。

印鑑証明とは?

正式名は「印鑑登録証明書」といい、自分のハンコ(印鑑)が地方公共団体に登録されたものであるということを証明する為のもので、これはつまり、「信頼できる第三者が本人の印鑑の正当性を保証している」ということになります。
印鑑証明は主に不動産やマンション等の“資産”を売買するときに必要な大変貴重な証明書であり、取り扱いには注意が必要です。

この印鑑証明を発行してもらうためには、自分の持っている印鑑を“自分だけの印鑑”と証明するために、市役所や区役所などで印鑑登録をする必要があります。また、その印鑑登録を済ませた「信頼性が保証されている印鑑」のことを実印といいます。

印鑑証明の具体例はこちらです。

印鑑証明事例

印鑑証明が中古車購入に必要な理由

中古車購入に何故印鑑証明が必要なのか?ということについてですが、前述で印鑑証明は不動産やマンション等の“資産”の売買で必要になるものとお伝えしました。日本では自動車が不動産等と同じく“資産”として位置付けられており、新車・中古車問わず自動車の登録や名義変更、廃車の手続きに実印が必要となります。

それと同時にその印鑑が実印であることを証明するための印鑑証明が必要になる、という訳です。

印鑑証明が必要ないケース

前述の1.で「中古車の購入には印鑑証明が必要」とお伝えしましたが、実は印鑑証明が必要のないケースもございます。そのようなケースとはどのような場合なのでしょうか?

購入する中古車が軽自動車の場合

自動車は不動産等と同じく“資産”であるという風にお伝えしましたが、軽自動車の場合は法的に資産としての扱いはされていないので、購入する中古車が軽自動車の場合、実印や印鑑証明は必要ありません。

登録名義がローン会社の場合

自動車ローンの契約の際、ローン会社は貸し倒れになるリスクを避けるために、自動車を担保にするのが一般的です。つまり、ローンの支払いが完済するまでは自動車の所有者はローン会社となるので、この場合印鑑証明は必要ありません。

印鑑証明の有効期限について

基本的に印鑑証明に“有効期限”というものは設定されていませんので、情報が変わっている等の古いものでなければいつでも使用することができます。しかし、不動産や自動車等の大きな取引の際には「発行から3ヶ月以内のもの」や「発行から6ヶ月以内のもの」を指定されることが多いです。

つまり、印鑑証明の有効期限の決定権は提出先にあるということです。なので、中古車の購入などの大きな取引の際の印鑑証明は、「発行から3ヶ月以内のもの」を用意しておくようにすればとりあえずは問題ないでしょう。

印鑑証明発行までの流れ

印鑑証明の役割についてはご理解いただけたでしょうか。次は印鑑証明の発行方法についてお話しします。発行までの流れですが、基本的には下図のようになっています。

印鑑証明発行の流れ

それぞれ、詳しくご説明します。

1.実印の準備(即日~2日)

まず今回が初めての印鑑登録という場合は、まず実印として使用する為の印鑑を購入する必要があります。印鑑は近所のハンコ屋で購入するでもいいですし、ハンコ屋が近くにないという方はインターネットの注文でも可能です
参考:ハンコヤドットコム
インターネットで注文した場合は翌日、ハンコ屋で購入した場合は即日での入手も可能です。

注意点

以下の印鑑は実印として認められない場合がございますのでご注意下さい。

  • 印影の文字が判別出来ないものや、破損している場合
  • 他の人が既に登録している印鑑
  • ゴム印など、押面が変形しやすい印鑑

2.身分証明書の用意(有効期限が切れていなければ10秒程)

印鑑登録で役場に向かった際に提示する身分証明書を用意しましょう。こちらは所持している身分証明書の有効期限が切れていない場合は確認作業だけで済むので10秒程度で終了します。使用できる身分証明書としては以下です。

  • 住民基本台帳カード(写真付き)
  • 運転免許証
  • 旅券(パスポート)
  • 外国人登録証

注意点

社員証や健康保険証では申請が出来ないので注意しましょう。

3.市区町村役場で印鑑登録(役場が混んでいなければ15分程)

実印と身分証明書が揃ったら、近辺の区役所や市役所で印鑑登録を済ませましょう。役所に到着して申請~登録までの所要時間ですが、役場が混んでいなければ申請用の書類に必要事項を記入して窓口で申請するまでに5分程、実印登録までに5分程かかる程度です。

印鑑登録が無事終了すれば、「印鑑登録証(印鑑登録カード)」が発行されます。

印鑑登録証(印鑑登録カード)の実例はこちらです。

印鑑登録カード事例

4.印鑑証明を交付申請(3分程度)

印鑑登録証を入手したら、必要枚数分だけ印鑑証明の交付申請を行います(このとき数百円の手数料が必要になります)また、印鑑登録証があれば交付申請時に身分証明書は必要ありません。発行枚数の決定~手数料の支払いまでは3分程で終了となります。

注意点

下取り車がある場合必要な印鑑証明は、下記用途で計3枚となるのでご注意下さい。

  • 下取り車の名義変更用:1枚
  • 下取り車自動車税還付用:1枚
  • 下取り車自賠責保険解約用:1枚

5.印鑑証明を取得(3分程度)

交付申請が終了すれば、いよいよ印鑑証明の発行申請を行います。
印鑑登録時に実印のチェックや本人確認は済んでいるので、印鑑証明の発行自体は3分もかかりません。こちらの作業を終えれば晴れて印鑑証明の取得は完了です。

その他の中古車購入に必要な書類一覧

ここまで中古車購入時の印鑑証明を中心にお話ししてきましたが、その他の必要書類については以下をご覧ください。
「中古車を購入する際に必要な書類と取得方法を分かり易く解説」でより詳しくお話ししています。

自動車検査証(車検証)

いわば車の“戸籍本”です。中古車であれば販売店で保管されており、購入して納車した際に使用者の名前の欄が自分のものになっているか確認した方が良いです。任意保険に加入する際にこちらのコピーが必要になるので、出来れば契約時にコピーしておきましょう。

委任状

車の登録に関する業務は複雑なので通常は販売店に代行してもらうのですが、その際に「業務に関する手続きを第三者(販売店)に委任する意思」を示す委任状が必要となります。書類自体は販売店が用意してくれます。

車庫証明書

駐車場を管轄する警察署に申請し、警察による確認の後に交付されます。必要になる書類は車を自宅に置くか賃貸駐車場に置くかで異なり、いずれにせよ販売店又は警察署で入手することができます。ほとんどの販売店で申請の手続きを代行してくれますが、賃貸駐車場の場合は、そこを管理する不動産会社の署名と押印が必要です。

まとめ

いかがでしたか。今回の記事では中古車購入時の印鑑証明を中心にお話ししました。ポイントをまとめると

  • 印鑑証明(印鑑登録証明書)とは、信頼できる第三者が本人の印鑑の正当性を保証しているということの証明書であり、自動車等の“資産”として扱われるものの売買に必要である。
  • 印鑑証明書が必要のないケースとしては、購入する中古車が“軽自動車”の場合と、所有者が購入者以外のケースがある。
  • 印鑑証明の有効期限の決定権は提出先にあり、とりあえずは「発行から3位ヶ月以内のもの」を用意しておけば問題はない。
  • 印鑑証明の発行には、印鑑登録をした実印が必要であり、市役所等の役場で発行する。

の4つです。初めて中古車を購入するときは、あまり聞きなれない手続きや書類を用意しなければならなくなると思いますが、なるべく事前に調べ、ある程度の予備知識を持った状態で購入に臨みましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで最新情報をチェック