中古車のクーリングオフは可能?契約・購入後・買取の場合を徹底解説

中古車のクーリングオフは可能?契約・購入後・買取の場合を徹底解説

中古車購入の契約後や納車後に、不具合や故障などの事情でキャンセルや返品をしたい、という方は少なくないと思います。その際に気になるのが「中古車はクーリングオフができるのか?」ということではないでしょうか。

結論から言えば、残念ながら中古車の売買はクーリングオフの対象外です。しかし、クーリングオフができなかったとしても、場合によっては返品・キャンセルが可能なことがあります。

今回の記事では、中古車でのクーリングオフが適用されない理由から、中古車の返品・キャンセルができる可能性がある場合についてお話しします。あなたが当てはまるかどうかで、今後の対応が変わると思いますので、ぜひ参考にしてください。

中古車でクーリングオフができない理由

はじめにお話しした通り、中古車の売買はクーリングオフの対象外となっています。なぜ、クーリングオフが中古車ではできないのかを簡単にお話しします。

クーリングオフは、訪問販売や電話勧誘などの冷静な判断ができない「不意打ち」ともいえる購入に対して、冷静に考え、判断するために「特定商取引法」で定められた制度です。購入後、一定期間内であれば契約の解約・返品が行えます。

また、マルチ商法などの仕組みが簡単に理解できない商材や、エステ・結婚相談などの金銭に伴う対価が不定形で保証されないものの一部もクーリングオフの対象となります。

これらに当てはまらない以下のような商品

  • 実際に店舗に出向いて購入する商品
  • インターネットの通信販売で購入する商品
  • 上記の中で、実物が存在するもの

はクーリングオフの対象外となり、これが中古車で該当制度が適用されない理由です。もちろん中古車のみが例外ではなく、アパレルや家電製品等も上記の例に当てはまればクーリングオフは適用されません。

クーリングオフが中古車では適用されない理由についてはご理解いただけたかと思いますが、その場合、中古車のキャンセル・返品は可能なのかを以下でご説明します。

契約後のキャンセル・購入後の返品について

キャンセル・返品は基本的にできないのが実情

まず、いくつかのケースを除いて、中古車のキャンセル・返品は不可能だと考えた方が良いでしょう。新品の購入とは異なり、中古車は既に誰かが乗っている車であり、「納車後の不具合が販売店に責任がある」と証明することが非常に困難だからです。

たとえ新車の場合でも、一切の負担をせずに返品・キャンセルできるケースはほぼ皆無です。それでは、中古車がキャンセル・返品できるケースとは何でしょうか。

キャンセル・返品の可能性があるケースを以下の表にまとめました。

中古車のキャンセルが
可能なケース
未成年で親の許可なしで購入した場合
契約の成立条件にいたっていない場合
口頭のみで購入の約束をした場合
キャンセル条件が契約書に記載してある場合
中古車の返品ができる可能性が
高いケース
事故車(修復歴車)であることを知らされず購入した場合
ガリバーの返品サービスを利用する場合

それぞれのケースについてここから詳しくお伝えします。下記に当てはまらない場合は、残念ながらキャンセル・返品は不可能だと考えるべきです。

契約後のキャンセルが可能なケース

ここでは中古車販売店のオーナーにヒアリングした結果から、中古車のキャンセルが可能なケースについてお話しします。中には稀なケースもありますが、あなたが当てはまるかどうかを確認してください。

また、下記の内容に当てはまっていたとしても、1日違うだけでキャンセルが不可能になることもありえます。筆者としては、販売店の心象を損ねて余計な不利益を受けないためにも、判断でき次第早めの連絡をおすすめします。

その1:未成年で親の許可なしで購入した場合

日本の場合は、未成年の契約が守られており、親の同意がないとそもそも契約を行うことができません。
販売店によってはキャンセル料を要求される場合がありますが、今回のケースの場合は法律上も支払う必要はありません。

その2:契約書に記載がある“契約の成立条件”に至っていない場合

中古車販売店により契約の成立条件は異なります。模範とされている契約書が一般社団法人日本中古自動車販売協会連合会に掲載されており、多くの中古車販売店が加入しています。

中販連のモデル注文書では「登録がなされた日もしくは注文者の依頼によって車両の修理、改造、架装などをする場合には、販売者がこれに着手した日、または車両の引き渡しが成された日」のいずれか早い日を持って契約成立の日とします。

つまり定められている「契約成立の日より前」であれば、キャンセルは可能です。販売店によって異なるため、契約書をよく見てみて「いつが契約の成立になるのか確認」をしましょう。

また、販売店によっては契約成立されていなくても、キャンセル料を要求される場合がありますが、法律上も支払う必要はありません。

その3:口頭のみで購入の約束をした場合

契約書などの取り交わしはしておらず、口頭で約束した場合も契約したことにはなるのですが、証拠となるものがないため契約は無効にできます。

しかし、購入側の落ち度でもあるため、販売店によってはキャンセル料を支払うことを求められ、厳密に言うと支払う必要があります。

ただし特に契約の証拠となるものがないため、支払い拒否を押し通すことは可能といえば可能です。

その4:契約を締結したが、何らかのキャンセル条件が記載してある場合

ケースその2の契約条件と共に契約書にキャンセル条件が記載されている場合があります。仮に契約が成立していたとしても、キャンセル条件が記載されている場合は、その条件をのむことでキャンセルが可能です。

よくあるキャンセル条件としては「契約時に支払う手付金を返却しないことでキャンセル可能とする」「総販売額の10%を支払うことでキャンセルは可能とする」といった内容です。

いわゆるキャンセルのペナルティ料を支払うことでキャンセルが行えるというわけです。

返品が期待できる2つのケース

中古車の返品は、既に車両が納車されている分、契約後のキャンセルよりさらに難易度が高くなります。中古車の返品が期待できるのは、実際のところ

  • 「事故車(修復歴車)であることを知らされず、購入した場合」
  • 「ガリバーの返品サービスを利用する場合」

のみだと筆者は考えています。このケースにあなたが当てはまらなければ、返品はできないと考えた方が良いでしょう。まず前者の「事故車(修復歴車)であることを知らされず、購入した場合」について、詳しくお伝えします。

事故車(修復歴車)であることを知らず購入した場合

このケースでは、主に2つのパターンが想定されます。

  • 販売店が事故車と偽って中古車を販売した場合
  • 販売店も事故車と気付かなかった場合

ここで注意していただきたいのは、「事故車」は「事故でぶつけた車」の意味ではないということです。
よく誤解されている方も多いのですが、「事故車=修復歴車」であり、車の骨格(フレーム)部分に損傷がある車を指します。

たとえば、ボンネットを外壁にぶつけて、ボンネット交換をした中古車は、ボンネットは骨格ではないため、正確には「事故車」ではないわけです。骨格部分以外の事故に伴う外装パーツの交換などは、事故歴(修復歴)に含まれないため、返品は受けられないと考えるべきです。

部品や外装・内装パーツの「交換歴」は販売店にも申告の義務がないため、上記のようなボンネット交換の形跡があったことに後から気付いたとしても、販売店の落ち度ではなく、返品も認められません。

修復歴車の意味するところと、それに関わる箇所を知れば、あなたが返品を受けられる可能性があるかが分かります。

修復歴車であり、それを知らされていなかった場合は、返品できる可能性があります。しかし時間が経つほど

  • 販売店が事故歴(修復歴)を見落としていたこと
  • あなたの使用で、上記の損傷が起こったのではないこと

を証明することが難しくなりますので、判断が出来ればすぐに問い合わせましょう。

ちなみに購入後、どのような経緯で修復歴車であることが発覚するかですが、異音がしたり、ハンドルを取られたり、心配になって整備工場等に持ち込んで発覚するケースが大半です。

プロに頼らず最終的に修復歴車かどうかを見抜くのは難しいのですが、兆候として以下のようなことがあれば修復歴車を疑いましょう。

  • バンパーなどのボディの隙間が均一でない
  • ハンドルを放して走行した際に、右か左に曲がっていく

これはどちらも、車の骨格が歪んでいる際に見られる症状であるためです。特に前者に関して補足すると、通常、ボディパーツの隙間は均一になっているものです。

ヘッドライトとボンネット、ヘッドライトとバンパーの隙間をチェックして、隙間が微妙に均一でなかったら、車体がゆがんでいる、つまり修復歴車である可能性があります。

修復歴車の具体的な定義や見抜き方については「中古車の修復歴のリスクと安全な中古車を見分けるポイント」でも詳しくお話ししていますので参考にしてください。

ガリバーの中古車返品サービスを利用する場合

中古車買取・販売のガリバーでは、業界でも珍しい「中古車の返品対応サービス」を実施しています。あなたがガリバーで中古車を購入した場合は、返品についての案内を事前に聞いている方も多いでしょう。

下記に、ガリバー返品サービスの対象となる条件を記載しておきます。納車後100日以内に連絡をした上で、これらがすべて満たされる場合は返品が可能です。

走行距離 納車時からの増加が1万キロ以内。
キズ・ヘコミ 5cm四方以上のキズ・ヘコミがない。(納車時にあったものを除く。)
事故(修復歴) 納車後に事故を起こしていない。
付属品等 納車時に付いていた機能・機器が付いている。
使用方法 通常の使用方法以外(レース・ラリー等)の用途で使用していない。
(納車前の使用は除く。)
車検証 納車時の名義人と同じである。ご契約者にお車の処分権限がある。
登録が抹消されていない。
税金等の未納 自動車税、自賠償保険料、駐車違反放置違反金等、
お車に関する債務が残っていない。
差押等 お車に抵当権、譲渡担保その他第三者の権利が付されていない。
(購入時にオートローンを利用した場合で、信販会社等の権利を除く。)
ご契約者 契約名義を問わず、自動車売買、自動車整備の事業者として
契約を締結していない。
ガリバーへの背信行為や不正行為、社会的信用を損なう行為を実行し又は
計画していない。

しかし、返品可能な場合でも、

  • 車両本体価格の5%相当のサービス利用料を負担すること
  • 任意保険は購入者側で解約が必要
  • 下取り車両の買取契約は解除されず、返還されることはない
  • 返品引渡しの際、陸送費が発生した場合は購入者負担

という注意点があります。また、全店舗では実施されていませんので注意してください。

対象店舗は0120-22-1616(2016年6月現在)のコールセンターに問い合わせすることで確認できます。実際の返品申し込み・問い合わせは上記のコールセンターか、以下のページから行うことができます。

ガリバーの問い合わせページはこちら

二度と問題のある中古車を選ばないための必要知識

残念ながらここまでご紹介したケースにあてはまらず、返品を断念せざるを得ない方もいると思います。そういった場合、しばらく車を購入する意欲がない方もいるかもしれませんが、車を購入する必要があって、金額的な面から中古車で探すしかない、という方も多いことでしょう。

そのため、同じ不利益を被らないためには「問題のある中古車を選ばないための判断基準と探し方」を身に付けることが大切です。最後に

  • 現車チェックの段階で問題がある中古車を見抜く方法
  • 第三者機関の評価点を基準にして中古車を選ぶ方法

をお伝えします。ぜひ参考にしてください。

現車チェックの段階で問題がある中古車を見抜く方法

実際に来店しての現車確認の際に、以下のポイントを知っておくことで修復歴車だけではなく、下記のようなリスクのある中古車を見抜けるようになります。ひとつひとつは難しいことはありませんので、ぜひ実践してみてください。

水没車のリスクと見抜き方

沿岸や河川地域などで水害を受けた車のことです。実は、水没車は修復歴車として扱われません。「修復歴なし」だとしても、水没車である可能性があるのです。

水没車は電装系に異常をきたすケースが多く、連鎖的に各電装系が故障し、高額の修理費がかかることがあります。具体的に見抜く方法は以下のようなものがあります。

  • シートベルトを限界まで引き出してみて、泥のような染みのラインがある
  • 空調を切った状態で、車内から雑巾のような臭いがする

これに当てはまれば、水没車の可能性がありますので要注意です。

塩害車・雪害車のリスクと見抜き方

沿岸地域の潮風でダメージを受けた車を塩害車、積雪地域で雪によってダメージを受けた車のことを雪害車といいます。

これらの車は共通して「錆」が問題です。フレーム部分や内部の重要部品が錆びてしまうと車の機能に支障が出ます。判断基準としては、ボディの錆はコーティングで隠せることも多いので、エンジンルームなどの通常見ないポイントを見てみましょう。

周りに比べて不自然に錆びていれば、塩害・雪害車である可能性があります。

結論として、上記のような兆候が見られたらその中古車を購入するのは控えましょう。その他、具体的な中古車のチェック項目については「中古車を購入する前にチェックするポイントを紹介」でより詳しくお話ししていますので参考にしてください。

第三者機関の評価点を基準にして中古車を選ぶ方法

ここまでご紹介した方法について、もしかしたら「自分には難しい…」「未使用車までは経済的に厳しいけど、価格は多少上がってもいいから、間違いのない中古車を選びたい」と思うかもしれません。

そういった方には「第三者機関の審査によって評価された中古車から選ぶ」ことをおすすめします。「カーセンサー認定」「Goo鑑定」「オークネット.jp」では、第三者の査定機関によって評価された中古車を探すことができます。

たとえば、カーセンサー認定とオークネットで採用されている評価点は以下のようなものです。

評価点 走行距離 内装評価 外装評価 内外装の程度
S点 10,000km未満 A A ほとんど無傷、無補修であるもの。(登録後1年未満)
6点 30,000km未満 A A ほとんど無傷、無補修で、加修の必要のないもの。(エンジンおよび足回り関係が良好であること)
5点 60,000km未満 A A ・目立たない傷、凹はあるものの、内外装ともほとんど加修の必要のないもの。
・外装部品の交換のないもの。(エンジンおよび足回り関係が良好であること)
4.5点 100,000km未満 B B 内外装とも軽微な補修をすることにより5点に準ずるもの。
4点 150,000km未満 C以上 C以上 目立つ傷、凹、錆、焦げ、破れが少々あり、加修が必要と思われるもの。
3.5点 150,000km未満 D以上 D以上 ・大小の板金や加修を必要とする所が数ヶ所あるもの。
・多数の焦げ穴、破れ等があるもの。
3点 E以上 E以上 全補修、交換、張り替えを必要とするもの。
2点 商品価値の低いもの。
1点 改造車、災害者(塩害、雹害、冠水車等)、粗悪車、競技車。
R点 修復歴車
×点 極端な低年式車、レプリカ車、クラシックカー等の、評価の困難なもの。

上記は総合評価点ですので、内装・外装の傷やへこみ、構造部分も確認した上で評価されています。この評価点で5点以上を選ぶことで、修復歴無しの中古車、故障のリスクが低い中古車を選ぶことができます。

具体的な評価点の見方、カーセンサー・Gooなどでの好評価鑑定つき中古車の探し方は「中古車の評価点/点数の見方と安心・安全な中古車購入の秘訣」で詳しくお話ししています。ぜひ参考にしてください。

まとめ

いかがでしたか。今回は、中古車のクーリングオフはできるのかという疑問に対して、クーリングオフが適用されない理由と、キャンセル・返品が可能なケースについてお話ししました。

残念ながら中古車はクーリングオフの対象外ですが、もしあなたが今回ご紹介した契約後のキャンセル・返品可能な状況を満たしているなら、すぐに販売店に問い合わせることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで最新情報をチェック