pagetop

中古車は納車まで何日かかるか/中古車による納車日数の違いについて

中古車は納車まで何日かかるか/中古車による納車日数の違いについて

中古車を契約してから納車するまでの日数って、一体どれぐらいあるのでしょうか?

今回の記事では、中古車を納車するまでの平均的な日数と、中古車の状態別で納車が早い車、遅い車についてまとめています。

「自分の中古車は納車までどれぐらいかかるんだろう?」という疑問を抱いておられる方は、今回の記事を最後までご覧頂ければ、きっとそのお悩みを解決できると思います。

中古車を納車するまでの平均的な日数とは?

中古車を納車するまでの平均的な日数はどれぐらいあるのか?という疑問についてですが、基本的には1週間~2週間程度といわれています。

契約してから納車するまでの簡単な流れについては下の図をご覧下さい。

契約から納車までの流れ

基本的には納車するまでにこのような手順を踏みます。

「え?任意保険の手続きとかを考えると、普通はもっとかかるんじゃないの?」と思われる方もいるかもしれません。
確かに任意保険の加入を別で考えると、もっと日数がかかりそうな気はしますが、実際は契約から納車までの流れの中で一緒に任意保険の契約手続きも済ませることが出来るので、保険の手続き含め、1~2週間程度で納車することが出来ます。

しかし、この“1~2週間”というのはあくまで平均的な日数であって、中古車は販売時の状態によって納車までの日数が変わってくる場合があるのです。

次は、早く納車できる中古車と、逆に納車が遅くなってしまう中古車についての違いについてご説明します。

早く納車できる中古車とは?

前述でも少し触れましたが、中古車は販売時の状態によって納車までの期間が変わる場合があります。納車が早くなる場合は、最短で3~4日以内での納車も可能です。

納車までの日数が早くなる場合は、どのような点が違ってくるのでしょうか?

車検が残っている場合

購入する中古車に車検が残っているか、切れているかの違いで納車までの日数は大きく変わります。車検が残っているのであれば、よほど大きな部品の交換がない限り点検だけ行って納車してもらうことが出来ます。

車庫証明がすぐに取れる場合

購入する中古車の車庫証明がすぐに取れる状態である、もしくは取る必要がない状態であれば、必要書類を持っていることを条件にすぐに納車してもらえる場合があります。例えば、中古車販売店の方で代車として常に整備して使用している車であれば、比較的早く納車することができます。

購入する中古車が軽自動車の場合

「車庫証明がすぐに取れる場合」と同様の話になるのですが、軽自動車は車庫証明が不要な地域があり、購入する中古車が軽自動車であれば納車までの日数が早くなるケースがあります。

購入場所と納車場所が近い場合

言わずもがなですが、中古車を購入した場所(中古車販売店)と納車場所(自宅や、契約している駐車場など)が近い場合は必然的に納車までの日数が早くなります。

以上、中古車の納車が早くなるケースについてご説明させて頂きました。

また、非常に稀なケースになるのですが、車検が残っている尚且つ車庫証明がすぐに取れ、補修箇所もあまりない状態であれば、前述させて頂いた3~4日以内での納車も可能となります。

納車が遅くなってしまう中古車とは?

納車が遅くなってしまう場合の日数としては、中古車が届くまで3週間以上かかってしまう可能性があります。果たして納車が遅くなってしまう中古車とはどのようなものなのでしょうか?

車検が切れている

車検が残っている中古車とは逆に、車検が切れている中古車は納車までの期間が遅くなってしまいます。当たり前ですが、改めて車検に通す必要がある為、納車までの日数はどうしてもかかってしまいます。

販売店に整備に必要な部品がない

稀なケースにはなりますが、購入した販売店が繁忙期のときなど、何らかの原因で整備に必要な部品がない場合には部品の取り寄せなどで時間がかかってしまい、納車が遅くなってしまいます。

カスタマイズしてから納車する場合

入する中古車に何らかのカスタマイズを施してから納車する場合、カスタマイズの度合いにもよりますが、やはりそれなりの工数がかかってくるので納車が遅くなってしまいます。

購入場所と納車場所が離れている場合

こちらも言わずもがなですが、購入場所と納車場所が離れている場合は、書類の授与や登録に時間がかってしまい、納車が遅くなってしまいます。

人気車種を選んだ場合

人気車種を選んだ場合や、販売店の方で契約が立て込んでいる場合にも順番待ちの関係で納車が遅くなってしまう場合があります。

ローン審査による納車日数の遅れ

中古車購入の際は中古車販売店から紹介される自動車ローンを組むことが多いと思いますが、中古車販売店で組むローンは金利が高い傾向にあります。低金利を求める方は銀行系のローンを選ぶ方もいますが、この場合は審査におよそ1週間~2週間程かかってしまいます。ちなみに、中古車販売店で組める自動車ローンは1時間もあれば審査が完了します。

以上、中古車の納車が遅くなってしまうケースをいくつか挙げさせて頂きました。 もし自分が購入した中古車に対してこれらのケースに当てはまる要素がない場合は、一旦購入した中古車販売店にお問い合わせしてみた方が良いでしょう。

“納車待ちの状態で、納車を早める方法”は存在しない

納車が早くなる場合と、遅くなってしまう場合についてご説明させて頂きましたが、“現状納車待ちの状態で、そこから納車を早める方法”というものは存在するのか、ということに疑問を持たれる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

答えは、残念ながらNOです。

納車までの期間差はあくまで中古車の状態や購入場所によって左右されるものですので、そのような方法は残念ながら存在しないのです。

自分の中古車を購入するとつい「一刻も早く届いて欲しい!」という気持ちが先行してしまいそうですが、多少時間がかかっても車はきちんと点検・整備が行われた状態で納車してもらうことが一番であることは言うまでもありません。 焦らずに自分の中古車が届く日を楽しみに待ちましょう。

まとめ

いかがでしたか?
今回は中古車を契約してから納車するまでの日数について、色々なケースをご紹介させて頂きました。これまでのポイントをまとめると、

  • 中古車を契約してから納車するまでの平均日数は1週間~2週間程度
  • 販売時の状態によって、納車までの日数が変わってくる場合がある
  • 納車が早い場合は、条件次第で3~4日以内の納車も可能
  • 納車が遅くなってしまう場合は、3週間以上かかってしまうケースが多い
  • 納車待ちの状態で、そこから納車を早める方法は存在しない

の5つになります。
「自分の中古車は納車までどれぐらいかかるんだろう?」という疑問を抱いておられる方は、その疑問を解決出来たのではないでしょうか? 最後までご覧頂きありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで最新情報をチェック