pagetop

中古車の納車費用も含めたお金を準備しよう

中古車の納車費用も含めたお金を準備しよう

中古車を購入する際に本体費用とは別に「納車費用」が掛かりますが、こちらを意識している人は少ないのではないでしょうか?納車費用と言っても、中古車販売店により定義が異なる為、ズバリいくらという事は言えませんが、おおよその相場は決まっています。

今回の記事では、中古車の納車費用を理解いただき、あなたが「中古車の見積もりを取ってから、あれ…お金が足りない…」という事が無いように情報をご提供していきます。是非、最後までご覧ください。

中古車納車費用とは自宅に運ぶのに掛かる費用

まず最初に、中古車の納車費用には何が含まれているのかについて記載します。

中古車納車費用

原則、中古車をあなたの自宅まで運ぶのに掛かる費用
※但し中古車販売店により異なる

原則と記載したのは、※でも記載した通り、中古車販売店により「納車費用の定義」が異なる為です。例えば、中古車販売店によっては、洗車・クリーニング費用などのメンテナンス費用も納車費用に含めている場合があります。

必ず中古車販売店から見積りを受け取った際は、「納車費用」に何が含まれているのか確認をしましょう。次に、納車費用を「自宅まで納車に掛かる費用」と限定して相場観をご説明します。

納車費用の相場を知って、お金を準備しておこう

中古車の納車費用とは、前述した通り「自宅まで納車(車を納める)に掛かる費用」です。そのため、住んでいる住所が中古車販売店に近いのか遠いのかによって金額が異なる事がほとんどです。

近隣と遠方での納車費用

調査したところ、大よそ相場としては大体下記の金額の範囲内になります。

  • 近隣の場合(車で30分以内):5,000円~10,000円
  • 遠方の場合(車で2時間以内):10,000円~30,000円

上記はあくまでも目安になりますので、販売店より正式に見積もりを取りましょう。また、上記金額からあまりにもかけ離れているようであれば、販売店に理由を聞くようにしましょう。

納車費用は無料にできることも

販売店により異なりますが、納車費用は無料になることもあります。それは、販売店にこちらから訪問して中古車を取りに行く方法です。もし、取りに行くのがOKな方は、取りに行くことで納車費用が無料になるのか確認をしておきましょう。

いかがでしょうか?上記までが納車費用についての解説です。ただし中古車の予算を考えるとき、本体価格や納車費用だけではなく、諸費用も含めたトータル費用で考える必要がありますので、それらの費用も理解しておく必要があります。諸費用については、次でご説明します。

中古車購入時に掛かる諸費用

中古車の購入に掛かる費用は、本体費用と納車費用だけではありません。必ず「諸費用」が掛かってきます。ここでは、諸費用について簡単に記載します。詳細を知りたい方は「中古車の購入時に掛かる諸費用を徹底解説」をご確認ください。

税金・保険

車を購入する上で税金や保険は法律で決まっている費用ですので、値引いたり等は一切出来ません。車種により金額は異なりますが、20万円程度は見込んで準備しておくのが良いでしょう。

税金・保険一覧

  • 自動車税
  • 自動車取得税
  • 自動車重量税
  • 自動車損害賠償責任保険
  • 消費税
  • リサイクル料金

その他諸費用

こちらは、販売店により費用や項目名称が異なります。下記がよく使われる項目になり、大よその目安金額です。交渉すれば値引きできる可能性もありますが、最低でも10万円程度は準備しておいた方が無難です。

その他諸費用一覧

費用 説明 費用相場 費用補足
洗車費
クリーニング費
主に洗車や内装・外装のクリーニング として支払う費用  ~5万円
車両登録代行費 購入する車を自分名義にする為の 登録代行をお願いした費用  ~3万円 自分で取得すれば無料になる可能性があります。
車庫証明代行費 車庫証明書を取る手続きの代行をお願いした際の費用 ~2万円 自分で取得すれば無料になる可能性があります。

上記金額はあくまでも目安になりますが、もし金額があまりにも異なる様であれば、販売店に確認をしましょう。また、販売店によっては、「点検整備費」や「書類作成費」などの他の名目で費用が加算される可能性がありますので、何の為に掛かる費用かを販売店にチェックしましょう。

どちらにしても、中古車を購入する上で本体費用とは別に+30万程度は用意しておいた方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?再度お伝えしますと、中古車の納車費用は「原則、自宅まで納車(車を納める)に掛かる費用」です。

また、これ以外にも諸費用として税金・保険・他手数料などが掛かってきますので、「見積もりを出してもらってからお金が足りなかった…」という事が無いように、本体費用とは別に+30万程度は用意しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket