中古車のETC/使用前にやるべき?再セットアップの必要性とその方法

中古車のETC/使用前にやるべき?再セットアップの必要性とその方法

ETC車載器(以下、ETC)はいまや利用率90%という普及状況で、メリットを考えるとETCは車の必需品のひとつになりつつあります。

それゆえ、中古車を探す際に“ETC付き”という条件を付けた方は少なくないのではないでしょうか。中には、購入した中古車にたまたまETCが付いていたという方もいることでしょう。

ここで疑問なのは、中古車に付いているETCは使えるのか?という点です。今回は、中古車のETCを使用する前に知っておきたいことや、ETCを後から取り付ける場合の注意点についてお話しします。

中古車のETCを使う前にしておくべきこと

購入した中古車にETCが付いている場合、多くの場合はETCカードを挿入しさえすればそのまま使えてしまいます。

しかし、正しい手順としては、使用前に「再セットアップ」というものをしなければなりません

再セットアップとは

初めてETCを使う場合、セットアップという手続きをおこないます。これは、ETC自体に車両情報等を登録し、車載器を利用可能にする作業であり、料金所における課金ミスを防ぐために必要です。

ナンバーなど登録内容に変更がある場合は登録情報を書き換える必要があり、このことを一般的に「再セットアップ」と呼んでいます。

中古車を購入した場合、ETCの再セットアップが必要なケースがほとんどです。もし再セットアップせずにETCシステムを利用すれば、“ETCシステム利用規定違反”となるので注意しましょう。

ETCの再セットアップ方法

前章でお伝えしたとおり、中古車を購入した場合は再セットアップの必要なケースがほとんどです。しかし、不要なケースもありますので、まずはどのような時に再セットアップをしなければならないかを知りましょう。

また、その上で再セットアップ方法をご覧いただき、必要な手順を踏むようにしてください。

再セットアップが必要なケース・不要なケース

ETCシステム利用規定では、再セットアップが必要なケースを下記のように定めています。(第4条3項)

必要なケース

  • 車載器の取り付けられた自動車のナンバープレートが変更になった場合
  • 車載器の取り付けられた自動車をけん引できる構造に改造した場合
  • 車載器を他の自動車に付け換えた場合等セットアップされている情報に変更が生じた場合

一方で、下記ケースは再セットアップが不要とされています。

不要なケース

  • 車検証の所有者、使用者情報のみに変更があった場合
  • GO!ETCのよくある質問に明記されています。

親名義の車の所有者を親から子へ変更したということであれば、再セットアップが不要なケースに該当します。しかし、赤の他人同士の中古車売買であれば、所有者変更だけというわけにもいかず名義変更が発生します。

また、管轄の陸運局が変わればナンバープレートの変更もするため、ETCの再セットアップは必要になります。

再セットアップの方法とかかる費用

では実際にどのように再セットアップすれば良いかですが、実は自分ですることができないため “セットアップ店として認可を受けたお店(登録店)”に依頼することになります。

具体的には、ディーラー・街の中古車販売店・オートバックスなどのカー用品店などがセットアップ店になっていることが多いです。

節約したいから…と自分で再セットアップする方法を探す方もいますが、それは不可能と考えてください。(セットアップは暗号処理等、高度なセキュリティ処理を実施しているため)

セットアップ店は、ETC総合情報ポータルサイト GO!ETCでかんたんに探すことができます。

セットアップ店検索

もしくは、中古車を購入したお店に下記ステッカーが貼ってあれば、セットアップ店として登録されているお店です。

ETCステッカー

再セットアップにかかる時間や費用は、以下を目安として参考にしてください。

  • 時間の目安:30分程度
  • 費用の目安:2,500~3,000円

再セットアップに必要なもの

再セットアップ実施する際、下記のものが必要になりますのでお忘れの内容ご注意ください。

再セットアップに必要なもの

  • ETC(車からの取り外しは不要)
  • 車検証
  • 本人確認できるもの(運転免許証)
  • 車載器管理番号

ETC車載器は必要

インターネット上、再セットアップにあたり「ETC車載器は要らない」という情報を目にすることがあります。正しい情報としては「再セットアップにはETC車載器が必要」ですのでご注意ください。

再セットアップは、「セットアップカードと呼ばれるものに車両情報などを入力し、そのカードをETC車載器に読み込ませる」という作業をします。再セットアップの際は、該当のETCを取り付けたお車で店舗へ行くようにしてください。

車載器管理番号の確認方法

該当ETCが初めてセットアップされた時の「セットアップ申込書」または「セットアップ証明書」に記載されています。

セットアップ申込書

もし、前オーナーによる紛失などで申込書・証明書がついていない場合は、“ETC本体”に貼られているラベルを確認する必要があります。

取り外さなくてもラベル内容が見えることもありますが、取り付け状態によっては一度取り外す必要が出てきます。この場合、得意な方以外は自分で外そうとせず、お店の方にお願いしましょう。

注意!再セットアップ未実施で起こりうる問題点

再セットアップ自体は法律で定められているものではありませんが、ETCシステム利用規定では明記されている必要事項です。

インターネット上で「わざわざ再セットアップしている人なんていない」「再セットアップしなくても何も言われたことがないし問題ない」といった声がありますが、決められたことはしっかり行うことが大切です。厳しく取り締まっていないからやって良い、ではありません。

もし必要な再セットアップをしなかった場合、どんな問題が起こりうるのでしょうか。

  1. 正しいETC利用とならず、開閉バーが開かない可能性がある
  2. 正しい通行料金が請求されない可能性がある
  3. ETC利用照会サービスなど、一部のETCサービスを利用できない。
  4. 時間帯割引など、各種ETC割引が適用されない可能性がある

筆者としては、ふたつめの項目「正しい通行料金が請求されない可能性」は一番リスクが高いと考えています。というのも、これは意図せず「不正通行」となってしまう可能性があるためです。

高速道路などの有料道路では、ETC車載器から車両情報を読み取り、適切な課金をおこなっています。もし、購入した中古車が普通車なのに、ETCにもともとセットアップされていた内容が「軽自動車」の情報だった場合、どうなるでしょうか。

普通車で通行していながら、軽自動車の料金が課金されることになるのです。これは詐欺になり処罰対象となります。(電子計算機使用詐欺罪)また、高速道路会社が定めた通行方法に違反していることから、道路整備特別措置法違反にも該当します。

ほか、開閉バーが開かないのも追突事故などのリスクがありますので、中古車に付いているETCを使うときは再セットアップするようにしましょう。

さて、ここまで「ETC付きの中古車を購入した場合」のお話をしましたが、まだ中古車を購入する前だという方もいると思います。いまやETCは必需品とも言えますが、果たしてETC付き中古車を探すのは正しいのでしょうか。

購入前から限定しないで!ETC付きを選ぶメリットは微少!

便利さ・お得さからETC付きの中古車を希望する方は少なくないと思います。実際、中古車探しサイトではETC搭載車に限定して探せる仕様になっていますので、需要があると考えられます。

しかし、筆者としては、ETC搭載の中古車に絞らずに、お気に入りの一台を探した方が良いと考えます。

というのも、ETC搭載の中古車のみに絞り込むことで、本当に気に入る一台を見逃してしまうデメリットが大きいためです。

ETC車載器はアンテナ分離型でも約5,000~6,000円で購入できるものがあり、取り付け等の工賃込でも10,000円程度あればできてしまいます。この10,000円のために中古車の選択肢を大幅に狭めてしまうのは非常にもったいなく、まずは“ETC搭載”にこだわらない中古車探しをオススメします。

ETCをあとから取り付ける際の注意点

ETCのない中古車を購入してあとから取り付ける場合、ひとつ注意すべきことがあります。それは、フロントガラスが電波を通すものかどうかです。

フロントガラスには熱反射タイプというものがあります。このタイプは電波をほとんど通さない場合があるため、ETC取り付けには注意が必要です。

ルームミラー付近だけ電波を通す仕様になっている場合

熱反射タイプのフロントガラスでも、ルームミラー裏だけナビやETCの電波を通せるようになっていることがあります。ETCはこの場所に取り付けるようにしましょう。

フロントガラス_ルームミラー裏

フロントガラス全体が電波を通さない場合

年式の古い中古車である場合、先述のように電波を通す部分が一切ないことがあります。1989年に販売開始されたトヨタの初代セルシオ(10型の前期型)などが該当します。

この場合、車内にETCのアンテナがあると、ETCレーンを通る際に反応してくれません。そのため、取り付けるETCのアンテナを車外に設置する必要があります。

数年前は「アンテナ車外設置型」のETCが販売されていましたが、車外用は現在流通していないようです。

そのため、アンテナ分離型のETCを車外で使えるように防水加工するユーザーさんもいるようですが、筆者としては、中古車販売店の担当者に相談することをおすすめします。

まとめ

以上をまとめると、

  • 購入した中古車に付いているETCは、使う前に再セットアップする。
  • 再セットアップは、認可されたセットアップ店に依頼する。
  • 中古車購入前であれば、ETC付きに限定しないでお気に入りの一台を探す。
  • あとからETCを取り付ける場合は、フロントガラスのタイプに注意する。

再セットアップのことを知らずに中古車に乗っている方は少なくないかもしれませんが、決して良いことではありません。

万が一のリスクを考えると、2,500~3,000円の再セットアップ代は惜しくないと思います。ぜひ、正しい利用方法でカーライフを楽しんでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで最新情報をチェック