pagetop

中古車の購入時に掛かる諸費用を徹底解説

中古車の購入時に掛かる諸費用を徹底解説
ざっくり言うと…
中古車購入するときは、車両価格以外の「諸費用」がかかる
諸費用には法律で決められた「法定費用」と名義変更など手続きにかかる「代行費用」がある
諸費用は車両本体価格の10~20%が相場。代行費用については、自分で行うことで無料になることも!

中古車を購入しようとして、いざ見積書を提示してもらったところ、予想していた価格よりも高いという事があるのではないでしょうか。中古車の購入時に掛かる費用は、本体価格だけではなく、税金や保険などの法定費用と名義変更の手続き等の代行費用が掛かります。

今回の記事では、中古車購入時に掛かる諸費用を全てまとめておりますが、結局あなたが購入しようとしている中古車がどれぐらいなのかを理解いただくために、事例とともにご紹介します。

【超】お得な「非公開」中古車を紹介してもらう方法

中古車を購入するなら、安くて、しかも質の高い一台を入手したいものですよね。しかし、中古車市場のなかには、状態が悪いものや、他に比べて割高な車両も多く含まれています。

できるだけコストパフォーマンスの高い中古車を購入するには、コツがあります。それは世の中に出回らない「非公開車両」に狙いを定めること。

中古車市場に在庫として公開している車両の多くは、そうしないと売れないからです。本当に良質で、お買い得な中古車の場合は、何もしなくてもすぐに売れてしまうので、わざわざ公開して、宣伝する必要はありません。

その市場には出回らない、特別な「非公開車両」を優先的に紹介してくれるサービスがありますので、お得な中古車をゲットしたい方は、まずは問い合わせしてみることをおすすめします。もちろん利用するのにお金はかかりません。

専門家の力を借り、満足できる中古車選びをしてください。

秘蔵の非公開車両を見る >>


中古車の値引きを成功させるいちばんの方法

車を買うときに、いちばん値引きに効くのは、いま乗っている車をできるだけ高く売ることです。車の売却にはいろいろな方法がありますが、そのなかには賢い方法と、損をする方法があります。

たとえばディーラーへの下取りや、大手買取業者一社に見積もりを取って、そのまま売却するというのは、実は大きな間違いなのです。車を高く売るための最大の秘訣は、複数の買取業者に査定をしてもらい、買取店に競争してもらうこと。

いくつもの買取業者に連絡を取り、見積もりを取るのは手間がかかりますが、「一括査定サービス」を使えば、必要情報をたった一回書くだけで、自動的に複数業者に査定依頼ができます。

下取りに比べると10万円~30万円高い査定額が出ることも珍しくありません。まずは愛車がいくらで売れるか調べてみましょう。

愛車の価格を調べる >>

中古車購入に掛かる諸費用を全て解説

中古車を購入するに当って、本体費用以外にも大きく分けて法定費用と代行費用が掛かります。それらの費用の相場は、大よそ本体価格の10%~20%程度です。
それでは、具体的に内訳をみていきましょう。

法定費用

  • 自動車税
  • 自動車重量税
  • 自動車取得税
  • 自賠責保険
  • リサイクル料金
  • 消費税
代行費用

  • 車両登録代行費
  • 車庫証明代行費
  • 納車費用
  • 洗車費/クリーニング費

法定費用は、法律で定められている費用で車の重量や排気量により異なりますが、必ず決まった費用です。
代行費用は、車の名義変更の手続きや車両登録費用など、中古車販売店が代行する為の手数料です。

上記の代行費用名目は一例であり、中古車販売店により名称が異なることもありますし、別の費用も代行手数料として掛かる場合があります。

では、最初に法定費用の項目ごとに説明します。

法定費用の概要と費用について

法定費用それぞれの概要と具体的な費用について説明します。※原則として2016年3月現在のデータです。

自動車税

自動車税は、排気量により異なる税金です。中古車購入時(登録月)の翌月から3月までの分を一括で支払わなければなりません。但し、軽自動車はいつの月に購入しても10,800円の定額になります。

表の見方としては、登録月と排気量で確認ください。例えば、登録月が7月、排気量が1,800㏄であれば、7月と1,501cc~2,000㏄が交わるところで26,300円となります。

排気量 中古車購入月(登録月)
4月 5月 6月 7月 8月 9月
660㏄
(軽自動車)
10,800
~1,000cc 27,000 24,500 22,100 19,600 17,200 14,700
1,001cc~1,500㏄ 31,600 28,700 25,800 23,000 20,100 17,200
1,501cc~2,000㏄ 36,200 32,900 29,600 26,300 23,000 19,700
2,001cc~2,500㏄ 41,200 37,500 33,700 30,000 26,200 22,500
2,501cc~3,000㏄ 46,700 42,500 38,200 34,000 29,700 25,500
3,001cc~3,500cc 53,100 48,300 43,500 38,600 33,800 29,000
3,501cc~4,000㏄ 60,900 55,400 49,800 44,300 38,700 33,200
4,001cc~4,500㏄ 70,100 63,700 57,300 51,000 44,600 38,200
4,501cc~6,000㏄ 80,600 73,300 66,000 58,600 51,300 44,000
6,001cc~ 101,700 92,500 83,200 74,000 64,700 55,500
排気量 中古車購入月(登録月)
10月 11月 12月 1月 2月 3月
660㏄
(軽自動車)
10,800
~1,000cc 12,200 9,800 7,300 4,900 2,400 0
1,001cc~1,500㏄ 14,300 11,500 8,600 5,700 2,800 0
1,501cc~2,000㏄ 16,400 13,100 9,800 6,500 3,200 0
2,001cc~2,500㏄ 18,700 15,000 11,200 7,500 3,700 0
2,501cc~3,000㏄ 21,200 17,000 12,700 8,500 4,200 0
3,001cc~3,500cc 24,100 19,300 14,500 9,600 4,800 0
3,501cc~4,000㏄ 27,700 22,100 16,600 11,000 5,500 0
4,001cc~4,500㏄ 31,800 25,500 19,100 12,700 6,300 0
4,501cc~6,000㏄ 36,600 29,300 22,000 14,600 7,300 0
6,001cc~ 46,200 37,000 27,700 18,500 9,200 0

自動車重量税

自動車重量税は、車両の重さにより異なる税金です。但し、軽自動車は重量問わず定額となります。

通常一年ごとにかかりますが、車検時に車検証の有効期間分をまとめて支払います。そのため、車検が残っている中古車を購入する場合は、次の車検まで自動車重量税の支払いは不要です。

車検期間 車両重量
軽自動車 ~0.5t 0.5t~1.0t 1.0t~1.5t 1.5t~2t 2t~2.5t 2.5t~3t
3年 9,900 12,300 24,600 36,900 49,200 61,500 73,800
2年 6,600 8,200 16,400 24,600 32,800 41,000 49,200
1年 5,200 4,100 8,200 12,300 16,400 20,500 24,600

中古車の場合は、多くが車検期間2年となります。もし、営業用で使用されるのであれば、車検期間が1年となります。

また、車検期間3年は新車購入時の1回目の車検の時のみです。

自動車取得税

自動車取得税は、車を取得した人に対して掛かる税金です。費用は、新車を購入した場合と中古車を購入した場合で異なり、さらに中古車でも年式が新しい場合と古い場合で異なります。計算式は下記の様になります。

  • 自動車取得税(普通車)=取得価額×5%
  • 自動車取得税(軽自動車)=取得価額×3%
  • 取得価額=課税標準基準額(※1)×残価率(※2)
    ※もし取得価額が50万円以下の場合は0円になります。
  • ※1.課税標準基準額は、一般財団法人 地方財務協会が発行している「自動車取得税の課税標準基準額及び 税額一覧表」で定められている金額です。公表されている数字では無い為、一般の人では確認をすることができません。目安は新車価格の90%です。
  • ※2.残価率は下記表を確認ください。
中古車残価率表
経過年数(※) 残価率
(普通車)
残価率
(軽自動車)
1年 0.681 0.562
1.5年 0.561 0.422
2年 0.464 0.316
2.5年 0.382 0.237
3年 0.316 0.177
3.5年 0.261 0.133
4年 0.215 0.1
4.5年 0.177 0
5年 0.146 0
5.5年 0.121 0
6年 0.1 0
  • ※新車購入してからの経過年数
  • ※1月1日から6月30日までの取得を0.5年とし、7月1日から12月31日までの取得が1年としてカウント (例)購入月:2016年3月22日 新車購入月:2013年1月3日 の場合は「3.5年」
自動車取得税の計算例(1)

課税標準基準額が300万、2.3ヶ月経過している中古車(普通車)の場合、
取得価額=300万×0.382=114.6万円
自動車取得税=114.6万円×5%=5.73万円

自動車取得税の計算例(2)

課税標準基準額が100万円、5.2ヶ月経過している中古車(普通車)の場合、
取得価額=100万円×0.121=12.1万円
※取得価額が50万円以下の場合は自動車取得税0円

自賠責保険

自賠責保険は、車を所有するものは必ず加入が必要な強制保険です。

どこの中古車販売店でも決まった金額になります。本土や離島、沖縄、沖縄離島によって保険料が異なります。車検時に次の車検までの期間(下記表では保険期間)を支払います。

もし車検の残りがある中古車の場合は、「自賠責保険経過相当額」という項目で支払うことが多くなっています。

保険期間 本土 離島
普通車 軽自動車 普通車 軽自動車
12ヶ月 17,940 15,010 7,310 6,430
13ヶ月 19,010 15,840 7,510 6,550
24ヶ月 30,680 24,880 9,630 7,870
25ヶ月 31,720 25,680 9,820 7,990
 36ヶ月 43,170  34,550  11,900  9,280 
 37ヶ月 44,190  35,340  12,080  9,400 
保険期間 沖縄本島 沖縄離島
 普通車 軽自動車 普通車  軽自動車
12ヶ月 9,300 9,300 7,310 5,490
13ヶ月 9,660 9,660 7,510 5,530
24ヶ月 13,560 13,560 9,630 6,010
25ヶ月 13,910 13,910 9,820 6,050
36ヶ月 17,740 17,740 11,900 6,510
37ヶ月 18,080 18,080 12,080 6,560

リサイクル料金

自動車リサイクル法で定められた、廃車処分に必要な費用です。前払いで支払う事が義務付けされています。

費用は、車種やグレードによる異なりますが、1~2万円程度です。また、車を売却する際に戻ってくる費用になります。

リサイクル料金の詳細はこちらのサイトが参考になります。
一般社団法人 自動車再資源化協力機構

消費税

消費税は、商品を購入する際には必ず掛かる税金です。。中古車の場合は、本体費用、オプション費用、代行費用など法定費用を含まない金額に対して8%掛かります。

では、次に「代行費用」について説明します。

代行費用の概要と費用について

代行費用の概要と大体の相場について説明します。また、代行費用は、中古車販売店により異なりますので、あくまでも平均的な相場としてお考えください。

また、法定費用の様に法律で決まっているものではないので、値引きなどの交渉が行えます。

もし、代行費用が記載した相場から明らかにかけ離れている場合や、ここに記載の無い代行費用がある場合は、中古車販売店にその代行費用の確認をするようにしましょう。

車両登録代行費 ※無料にすることが可能

購入する車を自分名義にする為に行う登録代行費用です。手続きが面倒なので、一般的には中古車販売店にお願いすることが多いのですが、自分で行えば無料になります。

相場:3万円以内

車庫証明代行費 ※無料にすることが可能

車を購入した時は、必ず車庫証明を取る必要があります。車庫証明とは、車を置いておく場所がしっかりあるよという証明書です。その証明書を取る手続きの代行費用です。自分で行えば代行費は無料になります。車庫証明を自分で取得する方法は、「中古車購入に必要な車庫証明の取り方/書き方を徹底解説」を参考にしてください。

相場:~2万円

納車費用 ※交渉により値引き可能

中古車を購入した際にあなたの自宅まで運ぶための費用です。納車費用の詳細については「中古車の納車費用も含めたお金を準備しよう」を参考にしてください。

相場

  • 近隣の場合(車で30分以内):5,000円~10,000円
  • 遠方の場合(車で2時間以内):10,000円~30,000円

洗車費/クリーニング費 ※交渉により値引き可能

中古車の洗車や内装・外装のクリーニングに必要な費用です。

相場:5万円以内

▽ 車を高く売るなら一括査定
http://a-satei.com

諸費用でいくらぐらい用意しておけばいいのか

前述まで諸費用を一覧でまとめましたが、結局いくらぐらい用意しておけばいいのか気になるのではないでしょうか。もちろん、車種や残車検により異なりますが、本体価格費用(オプション費用含む)に10~20%程度用意しておけば、足りることがほとんどです。

サンプル:プリウス 2014年式の場合

プリウス 2014年式 1,800㏄ 1,350kg 車検なし
本体価格:185万円 愛知県 購入月(登録月):2015年11月
諸費用:約30万

まとめ

いかがでしたか。車は所有するだけで色々な諸費用が掛かる事をご理解頂けたかと思います。箇条書きで項目のみ下記に記載します。中古車購入前にあらかじめ確認をしておきましょう。

法定費用

  • 自動車税
  • 自動車重量税
  • 自動車取得税
  • 自賠責保険
  • リサイクル料金
  • 消費税

代行費用

  • 車両登録代行費
  • 車庫証明代行費
  • 納車費用
  • 洗車費/クリーニング費
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket