pagetop

中古車を高価買取してもらうための業者選び・売却の秘訣

中古車を高価買取してもらうための業者選び・売却の秘訣

そろそろ車が古くなってきた、気になる車が出てきた、そもそも車に乗らなくなってきた等の理由で、中古車の買取を検討していると思います。どうせ売るのであれば高価買取してもらいたいと誰もが思いますが、どこの買取業者が高価買取をしてくれるのだろうか…、高く売るためにやっておくべきことはないのだろうか…など悩んでいるのではないでしょうか。

今回の記事では、中古車業界歴が長い筆者のノウハウを全公開して、あなたの中古車を高価買取してもらうための買取業者選びや高価買取するためのコツについて解説しています。

中古車売却方法は4通り

最初に本題に入る前に中古車の売却方法について簡単におさらいします。中古車の売却方法は主に下記4つがあります。

中古車の売却方法

  1. 友人/知人に売る
  2. 個人間売買サービスを利用する
  3. 中古車買取業者に売る
  4. 販売ディーラーに下取りしてもらう

この中で高く売れる順番は、(1)>(2)>(3)>(4)です。理由は、(1)から(4)になるにつれて、あなたの車が中古車として販売されるまでにかかわる業者が増えることと、かかわる業者が行ってくれる手続きが増えるためです。

上記4つの方法について、「車の売却」から「次の買い手が見つかり販売される」までに誰がかかわるのかをまとめました。下記表のうち、赤字が業者のかかわる箇所で、すなわち手数料が発生する部分です。

売却方法 売却 オークション出品
(購入者探し)
販売
売却価格 手続き 販売価格 手続き
友人/知人 自分で判断 自分でおこなう 不要 売却価格 自分でおこなう
(売却と同時)
個人間売買
サービス
自分で判断 自分でおこなう サービス利用 売却価格 自分でおこなう
(売却と同時)
中古車
買取業者
業者が判断 業者がおこなう 不要 業者が判断 業者がおこなう
下取り 業者が判断 業者がおこなう 業者がおこなう 業者が判断 業者がおこなう

では、最終的におすすめの順番はどうなるのかというと(1)>(3)>(4)>(2)です。(2)がどうして最下位なの?と思われるかもしれませんが、それはトラブルが非常に多いためです。関係者もしくはよほどの自信がある方以外は利用を控えたほうがいいでしょう。

詳細については「中古車の個人売買/おすすめとメリット・デメリットを解説」をご確認ください。

それでは、筆者のおすすめでどなたでも行える(3)を詳しく解説します。(4)の下取りについては、正直そこまで高価買取は期待できず、今回の趣旨から外れますので割愛します。友人や知人に売る見込みがある人は、一番最後の 「【コラム】中古車を友人や知人に売る場合にやっておくべきこと」をご確認ください。

中古車買取業者に売る

高価買取をしたい方におすすめなのが「中古車買取業者」に売却する方法です。では、具体的に大阪や沖縄を含む全国で買取価格の評判が良い買取業者はどこなのでしょうか。

買取価格の評判について、母数が多く情報源がしっかり明記されている下記2サイトで調査してみました。

上記サイトに「買取価格」の評価があるため、まずは見てみたいと思います。
買取価格の評判は下記のとおりです。

買取業者 オリコン 車選び.com
ジャック 74.93 4.1
アップル 74.58 3.7
カーセブン 74.31 3.5
ケーユー 74.23 評価なし
ユーポス 72.94 評価なし
カーチス 72.15 3.5
ビッグモーター 72.05 3.5
ラビット 71.86 評価なし
ハナテン 71.13 3.3
T-UP 70.5 評価なし
ガリバー 評価なし 3.4
  • ※オリコン買取価格の評判はコチラ
  • ※車選び.com顧客評価はコチラ

2サイト共に評判の良いTOP3は「ジャック」「アップル」「カーセブン」です。ただし、1位だから一番買取価格が高いというと必ずしもそうでありません。あなたの車をエンドユーザーで欲しがっている人がいれば、どこの買取業者であろうと高い買取価格を出せるためです。この買取価格の評価は、各社における高価買取の確率の高さが表れているのです。

つまり高価買取をするためには、「確率を上げる」しかありません。確率を上げる一番手っ取り早い方法が、複数の買取業者に査定を依頼することです。

以上より、筆者が高価買取をしてもらうためにおすすめしている方法としては、評判から見ても確率が高いと思われる「ジャック」「アップル」「カーセブン」に査定依頼することです。

次に高価買取を実現するために心得ておくことについて解説します。

高価買取のために心得ておくこと

本章では車を高価買取してもらうために心得ておくことについて解説します。筆者の見解としては、下記2つを重要視しています。

  • 複数の買取業者に依頼をして査定額を見比べる
  • 査定をしてもらう前に車を綺麗にしておく

それぞれ解説します。

複数の買取業者に依頼をして査定額を見比べる

1つ目の「複数の買取業者に依頼をして査定額を見比べる」ことは、2つ理由があります。1つ目の理由は前にも述べた内容と被りますが「高く買い取ってくれる買取業者が見つかる確率を上げるため」です。
2つ目の理由は「比べることで買取業者も足元をみた査定をしづらくなるため」です。複数社に見積もりを取ることで、買取業者にとってはライバルがいることになりますので、低い査定額を提示してしまうとあなたの車を買い取れなくなる可能性があります。

車一括査定サービスを利用することで、これらの買取業者に同時に査定依頼することが可能です。車一括査定サービスについては、「中古車の一括査定が行えるサービスについて徹底調査」をご確認ください。

査定をしてもらう前に車を綺麗にしておく

2つ目の「査定をしてもらう前に車を綺麗にしておく」は、査定は実際に査定員があなたの愛車を実際に目で見て行われているためです。
査定を行うのはあくまでも人間。車を大事に使っていそうな人の方が、査定員も安心して買取することができますので、強気の査定額を出しやすくなります。実際に査定会社の友人にも確認したところ、具体的に金額いくらアップ等は言えないが、その傾向はあるとのことでした。

まとめ

いかがでしたか。今回は中古車の高価買取してもらう上で大事なポイントを説明しました。改めてポイントをまとめると、「中古車買取業者に査定依頼をする、さらに複数社に査定依頼をする」です。車一括査定サービスを利用すると、複数社の比較を手間が少なく行えますのでおすすめです。

あなたの車が適正に評価されて、あなたも最終的に満足した車売却が行えると幸いです。

【コラム】中古車を友人や知人に売る場合にやっておくべきこと

友人や知人に車を売る見込みがある人は、中古車大手検索サイトの「カーセンサー」や「Goo」を参考に売却予定に近い車種を探して、友人・知人と確認しながら金額を決めましょう。

また、具体的に売ることになった時は、名義変更等の手続きなどを自分で行う必要があります。手続きは必要書類を準備の上、管轄の陸運局にて行えます。あなたと知人や友人と一緒に陸運局に訪問して手続きを行いましょう。
必要な書類は下記のとおりです。

必要書類 売る側 買う側 備考
自動車検査証 必要 ダッシュボード等に保管されていることが多い
自賠責保険証明書 必要 ダッシュボード等に保管されていることが多い
実印 必要 必要  
印鑑証明書 必要 必要 名義変更に必要
車庫証明書 必要  
譲渡証明書 必要 国土交通省よりフォーマットをダウンロード
※記載例はコチラ
手数料納付書 必要(手数料として500円程度必要) 管轄の陸運局よりフォーマットをダウンロード
(参考)北海道陸運局の手数料納付書

「手数料納付書」は陸運局にて購入できます。陸運局に行ったら、まず「手数料納付書」を陸運局の窓口で購入して、必要事項を記載のうえ、上記必要書類を窓口に提出して手続きが完了です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで最新情報をチェック