pagetop

4年落ちの中古車は節税になる?減価償却の仕組みとおすすめ車種

4年落ちの中古車は節税になる?減価償却の仕組みとおすすめ車種

事業主の方にとって「節税」は非常に気になる話題だと思います。「4年落ちの中古車は節税になると聞いたけどその理由は?」

「中古車を使って効果的に節税をするには?」「実際に、4年落ちの中古車を購入したいけどどれがいいのか?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

結論からいうと、4年落ちの中古車を購入することで、課税タイミングを遅らせて節税をすることができます。しかし、ただ4年落ちの中古車を購入すれば良いわけではなく、値落ちの少ない車種を選ぶことなど注意すべき点があります。

今回の記事では、4年落ちの中古車をうまく使って節税する方法とおすすめ車種をお伝えします。ぜひ参考にしてください。

【超】お得な「非公開」中古車を紹介してもらう方法

中古車を購入するなら、安くて、しかも質の高い一台を入手したいものですよね。しかし、中古車市場のなかには、状態が悪いものや、他に比べて割高な車両も多く含まれています。

できるだけコストパフォーマンスの高い中古車を購入するには、コツがあります。それは世の中に出回らない「非公開車両」に狙いを定めること。

中古車市場に在庫として公開している車両の多くは、そうしないと売れないからです。本当に良質で、お買い得な中古車の場合は、何もしなくてもすぐに売れてしまうので、わざわざ公開して、宣伝する必要はありません。

その市場には出回らない、特別な「非公開車両」を優先的に紹介してくれるサービスがありますので、お得な中古車をゲットしたい方は、まずは問い合わせしてみることをおすすめします。もちろん利用するのにお金はかかりません。

専門家の力を借り、満足できる中古車選びをしてください。

秘蔵の非公開車両を見る >>

節税に役立つ中古車の購入

4年落ちの中古車を活用すると節税になると冒頭でお話ししましたが、まずは中古車を活用した節税の方法となぜ節税になるのかの理由について具体的にお伝えします。節税につながる大まかな流れをまとめると

  • 中古車購入費用を「減価償却費」で計上する
  • 減価償却費を費用として計上すると利益が減る
  • その分節税の効果がある(課税タイミングを後倒しできる)

のようになります。

この中で減価償却という言葉が出てきました。次で減価償却とは何か・その注意点についてお話しします。

減価償却とは

中古車のような固定資産の購入は、事業の運営と関係があるため、購入費用を耐用年数に応じて費用計上する事が認められています。耐用年数とは、「事業用として車を購入したあと、どれくらいの期間使用可能か」を見積もった年数を意味します。

この耐用年数から算出した指定期間にわたり、分割して費用化する仕組みが減価償却です。1年目に費用化されなかった残りの金額は、年次決算の際に資産として計上されます。

減価償却の2つの方法・定額法と定率法

毎年同額の償却費となる「定額法」と、毎年償却費が減少していく「定率法」があります。法人の場合はどちらも選択できますが、個人事業主は「定額法」しか選択できません。

1年で購入~売却を繰り返すと節税になる

減価償却費を計上する事で利益を減らす分、節税の効果があります。つまり、1回で多くの金額を費用化する事によって、節税効果がより高まります。

2年の耐用年数は1年目で全額を費用化が可能

耐用年数の見積もりでは、「4年落ちの中古車=耐用年数2年」となります。※計算方法は後述
簡便法によって耐用年数2年と見積もられた中古車は、定率法によると「1.0(償却率)×購入費用」となるので初年度で全額分の減価償却が可能になります。つまり、4年落ちの中古車が年度あたりの節税効果が高いといえます。

4年落ちの中古車の節税事例

仮に、購入後の1年間で値落ちしない中古車の購入・売却を繰り返した場合に節税効果はどのようになるかを見てみましょう。

例:4年落ちの中古車を400万円で購入

翌年度に、同額の400万円で売却し、その資金で次の中古車を400万円で購入、を繰り返すと仮定します。

減価償却 図版01

こちらを見ていただくとわかるように、2年目以降は売却益の400万円で2台目の中古車を購入・減価償却を繰り返しており、1年目の節税金額が維持されています。極端な例ですが、中古車を使うとこのような節税が可能になります。

次に、耐用年数の基準と計算方法についてご紹介します。

中古資産の耐用年数の基本

事業で使用するために中古車を購入した場合は、それ以降の耐用年数を見積もって減価償却していく必要があります。
新車で購入した場合は、以下の法定耐用年数が適用されます。

  • 軽自動車…4年
  • それ以外の普通自動車…6年

しかし、中古車はそれぞれ状態も異なり、正確に使用可能期間を見積もる事は現実には難しいものです。そのため、これからご紹介するような方法を使って見積もることが認められています。

注意点

中古車という資産を事業用に利用するために支出した金額が、中古車の再取得価額(同じ車種・グレードのものを、新品で購入するための金額)の50%を超える場合は、法定耐用年数が適用されます。

中古資産を事業の用に供するために支出した資本的支出の金額がその中古資産の再取得価額(中古資産と同じ新品のものを取得する場合のその取得価額をいいます。)の50%に相当する金額を超える場合には、耐用年数の見積りをすることはできず、法定耐用年数を適用することになります。

出典:国税庁HP

ただし、「中古資産を事業の用に供するために支出した資本的支出の金額」とは、購入後にその資産に加えられた改良費等のことを指します。購入価格ではないので、ご注意ください。

中古車の耐用年数の計算方法

ここでは、中古車の耐用年数の計算方法をご紹介します。試しに「中古車 耐用年数」で調べてみると、色々と計算式のパターンがあって複雑に思うかもしれませんが、結局は同じ計算になりますので、下記を押さえておけば問題ありません。

中古車の場合は、新車登録時から何年経過しているか、が基準になります。以下の計算方法を「簡便法」と呼びます。

法定耐用年数をすべて経過している場合: 法定耐用年数×0.2=耐用年数

法定耐用年数を一部経過している場合: 法定耐用年数-(経過年数×0.8)=中古車の耐用年数

※1年未満の端数は切り捨て。 また、計算の結果が2年以内の場合は「耐用年数は2年」となります。

注意点

前項でご紹介した事と同様です。中古車の購入に要した金額が、その中古車の再取得価額(同じ車種・グレードのものを、新品で購入するための金額)の50%を超える場合は、簡便法は使用できません。

また、中古車を購入した事業年度に耐用年数の見積もりをしなかった場合、翌年度には耐用年数の見積もりはできませんのでご注意ください。

すぐわかる中古車の耐用年数一覧表と計算事例

ここまでの内容を、分かりやすく一覧にしてみました。この表をご覧いただければ、あなたの中古車の耐用年数がすぐわかります。

耐用年数表

新車登録からの経過年数 1年 2年 3年 4年 5年 6年 7年 8年
軽自動車の場合
軽自動車を新車の50%以上の金額で購入した場合
普通自動車の場合
普通自動車を新車の50%以上の金額で購入した場合
  • (単位:年数)

中古車の耐用年数計算事例

また、実際に自分で計算する事がある方に向けて、計算例をご紹介します。

例:新車登録から、3年2カ月経過している普通自動車を中古車で購入した場合

※年ぴったりではなく端数がある場合は、月に換算して計算するとわかりやすいです。

72ヶ月-(38ヶ月×0.8)=41.6ヶ月

月は端数として計算結果から除外しますので、この結果、3年が耐用年数となります。

中古車で節税する場合の注意点

ここまでで、普通車なら4年落ち・軽自動車なら2年落ちから節税に効果があることと耐用年数についてご理解いただけたと思います。しかし、中古車で節税する場合には注意しなければならないことがあります。

月割で課税されるため、購入するタイミングに注意

中古車の購入費用は、月割で計上することになり、同様に月割で課税されます。年度の途中で中古車を購入すると、たとえ耐用年数が2年であっても、全てを費用化することができませんので注意してください。

売却価格が下がりにくい車種を選ぶことが大切

先ほどの、4年落ちの中古車を使って節税するイメージを再度みてみましょう。

減価償却 図版01

2年目以降は売却益の400万円で2台目の中古車を購入・減価償却を繰り返しており、1年目の節税金額が維持されていますが、これは極端な例です。世の中1年間で全く値落ちしない中古車というものはなかなかありませんし、1年前の購入金額と同額で売却できることはほぼないでしょう。

次は1年で、売却価格が購入金額の70%ほどまで下がるとして経緯を見てみましょう。

減価償却 図版02

売却金額は利益として計上され、同額での中古車購入と減価償却費計上を繰り返しています。売却金額が下がる分、購入に充てられる=減価償却費として計上できる分は年々少なくなっている事が分かります。

1年目の節税金額を維持するためには、購入できる中古車の価格が落ちていくことになります。もし仮に2年目以降も400万円の中古車購入をするならば、売却益だけでは400万円に届かないため節税金額分を充てる必要があり、節税額が減少していきます。

つまり中古車を使って効果的に節税するためには、できるだけ買取相場が値落ちしない(つまり購入金額と、1年経過した後の売却額に差がない)車種を選ぶ事が重要です。

買取相場が値落ちしにくいタイプと中古車車種を紹介

それでは、中古車の場合、買取相場が値落ちしにくい車種やメーカーは何でしょうか。以下に代表的なものをご紹介します。

ミニバンなら日産・エルグランドがおすすめ

エルグランド

ファミリーカーとしても、磐石の地位と人気を獲得しているミニバン。変わらない人気は中古車市場での安定した価格に直結します。

特に日産・エルグランドは、現行モデルの値落ち率は5年間で70%という驚異的な数字です。またミニバンの人気モデルであるセレナ、エスティマも値落ちしない車として評判です。

ハイブリッド車ならトヨタ・プリウスがおすすめ

プリウス

事業用の車として持つことを考えると、燃費はできるだけ節約したいものです。日本ではハイブリッド車のニーズが非常に高く、中古車価格も下がりにくくなっています。

中でもハイブリッドの最も代表的な車種であるトヨタ・プリウスは3~6年落ちあたりまで比較的安定した売却相場をキープしています。2015年にフルモデルチェンジしましたが、プリウスに限っては中古車相場に大きく影響を与えていないという見解です。

SUVならハリアーがおすすめ

ハリアー

ファミリー層だけでなく、女性ユーザーからの人気を獲得しているSUV。特に値落ちのしないSUVは、トヨタ・ハリアーとスバルのフォレスターです。その中でもハリアーは、状態良好ならば長期に渡って値落ちが起こらないことで有名です。

また、レクサスRXなども安定した価格をキープしています。時間が経っても価格が下がらないのがレクサスブランドの力とも言えるでしょう。

セダンならマークXがおすすめ

マークx

意外に思われるかもしれませんが、代表的な国産セダンであるクラウンよりも、マークXの方が中古車の価格維持率が高いのです。一般的なユーザーが、気がねなく乗れる上級クラスセダンである事が起因しているようです。

まとめ

いかがでしたか。今回は、4年落ちの中古車が節税になる理由と、耐用年数・減価償却のポイントをご紹介しました。改めてポイントをまとめます。

  • 中古車の場合、耐用年数は法定耐用年数とは異なる算出方法をとる
  • 事業主の中古車購入費用は減価償却費で計上でき、耐用年数で計上回数が決まる
  • 4年落ちの中古車は1年で減価償却費で計上できることから節税になる
  • 4年落ちの中でも、値落ちしにくい中古車を年単位で購入・売却するとより節税効果あり

耐用年数をきちんと理解することで間違いなく確定申告を行って、損をしないようにしましょう。

また4年落ちの中古車はうまく使えば節税になるといっても、事業者用の中古車購入費用は経費として発生する前提です。事業用の車が特に必要がないのに無理に中古車を購入することは、当然経営においても得策とは言えません。

【超】お得な「非公開」中古車を紹介してもらう方法

中古車を購入するなら、安くて、しかも質の高い一台を入手したいものですよね。しかし、中古車市場のなかには、状態が悪いものや、他に比べて割高な車両も多く含まれています。

できるだけコストパフォーマンスの高い中古車を購入するには、コツがあります。それは世の中に出回らない「非公開車両」に狙いを定めること。

中古車市場に在庫として公開している車両の多くは、そうしないと売れないからです。本当に良質で、お買い得な中古車の場合は、何もしなくてもすぐに売れてしまうので、わざわざ公開して、宣伝する必要はありません。

その市場には出回らない、特別な「非公開車両」を優先的に紹介してくれるサービスがありますので、お得な中古車をゲットしたい方は、まずは問い合わせしてみることをおすすめします。もちろん利用するのにお金はかかりません。

専門家の力を借り、満足できる中古車選びをしてください。

秘蔵の非公開車両を見る >>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket