pagetop

【中古車購入ガイド】ゴルフのおすすめ中古車条件を予算別に解説

ゴルフの中古車を誰よりもお得に購入するための中古車選び全情報

ゴルフは、フォルクスワーゲンによるハッチバック型の普通乗用車です。発売から40年以上にわたって人気を維持し、高く評価されています。歴史が古いだけあって、中古車市場では様々なモデル、グレードのゴルフが販売されています。

少しでも安く手に入れたいところですが、予算や車体の価格ばかりを気にするのは避けたいものです。結果的に、自分のライフスタイルにそぐわないものを購入してしまい、後悔してしまっては元も子もありません

そこで本記事では、

  • 条件に見合ったゴルフの選び方
  • ゴルフを中古で購入する際の注意点

を中心に、価格帯別に紹介していきたいと思います。

条件や利用目的にぴったりのゴルフを賢く見つけて、ライフスタイルをより豊かなものにしてください。

【超】お得な「非公開」中古車を紹介してもらう方法

中古車を購入するなら、安くて、しかも質の高い一台を入手したいものですよね。しかし、中古車市場のなかには、状態が悪いものや、他に比べて割高な車両も多く含まれています。

できるだけコストパフォーマンスの高い中古車を購入するには、コツがあります。それは世の中に出回らない「非公開車両」に狙いを定めること。

中古車市場に在庫として公開している車両の多くは、そうしないと売れないからです。本当に良質で、お買い得な中古車の場合は、何もしなくてもすぐに売れてしまうので、わざわざ公開して、宣伝する必要はありません。

その市場には出回らない、特別な「非公開車両」を優先的に紹介してくれるサービスがありますので、お得な中古車をゲットしたい方は、まずは問い合わせしてみることをおすすめします。もちろん利用するのにお金はかかりません。

専門家の力を借り、満足できる中古車選びをしてください。

秘蔵の非公開車両を見る >>


今回の記事の流れ

この記事では、ゴルフの際立った特徴や他の車にはないゴルフの利点をまず取り上げます。そのうえで、ゴルフの中古車条件や相場、購入の際に気をつけたいことについて解説していきます。

長い記事となりますので、すでにゴルフについてはよく知っているという方は、「予算別の中古車条件」や「注意点」から読み始めていただければ結構です。

ゴルフのおすすめ中古車条件

次の章では、ゴルフのおすすめポイントをご紹介します。

ゴルフのおすすめポイントを解説

ゴルフにはさまざまな魅力があります。なかでも代表的といえるのが

  • 飽きのこないコンパクトでベーシックなデザイン
  • 十分な室内空間を備えた無駄のない上質なインテリア
  • 頑丈で安定感のあるボディがくりだす高い走行性能

です。

ゴルフは、いわゆる「Cセグメント」に属し、ハッチバックのボディスタイルを特徴としています。国内で最も普及している輸入車の一つで、車種別歴代総生産台数が世界第2位という人気車種です。

上で取り上げた魅力について詳しく解説します。

ゴルフのおすすめポイント(1)コンパクトながら十分な室内空間を備えた上質なインテリア

コンパクトでベーシックなデザインで知られるゴルフですが、十分な室内空間を備えるのが大きな特徴です。

ゴルフが販売されるまでフォルクスワーゲンの主力モデルだったビートルが空冷エンジンのRR方式であったのに対し、ゴルフは水冷エンジンとFFを採用しました。

機関の効率的な配置がなされたことで、車体が小さいにもかかわらず、余裕のある居住空間を実現しています。

また、エクステリアと同様、シンプルで無駄のないインテリアもゴルフの魅力の一つです。

ハイグレードのモデルはもちろん、リーズナブルなモデルにも、飽きのこない上質なデザインが採用されています。単身者からファミリーまで、幅広く利用できる高い居住性能を獲得しているといえるでしょう。

ゴルフのおすすめポイント(2)頑丈で安定感のあるボディがくりだす高い走行性能

ボディが頑丈であることもゴルフの際立った特徴です。

ドイツ車は、速度無制限区域のあるアウトバーンでの走行を想定した車づくりがなされています。そのため、快適な街乗りができる一方、高速巡航に対応できる頑丈なボディ性能を備えているのです。

ボディ剛性の高さは、安定した走行性能を生み出します。

スポーツモデルだけでなく、排気量が少ないモデルにも高速走行に耐えうる安定した走りが楽しめることは、ゴルフの大きな魅力の一つといえるでしょう。

また、硬めのシートを採用するなど、同じクラスの国産車にはない、長時間乗っても疲れない工夫がなされているのも特筆すべき点です。

ゴルフのおすすめポイント(3)主力モデルならではの最新テクノロジーと安全・環境性能

フォルクスワーゲンの主力であるゴルフは、モデルチェンジするごとに、最新のテクノロジーによって安全性能と環境性能を積み上げてきました。

たとえば、2代目では有害排気成分を浄化する「触媒コンバータ」や「ABS」「四輪駆動」をいち早く採用しています。

3代目では「フロントエアバッグ」を装備されました。

続く4代目では、「横滑り防止装置」や、燃費・ドライバビリティを向上させる「DSG」といった革新的なエンジニアリングが話題を呼びました。

以上、ゴルフの特徴をまとめるなら、

  • コンパクトながら家族で乗れる居住空間
  • 頑丈で安全性の高いボディと高い走行性能
  • 最新の安全性能と環境性能

ということになるでしょう。

あらゆるシーンで使い勝手がいい、バランスのとれた車であることがおわかりいただけると思います。

ゴルフの中古車を選ぶ際は、利用するシーンを想定し、これらの点がどの程度実現されているかをチェックしながら、最適なモデル・グレードを選ぶことをおすすめします。

ゴルフの特徴についてわかったところで、ゴルフの中古車相場について見ていきましょう。

ゴルフ全体の中古車相場

実際の購入に向けて、ゴルフの中古車市場に関するデータを紹介しましょう。

やはり気になるのがお値段。大手中古車サイトのゴルフの平均価格や相場を表にまとめてみました。

中古車検索サイト 中古車平均価格 中古車相場 台数
カーセンサー 161.1万円 9.8~519.0万円 3,312台
グーネット 123.4万円 4.9~578.0万円 3,257台
ナビクルcar 123.4万円 4.9~578.0万円 3,257台
  • ※2017年12月の全国中古車情報を調査

ゴルフの中古車相場は、4.9万円~578万円とかなり幅広いのが特徴です。

その理由は、ゴルフに歴史があり玉数が豊富で、しかもさまざまなモデルやグレードが用意されているためです。

最高額が500万円超えと高額な印象を受けますが、これには未使用車やほとんどと走行していない現行モデルも含まれています。

シーンやライフスタイルに合わせて条件を絞っていけば、価格も手頃で、必要な装備や機能を備えた自分にぴったりのゴルフがみつかることでしょう。

次の章からは、ご予算別におすすめのグレードや注意点についてご紹介していきます。

価格別!ゴルフのおすすめ中古車条件

ここからは、数あるモデルのなかからおすすめのゴルフをご紹介していきます。

300万円以下・200万円以下・100万円以下と3つのカテゴリーに分けて、各予算帯で最良と思えるものを以下のような条件でピックアップしています。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

300万円以下で良質なゴルフを購入したい方:伝統のスポーツモデル「GTI」がおすすめ

300万円の予算があるなら、多くのモデルが購入対象となります。

とくにおすすめしたいのが、2013年に国内販売が開始された7代目ゴルフの上位モデル「GTI」です。

7代目ゴルフは、輸入車として初めて「日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したという折り紙つきのモデルですが、なかでも「GTI」は直列4気筒DOHCターボエンジンを搭載した伝統のスポーツモデルとなります。

長期的な使用に耐える剛性にすぐれた最新のアーキテクチャーを採用し、上質な走りと乗り心地を実現しています。同時に、高い環境性能と安全性能を備えるのが特徴です。

車線を逸脱すると自動的にステアリング補正を行う「レーンキープアシストシステム」や、視認性の高い「スタティックコーナリングライト」など走りを意識した装備も充実しています。

ゴルフ伝統のスポーツモデルだけの、卓越した走りを実感することができます。

この条件のゴルフ中古車の注意点(1):パワーシートやシートヒーターなどが付いていない

充実した装備が特徴の「GTI」ですが、「GTI」のアイコンともいえるタータンチェック柄シートには、シート位置を電動で調整するパワーシート機能や、冬場にシートを心地よい温度に温めるシートヒーターを付けることができません

また、「GTI」ではリアカメラはディーラーオプション扱いとなっていて、物によっては付いていないものもあります。

必要な装備だと感じているなら、実車を確認しましょう。

この条件のゴルフ中古車の注意点(2):他のモデルに比べ燃費効率が劣る

高出力のエンジンを搭載しているため、他のグレードと比べて燃費が比較的よくないことにも注意しておきたいところです。

たとえば、下位モデルの「TSIコンフォートライン」の燃費が21.0km/Lであるのに対して、「GTI」では15.9km/Lです。

およそ4km程度の違いですが、どのくらい頻繁に利用するのか、どんな使い方をするのかによっては、見過ごせない点です。乗り方次第では、さらに燃費が悪くなっていることも考えられます。じっくり試乗して確かめるのが理想といえます。

使用するシーンや目的なども考え合わせながら、よく検討してください。

この条件のゴルフ中古車相場

7代目のゴルフ「GTI」の相場はどのようなものか見てみましょう。

中古車検索サイト 中古車平均価格 中古車相場 台数
カーセンサー 260.0万円 201.7~299.9万円 124台
グーネット 277.8万円 208.0~299.9万円 100台
ナビクルcar 277.8万円 208.0~299.9万円 100台
  • ※2017年12月の全国中古車情報を調査
  • ※修復歴なしに限定

純正HDDカーナビゲーションを装備し、走行距離も少なめ(4万km未満)なワンオーナー車で200万円強のものもあります。人気グレードで玉数も多く、条件にあった一台が見つかりそうです。

200万円以下で良質なゴルフを購入したい方:バランスのいい「TSIハイライン」がおすすめ

200万円までの予算枠でおすすめしたいのが、TSIハイラインです。

渋滞時追従支援システム“Traffic Assist”」や「リヤトラフィックアラート」といった最新テクノロジーを標準装備しています。

前者は、先行車の動きに合わせて一定の車間距離と走行レーンを維持する機能です。後者は、リアバンパーに内蔵されたセンサーが車両後ろから接近する車両を検知し、ドライバーに警告する機能です。

しかも、排気量1,400ccのターボエンジンを搭載しているため、走行性能の高さも文句なしです。

また、前モデルに比べて、インテリアの質感も格段に向上しています。装備や走りなど、あらゆる面においてバランスのいいモデルです。

この条件のゴルフ中古車の注意点(1):ボタンが多く操作性が悪い面も

TSIハイラインは、運転席で操作するボタンの数が多く、場合によっては操作性が悪いと感じられるのが特徴です。

装備が充実しているため、「TSIハイライン」のステアリングには数多くのボタンがついています。ゴルフに乗ったことがある人でも、どこにどんなボタンがあるのか、はじめは戸惑うことになるかもしれません。

また、パーキングブレーキのスイッチがカップホルダーの奥についていて、操作性が悪いという指摘もあります。これは、もともと左ハンドルを想定した作りになっているためです。

毎日乗ることを考えると、ちょっとした操作性の悪さはかなり不快に感じる場合があるものです。実際に試乗するなどして、しっかりチェックしたいところです。

この条件のゴルフ中古車の注意点(2):グレードの選択肢には幅をもたせる

TSIハイラインは、おすすめグレードであるものの、中古車を探す際にはグレードの選択肢に幅をもたせておくのがおすすめです。

レーダーによって先行車測定し、一定の距離を維持する機能「アダプティブクルーズコントロール」や、ステアリング操作からドライバーの疲労や眠気を検知し、休憩を促す「ドライバー疲労検知システム」など、TSIハイラインにはない装備が他のグレードに装備されているケースもあります。

下位グレードの「TSIコンフォートライン」や「TSIトレンドライン」との大きな違いは排気量の違いです(「ハイライン」が1,400cc、他の2つが1,200cc)。排気量にこだわりがなければ、下位グレードも選択肢に入れておくことで、良い出会いを逃さなくてすむはずです。

最新型ゴルフは、どのグレードも高い評価を得ているので、使うシーンや目的に合わせて、ベストなものを選ぶのがよいでしょう

この条件のゴルフ中古車相場

7代目のゴルフ「TSIハイライン」の相場はどのようなものか見てみましょう。

中古車検索サイト 中古車平均価格 中古車相場 台数
カーセンサー 162.1万円 104.9~199.9万円 86台
グーネット 151.0万円 149.0~200.0万円 61台
ナビクルcar 151.0万円 149.0~200.0万円 61台
  • ※2017年12月の全国中古車情報を調査
  • ※修復歴なしに限定

2013年や2014年など年式が古いものは、かなり価格がこなれている印象です。走行距離が少ないもの(3万キロ未満)も散見されます。欲しい装備に的を絞ることで、より条件にあった一台が見つかりやすくなるでしょう。

100万円以下で良質なゴルフを購入したい方:前モデルの特別限定車が狙い目

100万以内の予算でおすすめなのが、前モデルに当たるゴルフ6の「TSI」シリーズ特別仕様車です。

特別仕様車は2011年の8月から販売されたため、どれも比較的新しいのが特徴です。

また「Premium Edition」では、駆動装置の効率性に改良が加えられていたり、アイドリングストップシステムが採用されるなど付加価値が高まっています。

「Meister Edition」は、他の装備はそのままに、シートをファブリックにすることで価格を下げたもの。中古車市場でも比較的安く出回っています。

特別仕様車に狙いを定めることで、今でも十分に使える条件の良いものを見つけることができると思います。

この条件のゴルフ中古車の注意点1:できるだけ試乗をする

発売から6年前後経過しているため、状態がよくないものもあるでしょうから、必ず試乗はしておきたいところです。

車検が切れていて公道を走れないものであっても、敷地内で少し乗ってみるだけで、大まかな状態がわかることもあります。積極的にアクションしてみてください。

この条件のゴルフ中古車の注意2:購入後のメンテナンス費用についても知っておく

特別仕様車に限ったことではありませんが、輸入車の部品代や整備にかかる費用は日本車のおよそ1.5倍かかると言われます。

5年くらい経つと交換しなくてはならない部品がどうしても出てきます。購入した後のメンテナンスにかかる費用も考えておくことをおすすめします。

この条件のゴルフ中古車相場

6代目のゴルフ「TSI Comfortline Premium Edition」の相場はどのようなものか見てみましょう。

中古車検索サイト 中古車平均価格 中古車相場 台数
カーセンサー 91.9万円 45.0~98.0万円 29台
グーネット 90.1万円 49.0~99.8万円 27台
ナビクルcar 90.1万円 49.0~99.8万円 27台
  • ※2017年12月の全国中古車情報を調査
  • ※修復歴なしに限定

走行距離が3万キロに満たないものや、車検がまだまだ残っているもの、1年保証が付いているものなど、条件の良いものもあるようでした。自分のニーズに合致した特別仕様車を見つけてください。

ここまで、おすすめのゴルフを予算別に取り上げ、それぞれの特徴や注意点についてご紹介してきました。

筆者おすすめ・ゴルフ中古車のまとめ

最後に、筆者がおすすめしたゴルフの中古車条件について、簡単な図にまとめておきました。中古車をお探しになる際に参考にしてみてください。

ゴルフのおすすめ中古車条件

まとめ

この記事では、条件に見合ったゴルフの選び方や、ゴルフを中古で購入する際の注意点についてご紹介してきました。

ゴルフは頻繁にマイナーチェンジが施されるほか、限定車もたびたび販売されます。そうした情報があるたびに価格は変動しますので、とくに最新型をお探しの場合は、最新情報をチェックしておくとよいでしょう。

ゴルフの特徴や、ゴルフを中古で購入する際の注意点について知ることで、予算だけでなく、使用シーンやライフスタイルに見合った、自分にぴったりのゴルフが見つけやすくなるはずです。

ご紹介した方法を参考にして、よき車と出会い、ぜひとも充実したカーライフをおくってください。

中古車の値引きを成功させるいちばんの方法

車を買うときに、いちばん値引きに効くのは、いま乗っている車をできるだけ高く売ることです。車の売却にはいろいろな方法がありますが、そのなかには賢い方法と、損をする方法があります。

たとえばディーラーへの下取りや、大手買取業者一社に見積もりを取って、そのまま売却するというのは、実は大きな間違いなのです。車を高く売るための最大の秘訣は、複数の買取業者に査定をしてもらい、買取店に競争してもらうこと。

いくつもの買取業者に連絡を取り、見積もりを取るのは手間がかかりますが、「一括査定サービス」を使えば、必要情報をたった一回書くだけで、自動的に複数業者に査定依頼ができます。

下取りに比べると10万円~30万円高い査定額が出ることも珍しくありません。まずは愛車がいくらで売れるか調べてみましょう。

愛車の価格を調べる >>

ゴルフの新着中古車情報


条件で絞って中古車を探す

メーカー
車種

-

年式

都道府県

市区町村

ミッション

価格

走行距離

修復歴

駆動方式

車検残

支払総額

更に詳しい条件を追加する

車両条件

燃料

ATミッション詳細

ハンドル

排気量

乗車定員

ドア数
ボディタイプ

-

後部スライドドア

過給器

状態

安全装置

装備・仕様・その他

基本装備

仕様

TV・モニター

インテリア

カーナビ種類

AV機器

外装装備

カメラ


ゴルフのスペック情報

ゴルフ
全長
4.02m~4.4m
全高
1.44m~1.52m
全幅
1.7m~1.8m
CVT - 燃費(JC08モード) 13.0km/L~21.0km/L
駆動方式 2WD,4WD 排気量 1,200cc~3,200cc
定員 5人 車両重量 1,335kg~1,865kg
※燃費は現行モデルの情報です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket