pagetop

中古車を分割で買うならこの方法がおすすめ!自動車ローンを徹底比較

中古車を分割で買うならこの方法がおすすめ!自動車ローンを徹底比較
ざっくり言うと…
新車だけではなく、中古車でも分割購入することができる
分割払いの方法はいろいろ。そのなかでも金利が安い銀行の「自動車ローン」がいちばんのおすすめ
銀行の自動車ローンに落ちても「ディーラーローン」「自社ローン」などの選択肢もあり

中古車を買うときにあらかじめ考えておきたいのが支払い方法です。もちろん、現金一括払いができれば一番良いでしょう。しかし、貯金がないのに車を購入する場合には、現金で一括払いを行うのは不可能です。

そこで、次に考えるのが分割払いという方法です。中古車購入の分割払いと一口に言ってもさまざまな方法があります。

自動車を購入するときに組むローンの中でも、最も得をする、最適な自動車ローンを選ぶことで、返済期間中の月々の支払いをできるだけ抑えることができます。

この記事では中古車購入の分割払いについて、さまざまな角度から紹介・分析します。どの方法が一番お得に中古車購入できるのか、あなたに一番ぴったりの分割方法はどういったものなのかをお教えします。

中古車を分割で購入することを検討されている人は、まずはこの記事を読んでみてください。

中古車の値引きを成功させるいちばんの方法

車を買うときに、いちばん値引きに効くのは、いま乗っている車をできるだけ高く売ることです。車の売却にはいろいろな方法がありますが、そのなかには賢い方法と、損をする方法があります。

たとえばディーラーへの下取りや、大手買取業者一社に見積もりを取って、そのまま売却するというのは、実は大きな間違いなのです。車を高く売るための最大の秘訣は、複数の買取業者に査定をしてもらい、買取店に競争してもらうこと。

いくつもの買取業者に連絡を取り、見積もりを取るのは手間がかかりますが、「一括査定サービス」を使えば、必要情報をたった一回書くだけで、自動的に複数業者に査定依頼ができます。

下取りに比べると10万円~30万円高い査定額が出ることも珍しくありません。まずは愛車がいくらで売れるか調べてみましょう。

愛車の価格を調べる >>



新車だけではない!中古車も分割払いは利用可能!

クルマの分割払いと聞いて、「分割払いができるのはどうせ新車だけでしょ」と思っていませんか。そんなことはありません。中古車の購入でも分割払いはできます。

中古車購入でのローンは、銀行が貸し付けてくれるものから、中古車販売店独自のローン、金利が非常に低いものから高いものまで数多くの方法があります。

逆にいろいろな方法がありすぎて何が自分のライフスタイルにあっているのか、どの方法が一番お得なのかがわかりづらくなっているというのが実状ではないでしょうか。

次章からどのような分割払いがあって、最もお得なのは何か、そのお得な分割払いを実現するために必要な条件や手順は何かなどを詳しく解説していきます。

クレジットカードでの分割払いについて
クレジットカードでの分割払いは実質的にできないものと考えておいてください。もちろん、中古車店がクレジットカードに対応していて、かつ中古車代金があなたのクレジットカードの限度額内であれば可能です。しかし、中古車店の多くはクレジットカード未対応です。加えて、クレジッドカードで借りる場合、他の自動車ローンと比べると大変金利が高くなります。金利の面からも、たとえ中古車店がクレジットカードに対応していたとしても、止めておいた方が無難でしょう。
▽ 車を高く売るなら一括査定
http://a-satei.com

中古車を分割払いで購入するときの候補先と選び方

先にも触れましたが、一口に中古車の分割購入といってもさまざまな方法があります。当然、金利などの条件や審査の厳しさも違ってきます。

これから、具体的にどのような方法があるのかを紹介してきます。基本的に上から筆者のおすすめ順で紹介していきます。

なお、金利が低いものからおすすめしていますが、基本的に金利が低くなればなるほど審査も厳しくなるということをまずは頭においてください。

金利がいちばん低い!分割払いなら、銀行の自動車ローンが絶対におすすめ

中古車購入の分割払いで一番のおすすめは、銀行の自動車ローンです。その理由は金利の低さです。銀行の自動車ローンの金利は、各銀行によって多少の差はありますが、実質年率が1~3%台のものがほとんどです。原則として、中古車を分割で購入する際には銀行の自動車ローンを選ぶべきです。

ただし、低金利の分だけ審査は厳しく、その審査期間は数週間に及ぶ場合もあります。その厳しい審査基準をクリアするための準備や具体的な対策は後ほど詳しく解説しています。

申請条件は厳しいが、金利が有利な労金・信金

次におすすめするのが労金・信金の自動車ローンです。金利は2~5%台と銀行と遜色ない低金利ですが、申請条件が厳しいのがこの自動車ローンの特徴です。

たとえば労金の自動車ローン「中央ろうきんカーライフローン」を申し込むには、以下のいずれかの条件が必要になります。

  1. 労働組合や職員団体などの団体会員の構成員
  2. 生協会員の組合員及び同一生計家族
  3. 中央労働金庫のエリア内(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県)に居住、または勤務している一般の勤労者

あなたが1、2に当てはまらない場合、3の条件をクリアした上で、「中央ろうきん友の会」への入会か、個人会員になる必要があります。「中央ろうきん友の会」への入会は無料ですが、個人会員になる場合は出資金として最低1,000円が必要になります。

各信用金庫の自動車ローンは、あなたが住んでいる場所が信用金庫の営業エリア内であれば審査を受けることができます。

ディーラーローンは金利が高めだが、審査は通りやすい

銀行や信金、労金の借り入れが難しい場合、次に考えるのは自動車ディーラーが貸し付けを行うディーラーローンです。

ディーラーローンは、銀行や信金、労金の自動車ローンよりは金利が高めですが、その分審査基準が低い傾向があるという特徴があります。

借入時20歳以上で、返済完了時点で70歳以下、かつ年収が150万円以上であれば、パートでもアルバイトでも基本的には審査に通ります。また、審査時間も30分~1時間で完了という場合もあります。

ただ、審査基準が緩い分、金利は高めに設定されています。各ディーラーによってまちまちですが4~10%程度の金利が多いです。一例を挙げると東京トヨペットのディーラーローンの金利は8%に設定されています。

ディーラーローンを申し込むにあたって、一点注意しておきたいのがクルマの所有権です。ディーラーローンで購入した中古車は、ローンを完済するまでその所有権はディーラーか信販会社にあります。

所有権がなければ買い換えることはもちろんできませんし、自分好みにカスタムすることもNGになります。

これで落ちたら諦めよう!最後の砦は「自社ローン」

ここまで紹介してきた方法のいずれも審査に落ちてしまった場合でも、まだ手はあります。それは「自社ローン」と呼ばれる方法です。

自社ローンとは販売店が独自の基準で審査して貸し付けを行うローン形態です。販売店が独自で審査を行うので、審査基準が極めて低いのが特徴で、金融事故歴がある人でも審査に通りやすくなっています。

どの販売店が自社ローンを扱っているかは、インターネットで「中古車 自社ローン 東京」などのキーワードを用いて検索すれば探すことができます。

この自社ローンの金利は0%です。これだけ聞くと、一番良い方法のように思えると思います。しかし、これは法律上のからくりです。

お客さんから金利を取るには貸金業の登録が必要になります。貸金業として登録するには純資産5,000万円以上や一定年数以上の実務経験が必要など非常にハードルが高い条件が課されています。そこで、金利を0%にした上で、保証料を取るという方式を取っているのです。

保証料は各販売店によって差がありますが、おおむね他の金融機関の金利よりも高額になります。また、保証会社が間に入っている場合はさらに高額になります。

保証会社大手「T.L.Assist」社の場合、購入価格の年利10.5%~を保証料として請求しています。

加えて、自社ローンは高額の保証料のほか、さらに保証人をつけなければなりません。

以上のことから、「中古車を分割で買いたいが他に手段がない」といった場合以外は、筆者としてはおすすめできません。

ここまで低金利でおすすめの銀行自動車ローンから自社ローンまでさまざまな自動車ローンを見てきました。いずれのローンを組むにしても、安定した収入が求められることに変わりがありません。また、ローンを組む前に毎月無理なく返済できる額かを考慮することも重要です。

次の章からは、一番おすすめの「銀行自動車ローン」の審査に通過するために知っておきたい知識をご紹介していきます。

▽ 車を高く売るなら一括査定
http://a-satei.com

金利の低い「銀行自動車ローン」の審査に通過するためのポイント

ここまでの章でさまざまな形態の自動車ローンを紹介してきました。これまでにも度々触れてきましたが、中古車を分割で買う上であなたが最初に目指すべきは銀行自動車ローンです。ただ、金利が低い分、審査基準が厳しいのも事実です。

ここでは、厳しい審査をクリアするための秘訣をお教えします。以下から詳しく説明しますので、見ていきましょう。

信用情報に事故情報が含まれている人は、クリアにされてから申し込む

信用情報に事故情報が記載されている人はクリアになってから申し込みましょう。銀行をはじめ各金融機関は個人への貸し付けの際に、「この人に貸しても大丈夫か」という信用情報を共有しています。

この信用情報に事故歴があると審査に通るのはほぼ不可能と思ってください。ただ、事故歴の記載は年月を経ることによってクリアになります。事故として記載される事柄と情報が破棄されるまでの年月は以下の通りになります。

  • 延滞発生時(3ヵ月以上の延滞で記載)=最長5年間
  • 強制解約時(延滞が続いた場合の業者側からの強制解約)=最長5年間
  • 任意整理時(裁判所を通さない借金の減免)=最長5年間
  • 自己破産時(裁判所を通した借金の全額免除)=最長10年間

上記の事故を起こしたことがある人はクリアになるタイミングを待って自動車ローンの申請をしましょう。

次に、自分に事故情報が記載されているかどうかを知る方法をお教えします。銀行の信用情報は、「全国銀行個人信用情報センター」という機関が一括して管理しています。ここに本人開示請求をすることで自分の信用情報を知ることができます。手順は以下の通りです。

  1. 「全国銀行個人信用情報センター」のホームページの本人開示の手続きのページにアクセス
  2. ページ上の登録情報開示申込書をダウンロードしプリントアウトの上、必要事項を記入
  3. 1000円分の定額小為替証書を郵便局で購入
  4. 2と3に加えて本人確認書類を同封して「全国銀行個人信用情報センター」宛に郵送

上記の方法で、自分の事故情報が記載されているかどうかを知ることができます。気になる人は、一度問い合わせてみると良いでしょう。

現職の勤務期間は最低でも1年以上

現職の勤務期間は最低でも1年を超えてから申し込みましょう。銀行が個人へ貸し付ける際、何よりも重視しているのが返済能力の有無です。それには安定した収入を示すことが一番です。

それだけに、長期間同じ会社で勤務している人はそれだけで銀行からは信用されやすいのです。

勤続年数は長ければ長いにこしたことはありませんが、理想的には3年以上、最低でも1年以上勤務してから自動車ローンの申請をすることをおすすめします。

他のカードローンなどの借金をゼロにして、解約しておく

銀行自動車ローンを申し込む際、カードローンなど他社からの借金はゼロにしておくことが重要です。さらに、必要のないものであれば解約することがベストです。

カードローンなどの借り入れ情報や返済情報は先にも挙げた「全国銀行個人信用情報センター」などの信用情報機関で一定年数保管されます。他社からの借入金額が多いと、それだけで銀行側から不安視されてしまいます。

また、この機関では先に挙げた事故ほどではない1週間単位の返済遅れも記載され、保存されています。この情報は解約後、5年間保存されます。ここで気をつけたいのは「解約後」ということです。完済後ではありません。

契約が続く限り銀行は返済状況まで詳しく調査できますので、過去に返済遅れを繰り返している場合は、そのことも考慮にいれましょう。

同時期に複数の自動車ローンに申し込まない

同時期に複数の銀行の自動車ローンには申し込まないようにしましょう。

ローン審査に通るかどうか不安な気持ちはわかりますが、できるならやめたほうが良いでしょう。なぜなら、他の銀行であろうとローンの申し込み履歴は先述した「全国銀行個人信用情報センター」を通して把握できてしまうからです。

銀行の担当者から見れば、同時期に複数の自動車ローンに申し込むということは返済能力に不安を抱くことはあってもその逆はあり得ません。要は印象が悪いというわけです。

できれば1つの銀行のカードローンに絞っての申請をおすすめします。

希望融資額を小さくおさめる

希望融資金額を小さく収めるのも有効な手段です。

銀行の融資は一般的に融資額が大きければ大きいほど、審査は厳しくなります。逆に言えば借入金額が少なければ、その分審査基準は低くなる傾向があるわけです。

できるだけ多くの頭金を払って少しでも借り入れ金額を少なくしましょう。

▽ 車を高く売るなら一括査定
http://a-satei.com

分割払いを行うときの、金利と支払い総額のシミュレーション

ここまで見てきて、自動車ローンは種類も金利もかなりの幅があるということが分かったと思います。金利が低いか高いかによって、月々の返済金額はもちろん支払い総額も大きく変わってしまいます。

そこで、ここでは100万円を24回払いで借りた際に金利が3%、8%、15%だった場合の、それぞれ月々に支払う金額と支払い総額をシミュレーションしてみたいと思います。結果は以下になります。

金利 月々の支払い総額 総支払額
3% 42,981円 1,031,544円
8% 45,227円 1,085,448円
15% 48,486円 1,163,644円
  • ※24回(2年間)払い

金利が3%の場合と15%だった場合とでは、月々の支払い金額にして約5,500円、総支払い額に至っては10万円以上の差がつくことになります。

この結果からもやはり、審査がたとえ厳しくともまずはじめは低金利の自動車ローンを選ぶべきだということがいえます。

▽ 車を高く売るなら一括査定
http://a-satei.com

まとめ

ここまでさまざまな種類の自動車ローンを紹介してきました。また、それぞれの自動車ローンのメリット・デメリットについても詳しく解説してきました。

この記事を読むことで、ローンの形態によって金利に大きな差があることが分かっていただけたと思います。

しつこいようですが、自動車ローンを申し込む際には、多少審査に時間がかかるかもしれませんが、第一希望は銀行のローンにすることをおすすめします。

低金利の自動車ローンをうまく活用して、ぜひ素敵なカーライフを送ってください。

中古車の値引きを成功させるいちばんの方法

車を買うときに、いちばん値引きに効くのは、いま乗っている車をできるだけ高く売ることです。車の売却にはいろいろな方法がありますが、そのなかには賢い方法と、損をする方法があります。

たとえばディーラーへの下取りや、大手買取業者一社に見積もりを取って、そのまま売却するというのは、実は大きな間違いなのです。車を高く売るための最大の秘訣は、複数の買取業者に査定をしてもらい、買取店に競争してもらうこと。

いくつもの買取業者に連絡を取り、見積もりを取るのは手間がかかりますが、「一括査定サービス」を使えば、必要情報をたった一回書くだけで、自動的に複数業者に査定依頼ができます。

下取りに比べると10万円~30万円高い査定額が出ることも珍しくありません。まずは愛車がいくらで売れるか調べてみましょう。

愛車の価格を調べる >>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket