pagetop

中古車の軽自動車ならこれ!あなたにぴったりな中古車が見つかる全情報

中古車の軽自動車ならこれ!あなたにぴったりな中古車が見つかる全情報

中古車の購入を検討している方の中には、価格の安さや使い勝手のよさから、軽自動車を探している方は多いと思います。また、10万~20万クラスといった激安の中古車が見つかることがあるのも軽自動車の特徴です。

しかし、軽自動車もたくさんの車種があり、結局どれが一番いいのか?と迷ったりするのではないでしょうか。激安といわれる中古車も、正しい選び方を知らなければ故障のリスクがあったり、危険な車両を掴むことになってしまいます。

ここでは、あなたにぴったりな軽自動車が見つかるように、おすすめの軽自動車と中古車の選び方の必須知識をお伝えします。ぜひ参考にしてください。

【超】お得な「非公開」中古車を紹介してもらう方法

中古車を購入するなら、安くて、しかも質の高い一台を入手したいものですよね。しかし、中古車市場のなかには、状態が悪いものや、他に比べて割高な車両も多く含まれています。

できるだけコストパフォーマンスの高い中古車を購入するには、コツがあります。それは世の中に出回らない「非公開車両」に狙いを定めること。

中古車市場に在庫として公開している車両の多くは、そうしないと売れないからです。本当に良質で、お買い得な中古車の場合は、何もしなくてもすぐに売れてしまうので、わざわざ公開して、宣伝する必要はありません。

その市場には出回らない、特別な「非公開車両」を優先的に紹介してくれるサービスがありますので、お得な中古車をゲットしたい方は、まずは問い合わせしてみることをおすすめします。もちろん利用するのにお金はかかりません。

専門家の力を借り、満足できる中古車選びをしてください。

秘蔵の非公開車両を見る >>


中古車の値引きを成功させるいちばんの方法

車を買うときに、いちばん値引きに効くのは、いま乗っている車をできるだけ高く売ることです。車の売却にはいろいろな方法がありますが、そのなかには賢い方法と、損をする方法があります。

たとえばディーラーへの下取りや、大手買取業者一社に見積もりを取って、そのまま売却するというのは、実は大きな間違いなのです。車を高く売るための最大の秘訣は、複数の買取業者に査定をしてもらい、買取店に競争してもらうこと。

いくつもの買取業者に連絡を取り、見積もりを取るのは手間がかかりますが、「一括査定サービス」を使えば、必要情報をたった一回書くだけで、自動的に複数業者に査定依頼ができます。

下取りに比べると10万円~30万円高い査定額が出ることも珍しくありません。まずは愛車がいくらで売れるか調べてみましょう。

愛車の価格を調べる >>


筆者おすすめの軽自動車4選をご紹介

まず、筆者おすすめの軽自動車4車種をご紹介します。筆者としては、軽自動車の魅力とは

  • 街中でも運転しやすいサイズ
  • 全高を活かした広さとの両立
  • 低燃費・低価格というコスパのよさ

があると考えています。これらの魅力を高いレベルで実現する車種をピックアップしています。最終的にどれにしようと悩んだ方は、この中から選んでいただくと間違いはないでしょう。

おすすめポイント・特徴の他に、中古車相場や実際の中古車事例も合わせてご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

  • ※中古車相場は2016年8月時点のカーセンサー中古車情報から調査
  • ※画像は現行モデルのものです

(1)ダイハツ・タント:圧倒的な車内空間を誇るファミリーカー向けの軽

筆者おすすめの軽自動車1ダイハツタント

まずおすすめなのは軽自動車の主力メーカー、ダイハツのタントです。スーパーハイルーフというもっとも背が高い軽自動車のランクに属していて、その全高を活かした広々とした車内空間が魅力です。

これといった欠点がない優等生的な軽自動車で、ファミリーカーとしての軽自動車を探している方におすすめです。背の高い軽自動車は重心が安定しなかったり、加速に不安がある場合もありえますが、タントの場合は走行安定性に不満は感じません。

ダイハツタントインテリア

中古車相場:90.0万円
新車価格(売れ筋グレード X SA2)142万円
平均実燃費:16.62km/L

タントの中古車事例

タント 660 X(カーセンサー認定車:評点4)
中古車本体価格:69万円
2012年式/走行距離4.5万キロ/修復歴なし

タントはこんな方におすすめ

  • 小さいお子様がいる家庭
  • 買い物、街乗りをメインに使用する方
  • ミニバンの実用性を備えた軽自動車がほしい方

(2)スズキ・ワゴンR:実用性と安定した走行が魅力の優等生

筆者おすすめの軽自動車2スズキワゴンR

もうひとつ軽自動車の代表メーカー・スズキのワゴンRです。初代の登場から23年を迎える軽の代表車種です。

軽自動車の中ではハイルーフに属しており、ライバル車のタントほどの全高はありませんが、大人4名も乗車できる空間があります。

落ち着いた雰囲気で、居住性もよく、長く付き合っていける軽自動車です。突出した個性はありませんが、居住性・走行安定性・運転のしやすさなど不満のない優等生的な車です。

中古車相場:59.0万円
新車価格(売れ筋グレード FZ)137万円

ワゴンRの中古車事例-

ワゴンR 660 FX
中古車本体価格:57万円(カーセンサー認定:評点4)
2011年式/5.0万キロ/修復歴なし

ワゴンRはこんな方におすすめ

  • 大人4名までの家族で乗車することが多い方
  • 実用性の高い軽自動車がほしい方
  • 機能に対して割安な中古車がほしい方

(3)スズキ・アルト:激安車も射程圏内の低価格・低燃費が魅力

筆者おすすめの軽自動車3スズキアルト

低価格・低燃費を全面に押し出したスズキの軽自動車です。大幅なコストカットによって、上質感は正直なところ上の2車種に劣るものの、それを補う低価格を実現しています。

車体の軽さにもこだわり、実燃費のよさにも定評があります。筆者としては、さきほど軽自動車の魅力のひとつを「低燃費・低価格というコスパの良さ」とご紹介しましたが、それを分かりやすく実現しているのがアルトだと思います。

e燃費の調査では、平均実燃費が28.47km/lという結果を示しています。安く購入して、出費を抑えて乗りたい方におすすめです。

中古車相場:66.2万円
新車価格(売れ筋グレード Sレーダーブレーキサポート)102万円

アルトの中古車事例

アルト 660 VP
中古車本体価格:34.9万円(カーセンサー認定:評点4)
2012年式/5万キロ/修復歴なし

アルトはこんな方におすすめ

  • 上質感や機能の充実よりも、低価格・低燃費の軽自動車が欲しい方
  • 大人2名までの乗車がメインの方

(4)ホンダ・Nボックス:ミニバン風の外見・内装が魅力のスーパーハイルーフ

筆者おすすめの軽自動車4ホンダNボックス

内外装をミニバン風に仕上げているのが特徴のスーパーハイルーフに属する軽自動車です。ホイールベース(前輪と後輪の距離)が長く、天井も高いため、後席まで快適な空間をキープしています。

燃料タンクを前席下に格納しているため(これはホンダフィットも同じ技術を用いています)これによって、後席をたたむと荷室容量は大幅に広がります。後席にはオプションのスライドドアが備わっていて、中古車ではこのタイプを選べば荷物の積み下ろしやお子様の乗り降りにも不便はありません。

軽自動車としての人気も高く、特徴もタントに似ているため選ぶ価値は高いといえます。

ホンダNボックスインテリア

車自体のスペックはタントに引けをとりませんが、中古車相場が高めです。安い中古車を探している方とは相性がよくないためこの位置です。もしタントと迷った場合は、

  • ミニバン風に上質に仕上げたテイストが好みかどうか
  • 相場がタントと比べると高い(高年式の中古車が多い)ため、新しい車が欲しいかどうかと予算を出せるか

で選ぶのがよいでしょう。

中古車相場:129.8万円
新車価格(売れ筋グレード GLパッケージ)137万円

Nボックスの中古車事例

Nボックス 660 G
中古車本体価格:89.8万円(カーセンサー認定:評点4)
2013年式/2.7万キロ/修復歴なし

Nボックスはこんな方におすすめ

  • 軽自動車でもミニバン風の質感が好みの方
  • 小さいお子様がいる家庭
  • 買い物、街乗りをメインに使用する方

4つのポイントから軽自動車の主力車種を徹底解説

ここまで、筆者おすすめの軽自動車をご紹介しました。たとえば、新車で人気の車種が欲しい、燃費のよさで決めたいなど、人によって最も重視したいポイントが変わることもあると思います。ここでは

  • 新車で人気の軽自動車
  • 中古車相場の安い順
  • 口コミ評価
  • 平均実燃費

の4つのポイントから、軽自動車をランキングしてご紹介します。

  • ※中古車相場は2016年8月の全国カーセンサー中古車情報から調査
  • ※口コミ評価はナビクル「車種別口コミ」を参照
  • ※平均実燃費はe燃費で2016年8月時点の燃費を調査

新車で人気の軽自動車の中古車を紹介

まず、新車で人気の軽自動車にはどのような中古車があるのでしょうか。2015年7月の新車販売台数ランキングをもとにご紹介します。新車での人気は中古車の人気と共通することもあり、上でご紹介した車種も重なることもありますが、参考にご覧ください。

(1)ダイハツ・タント

新車で人気の軽自動車1ダイハツタント

中古車相場 90万円
口コミ評価 4.0
新車価格 105~188万円
燃費(平均実燃費) 16.62km/L

(2)スズキ・ワゴンR

新車で人気の軽自動車2スズキワゴンR

中古車相場 59万円
口コミ評価 4.0
新車価格 81~174万円
燃費(平均実燃費) 22.48km/L

(3)ホンダ・Nボックス

新車で人気の軽自動車3ホンダNボックス

中古車相場 129.8万円
口コミ評価 3.9
新車価格 119~201万円
燃費(平均実燃費) 20.04km/L

(4)ダイハツ・ムーヴ

新車で人気の軽自動車4ダイハツムーヴ

中古車相場 52.8万円
口コミ評価 4.0
新車価格 93~180万円
燃費(平均実燃費) 20.98km/L

(5)スズキ・ハスラー

新車で人気の軽自動車5スズキハスラー

中古車相場 129万円
口コミ評価 4.0
新車価格 104~173万円
燃費(平均実燃費) 21.95km/L

安く手に入る軽自動車!中古車相場が安い軽をピックアップ

ここでは、中古車相場の安い車種をランキングしました。中古車相場は、2016年9月時点のカーセンサー全国中古車情報から調査しています。

相場と一言で言っても、最安値と最高値では極端な例で1万円~100万円のようになることもあり、あまり参考になりません。そういった点から中古車平均価格を調査しています。

(1)ダイハツ・ミラ

中古車相場が安い軽1ダイハツミラ

中古車相場 28.8万円
口コミ評価 3.6
新車価格 58~171万円
燃費(平均実燃費) 21.81km/L

(2)三菱・ekワゴン

中古車相場が安い軽2三菱ekワゴン_2

中古車相場 35万円
口コミ評価 3.8
新車価格 90~170万円
燃費(平均実燃費) 19.40km/L

(3)ホンダ・バモス

中古車相場が安い軽3ホンダバモス

中古車相場 39万円
口コミ評価 3.7
新車価格 118~169万円
燃費(平均実燃費) 15.20km/L

(4)スズキ・MRワゴン

中古車相場が安い軽4スズキMRワゴン

中古車相場 42万円
口コミ評価 3.8
新車価格 102~165万円
燃費(平均実燃費) 22.30km/L

(5)ダイハツ・ムーヴ

中古車相場が安い軽5ダイハツムーヴ

中古車相場 52.8万円
口コミ評価 4.0
新車価格 93~180万円
燃費(平均実燃費) 20.98km/L

使い勝手を重視する方に:口コミ評価が高い軽自動車を紹介

運転のしやすさや使い勝手に定評がある軽自動車だからこそ、実際に乗ってみた評価を元に検討したい方もいると思います。

ここでは、「ナビクル」の車種別口コミで、評価が高い軽自動車をピックアップしました。

(1)スズキ・アルトラパン

口コミ評価が高い軽自動車1スズキアルトラパン

中古車相場 58万円
口コミ評価 4.2
新車価格 100~165万円
燃費(平均実燃費) 22.20km/L

(2)三菱・ekスペース

口コミ評価が高い軽自動車2三菱ekスペース

中古車相場 118万円
口コミ評価 4.1
新車価格 122~191万円
燃費(平均実燃費) 16.13km/L

(3)ダイハツ・ムーヴ

口コミ評価が高い軽自動車3ダイハツムーヴ

中古車相場 52.8万円
口コミ評価 4.0
新車価格 93~180万円
燃費(平均実燃費) 20.98km/L

(4)スズキ・ワゴンR

口コミ評価が高い軽自動車4スズキワゴンR

中古車相場 59万円
口コミ評価 4.0
新車価格 81~174万円
燃費(平均実燃費) 22.48km/L

(5)スズキ・アルト

口コミ評価が高い軽自動車5スズキアルト

中古車相場 66.2万円
口コミ評価 4.0
新車価格 58~162万円
燃費(平均実燃費) 28.96km/L

維持費・燃費を抑えたい方に:低燃費の軽自動車を紹介

冒頭でもお伝えしましたが、軽自動車の魅力のひとつが低燃費です。車体が軽いこともあり走行に無駄なエネルギーを加えず、また各メーカーの競争も激しいので軽全体の燃費機能も上昇傾向にあります。

e燃費での平均実燃費調査をもとに、低燃費の軽自動車をご紹介します。

(1)スズキ・アルト

低燃費の軽自動車1スズキアルト

中古車相場 66.2万円
口コミ評価 4.0
新車価格 58~162万円
燃費(平均実燃費) 28.96km/L

(2)ダイハツ・ミライース

低燃費の軽自動車2ダイハツミライース

中古車相場 75.8万円
口コミ評価 3.8
新車価格 75~135万円
燃費(平均実燃費) 22.84km/L

(3)スズキ・ワゴンR

低燃費の軽自動車3スズキワゴンR

中古車相場 59万円
口コミ評価 4.0
新車価格 81~174万円
燃費(平均実燃費) 22.48km/L

(4)スズキ・MRワゴン

低燃費の軽自動車4スズキMRワゴン

中古車相場 42万円
口コミ評価 3.8
新車価格 102~165万円
燃費(平均実燃費) 22.30km/L

(5)スズキ・アルトラパン

低燃費の軽自動車5スズキアルトラパン

中古車相場 58万円
口コミ評価 4.2
新車価格 100~165万円
燃費(平均実燃費) 22.20km/L

軽自動車の中古車選びで絶対失敗しないための必須知識

いかがでしたか。ここまで、筆者おすすめの軽自動車と、中古車で重視したいポイント別に軽自動車をランキングしました。あなたにぴったりな軽自動車が見つかるような内容になっていますが、いざ中古車を探すときにはリスクのある中古車を避けること・お得な中で少しでも良質な中古車を選ぶことが大切です。

特に軽自動車の場合は激安といわれる中古車も多く、正しい知識を持たなければかえって損をしてしまう可能性があります。

後半では、軽自動車の中古車を選ぶ際のポイントをお話しします。安い軽自動車が欲しい!という方もぜひご覧ください。

安く買える軽自動車の価格相場:5~10万円でも普通に走る車が買える

中古車を検討している方の中には、「安く安全な中古車はいくらから買えるの?」と疑問をお持ちの方もいることでしょう。激安と呼ばれる中古車は、危険なのでは・ろくに走らず故障するのでは、と思う方も多いかもしれません。

筆者の見解をまずお伝えすると、適切なメンテナンスがされていれば10万円クラスの中古車でも走行に支障はありません。30万円も出せば、安全かつある程度見栄えの良い中古車を購入することができます。

激安の軽自動車を購入する際の注意点

しかし、激安といえる価格の中古車の場合はその事情から、気をつけなければいけないポイントが存在します。安くても何でも大丈夫というわけではないので、お得な中古車を賢く選ぶためにも以下の内容をぜひご覧ください。

まず激安中古車は以下の2つのパターンに分かれます。

0円に近い価格で買い取った車に利益を乗せて販売するパターン

1~5万円程度、もしくはタダでの引き取りなど、ほぼ無料で買い取った車を5万円~10万円の値をつけて販売するパターンです。

こういった中古車は、使い物にならないと思われがちですが、実際には予想以上にちゃんと走ります。これは近年になって、車の機能が向上していることが理由です。

筆者が中古車専門店のオーナーに直接調査したところでも、10~15年間は中古車でも安全に走るという見解を得ています。

車両価格は激安だが諸費用で利益を取るパターン

こちらに分類される車は、車両単体価格が安いものでは1円という値段がついていますので、目を引かれることも多いでしょう。しかしそれは販売店の目論見どおりで、注意しなければならないのは、諸費用込みの総支払額です。

こういった車は状態や年式も悪くないので明らかに魅力的に写ったりするのですが「諸費用」に販売店の利益を乗せている場合があります。

筆者の見解では、「激安中古車」を探すならこのパターンはあまりおすすめしません。激安の車体価格で目を引いて「まずお店に来てもらう」というのが目的でもあるため、こういった車はトータルでは安くならないことも多いのです。

また、前述のパターンで、事前に整備を入れた分諸費用が増えていたとしても「整備を入れなければ売れない状態だった」と考えられるためです。

諸費用込みでの金額と、見積書で諸費用の内訳を確認することが大切です。中古車の諸費用について詳しくは「中古車の購入時に掛かる諸費用を徹底解説」を参考にしてください。

安い軽自動車の注意点とリスクのある中古車を避ける方法

ではいよいよ上記を踏まえて、安い軽自動車で注意すべきこと、考えられるリスクをお話しします。安い代わりにトラブルに遭わないためにも覚えておきましょう。

年式も古く、走行距離が10万~15万kmの車が大半であること

日本車の保有年数は徐々に上がっていますし、15~20万kmまでは問題なく動く車も多いです。しかし経年で寿命を迎える部品などの交換など、メンテナンスが必要になってきます。

これらのメンテナンスを怠った車は、やはりトラブルのもとになります。下記、中古車のチェックポイントを参考にしてください。また、車両の状態は1台1台異なりますが、キズや汚れのほとんどない綺麗な状態の車両は、あまり期待できないと考えましょう。

事故車(修復暦車)のリスク

当然、事故車・修復暦車は避けるべきですが激安中古車にはこれがつきものです。ぱっと見はおかしいところはなくても、運転している際に突然ブレーキがきかなくなったり、ハンドル操作がおかしくなったりする可能性もあります。

車体のフレーム(骨格)部分に損傷を受けた車は「修復歴車」となります。無事にフレーム部分の修理が行われていればいいのですが、安い中古車を売るためにわざわざ高額のフレーム修理を入れる可能性は低いといえます。修復歴がついている車は避けるようにしましょう。

修復歴車の詳しい定義と、見抜き方は「中古車の修復歴のリスクと安全な中古車を見分けるポイント」でお話ししています。

集客用のいわゆる”おとり在庫”の可能性

不動産の賃貸でもよく見られるケースです。低価格としっかりしたコンディションに惹かれて店舗に行くと、すでに売られてしまったので他の車を、となるケースもあります。

もちろん上記のような中古車は掘り出しものですので、あっという間に売れた可能性もありますが、現物すらもお店に無いようであれば”おとり”の可能性が高いでしょう。

これらのリスクを見抜く対策のひとつは、現車確認の時点で、上記の傾向をしっかり見定めることです。安さが第一という方でも、上にあてはまる中古車の場合は結局修理費が高くつくか、危険な思いをすることになりかねません。

現車確認の際に参考にしていただきたいチェック項目については「中古車を購入する前にチェックするポイントを紹介」を参考にしてください。

まとめ

いかがでしたか。今回の記事では「軽自動車の中古車」を探している方に向けて、筆者おすすめの軽自動車の中古車と、中古車相場・平均実燃費などからのランキング・失敗しない中古車選びのためのポイントをお伝えしました。

ぜひ、あなたにぴったりの軽自動車を見つけてください。最後にコラムとして、軽自動車の中でもかなり特殊な市場の動きを持つジムニーの中古車と、中古車が安くなる時期についてかんたんにお話しします。興味のある方はぜひご覧ください。

もっと中古車の選び方を詳しく知りたい方は「中古車の選び方/自分に合った車を賢く選ぶ為に必要な全知識」で詳しく解説しています。

コラム:軽自動車の中でも特殊なジムニーの中古車

軽自動車の中でも特殊なジムニー

ジムニーの中古車は、「軽自動車でありながら、日本で随一の走破性を持つオフロードカー」という位置づけからかなり特殊な相場の動きをします。通常、年式が古くなる・走行距離が長くなることで中古車相場は下がるのが自然ですが、ジムニーの場合はこの限りではありません。

1990年代に新車登録された中古車でも、カスタムが施されたり、モデルに稀少価値が出ることで100万近い中古車相場がみられることも珍しくありません。

長く愛される車種であることと、旧型・現行型のジムニーで性質は大きく変わります。ジムニー中古車を選ぶ失敗しない秘訣について「ジムニー中古車が初めての方へ!失敗しない選び方が分かる全知識」で詳しくお話ししていますので参考にしてください。

コラム:中古車が安くなる時期・値下がりのタイミング

中古車相場は、市場のニーズによって変わるため、1年のうち「中古車が安くなる時期」「値下がりのタイミング」というものが存在します。

中古車の価格が安くなる時期は一つだけではありませんが、結局最も安くなる時期は4月~5月の春先であると言えます。 まず中古車が安い時期に共通することとして、その時期は車を欲しい人が少ない時期であるということが挙げられます。

新車・中古車の販売数が増えるのは2~3月

一般的に新車は2月~3月が一番売れる時期であり、最も価格が安くなる時期だと言われています。理由としては、自動車メーカーの決算が3月にあり、ディーラー側はそれまでに販売台数を増やしておくことで、その販売台数に応じた報酬金をメーカー側から受け取ることができます。

つまり、少ない利益でも売れば売るほど報酬金は高くなりますので、なるべく安く、たくさんのユーザーに売ろうとするわけです。

更に、新社会人などの新しく車が必要になる人達の新生活需要も重なって、2~3月は爆発的に新車が売れるのです。新車が売れる時期は、中古車の供給が高まります。それは、車を乗り換えようとしたオーナーが今乗っている車を下取りに出し、手放された車が中古車市場に流通するからです。

2~3月を過ぎると中古車価格は下がる

一見、在庫も増え価格の相場は安くなるかと思われますが、ディーラーにとって中古車をいくら売ってもメーカーからの報酬金はないので価格を下げることはありませんし、購入者にとって中古車の選択肢が多いこの時期に必然的に価格は高くなります。

逆に、車を欲しい人に対して中古車の台数が少ないとき、中古車価格は下がります。

さきほど、4~5月の春先は最も中古車が安い時期と言ったのは、その時期が1年で1番爆発的に車が売れる2~3月の時期を過ぎた直後であり、その反動で一気に車を買う人が少なくなって価格が下落するためです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket