中古車リースをおすすめする4つの理由と一押しサービスを徹底解説

中古車リースをおすすめする3つの理由と一押しサービスを徹底解説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

中古車を活用したリース契約は、車両の調達価格を下げることでより安くサービスを受けられることから、高い人気となっています。

しかし、「中古リースってどうやって手続きや契約をすればいいの?」「車検や保険、税金の扱いはどうなるんだろう?」など、サービス内容を知りたい方も多いのではないでしょうか。

また「今すぐリースを使いたい!」と考えても、「どのリース会社がよいのか分からない…」と悩んでいる方もいるかもしれません。

サービス内容が充実しているうえに、安く・安心して利用できるようなリースサービスを知りたいとは思いませんか。今回の記事では、

  • 中古車リースのメリット・デメリットと仕組みの解説
  • 筆者のおすすめリースサービスの紹介
  • 利用するうえでの注意点

を分かりやすく解説します。また実際に使ってみたいという方に、サービスを申し込み利用するまでの流れもご紹介しますので、安心して利用できると思います。ぜひ参考にしてください。

中古車リースの仕組みを解説

まず、「リース契約」についてご存じない方も多いと思いますので、簡単に触れていきましょう。

リース契約とは、リース会社が利用者の代わりに自動車を購入し、購入した自動車を長期間、特定の利用者に賃貸する取引形態のことです。

  • 車両の所有権はリース会社
  • 使用権は利用者

にある状態で自動車を利用します。

自動車の購入費用、初期整備にかかる諸費用、税金などはリース会社の負担となるため、利用者が負担するのは毎月一定の料金となります。したがって利用者には、まとまった資金を用意せずとも利用できるメリットがあります。

これまで、自動車のリース契約は新車が主流でしたが、近年は中古者のリース契約が人気となっています。

実は中古車リースと新車リースには、自動車の仕入れ段階で大きな違いがあります。仕組みを簡単にご説明しますので、まずは下記をご覧ください。

中古車リースと新車リースの違い

ここでは、中古車リースと新車リースそれぞれの仕組みを図解でお伝えします。

新車リースの仕組み

新車リースの仕組み

中古車リースの仕組み

中古車リースの仕組み

上記をご覧いただくと分かりやすいのですが、新車リースは在庫を持たないのに対し、中古車リースは自社でレンタカーなどに利用された車両をリース用として保管する仕組みになっています。

つまり、新車購入のコストがかからないため、利用者に対するサービス提供料金を非常に安く設定できるのです。

中古車リースは個人でも法人でも利用できる

従来、リース契約は事業を行う法人を主な対象としていましたが、今では個人でも利用することができます。個人と法人の取り扱いを簡単にまとめると下記のようになります。

中古車リースの個人と法人の扱い
利用者 個人 法人
費用 毎月一定料金 毎月一定料金を経費計上
車両 普通自動車が人気 業務用車両が人気
料金 高い 安い
契約期間 短い 長い
走行距離の制限 少ない 多い

リース会社によっては、個人と法人で選択可能なプランが異なるケースがあります。例えば、個人の場合であれば契約終了後に車両の買い取りを可能としているのに対し、法人では不可となるケースや、毎月の走行距離制限が個人では小さめであるのに対し、法人では大きくなっているケースが多いのです。

そのほか、法人契約の場合、支払った費用を全額経費として計上できますので、経理面での負担が軽減されるという特徴があります。

このように、個人・法人どちらも利用可能ですが、契約面で若干違いがあるわけです。

中古車リースのメリット・デメリット

中古車リースは、負担する費用が安く済む非常に便利なサービスですが、やはり、メリットとデメリットがあります。ここでは、中古車リースのメリット・デメリットをまとめました。

中古車リースのメリット

中古車リースのメリットは、

  • 新車購入時のような大きな費用が不要
  • 税金や諸費用などの負担がない
  • 毎月一定料金なので、支出計画が立てやすい
  • メンテナンスを含むプランを選択すれば、整備などの面倒なことを全て任せられる

などがあります。それぞれ詳細を見ていきましょう。

(1)新車購入時のような大きな費用が不要

新車購入時には車両費用として大きな費用が必要となりますが、中古車リースの場合、当然ながら購入費用は必要ありません。また、新車購入に伴う面倒な書類手続きも不要ですので、費用と同時に手間も最小限に抑えることができます。

(2)税金や諸費用などの負担がない

中古車リースの場合、車両の所有権はリース会社にあります。したがって、利用者は使用者としての義務のみを負うかたちになり、税金や諸費用を負担する必要がありません。

税金や諸費用は一時的な大きな出費となりますが、中古車リースの場合は毎月一定料金ですので、突然の出費に驚くようなこともないでしょう。

(3)毎月一定料金なので、支出計画が立てやすい

中古車リースの契約は、毎月一定の料金を設定されます。したがって、法人であっても個人であって、支出計画が非常に立てやすくなります。

(4)メンテナンスを含むプランを選択すれば、面倒なことを全て任せられる

中古車リースには、メンテナンスを含むプランと含まないプランがあります。これらの取り扱いはリース会社によって異なりますが、メンテナンスを含むプランを選択すれば、車検や普段のオイル交換などの整備を全てリース契約の指定店に任せることができます。

自動車を購入した場合は、このときの出費を不安に感じることもありますが、リースのメンテナンスプランであればそのような心配もありません。

中古車リースに向いている方

ここまでのメリットを踏まえて、中古車リースに向いている方をまとめました。

個人 法人
安く費用で自動車を利用したい 自動車関連の支出を節約したい
毎月の出費を一定にしたい 自動車に関する経理処理を減らしたい
面倒な手続きをしたくない 毎月の自動車関連出費を一定にしたい
利用した自動車が自分のものにならなくてもよい 一定期間で利用車を変えたい
自動車に対してこだわりがあまりない 利用した自動車が資産にならなくてもよい

中古車リース契約のメリットを一言でいえば、やはり「手間と出費を節約できる」という点です。中古車リースは毎月の費用が安く、自動車を自分自身で所有するよりもコストを低く抑えることができます。

また、面倒な手続きは基本的にリース会社が行ってくれますので、自動車を所有する際にかかる面倒な手間もありません。

しかし、当然ながら、中古車リースにはメリットだけでなくデメリットもあります。次章では、このデメリットについて詳しく解説していきます。

中古車リースのデメリット

中古車リースのデメリットには、

  • 中途解約は原則NG
  • 事故に遭った場合には、残価の支払いを求められる場合がある
  • 自動車が自分の資産にならない
  • 走行距離制限を超過すると、追加費用が発生する

などがあります。以下でそれぞれ詳しく解説します。

(1)中途解約は原則NG

中古車リースの途中解約は原則としてNGです。もし、やむを得ない理由で解約する場合は、残り期間分のリース合計額から算出された違約金を支払う必要があります。

中古車リースの契約期間は原則2年間ですが、その間に何らかの理由で車両が不要となってしまったとしても、基本的には解約できません。

(2)事故してしまったときには残価の支払いを求められる場合がある

中古車リースには、「残価」が設定されています。残価とは、「契約完了後につくであろう商品の価値」を予測したもので、新しく高価な車ほど残価が高く設定されます。

したがって、事故によって車両の価値が著しく下がってしまった場合は、下がった価値に対する保障を求められる場合があります。

また、事故で修復不能な状態となった場合は、リース契約の解約が必要となります。この際、残りの契約期間が長いほど、解約金として支払う費用も大きくなります。

(3)自動車が自分の資産にならない

リース契約は基本的に賃貸契約ですので、契約終了後は自動車を返却する必要があります。自動車を購入すれば自己所有として資産になりますが、中古車リース契約の場合は資産にすることはできません。

なかには、契約期間満了後に車両を入手できるプランを扱っているリース会社もありますが、車両価格が含まれる分、リース料金は高くなります。

(4)走行距離制限を超過すると、追加で費用が発生する

中古車リース契約は、契約満了後の車両価値を設定します。したがって、あらかじめ毎月の走行距離が設定されているのです。走行距離が想定以上に超過すれば車両価値が下がってしまうため、契約以上の走行距離を走行した場合には、追加費用が発生します。

中古車リースに向いていない方

ここまで見てきたデメリットから、中古車リースに向いていない方をまとめました。

個人 法人
自分好みにドレスアップ、カスタムしたい方 自動車を資産に計上したい方
中古車を自己所有したい方 運転に慣れていないドライバーが利用する
運転技術に自信がない方 月間走行距離が3000km以上になる方
月間走行距離が3000km以上になる方 途中解約のリスクを背負いたくない方
内装や外装の汚れが気になる方
途中で解約する可能性がある方

中古車リースのデメリットを一言でいえば、「途中解約できず、自分のモノにならない」という点でしょう。中古車リースの契約は原則2年間となっており、特別な事情がない限りは途中で解約できません。

もし、途中で解約することになってしまった場合、残り期間に応じた解約金が必要となります。個人であっても法人であっても、この点はリスクになる可能性があります。

加えて、中古車リースに利用した車両は、リース完了後に原則返却しなければなりません。自動車ローンのように、支払い完了後は自己所有となるわけではありませんので、この点も中古車リースのデメリットだといえるでしょう。

ここまで読んでいただいた方は、中古車リースを利用するかどうか、意思が固まってきたのではないでしょうか。

下記では、実際に中古車リースを利用してみたいという方に、筆者からおすすめのリースサービスをご紹介します。

中古車リースのおすすめサービスを解説

一口に中古車リースといっても、さまざまなサービスがあります。なかには格安な利用料金で利用できたり、全てのメンテナンスを行ってもらえたり、利用者にとってメリットの大きいプランを取り扱っているリース会社もあります。

ここでは、数ある中古車リース会社の中から優秀なサービスを3つ厳選し、ご紹介しましょう。

選定基準のポイントは、

  • 安心して利用できるかどうか
  • 料金体系が明確かどうか
  • 取り扱っている中古車の幅広さ
  • 利用者にとってメリットのある独自サービスを取り扱っているかどうか

という4点です。これらのポイントを満たす中古車リースであれば、安心して利用することができるでしょう。

オリックスカーリース:高品質な中古車在庫多数!プランの豊富さもトップクラス

オリックスカーリース

ワンプライス中古車リース MyCar
ワンプライス中古車リース BUSINESS
ワンプライス中古車リースアウトレット

業界内では非常に高い知名度を誇るリース会社です。オリックスカーリースのおすすめポイントは、

  • 自社グループ内で仕入れを行うため、高い車両品質を保っている
  • リース契約終了後に車両がもらえる(※個人契約のみ)
  • 契約前に車両の状態を確認できるので、安心して利用できる

という点でしょう。

オリックスカーリースはオリックスグループ内での連携があり、オリックスレンタカーや新車契約のリース完了車を中古車リースとして利用しています。したがって、車両品質も非常に高いレベルだといえるでしょう。

また、メンテナンス費用を全て含むプランも用意されているので、「自動車に関わる手間を省きたい」という方でも安心して利用することができます。

利用する上での注意点

オリックスカーリースを利用するうえでの注意点は、「途中解約は原則できない」という点です。

中古車リース契約は車検満了期間の2年となっており、2年未満での解約は原則できません。もし、やむを得ない事情で解約する場合は、残り期間に応じた解約金を負担する必要があります。

オートバックスカーリース:車種を指定してリース契約したい方におすすめ

オートバックスカーリース

オートバックスカーリース

オートバックスカーリースのおすすめポイントは、

  • メンテナンス費用・車検費用を、リース料金に含めることができる
  • 店舗数が多く、いざというときでも対応してもらえる
  • カー用品を一緒に購入して、リース料金に含められる

という点です。

特に、オートバックスの店舗で取り扱っている商品をリース料金に含められる点は独自のメリットだといえます。

また、店舗数が多いので車検やメンテナンスを受けやすく、より安心して利用できるといえるでしょう。

利用する上での注意点

オートバックスカーリースを利用するうえでの注意点は、「契約終了後に自己所有するには買い取りをする必要がある」というポイントでしょう。

先述したオリックスカーリースは契約終了後に車両が自分のものにできるプランがありましたが、オートバックスカーリースで自己所有にしたい場合には、契約終了後に買い取りを選択する必要があります。

ヤナセオートリース:外車をリースで乗りたい方におすすめ!

ヤナセオートリース

ヤナセオートリース

ヤナセオートリースのおすすめポイントは、

  • 憧れの外車をリース契約できる
  • 高品質なヤナセ認定車を安い料金で利用できる
  • 残価設定で計算されるので、毎月の支払いが少ない

という点です。

ヤナセ認定中古車は、業界内でも特に品質が高いとされています。しかしその分、中古車であってもなかなか価格に手が届かないケースが多いのです。

ヤナセオートリースであれば、憧れの外車に安い料金で乗ることができるので、外車好きの方にとてもおすすめのサービスです。

利用する上での注意点

ヤナセオートリースを利用するうえでの注意していただきたいのは、「リース料金が高め」という点です。

外車に乗れるのがヤナセオートリースの大きなメリットですが、国産の中古車リースに比べて車両価格が高くなる分、リース料金も高めに設定されています。

「とにかく安くリースを使いたい」という方には適していませんので、注意してください。

実際に中古車リースを利用するための手順を解説

実際に中古車リースを利用する場合、インターネット上での契約が便利です。ここでは、実際に中古車リースを利用するための手順を解説します。

中古車リースを利用する手順

オリックスカーリースを例に挙げて、中古車リースを利用する手順をご紹介します。

個人の場合

手順1

オリックス カーリース・オンラインの公式ホームページにアクセスし、ページ上部「選べるリースプラン」のプルダウンメニューから「ワンプライス中古車リース」をクリック

オリックス カーリース・オンラインの公式ホームページ

手順2

メーカーと車種を選択し、「この条件で検索」ボタンをクリック

オリックス カーリース・オンライン手順2

手順3

該当車種が表示されるので、「詳細」ボタンをクリック

オリックス カーリース・オンライン手順3

手順4

商品内容を確認し、「このクルマを申し込む」ボタンをクリック

オリックス カーリース・オンライン手順4

手順5

ボディカラーなど必要事項を選択し、契約内容を確認したら「このプランで申し込む」ボタンをクリック

オリックス カーリース・オンライン手順5

手順6

画面に表示された手順に従い、情報を記入して申し込みを完了させる

オリックス カーリース・オンライン手順6

法人の場合

手順1

オリックス カーリース・オンラインの公式ホームページにアクセスし、ページ上部「選べるリースプラン」のプルダウンメニューから「ビジネスカーリース」をクリック

オリックス カーリース・オンラインの公式ホームページ

手順2

「クルマを選ぶ」のプルダウンメニューで「ワンプライス中古車リース」をクリック

オリックス カーリース・オンライン法人2

手順3

メーカーと車種を指定し、「この条件で検索」ボタンをクリック

オリックス カーリース・オンライン法人3

手順4

商品内容を確認し、「詳細」ボタンをクリック

オリックス カーリース・オンライン法人4

手順5

内容を確認し、「このクルマを申し込む」ボタンをクリック

オリックス カーリース・オンライン法人5

手順6

ボディカラーなど必要事項を選択し、契約内容を確認したら「このプランで申し込む」ボタンをクリック

オリックス カーリース・オンライン法人6

手順7

画面に表示された手順に従い、情報を記入して申し込みを完了させる

オリックス カーリース・オンライン法人7

上記の手順で、カーリース契約の審査の申し込みを完了させることができます。審査後、契約書類が自宅もしくは事業所に届きますので、記入後返送すれば契約は全て完了です。その後、納車された車両を利用することができます。

まとめ

いかがでしたか。今回の記事では、中古車リースのメリット・デメリット、おすすめの中古車リースサービスをご紹介しました。

結論、中古車リースはポイントを押さえれば料金が安く、高品質な中古車を活用できる有用なサービスです。ここまでのポイントをまとめると、

  • 中古車リースは車両価格が低いため、安くサービスを提供できる
  • 中古車リースにはメリット・デメリットがあり、向き・不向きがある
  • メンテナンス料金を含んだプランを選択すれば、わずらわしい手間を最低限にできる
  • もっともおすすめな中古車リースは「オリックスカーリース」
  • 中古車リースは、インターネットからの申し込みがおすすめ

となります。ぜひ今回の内容を参考に、中古車リースを活用してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで最新情報をチェック