pagetop

中古車の委任状の書き方と名義変更の必要書類を徹底解説

中古車の委任状の書き方と名義変更の必要書類を徹底解説

中古車購入の際に委任状が必要だと聞いたがどう書けばいいのか分からない、または自分で名義変更をするため、委任状の準備について知りたい、という方も多いのではないでしょうか。

中古車の場合の委任状とは、主に名義変更の場合の委任状を指します。中古車販売店に名義変更を依頼する場合だけでなく、自分で名義変更をする場合のどちらでも必要です。

今回の記事では、中古車売買での委任状の書き方から名義変更の必要書類までお話しします。初めての方でも簡単にできる内容ですので、ぜひご覧ください。またよりスムーズに手続きができるように、委任状のフォーマットも準備しています。

委任状とは何か

まず、委任状とは何かについて簡単にお話しします。委任状とは「特定の方に一定の事項を委任したことを証明する書類」です。

たとえば、お住まいの市区町村で住民票を発行しようというとき、自分がどうしても平日に行けず、家族に行ってもらう…という場合に必要になるのが「家族の○○に住民票の発行をあなたが委任した」と証明するための委任状です。中古車の場合は下記で詳しくお話しますが、「名義変更の手続き」を委任することがメインです。

中古車で委任状が必要なケースと「譲渡証明書」

さきほどお伝えした通り、中古車売買で委任状が必要になるのは主に「名義変更(移転登録)」の場面です。名義変更とは、中古車の売買に伴い、車両の所有者名義を前所有者から新所有者に移す手続きのことです。陸運局でこの手続きを行う際には必ず「委任状」が必要です。

譲渡証明書について

また、車両の所有者が変わる際には「譲渡証明書」という書類も必要になります。譲渡証明書とは、車の売買・譲渡で所有者が代わった際に、「いつ、誰に譲渡されたか」を証明する書面です。定められた様式で記載することが義務づけられていますので、今回はこの記入方法も合わせてお伝えします。

さて、中古車の名義変更に関わる委任状には

  • 中古車を購入する場合
  • 中古車を売却する場合

の2つのケースがありますが、それぞれ、書き方が異なります。考え方として共通なのは「名義変更時には、前所有者・新所有者両方の名前がある委任状が必要」ということです。

両者が合意の上でなければ、名義変更は成り立たないためです。2つのケースについての委任状の仕組みを図にしたものが以下です。参考としてご覧ください。

中古車 委任状の考え方-01

もしあなたが、中古車売却で委任状を準備したい場合は、こちらから後半へ進んでください。
中古車購入での委任状について知りたい方はこのまま読み進めてください。

中古車購入に必要な書類と委任状

ここでは、中古車購入の際の委任状についてお話しします。この場合でも、

  • 購入の際に名義変更を販売店に委託するか
  • 名義変更を自分で行うか

によって委任状の書き方と必要な書類が変わります。ちなみに、名義変更は販売店に委託する場合が大半です。それでは、販売店に委託する場合と、自分で行う場合の必要書類と委任状の書き方を詳しくみていきましょう。

名義変更を販売店に委託する時の必要書類

中古車購入時、名義変更を販売店に委託する場合の必要書類は以下の表をご覧ください
購入時に必要な書類もすべて記載しています。

必要書類 必要数 交付元 備考
実印 1本 印鑑登録をした印鑑
印鑑証明書 1枚 市区町村の役所 交付から3ヶ月以内のもの
車庫証明書 1枚 警察署 販売店に取得代行してもらうことも可能(代行手数料は15,000円程度)
自動車検査証(車検証) 1枚 販売店 任意保険の際に必要になる情報が記載されているため、コピーをもらっておきましょう
自賠責保険証 1枚 販売店 名義変更では使用しませんが、購入時に必要です
委任状 1枚 販売店 販売店が準備します
譲渡証明書 1枚 販売店 販売店が準備します

軽自動車の購入の場合は、上記のうち実印と印鑑証明は不要で、代わりに住民票が必要となります。委任状・譲渡証明書以外の必要書類の取得方法について、「中古車を購入する際に必要な書類と取得方法を分かり易く解説」でも詳しくお話ししていますので参考にしてください。

販売店に名義変更を委託する場合の委任状の記入例

こちらが、販売店に名義変更を委託する場合の委任状の記入例です。

委任状記入例-販売店に名義変更委託する場合

販売店に委託する場合、赤で囲まれた範囲内は記入する必要はありませんが、何が書かれるのかについて知っておいた方が良いでしょう。

委任状の印刷用フォーマットと記入例はこちらからダウンロードできます。

フォーマットPDFダウンロード
記入例PDFダウンロード

委任状に捨印を求められる理由と実態

販売店に名義変更を依頼する際、委任状の欄外に「捨印」を押すように言われることがあります。「なぜ必要なのか?」「もしかしたら誤って悪用されないか?」と心配になる方もいるかもしれません。

捨印とは、訂正事項があったときに、訂正印と同じように内容を修正できるものです。手続き代行の場合、記載に誤りがあった際に、わざわざ書類を書き直してもらうのを防ぐ目的です。下記が捨印を押した委任状の事例です。

委任状の捨印-01

しかし、知っておいた方がいいのは

  • 運輸支局で受理する際に必ずしも捨印は必要ではない
  • 捨印をもらって販売店が訂正できるのは委任者の名前・住所のみ

ということです。自動車登録番号(車台番号)などの重要な記載情報は捨印では修正できません。誤って悪用される心配はありませんので心配することはありません。

もっと言えば、自動車登録番号などに誤りがあれば、捨印を押していたとしてもまた書き直さなければならないわけです。記入した住所・氏名に誤りがない確信があり、不安ならば捨印を押す必要はないと覚えておきましょう。

譲渡証明書の概要と記入例

また先ほどお話した譲渡証明書も、購入の際に必要になります。原則、販売店が前所有者が実印押印をしたものを準備しています。新所有者は日付・住所・氏名のみ記載し、実印は使用してはいけない決まりになっています。

実印を押すのは前所有者のみです。最悪の場合、中古車を転売されてしまう可能性もありますので注意してください。下記が譲渡証明書の記入例となりますのでご覧ください。

譲渡証明書-01記事内s

譲渡証明書フォーマットPDFダウンロード
譲渡証明書記入例PDFダウンロード

購入時の必要書類については「中古車を購入する際に必要な書類と取得方法を分かり易く解説」で詳しくお話していますので参考にしてください。

自分で名義変更を行う場合の必要書類

個人間売買での中古車購入など、自分で名義変更手続きを行わなければならないことがあります。また、名義登録等の代行費用を削るため、自分で行いたいという方もいるでしょう。

(後者の場合、登録の一部だけではなく、車庫証明から名義変更まで自身で行わないと費用を削る交渉にならないので注意しましょう。)

その際に必要な書類は以下の表をご覧ください。こちらでも購入時に必要な書類をすべて記載しています。

必要書類 必要数 交付元 備考
実印 1本 印鑑登録をした印鑑
印鑑証明書 1枚 市区町村の役所 交付から3ヶ月以内のもの
車庫証明書 1枚 警察署 発行日から概ね1ヶ月以内のもの
自動車検査証(車検証) 1枚 販売店
自賠責保険証 1枚 販売店 名義変更では使用しませんが、購入時に必要です
委任状 1枚 販売店 前所有者の実印押印があるもの
譲渡証明書 1枚 販売店 前所有者の実印押印があるもの
手数料納付書 1枚 名義変更当日に記入
自動車税・自動車取得税申告書 1枚 名義変更当日に記入
申請書 1枚 名義変更当日に記入

この場合でも譲渡証明書は、前所有者の押印実印がされたものを準備しています。手数料納付書と自動車税・自動車取得税申告書、申請書は名義変更の当日、運輸局で記載するものですので事前の準備は不要です。

自分で名義変更を行う場合の委任状の記入例

ここでは、自分で名義変更を行う場合の委任状の記入例をご紹介します。販売店で購入する場合、前所有者の実印押印がされたものを販売店が持っていますので、あなたの氏名・住所を記載します。個人間売買の場合は、前所有者に指定の部分を記入・押印してもらうことが必要です。

委任状記入例-自分で名義変更を行う場合

印刷用フォーマットと記入例はこちらからダウンロードできます。

フォーマットPDFダウンロード
記入例PDFダウンロード

前所有者が名義変更を行う場合の委任状記入例

購入時、前所有者が名義変更を行うケースも中にはあるかもしれません。その場合、あなたが実印押印をした委任状が必要です。以下に記入例をご紹介します。

委任状記入例-前所有者が名義変更を行う場合

印刷用フォーマットと記入例はこちらからダウンロードできます。

フォーマットPDFダウンロード
記入例PDFダウンロード

中古車売却に必要な書類と委任状

中古車を売却する場合でも、新所有者への名義変更のために委任状を記入する必要があります。ここでは、中古車を売却する際に必要な書類と委任状の書き方についてお話しします。

中古車売却の必要書類

中古車売却時の必要書類を表にまとめましたのでご覧ください。

必要書類 必要数 交付元 備考
実印 1本 印鑑登録をした印鑑
印鑑証明書 1本 市区町村の役所 交付から3ヶ月以内のもの
自動車検査証(車検証) 1枚 購入時に発行
自賠責保険証 1枚 購入時に発行
自動車納税証明書 1枚 毎年5月までに支払済
リサイクル券 1枚 購入時に発行
委任状 1枚 買取側が準備 ※ディーラー・買取業者が準備します
譲渡証明書 1枚 買取側が準備 ※ディーラー・買取業者が準備します

軽自動車の場合の必要書類は異なりますので、以下に別途まとめました。軽自動車の場合は実印・印鑑証明書は不要です。

シャチハタや三文判は、自治体によっては認印として許可されない場合がありますので、ディーラーか買取業者に事前に確認が必要です。

必要書類 必要数 交付元 備考
印鑑(認印) 1本 シャチハタ・三文判は要確認
自動車検査証(車検証) 1枚 購入時に発行
自賠責保険証 1枚 購入時に発行
軽自動車納税証明書 1枚 毎年5月までに支払済
リサイクル券 1枚 購入時に発行
委任状 1枚 買取側が準備 ※ディーラー・買取業者が準備します
譲渡証明書 1枚 買取側が準備 ※ディーラー・買取業者が準備します

委任状・譲渡証明書以外の必要書類の取得方法について、「中古車を購入する際に必要な書類と取得方法を分かり易く解説」でも詳しくお話ししていますので参考にしてください。

次に、上記の必要書類に含まれている委任状と譲渡証明書の書き方をお伝えします。

中古車売却の場合の委任状の記入例

中古車売却の場合は、委任状のフォーマットを買取側(ディーラーもしくは買取業者など)が準備しますので、あなたは住所・氏名を記入し、実印を押します。下記に記入例をご紹介します。

委任状記入例-中古車売却の場合

フォーマットPDFダウンロード
記入例PDFダウンロード

中古車売却の場合の譲渡証明書の記入例

中古車を売却する場合、上記にあるように譲渡証明書の記入が必要です。譲渡証明書とは、売買や譲渡で、前所有者から新所有者へと持ち主がいつ変わったのかを示す証明書です。

原則、販売店が用紙を準備し、必要な部分を記載しています。売却の際は、下記の記入例のうち、②の前所有者の氏名・住所を記入し、実印を押してください。実印を押すということは印鑑証明も必要になりますので忘れないようにしてください。

譲渡証明書-02記事内s

譲渡証明書フォーマットPDFダウンロード
譲渡証明書記入例PDFダウンロード

まとめ

いかがでしたか。今回の記事では、中古車の委任状・譲渡証明書の書き方と、名義変更の必要書類についてお伝えしました。名義変更を誰が行う場合でも、複数の方が記入するものです。余計な手間がかからないよう、自分以外がどこを記入するのか知っておくことも大切です。ぜひスムーズな中古車購入・売却に役立ててください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket