pagetop

中古車ローンの頭金/頭金のメリットやフルローンの注意点

中古車ローンの頭金/頭金のメリットやフルローンの注意点

中古車の購入時、現金一括払いで購入することが出来ればそれに越したことはないのですが、まとまったお金がなく、どうしてもその車を近日中に手に入れたいときにはローンでの購入を検討すると思います。
ローンにも色々な種類があり、大抵の場合“頭金”をいくら支払うかによって月々の支払いが変わってきますが、実は頭金を支払わない状態でもローンを組むことは出来ます。

しかし、頭金を支払わない場合はいくつかのデメリットがありますので、是非今回の記事を最後までご覧頂き、自分に合ったローンの組み方を見つけて下さい。

ローンの頭金は支払うべき?

冒頭でもお伝えした通り、審査に通りさえすれば頭金を支払わなくてもローンを組むことは出来ます。「そんな方法があるのなら頭金を支払う必要なんてないのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、結論から言うと頭金は支払えるのであれば支払うべきです。

そちらの理由を交え、まずは頭金を支払うことのメリットを確認しましょう。

頭金を支払うことのメリット

審査が有利になる

まず、ローンを組む際の審査が有利になるというメリットが挙げられます。頭金を支払うことによって審査のハードルが下がり、より条件の良いローン(低金利など)を組みやすくなります。頭金を支払うということは、ローンを組む本人の信用力を示すことになるのです。

審査の目安とは?

審査時の目安の1つとして、「一年間に支払うローンの返済額の総額が、年収の4割を超えているかどうか」というものがあります。

4割を超えないのなら審査通過の可能性は高くなり、超えてしまうと審査通過の可能性は低くなります。こちらは自動車ローン以外のローン(住宅やフリーローン等)も含んでいるので注意が必要です。
頭金で支払った金額は単純に返済総額からマイナスされるので、頭金を支払った分、審査のハードルは下がります。ちなみに、自動車ローンの頭金の金額の理想は諸費用を抜いた車両価格の30%とされています。

利息負担が少なくなる

返済金額が少なくなることによって返済期間も短くすることができ、それによって利息負担を少なく出来るという点も挙げられます。利息負担が少なくなるということは、最終的な返済総額が減るということですので、こちらも大きなメリットといえるでしょう。

頭金を支払うことのメリットを確認した上で、次は頭金無し(フルローン)のデメリットを確認していきましょう。

頭金を支払わない(フルローン)ことのデメリット

ローンの審査が通りにくくなる

頭金を支払ったときとは逆に、条件の良いローン(低金利など)の審査に通りにくくなり、比較的審査に通りやすい高金利のローンを組むことになる可能性があります。

月々の支払い金額が増える

当たり前の話ですが、頭金を支払わない分ローンの元金が増え、月々の支払い金額は多くなります。

利息負担が増える

ローンの元金が多くなるので、利息負担は大きくなってしまいます。実際に金額の差がどれだけ大きくなるのか、次の項でシミュレーションを交えてご説明します。

返済総額の違い(頭金有りvs頭金無し)

実際に頭金有りの場合と、頭金無しの場合の返済総額の差を簡易的にシミュレーションしてみましょう。

借入金額150万円、金利7%のローンで返済期間が同じの場合(3年)

頭金 返済期間 毎月の返済額 返済総額(頭金込み)
0円 3年 46,316円 1,667,363円
450,000円 3年 32,421円 1,617,154円

同じ借入金額、返済期間でも頭金有り・頭金無しの場合では、5万円程の返済総額の差があります。

借入金額150万円、金利7%のローンで返済期間が異なる場合(3年と2年)

頭金 返済期間 毎月の返済額 返済総額(頭金込み)
0円 3年 46,316円 1,667,363円
450,000円 2年 47,011円 1,578,269円

月の返済額こそ頭金有りの方が若干増えていますが、最終的な返済総額で約9万円もの差が出てきています。

以上、頭金有りの場合と、無しの場合についての大きな違いについてご説明させて頂きました。頭金は支払えるのであれば支払うべきと冒頭でお伝えしましたが、その理由はもうお分かりですね?頭金を支払うことで(更に返済期間も短くすれば)、ローンの返済総額を大きく抑えることが出来ます。

逆に、頭金を支払わなくても問題がないケースはあるのでしょうか?

フルローンでも問題ないケースとは?

頭金を支払わなくても問題ないケースとして、ローンの借入金額が少なく、返済期間も短い場合が挙げられます。こちらも返済金額の差をシミュレーションしてみましょう。

借入金額50万円、金利7%のローンで返済期間が同じの場合(1年)

頭金 返済期間 毎月の返済額 返済総額(頭金込み)
0円 1年 43,263円 519,160円
100,000円 1年 34,611円 515,328円

50万円程の中古車であれば、最終的な返済総額は見ての通り4千円程の差しかありませんので、頭金を支払う・支払わないにこだわる必要はないと思われます。

まとめ

以上、中古車ローンの頭金についてご説明させて頂きました。
ポイントをまとめると、

審査の目安とは?

  • 頭金は支払えるのなら支払っておいた方がよい(条件の良いローンの審査が有利になり、最終的な返済総額も大きく変わるため)
  • 頭金無しでも問題ないケースとしては、借入金額が少なく返済期間も短く済む場合(最終的な返済金額の差が少ないため)

の2つになります。

欲しい中古車を見つけると、すぐにでも手に入れたい!という気持ちになりそうですが、ローンを組むにしても、毎月の返済額や最終的な返済総額をしっかりとシミュレーションした状態で購入に臨むようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで最新情報をチェック

コメントを残す

*