中古車の距離は何万キロがベスト?年式との関係とおすすめ距離

中古車の距離は何万キロがベスト?年式との関係とおすすめ距離

中古車の購入を検討している方の中には「走行距離は何万キロがいいのか?」「年式と距離はどちらを優先するべきなのか?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。中古車の選び方と走行距離、そして年式は切っても切れない関係にあります。

たとえば中古車の走行距離は短いに越したことは無い、と思うかもしれませんが、年数の経過に対して走行距離の短い車は、長距離の中古車より状態が悪い可能性もあるのです。走行距離・年式・車の状態の正しい知識を身につけなければ、リスクのある中古車を選んでしまうことにもなりかねません。

今回の記事では、中古車の走行距離・年式の適切な判断基準と、おすすめの走行距離、リスクのある中古車の見抜き方など、走行距離からの最適な中古車の選び方をお伝えします。ぜひ参考にしてください。

中古車の安全走行距離の限界

まず一般的に、車はどれだけの距離を安全に走れるのでしょうか。「車の寿命は10年・10万キロ」と聞いたことがある方もいるかもしれませんが、現在の事情とは異なります。筆者の知る限りでは、車(普通車)が安全に走れる走行距離は40万キロ以上といえます。

たとえば、日本の車社会でもっとも長距離を走る普通車はタクシーだと思いますが、タクシーが役目を終える走行距離の目安が40万キロと言われています。別にタクシーが特別という訳ではなく、車の機能は年々向上しているため10万キロを超えてもまったく問題なく走ります。

海外では日本車が特にメンテナンスされないまま、20万キロ以上走行している事実がありますので、必要なメンテナンスがされていれば「車は15万キロ~20万キロまでまったく問題なく走る」というのが筆者の見解です。筆者は全国の中古車販売店のオーナーと話す機会も多いのですが、この点に関しては全員から同じ見解を得ています。軽自動車でもほぼ同じ見解を持っています。

年式と走行距離の正しい関係

走行距離と合わせて知っておくべきなのが年式と走行距離の関係です。一般的に、1年間の適切な走行距離は8,000~1万キロと言われています。おおむね、1万キロの走行距離に対して1年落ちになる計算です。

「年式と走行距離はどちらを優先すべきなの?」と疑問に思う方もいると思いますが、筆者の考えでは両極端な場合はどちらもおすすめしません。

年式と走行距離を見比べてみることで、その車がどのように使われていたかが想像できます。使用年数に対して走行距離が少ない場合でも、単純にあまり走っていないから程度が良いといいきれません。走行距離5万キロの車では、極端に言えば以下のようなケースがありえます。

走行距離5万キロ/10年落ちの場合

たとえば、隔週・しかも週末しか乗られていないような車に見られるケースです。もしくは、最初の5年間は普通に運転されていて、あとの5年間は倉庫や青空駐車で放置されていた車かもしれません。後者の場合は、車の塗装・内部の消耗品などが相当傷んでいる可能性がありリスクが高いです。

走行距離5万キロ/2年落ちの場合

運転する機会が相当多い・または1回の運転での移動距離が長距離に及ぶ、かなりハードに使われていた車です。高速道路の走行がメインだとしたら、そこまで機能面のダメージはないため、1.の走行距離5万キロ/10年落ちの場合よりは安心です。

しかし、どちらも使い方のリスクを考えるとあまりおすすめはしません。同じ走行距離なら、1年間の走行距離が8,000~1万キロになる中古車が無難です。

重視項目別:ベストな走行距離の選び方

10万キロの中古車でも安心というのは分かったけど、どの走行距離を選べばいいのか?という方もいることでしょう。ここまでの内容を踏まえて、あなたが重視する項目別におすすめの走行距離をご紹介します。(前提として、1年間の走行距離1万キロとして考えることとします)

新しさ・車両の綺麗さ重視なら3万キロ~5万キロ

走行距離が3万~5万キロの中古車は、大事に乗られていたものであれば経年によるキズや汚れも少ない状態です。価格の安さという中古車のメリットも捨てがたいが、その中でも新しい車に乗りたいという方は走行距離3万キロ~5万キロの中古車がおすすめです。

価格重視なら6万キロ~10万キロ

中古車は走行距離が5万キロを超えたあたりで価格が下がる傾向があります。これは購入層が「5万キロいっている車はちょっと…」とためらいがちであることと無関係ではありません。市場での需要が下がれば中古車の価格も下がります。安全に乗れる車をとにかく安く買いたい方には、走行距離6万キロ~10万キロの中古車がおすすめです。

注意点:リセールバリューには期待できない

逆に、安く買える中古車ということはリセールバリュー(車を手放す際の売却価値)にはあまり期待できません。とはいえ中古車の場合、走行距離にかかわらずリセールバリューに期待するべきではないというのが筆者の見解です。どんな車であっても、経年・使用に伴う価格落ちからは逃れられないからです。

(一部の人気車・ハリアーに代表されるような海外での需要が高い車を除きます)売却時に少しでも価格がつけば満足、という考え方をするのが中古車では良いでしょう。

激安価格希望なら10万キロ~12万キロ

さらに価格の安さ・激安と呼べる中古車を求めるならば、目安としては10万キロ~12万キロ前後を選ぶのがおすすめです。5万キロの場合と同様に、10万キロを超える段階で大きく価格が下がることも、購入者の心情から来るところが大きいです。

10万キロが車の寿命という考えもまだ根強く、一気にニーズが下がるため、価格は激安といえるところまで下がります。繰り返しになりますが、車の寿命としては15万キロほどは普通にあります。少なくとも3年ほどは安全に乗ることができるでしょう。

しかし、基本的なメンテナンスがされていることが前提です。10万キロ前後もしくは10万キロ以上の中古車では、下記でくわしくご紹介するようなメンテナンスが実施されているか、もしくは中古車販売店で部品交換まで対応してくれるかを必ず確認しましょう。

注意点として、6万キロ~10万キロと同様、リセールバリューには期待できません。激安価格で売っている中古車というのは車の価値自体は販売店からすればほぼゼロです。さらに数年乗って売る場合であれば、価格がつかないことも覚悟するべきです。

10万キロ前後の中古車のメンテナンス

先ほど、走行距離10万キロを超えていても問題ないとお伝えしましたが、その上で、10万キロ前後の中古車ならこのメンテナンスは必須・もしくはあれば安心、というポイントを以下にご紹介します。経年・使用とともに少しずつ劣化していくゴム製の部品が交換されているかどうかがメインになります。

タイミングベルトが交換されている:必須

タイミングベルトはエンジンが機能する上で欠かせないものですが、ベルトはゴム製のもので10万キロを目安に交換が必要です。ちなみに購入時の交換の場合、中古車の諸費用に交換代が含まれているか否かもチェックしておきましょう。別料金となる場合、部品代・作業代合わせて30,000円ほどかかります。

タイミングチェーンが採用されている:あると安心

上記のタイミングベルトの代わりに、金属製のタイミングチェーンが採用されている車種もあります。このタイミングチェーンは、半永久的に使用できるといわれていますが、20万キロを目安に交換するのが安心です。

ブッシュ類(緩衝材)が交換されている:あると安心

ブッシュ類とは、ゴム製の緩衝材を指し、車の緩衝作用や異音軽減までを担う部品です。こちらも10万キロ・もしくは10年を目安に交換が望ましいとされています。このブッシュ類も交換されていれば安心です。

エンジンのオイル交換は適切にされているか:必須

エンジンのオイル交換は非常に基本的なメンテナンスで、1回500円で行ってくれる販売店もあります。しかし最初にお話ししたタクシーが40万キロ走れる秘訣は、3ヶ月に1回オイル交換を徹底することと言っても過言ではありません。

エンジンはオイル交換のメンテナンスがきちんと行われていれば、そうそう故障するものではないというのが筆者の見解です。

車が故障する場合、故障箇所はラジエーターなどの冷却系・エアコンなどの不具合・電装系の故障が原因であることが多いのです。逆にいえば、オイル交換などの基本的なメンテナンスが適切に行われているかは安全に乗るうえで必須といえるでしょう。

走行距離にかかわらず安全な車を選ぶためのポイント

中古車は新車とは異なるため、以下のようなリスクが付きまといます。

中古車購入のリスク

  • 修復歴車(事故車)のリスク
  • 故障車のリスク
  • 水没車のリスク
  • 塩害車・雹害車・雪害車のリスク

これらは、安全な中古車を購入するうえで絶対に避けたいリスクです。走行距離で「買い」だったとしても、これらのケースに当てはまっていたらまず購入するべきではありません。

故障車なんて選ばないから大丈夫、という方も多いかもしれませんが、たとえば水没車は修復歴には含まれないため、販売時に記載・申告されていないこともあり得るのです。そのため、不具合やリスクがないかを見抜けることが賢い中古車選びには必要です。

また、上記でお話ししたように、車の故障はエンジンよりもラジエーターなどの冷却系・エアコン・電装系に先に現れることが多くあります。誰でもできるこれらの具体的なチェック方法は「中古車を購入する前にチェックするポイントを紹介」で詳しくお話ししています。

現車確認の際は、必ずこれらのポイントを押さえておきましょう。

また、修復歴車(事故車)に関しては、筆者の見解としては走行距離よりも注意すべきポイントです。中古車の走行距離メーター改ざんは、いまだに噂を耳にすることもありますが、現在ではほぼ撲滅されたと考えています。

  • 車検証へ過去2回までの車検時の走行距離の明記が義務づけられたこと
  • オートオークション会場も走行距離記録を保管するようになったこと

などに代表されるような、業界全体で走行距離メーター改ざんをなくそうとする動きが起こりました。その結果、現在では走行距離メーター改ざん車に遭遇する可能性はゼロに近くなりました。しかし、同じ規定違反でも修復暦車の隠蔽は、現在でもありえると考えられます。

修復歴車は、車の骨格部分に損傷がある車のため、購入時には問題なくても後々走行に支障が出る可能性があります。修復歴車の正しい定義・見抜き方も「中古車の修復歴のリスクと安全な中古車を見分けるポイント」を参考に、必ず押さえておきましょう。

まとめ

いかがでしたか。今回は、中古車の適切な走行距離の目安と、自分に合った走行距離の選び方、安全な中古車を選ぶポイントについてお話ししました。走行距離は、警戒するだけではなく正しい知識を身につけることで、賢い中古車購入の指針になってくれます。

ぜひ今回の記事を参考に、あなたに合った走行距離の中古車をお得に手に入れてください。最後に、走行距離から中古車を探したい方に向けて、走行距離別の中古車の検索方法をお伝えします。

コラム:走行距離別の中古車の検索方法

今回の記事を読んでいただいて、実際に希望の走行距離で中古車を探したい、という方もいると思います。ここでは、中古車検索サイトの代表的な2つ、カーセンサーとGooを対象に「希望の走行距離で中古車を探す方法」を具体的にお伝えします。ぜひ、ここでご紹介する方法に添って中古車を検索してみてください。

カーセンサーでの検索方法

まず、カーセンサーで希望の走行距離から中古車を探す方法をお伝えします。参考例として「トヨタ アルファードを千葉県で探す」流れを実践してみましょう。

1.サイトにアクセス

カーセンサーにアクセスします。

2.メーカー選択

メーカーを選択します。ここでは「トヨタ」をクリックします。

カーセンサーでの走行距離検索00

3.車種選択

車種一覧が表示されますので、アルファードをクリックします。もしくは、車種ごとにチェックボックスがありますので複数にチェックを入れれば、複数車種を同時に検索できます。

カーセンサーでの走行距離検索01

4.エリア選択

エリアを選択します。ここでは「千葉県」にチェックを入れました。「チェックした地域の中古車を検索する」をクリックすると、該当エリアの中古車在庫一覧が表示されます。

カーセンサーでの走行距離検索02

5.条件指定

検索結果画面で、走行距離の項目を変更します。「走行距離5万Km~7万Km」に設定しました。こちらを変更すると、「○台検索する」のボタンで台数が変わりますので、そちらをクリックして完了です。

カーセンサーでの走行距離検索03

グーネットでの検索方法

次に、グーネットで希望の走行距離から中古車を探す方法をお伝えします。参考例として「BMW 1シリーズを神奈川県で探す」流れを実践してみます。

1.サイトにアクセス

グーネットにアクセスします。

2.メーカー選択

メーカーを選択します。ここでは「BMW」をクリックします。

gooでの走行距離検索00

3.車種選択

車種一覧が表示されますので、1シリーズをクリックします。こちらもカーセンサーと同様、車種ごとにチェックを入れることで複数車種での検索が可能です。

gooでの走行距離検索01

4.エリア選択

エリアを選択します。ここでは「神奈川県」にチェックを入れました。神奈川県を直接クリックするか、「チェックした地域で中古車を絞り込む」をクリックすると、該当エリアの中古車在庫一覧が表示されます。

gooでの走行距離検索02

5.条件指定

検索結果画面で、走行距離の項目を変更します。「走行距離6万km~8万km」に設定しました。こちらを変更すると、「該当件数 ○件」の件数が変わりますので、「この条件で検索」をクリックして完了です。

gooでの走行距離検索03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで最新情報をチェック