pagetop

中古車のナンバープレート変更が必要な場合と取得方法を解説

中古車のナンバープレート変更が必要な場合と取得方法を解説

中古車を購入する際に、車両にはすでにナンバープレートがついていることが多くあります。そういった場合「ナンバープレートは変更しなければならないのか?そのまま乗れるのか?」などが気になる方は多いのではないでしょうか。

またナンバープレートを変更・取得する場合、希望のナンバーが取れるのかも知りたい方もいると思います。ナンバープレートの変更・取得は中古車の名義変更(移転登録)に伴うものです。

名義変更は販売店に委託する方も多いのですが、ナンバーの変更の有無によってその費用も変わってきます。自分で名義変更・ナンバープレート取得をする、という場合は全て自分で準備する必要があります。

今回の記事では、中古車購入時のナンバープレート変更が必要な場合と不要な場合、そして具体的なナンバープレートの取得の流れをお伝えします。ぜひ参考にしてください。

【超】お得な「非公開」中古車を紹介してもらう方法

中古車を購入するなら、安くて、しかも質の高い一台を入手したいものですよね。しかし、中古車市場のなかには、状態が悪いものや、他に比べて割高な車両も多く含まれています。

できるだけコストパフォーマンスの高い中古車を購入するには、コツがあります。それは世の中に出回らない「非公開車両」に狙いを定めること。

中古車市場に在庫として公開している車両の多くは、そうしないと売れないからです。本当に良質で、お買い得な中古車の場合は、何もしなくてもすぐに売れてしまうので、わざわざ公開して、宣伝する必要はありません。

その市場には出回らない、特別な「非公開車両」を優先的に紹介してくれるサービスがありますので、お得な中古車をゲットしたい方は、まずは問い合わせしてみることをおすすめします。もちろん利用するのにお金はかかりません。

専門家の力を借り、満足できる中古車選びをしてください。

秘蔵の非公開車両を見る >>

ナンバープレートの変更が必要な登録の種類

ナンバープレートの変更・登録は、主に以下の4つの場合に発生します。

車を売買等により譲渡、譲受する場合(名義変更=移転登録)

所有者を変更する際に必要な手続です。

中古車でナンバーのついていない車を登録する場合(新規登録)

登録を受けていない自動車を新たに登録する場合の手続です。新車新規と抹消した車を再び使用(中古車新規)する場合があります。

氏名・住所・使用の本拠の位置などを変更した場合(変更登録)

これらの事由が発生した場合、変更後の使用の本拠の位置を管轄する運輸支局等で手続きする必要があります。

ナンバープレートを紛失などした場合(番号変更)

ナンバープレートの紛失、盗難、毀損したときに必要な手続です。

今回の記事では、「車を売買などにより譲渡・譲受する場合」について詳しくお話しします。

購入時にナンバープレートの変更が必要/変更できる場合

まず、中古車購入の際に、ナンバープレートの変更を必要しなければならないケースには以下のようなことが挙げられます。具体的には「運輸支局の管轄の変更」が必要なケースです。

ちなみに下記に当てはまる場合に変更を行わないと最大50万円以下の罰金と定められています(車の所有者は変わらず、引越し等で住所を変更した場合でも同じです)。しかし実際のところ、罰金請求をされたケースはあまり耳にしないのが正直なところです。

自分の所在地と異なる都道府県のナンバーがついている場合

県外で中古車を購入する場合など、ナンバーもあなたの所在地(住民票の在り処)と異なる都道府県になっていることが多いです。この場合はナンバーを変更する必要があります。

例えば、大阪が所在地となっている方が京都ナンバーのついている中古車を購入した場合は、以下の右側のように変更しなければなりません。

ナンバープレート変更事例-01

また、同一都道府県内での購入でも、以下のようなケースに当てはまればナンバープレートの変更が必要です。

同一都道府県でも管轄が異なる場合

同一の都道府県でも管轄が異なる可能性があるので注意が必要です。たとえば、同じ東京都内でも、実は複数の運輸支局管轄に分かれています。参考までに、以下の表をご覧ください。

こちらは東京都の運輸支局の一覧です。それぞれ管轄するエリアが異なることが分かります。

東京都の運輸支局管轄表
運輸支局名 管轄エリア
東京運輸支局 千代田区、中央区、港区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、大島支庁、三宅支庁、八丈支庁、小笠原支庁
足立自動車検査登録事務所 台東区、墨田区、江東区、荒川区、足立区、葛飾区、江戸川区
練馬自動車検査登録事務所 新宿区、文京区、中野区、杉並区、豊島区、北区、板橋区、練馬区
多摩自動車検査登録事務所 立川市、武蔵野市、三鷹市、府中市、昭島市、調布市、町田市、小金井市、小平市、東村山市、国分寺市、国立市、狛江市、東大和市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市、多摩市、稲城市、西東京市
八王子自動車検査登録事務所 八王子市、青梅市、日野市、福生市、羽村市、あきる野市、西多摩郡

ナンバープレート変更事例-02

上記の例でいえば、「千代田区」と「八王子市」のように同じ東京都でも管轄エリアが異なるため、ナンバーの変更が必要です。「このエリアはどの管轄に入るのか?」と疑問がある方は、こちらの国土交通省の管轄一覧から探すのがおすすめです。

1.サイトにアクセス

国土交通省の「全国運輸支局のご案内」にアクセスします。

2.地域選択

「関東」をクリックすると、関東の運輸支局一覧と管轄エリアが表示されます。

国土交通省:全国運輸支局案内

3.運輸支局選択

運輸支局名をクリックすると、支局の所在地など、詳細情報を確認することもできます。

国土交通省:全国運輸支局案内(関東エリア)

国土交通省:運輸支局詳細

購入時にナンバープレートの変更が不要な場合

購入の際に、ナンバープレートの変更が不要なケースは以下です。上記とは逆に「運輸支局の管轄の変更」が不要なケースとなります。販売店の場所に関わらず、ナンバーの都道府県・管轄エリアはどこかで判断します。

ナンバープレートが新所有者の所在地と同じ管轄エリアの場合

あなたが住んでいる都道府県のナンバーがついている場合でかつ管轄が同じ場合はナンバーの変更は不要です。
同じ都道府県の販売店での購入であれば、変更は不要というわけではないので注意してください。あくまで基準は運輸支局の管轄エリアです。

他都道府県で中古車を購入した場合でも、自分の所在地のナンバーがついている場合もあるかもしれません。前所有者は、自分と同じ都道府県に住んでいたことになります。この場合もナンバープレートの変更の必要はありません。

この場合でもナンバーを変更することはできる

上記の場合でも、ナンバーの変更ができないわけではありません。ナンバーを変更したい場合は、これからご紹介する方法で変更が可能です。

ここからは、希望のナンバーを取得する方法と、名義変更の手続き・必要書類についてお伝えします。ナンバーの変更をしない場合でも名義変更の手続きは必須ですのでぜひご覧ください。

希望のナンバーを取得するための方法

ナンバープレート変更の際に、希望のナンバーを選びたいという方も多いと思いますので、その方法を具体的にお伝えします。ナンバー(ナンバープレート)は販売店に手数料を支払うことで変更が可能です。

希望の4桁の番号を販売店に伝えれば、あなたの所在地の管轄エリア+希望の4桁のナンバープレートに変更できます。手数料の目安は5,000円ほどと考えておいてください。もちろん、販売店に委託せずに自身で名義変更の手続きを行うこともできます。この場合は自身で希望のナンバーを申請します。

しかしゾロ目や一桁などの人気のナンバーは希望が集中するため、「抽選対象番号」というカテゴリに設定されています。この抽選番号の対象者は週1回の抽選で選ばれます。抽選には4~5日ほどかかり、通常のナンバーを申請するよりナンバープレートの取得手続きが長くかかります。

抽選対象番号一覧

2016年7月現在の抽選対象番号を以下にご紹介します。

  • 全国統一の抽選対象番号
  • 管轄エリアごとに設定されている抽選対象番号
  • (軽自動車)管轄エリアごとに設定されている抽選対照番号

の3種類があります。

全国統一の抽選対象番号

1 7 8 88
333 555 777 888
1111 2020 3333 5555
7777 8888

管轄エリアごとの抽選対象番号

札幌 3・11・1122
千葉 31・122
習志野 3
大宮 3・5・11・55・77・1122・2525
品川 3・5・6・9・10・11・18・33・55・77・111・1000・1001・1010・1122・1188・2525・8008
足立 3・5・55・1122
練馬 3・5・11・55・77・1122
多摩 3・5・11・55・77・1122
横浜 2・3・5・6・9・10・11・18・33・55・77・111・123・1000・1001・1010・1122・1188・1212・2525・7000・8000・8008
名古屋 2・3・5・6・9・10・11・18・33・55・77・111・123・1000・1001・1010・1122・1188・2525・7788・8008
岐阜 3・5・11・55・1188・8008
大阪 2・3・5・6・9・11・18・33・55・77・111・123・1000・1001・1010・1122・1188・2525・5678・7788・8000・8008・9999
なにわ 3・5・11・33・55・77・111・1000・8008
和泉 3・5・11・55・77・111・1000・8008
京都 3・5・11・33・55・77・111・123・1000・1001・1122・1188・8008
奈良 38・008
滋賀 3
神戸 2・3・5・6・9・10・11・18・33・55・77・111・123・1000・1001・1010・1122・1123・1188・1212・2525・7788・8000・8008・8118
姫路 8008
岡山 3・11
福岡 3

軽自動車の抽選対象番号

大宮 2525
熊谷 11・222・525
所沢 2525
富士山 3776
岐阜 3・5・2525
和泉 3・5・111・1000・1001・8008
京都 3・5・11・77・111・1000・2525・8008
奈良 3
滋賀 3・5・11・2525・8008
神戸 25・258・008
姫路 25・258・008
広島 1001
岡山 2・3・5・11・33・123・1001・1122・2525・8008

ナンバープレート変更の手続きと必要書類

それでは、実際にナンバープレートの変更はどのように行うのでしょうか。ナンバープレートの変更も名義変更(移転登録)の手続きに含まれます。そのため名義変更の具体的な方法・準備物と一緒に覚えておきましょう。

名義変更手続き(ナンバープレートの変更を含む)は販売店に委託する場合と、自分で行う場合に分かれます。名義変更は、所有者が変わってから15日以内に完了させる必要がありますので、特に自分で行う場合は注意してください。

名義変更を販売店に委託する場合の手続き

この場合は、名義変更の必要書類を準備することと、希望のナンバーを販売店に伝えるのみです。中古車購入の費用に名義変更の登録代行費が入ることになります。元々見積の時点で計上されている場合が多いです。

目安としては1~3万円かかります。自身で名義変更手続きを全て行う場合は、上記の費用を削減する交渉ができます。

名義変更を販売店に委託する場合の必要書類を表にしました。購入に必要な書類もすべて含まれています。

名義変更を販売店に依頼する場合の必要書類

必要書類 必要数 交付元 備考
実印 1本 印鑑登録をした印鑑
印鑑証明書 1枚 市区町村の役所 交付から3ヶ月以内のもの
車庫証明書 1枚 警察署 販売店に取得代行してもらうことも可能(代行手数料は15,000円程度)
自動車検査証(車検証) 1枚 販売店 任意保険の際に必要になる情報が記載されているため、コピーをもらっておきましょう
自賠責保険証 1枚 販売店 名義変更では使用しませんが、購入時に必要です
委任状 1枚 販売店 販売店が準備します
譲渡証明書 1枚 販売店 販売店が準備します

名義変更を自分で行う場合

名義変更を自分で行う場合、ナンバープレートの変更・登録作業もすべて自分で行うことになります。必要な書類を持って、あなたの所在地(住民票の登録場所)の管轄運輸支局で変更申請を行います。

名義変更を自分で行う場合の必要書類は以下です。

必要書類 必要数 交付元 備考
実印 1本 印鑑登録をした印鑑
印鑑証明書 1枚 市区町村の役所 交付から3ヶ月以内のもの
車庫証明書 1枚 警察署 発行日から概ね1ヶ月以内のもの
自動車検査証(車検証) 1枚 販売店
自賠責保険証 1枚 販売店 名義変更では使用しませんが、購入時に必要です
委任状 1枚 販売店 前所有者の実印押印があるもの
譲渡証明書 1枚 販売店 前所有者の実印押印があるもの
手数料納付書 1枚 名義変更当日に記入
自動車税・自動車取得税申告書 1枚 名義変更当日に記入
申請書 1枚 名義変更当日に記入

自分で名義変更を行う場合、ナンバーの変更・新取得があれば上記に加えて運輸支局への車両の持込が必要です。ナンバーの変更がない場合は車両の持ち込みは不要です。

まとめ

いかがでしたか。今回の記事では、中古車のナンバープレートを変更しなければならない場合と、付いているプレートをそのまま使える場合、そして名義変更の手続きについてお話ししました。

中古車購入の必要書類の取得方法については「中古車を購入する際に必要な書類と取得方法を分かり易く解説」で詳しくお話ししています。そちらも参考にしてください。

【超】お得な「非公開」中古車を紹介してもらう方法

中古車を購入するなら、安くて、しかも質の高い一台を入手したいものですよね。しかし、中古車市場のなかには、状態が悪いものや、他に比べて割高な車両も多く含まれています。

できるだけコストパフォーマンスの高い中古車を購入するには、コツがあります。それは世の中に出回らない「非公開車両」に狙いを定めること。

中古車市場に在庫として公開している車両の多くは、そうしないと売れないからです。本当に良質で、お買い得な中古車の場合は、何もしなくてもすぐに売れてしまうので、わざわざ公開して、宣伝する必要はありません。

その市場には出回らない、特別な「非公開車両」を優先的に紹介してくれるサービスがありますので、お得な中古車をゲットしたい方は、まずは問い合わせしてみることをおすすめします。もちろん利用するのにお金はかかりません。

専門家の力を借り、満足できる中古車選びをしてください。

秘蔵の非公開車両を見る >>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket