中古車の価格がすぐ分かる!予算内で買える一押し中古車を徹底解説

中古車の価格がすぐ分かる!予算内で買える一押し中古車を徹底解説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

販売価格が決まっている新車とは異なり、自分の予算に合わせて、コストパフォーマンスの高い車をお得に購入できるのが、中古車の魅力です。

とはいえ、中古車購入のコツを知らずに本当にお得な中古車を見つけ出すのは、非常に難しいことです

また「安い中古車=質が悪い」という声も聞かれます。

「安く車を買いたいけど、安い車に乗って本当に大丈夫なのか」という不安をお持ちの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

今回の記事では「中古車の価格」を徹底解説するとともに、価格で中古車を選ぶときの秘訣をご紹介します。

中古車購入のコツを知れば、安心して、間違いのない車選びができるようになりますよ。ぜひ参考にしてください。

予算別!おすすめ中古車条件と事例を紹介

ここからは、30万円、50万円、100万円、200万円と、それぞれの予算に合わせたおすすめ中古車と、その選び方を分かりやすく解説していきます

「自分の予算でどんな中古車が買えるのか?」「自分が欲しい中古車の価格はどの程度か」の疑問に答えられるはずです。

まずは、中古車購入ニーズが高いと思われる50万円で買えるおすすめ中古車からご紹介します。

予算を決定する前に:車を持つ主な目的=ボディタイプも決定しておくのがおすすめ

価格を決める前に、できればボディタイプの希望も絞り込んでおくことをおすすめします。理由は、車を持つ主な目的によって、適したボディタイプが変わってくるためです。

「あなたに合った中古車の探し方が分かる!タイプ別の秘訣紹介」の記事を参考にしていただき、希望のボディタイプをある程度決めておきましょう。

50万円以下で中古車を購入したい場合の一押し車種3選

50万円以下で購入できる中古車でのおすすめ車種は、「スズキ:ワゴンR(2008/9月~12年生産モデル)」です。ワゴンRの4代目にあたるこのモデルは、新車時の燃費でリッター25km/Lを誇るエコ車両です。

ワゴンR

筆者が実際に運転した感触としては、「サイドミラーが大きいので周囲を確認しやすく、運転時のストレスが少ない」という特徴があります。

維持費の面から見ても運転性能から見ても、非常にバランスのよい中古車といえます。

おすすめの中古車条件

50万円以下の中古車では、「年式が新しい多距離走行普通車(10万km以上など)」もしくは「発売から10年以内の軽自動車」が傾向として多くなっています。

この予算帯であれば、「この先長く乗れるかどうか」を重視して探すことで、よりお得な中古車を見つけることができるでしょう。そこで、特にチェックすべきポイントは下記の4点です。

50万円以内でお得な中古車を見つけるポイント

  1. おすすめボディタイプは「軽」
  2. 発売から10年以内
  3. 走行距離5万km以内
  4. グーネットなどで販売店を探す

これらの条件を満たす中古車であれば、購入後も比較的機関トラブルが少なく、また、燃費面でも満足できると筆者は考えます。ぜひ参考にしてください。

50万円で買えるその他のおすすめの中古車を紹介

ワゴンR以外に、50万円以内で購入できるおすすめの中古車を2つご紹介しましょう。

ダイハツ/ムーヴ/2006年10月~2010年11月生産モデル

ムーヴ

ダイハツ ムーヴは、燃費のよさと価格の安さを両立した人気車種です。なかには、走行距離4万km以内の車両を50万円以内で購入できるケースもあり、購入後の「オトク感」が大きい車種だといえます。

もちろん、燃費も新車時で23.5km/Lと非常にエコなので、お財布にも優しい車です。

要チェック条件

  1. できる限り年式の新しい車両を選択する
  2. 走行距離5万km以内
  3. 修復歴なし
ダイハツ/タント/2003年11月~2007年11月生産モデル

タント

ダイハツ タントは、軽自動車とは思えないほどの車内環境が人気の車種。

車内が非常に広いので、身長の高い男性でも快適に過ごせます。また、サイドミラーが大きいことに加え、後方視界の良さも特徴の一つ。

どなたでも安心して運転できますので、運転面でも非常におすすめです。燃費は新車時で18km/Lとなっています。

要チェック条件

  1. できる限り年式の新しい車両を選ぶ
  2. 人気色以外(シルバーなど)をあえて選ぶと、お得な車両を購入しやすい
  3. 走行距離5万km以内

50万円の中古車を購入する上での注意事項

50万円以内で中古車を購入する際は、詳細欄に記載されている「修復歴なし」という条件を必ずチェックしてください。

もし「修復歴あり」の記載があった場合、「要修復の損傷があった」ということです。したがって、購入した愛車に長く乗り続けることを考えると、できる限り避けたほうが無難でしょう。

中古車を購入する際は、必ずチェックしておいてください。

100万円以下で中古車を購入したい場合の一押し車種

100万円以下で購入できるおすすめ車種は、「ホンダ:フィット(2013年9月~現行モデル)」です。注目すべきは、現在も新車で販売されている車両だという点。

フィット

燃費も19~36.4km/Lと非常に優秀で、運転しやすさもトップランクです。また、年式も新しいので、中古車で購入しても長く乗り続けることができるでしょう。

現行型が100万円以内で購入できれば、お得感もいっそう高くなります。

おすすめの中古車条件

100万円以下という価格帯の中古車は、「走行距離の多い高級車の型落ち」と「発売から5年以内のコンパクトカー」が多い傾向にあります。

筆者が考えるに、年式の古い高級車は維持費が高くなる可能性が非常に高いので、よほど思い入れのある車種でなければ避けたほうが無難でしょう。

この価格帯で中古車を探すのであれば、「年式の新しさと外装のきれいさ」を優先して探したほうが、お得な車両を見つけやすくなります。

また、100万年以下という予算帯の場合、中古車販売店でも購入できますが、インターネット検索で探したほうが、よりスムーズにお得な車両を探せることを覚えておいてください。

その他、押さえておくべきポイントは下記のとおりです。

100万円以内でお得な中古車を見つけるポイント

  1. ボディタイプはコンパクトカーを中心に探す
  2. 走行距離は3万km以内
  3. 「ナビクルcar」や「グーネット」で、車両条件から検索する

100万円で買えるその他のおすすめの中古車を紹介

フィット以外に、100万円以内で購入できるおすすめ中古車を2つご紹介しましょう。

1.スズキ/スイフト/2010年9月~現行モデル

スウィフト

スズキのスイフトは、燃費の良さと操作性の高さから、幅広い人気を誇る車種です。

100万円以内で現行型を購入することができる点にも注目したいところ。丸みを帯びたスタイリッシュなボディのスイフトなら、性別問わずオシャレに乗りこなすことができるでしょう。

ちなみに、筆者が実際に運転した印象では、比較的小回りが利く車両なので、運転に慣れていない方でも乗りやすいと感じました。

要チェック条件

  1. 発売から3年以内のモデルが狙い目
  2. 走行距離は3万km以内
  3. ボディ色がブルーもしくはホワイトの車両は、比較的お買い得
2.トヨタ/ヴィッツ/2010年12月~現行モデル

ヴィッツ

もう1台、コンパクトカーでのおすすめはトヨタのヴィッツです。

ヴィッツは、高い燃費性能を誇る車両で、フォルムの親しみやすさもあって人気の高い車種です。なんとそのヴィッツの現行型も、100万円以内で購入することができるのです。
筆者も何度か運転したことがありますが、「とても運転しやすい」と感じました。実用性や維持費を優先する方に、ぜひおすすめしたい車両です。

要チェック条件

  1. 発売から5年以内のモデルが狙い目
  2. 走行距離は3万km以内
  3. 排気量1500ccのモデルは坂道も快適なパワーがある

100万円の中古車を購入する上での注意事項

100万円の中古車を購入するうえでの注意事項は、やはり「年式が新しい車両を選ぶこと」です。

100万円の予算であれば、現行型のコンパクトカーの購入も可能です。現行型は故障する確率も低いので、安心して快適なカーライフを送れるでしょう。

格安!30万円以下で中古車を購入したい場合の一押し車種

「格安で中古車を購入したい!」というあなたにおすすめしたい車種は、「日産:ノート(2005年1月~2012年8月生産モデル)」です。

ノート

ノートは日産の人気車種ですが、お買い得感の高い車両が非常に多いです。なかには、走行距離5万km以内にもかかわらず、本体車両が30万円を切っている場合も。

新車時の燃費が15.6~20km/Lなので、燃費のよさから見ても非常におすすめです。

おすすめの中古車条件

30万円以内で購入できる中古車は、「型落ちの多走行車(走行距離10万km以上など)」が多いという傾向がありますので、まずは走行距離の少なさを優先しましょう

ただし、走行距離の少ない修復歴ありの車両も含まれていますので、あわせて修復歴をチェックしておくとよいでしょう。

その他、30万円以内で中古車を購入する際に注意すべきポイントは下記のとおりです。

30万円以内でお得な中古車を見つけるポイント

  1. ボディタイプは、軽自動車もしくはコンパクトカーがおすすめ
  2. できる限り走行距離の少ない車両を選ぶ(5万km前後までが好ましい)
  3. グーネットやナビクルの中古車サイトで上限価格を設定し、検索する

30万円で買えるその他のおすすめの中古車を紹介

30万円以内で購入できるおすすめ車種を2つご紹介します。中古車を検索されるときには、ぜひ参考にしてください。

1.ダイハツ/エッセ/2005年12月~2011年9月生産モデル

エッセ

ダイハツのエッセは、愛らしいフォルムで女性におすすめの車両です。視界がよく運転しやすいので、「初めて運転する」という方でも、安心して乗ることができるでしょう。

また、この価格でも比較的走行距離の少ない車両が多いので、お得感があります。まさに、コスパを求める方にピッタリの1台です

要チェック条件

  1. 走行距離3万km以内
  2. 中古車検索サイトで上限価格を30万円に設定すると、お得な車両を発見しやすい
  3. 車両価格がリーズナブルなので、内装のきれいさも併せてチェックする
2.ホンダ/ライフ/2003年9月~2008月10月生産モデル

ライフ

ホンダのライフは、いわずと知れた人気車両です。おすすめしたいのは現行から1世代前のモデル。

もちろん、新車時の燃費も16.4~20km/Lと優秀で、操作性も抜群です。外観も非常にスタイリッシュ。

「かわいい車を愛車にして快適に乗りたい」という女性にもおすすめできる1台です。

要チェック条件

  1. 走行距離の少ない車両を選ぶ
  2. 修復歴なしであることをチェック
  3. ボディ色がシルバーの車両は比較的お買い得

30万円の中古車を購入する上での注意事項

30万円以内の中古車を購入する際は、修復歴を必ずチェックしてください。

安い車両ほど、修復歴ありの割合が高くなってしまうからです。また、発売から10年以上経過している車両は、外装の状態が悪いケースもあるので、掲載されている写真を細かくチェックしておきましょう。

筆者の経験から言っても、状態をチェックするために、できる限り現車を確認したほうがいいと思います。

200万円以下で中古車を購入したい場合の一押し車種

「200万円まででお得な車両を探したい!」という方もいらっしゃるでしょう。

筆者が優良車種を厳選するとしたら、「トヨタ:エスティマ(2006年1月~現行モデル)」です。エスティマは、車内が非常に広く、ロングドライブでも快適に過ごせます。

エスティマ

また、乗り心地も徹底的に追求されていますので、快適さならミニバンの中でもトップクラスでしょう。もともと新車の車両価格が高いため、コスパの面でも納得の1台ですね。

おすすめの中古車条件

200万円以下で購入できる中古車には、「ハイグレードミニバン」「1世代前の高級セダン」が多く見られます。もちろん、年式の新しいコンパクトカーもありますが、やはりおすすめはミニバンです。

また、「広さよりも乗り心地のよさを重視したい」という方は、高級セダンが適しています。

この価格帯であれば選択肢も非常に多いので、できる限り年式の新しい車両を選択するとよいでしょう。車両本体をグーネットなどの中古車情報サイトで検索し、販売店を見つけましょう。

200万円以内でお得な中古車を見つけるポイント

  1. ボディタイプは、ミニバンもしくはセダンがおすすめ
  2. できる限り年式の新しい車両を選ぶ
  3. 走行距離3万km以内

おすすめの中古車紹介

エスティマ以外におすすめの中古車を2つご紹介しましょう。どちらも非常にハイグレードですので、満足度の高い車両を厳選しています。

1.トヨタ/アルファード/2008年5月~2014年12月生産モデル

アルファード

アルファードは、トヨタの代表的な高級ミニバンです。「おもてなし空間」とも呼ばれる車内の快適さと広さは、この車種ならではの特徴だといえるでしょう。

通常のミニバンでは、3列目シートの快適さには配慮されていないことが多いのですが、このアルファードは3列目も非常に快適な座り心地です。

筆者も運転したことがありますが、「セダンのような安心感を持つミニバン」という印象でした。ファミリーカーとして長く乗ることのできる1台でしょう。

要チェック条件

  1. 走行距離6万km以内
  2. 長距離ドライブも楽しめるので、ナビ付き車両が好ましい
  3. 修復歴なし
2.トヨタ/クラウンアスリート/2008年2月~2012月11月生産モデル

クラウンアスリート

トヨタのクラウンアスリートは、「これぞラグジュアリーセダン!」と言いたくなる走行性能と、乗り心地のよさで人気の高い車種です。

クラウンの中でも、アスリートは「運転するよろこびを知ることができる」と言われているほど。外観がスタイリッシュでカッコイイので、特に男性におすすめしたい1台です。

要チェック条件

  1. 走行距離が6万km以内
  2. 排気量3500ccのモデルがおすすめ
  3. ボディ色がホワイトの車両は比較的お買い得

200万円の中古車を購入する上での注意事項

200万円以内の中古車は、比較的状態のよい車両が多いのですが、なかには修復歴ありの車両もあるので、そういった車両はできる限り避けたほうが無難でしょう。年式が新しく、走行距離の少ない車両を選びましょう。

激安価格/10万円以下の中古車って安全か?

中古車の広告などで「10万円以下!激安!」という車両を見たことはありませんか?

実は、これらの車両は発売から10年以上経過していたり、10万km以上走行していたりと、すでに寿命に達しつつあることが非常に多い車両なのです。

筆者の見解としては、「長く乗ることはできない」と考えておいたほうがいいと思います。

また、購入当初は問題なく走行できたとしても、「1年で故障して修理代が車両価格よりも高くなった…」というケースも十分に考えられ、後悔は必至でしょう。

年式が古ければ古いほど、安全性に関わる故障が多くなる可能性が高いので、避けたほうが無難です。

価格帯で中古車を探す最も簡単な方法

ここでは、中古車を探す最も簡単な方法をご紹介しましょう。

1.サイトにアクセス

グーネットのTOPページにアクセスします。

価格帯で中古車を探す最も簡単な方法手順1

2.希望する価格帯を選ぶ

ここでは、例として45万円から50万円の価格帯で探してみます。価格帯の下限と上限で指定します。

価格帯で中古車を探す最も簡単な方法手順2

3.地域を選択

次に販売店の地域を選びます。近場で探すほうが運搬費用などの諸費用を安く抑えられますので、近隣の地域を選びましょう。ここでは「東京都」を選択しました。

価格帯で中古車を探す最も簡単な方法手順3

ここで「この条件で探す」をクリックすると、該当車両が表示されます。

価格帯で中古車を探す最も簡単な方法手順4

4.さらに詳細な希望条件を加えて絞り込む

走行距離、修復歴の有無など、さらに条件を絞り込んで検索することもできます。

ここでは、年式はH21(2009)年~H23(2011)年・走行距離は4~7万キロ、修復歴はなしに設定します。

価格帯で中古車を探す最も簡単な方法手順4

この手順で検索すれば、お得な中古車を簡単に探すことができます。ぜひ試してみてください。

中古車の価格動向/内訳を徹底解説

当然のことながら、中古車の価格には仕入れ価格と利益が含まれています。その価格はどのように付けられているのでしょうか。

ここでは、業界人のみぞ知る、中古車の価格動向と価格の内訳に触れていきます。

中古車の価格がどのように付けられるか

中古車の価格は、販売店によって利益の上乗せ具合が異なります。例えば、仕入れ価格の15%を上乗せしている販売店もあれば、10%以内しか上乗せしていない販売店も存在しています。

筆者の経験からいうと、10%~25%がおおよその相場だと思います。

ただし、利益率の低い販売店は諸費用が高いという傾向があります。分かりやすくいえば、諸費用で利益を確保している販売店もあるということです。

車両本体が安かったとしても、合計金額が他店より高くなってしまうのであれば、元も子もありません。

よりお得な中古車を購入するため、「総合計金額」で比較するようにしましょう。

中古車の価格が落ちる要因

中古車は、年数が古くなると価格が落ちていきます。また、モデルチェンジなどで車両が一新された場合、大幅に価格が落ちるケースもあります。

筆者が調べたところ、発売から3~5年で車両価格が新車時の80%程度になっているケースが多いようです。

ただし、もちろん人気車種ほど価格が落ちにくいので、一概に全てのケースに当てはまるわけではありません。その点は注意してください。

中古車の諸費用の内訳

中古車を購入する際は、車両価格とは別に「諸費用」がかかります。諸費用に関してはさまざまな要素がありますので、諸費用の詳細は「中古車の購入時に掛かる諸費用を徹底解説」を参考にしてください。

諸費用に関しては購入時に交渉できる場合もあります。

なかには、細かく項目を分けていない販売店も存在していますので、不明点などがあれば、購入前に確認しておくといいでしょう。

まとめ

いかがでしたか。ご紹介した中に「気になる!」という車種もあったのではないでしょうか。

中古車を購入する際に気を付けたいポイントを簡単にまとめると、

  1. 年式の新しい車両を選ぶ
  2. 走行距離の少ない車両を選ぶ
  3. 修復歴なしの車両が好ましい
  4. エコカーは、新車時の燃費もチェック
  5. ある程度目星を付けたら、総合計金額で比較する

の5つです。

これらを重視して中古車を選択すれば、きっとあなたにピッタリの1台が見つかるでしょう。中古車を探す際は、ぜひ参考にしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで最新情報をチェック