中古車の買取/ニーズ別のおすすめ買取方法を徹底解説

中古車の買取/ニーズ別のおすすめ買取方法を徹底解説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

新しい車への買い替えや車の寿命などで中古車の買取を検討する方も多いと思います。車の売却は人生において頻繁にある人は少なく、どんな買取方法があるのか、どの買取方法が自分におすすめなのか分からない人も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、中古車買取方法の種類と特徴、また自分に合う買取方法はどれなのかについて解説します。本記事を見ることであなたがどの買取方法にすべきなのか判断が付き、最終的に納得して車を売却することができます。ぜひ参考にしてください。

今回の記事の流れ

中古車買取_記事の流れ_図版

中古車の買取方法は4種類

まずは中古車の買取をしてもらう上で、どのような買取方法があるのかについて説明します。買取方法により最終的な売却金額が数十万円変わってくることもあります。まずは下記をご確認ください。

車買取方法

1.下取り

下取りとは新車もしくは中古車への乗り換えを前提に今の車を買い取ってもらうことです。トヨペット、ホンダカーズなど新車販売ディーラーが行っています。

2.車買取

車買取の専門店もしくは中古車販売兼買取店に買い取ってもらう方法です。主要なところでいくとガリバーやビッグモーター・アップル・カーセブン・ラビットなどが上げられます。

3.車一括査定

車買取業者を複数に査定依頼をする方法です。最終的には買取方法②と同じく、どこか1社の車買取店に買い取ってもらいます。

4.個人売買

個人対個人で車の売買を行う方法です。ヤフーオークションや車個人間売買の専門サイトを利用すると行えます。ただ、トラブルも多いため、筆者としてはおすすめしていません。

それぞれの買取方法を理解頂いた上でそれぞれ何が強みで何が弱みなのか、また注意点とおすすめな人を表にまとめました。まずはあなたがどの買取方法が向いていそうなのかご確認ください。

買取方法 買取価格 手間 アフターケア 注意点 おすすめな人
下取り × 買取価格が安い傾向 ディーラーという安心感と手間を優先したい人
車買取 まれにトラブルになる 乗り換えではなく売却のみを検討していて、すぐに手放したい人
車一括査定 複数社より電話が一斉に掛かってくる とにかく高く売却したい人 ※一番のおすすめ
個人売買 × × 物が届かない、支払われないなどのトラブルが多い 業界に詳しく自分一人で何でも行える人 ※筆者としてはおすすめしません

買取価格や手間・アフターケアの○×基準が気になる方は、続きを見てください。もし不要な方はコチラに進んでください。

買取価格の評価基準

車の価格は、車の状態と市況により1台1台異なるため、ずばり○円と決まった価格はありません。そこで今回は「下取り」「買取店」「一括査定」の3つで比較しました。個人売買はどのサイトを見ても実例が少なく、また筆者としてもおすすめしていないため今回は省略します。

買取方法 プリウス ノア ワゴンR
下取り 30万 120万 30万
車買取店 45万 140万 45万
車一括査定 60万 150万 60万
  • ※下取り相場は「トヨタ 下取り参考価格情報」より
  • ※車買取店は「ガリバー」「アップル」の公式HPより
  • ※車一括査定は「カービュー 中古車買取・査定相場一覧表」より

これら相場の具体的な調べ方については「中古車買取相場のおすすめの調べ方・使えるサイトを徹底紹介」をご確認ください。

手間の評価基準

手間については、自分でどれぐらい行わないといけないのかで判断しています。ディーラー下取りの場合は、必要書類を準備すれば基本全て行ってくれます。

車買取の場合は、車買取店を慎重に選ぶ必要があるので、下取りに比べると少し手間が増えます。車一括査定の場合は、複数の車買取店の電話対応と交渉を行う必要があります。個人売買は、何から何まで全て自分で行う必要があります。

アフターケア

アフターケアは売却決定後のフォローをどれぐらい行ってくれるかです。ディーラー下取りの場合は、代車をほぼ確実に貸してもらえますし、必要書類に書き方も丁寧に教えてもらえます。

車買取、車一括査定はどこかの車買取店に売ることになりますが、ディーラーほどは親切に対応してもらえい傾向です。個人売買は、そもそも担当の人が付かずアフターケアを受けることができません。

車一括査定が最もおすすめ

ここまで見てもどの買取方法を選んでいいのか分からない方は、「車一括査定」を筆者としておすすめしています。下取りや車買取に比べて数十万高く売れる可能性が非常に高いためです。

車一括査定とは、あなたが売却しようと思っている車種情報と名前・住所等の個人情報を入力すると、その情報を合う買取店を複数マッチングしてくれて、同時に査定依頼が行えるサービスです。

高く売れる理由は2つあります。

1つ目の理由は複数の買取店に査定依頼が行えるので「高く買い取ってくれる買取店が見つかる確率が上げるため」です。

2つ目の理由は「比べることで買取店も足元をみた査定をしづらくなるため」です。複数社に見積もりを取ることで、買取店にとってはライバルがいることになりますので、低い査定額を提示してしまうとあなたの車を買い取れなくなる可能性があります。

以上から、筆者としては注意点(複数の買取店より営業電話が一斉に掛かってくる)を差し引いたとしても「車一括査定」をおすすめします。下記リンクからそれぞれの内容へ早く進むことができます。

  • 【筆者のおすすめ】車一括査定を検討する方はコチラ
  • 車下取りを検討する方はコチラ
  • 車買取を検討する方はコチラ
  • 個人売買を検討する方はコチラ

車下取りについて

車下取りの流れを説明します。

車下取

新車ディーラーへの下取りにすると決めた方はデメリットとしては買取額が安いだけになります。中古車販売ディーラーに下取りを行う方は、中古車も同時に購入されると思いますので、中古車選びに役に立つ「中古車の選び方/自分に合った車を賢く選ぶ為に必要な全知識」記事も合わせてご確認ください。

車買取について

車買取の流れを説明します。

車買取

今回の方法のメリットとしては、最初にも説明したとおり、下取りよりは買取額が高い傾向にあることです。

デメリットしては、買取店1社のみの査定依頼だとどうしても足元を見られた査定をされることです。それを防ぐには、複数社からの買取店に査定を取ること(買取を競わせること)で、車一括査定を利用すると大変便利に行えます。

上記から車買取に向いている人は、「売却のみしたいかつなるべく早く売却したい」と言えます。

車買取で重要なのは買取店選び

車買取で重要になってくるのが、安心・信頼できる車買取店を選ぶことです。国民生活センターに寄せられている中古車の買取トラブルを見ても、相談件数:6,086件と多く、ほとんどが車買取店での買取トラブルです。

ではどこの車買取店がおすすめなのか、トラブルに巻き込まれる確率が低くなるのかですが、結論から最初に言うと

  • アップル
  • カーセブン

です。

では、どうして「アップル」と「カーセブン」をおすすめしているのかについて解説します。

アップル、カーセブンをおすすめしている理由

車買取店は日本全国で見ると数百社と存在します。そこで買取店選びの基準として「第3者が客観的に評価したもの」と「実際の利用者の評判の傾向」の2軸で総合判断すると「アップル」と「カーセブン」となります。詳しく解説します。

1つ目の「第3者が客観的に評価したもの」ですが、情報源が信頼できるサイトおよび業界紙から下記3つよりトータル評価します。

  • 矢野経済研究所発行 2015年版中古車流通総覧
  • オリコン日本顧客満足度ランキング 車買取会社
  • 車選び.com車買取業者ランキング

これらを横並びにしてランキングにしてみると「アップル」「ガリバー」「カーセブン」がTOP3です。詳細は「中古車買取査定ランキングとおすすめの買取業者を徹底解説」をご確認ください。

次に2つ目の「実際の利用者の評判の傾向」ですが、下記サイトを参考に総合評価をします。

  • オリコン日本顧客満足度ランキング 車買取会社
  • 車選び.com車買取業者ランキング

これらを横並びにしてランキングにしてみると「アップル」「カーセブン」「ジャック」がTOP3です。詳細は「中古車買取評判/実際の評判や口コミからおすすめの買取業者を紹介」をご確認ください。

上記より1つ目「第3者が客観的に評価したもの」、2つ目「実際の利用者の評判の傾向」の両方でTOP3として名前が上がったのが「アップル」「カーセブン」となり、筆者としてもおすすめしています。

実際に筆者は中古車買取店のオーナーと話す機会がよくありますが、同じ見解です。

車買取店であれば「アップル」「カーセブン」のどちらかにお願いすることをおすすめします。

車一括査定について

車一括査定の流れを説明します。車一括査定のポイントとしては、複数の車買取店に一度に査定依頼が行える点です。

一括査定の流れ

メリットとしては、中古車という価値基準が1台1台異なるものに対して、複数社に査定して比較できるため、適正価格で評価される確率が上がり、結果的に高く売れる可能性が高くなることです。

デメリットとしては、複数の買取店から営業電話が同時に掛かってくることと複数の買取店と折衝を行う必要があるため、少し時間が掛かることです。

ただし、最初にも説明したとおり、下取りや車買取に比べて数十万高く売れる可能性があり、筆者としてはデメリットを差し引いたとしても今回の車一括査定をおすすめしています。

車一括査定の上手な利用方法

デメリットでも記載しましたが、むやみやたらに車買取店に選んでしまうと、その後の対応も大変になりますので、2~4社ぐらいに絞るようにしましょう。

筆者としては、利用者からの評判が高い「アップル」「カーセブン」は外さないようにすることをおすすめしています。

次に数ある車一括査定の中でどれがおすすめなのかについて解説します。ニーズ別におすすめも異なりますので、それぞれ分けて紹介します。

最初に紹介する「カーセンサー」は複数社より電話が一斉に掛かってくることを防ぐことができますので、筆者としては一番のおすすめです。

買取業者の電話が嫌であれば「カーセンサー」

カーセンサー1

最初に説明した車一括査定の株式会社リクルートが運営する「カーセンサー」は、買取業者からの営業電話の時間指定やメールのみの連絡を希望することができます。(ただし、100%希望通りになるとは限りません。)

申込時の入力項目の任氏項目欄に「連絡可能時間帯」がありますので、そちらに「連絡希望時間は、土日の10時~12時」「電話ではなくメール連絡を希望」と記載すればOKです。

カーセンサー3_枠有 カーセンサー2_枠有

「連絡希望時間は、土日の10時~12時」「電話ではなくメール連絡を希望」など入力する

買取業者の交渉材料が手に入るナビクル

ナビクル1

株式会社エイチームライフスタイルが運営する「ナビクル」は、一括査定申込後に愛車の相場が分かります。事前に相場が分かる為、買取業者の査定時の時に交渉にも使え、買い叩かれることが少なくなります。

▽申込後の概算価格(愛車の相場)の表示画面

ナビクル2

沢山の買取業者から比較するのであれば「カービュー」

 

株式会社カービューが運営する「カービュー」は、一括査定の中で一番の歴史が古く2000年より運営を行っています。歴史が古いこともあり、提携している買取業者数が一括査定の中でNo.1。多くの買取業者を比較するのであれば、「カービュー」をおすすめします。

車一括査定のさらに詳細が知りたい方は「中古車の一括査定が行えるサービスについて徹底調査」をご確認ください。

車一括査定サイトのまとめ

  • 買取業者の電話が嫌であれば「カーセンサー」がおすすめ
  • 事前に買取相場を知りたければ「ナビクル」がおすすめ
  • 沢山の買取業者から比較するのであれば「カービュー」がおすすめ

個人売買について

個人売買

筆者の見解としては、中古車の個人売買はまだまだ発展途上でトラブルも多い為、正直あまりおすすめしていません。 但し、中古車業界の方など相当自信がある方であれば、問題ないと思います。詳細については、「中古車の個人売買/おすすめとメリット・デメリットを解説」をご確認ください。

まとめ

いかがでしたか?今回の記事では車の買取方法と買取方法別におすすめがどういう人なのかお伝えしました。

中でも一番のおすすめは「車一括査定」です。実際に筆者の知人に利用者が何人かいますが、下取りよりも車一括査定を利用したほうが、10万~20万程度は査定額が高くなっている人が多くいます。ぜひ利用してください。

また、最後にコラムとして、自分が住んでいる地域で車買取店を最短で探す方法について紹介します。

コラム:車買取店を探す方法

札幌や沖縄などの地方に住んでいる方は特に車買取店が少なくそもそもどのように探せばいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。

ここでは、車買取店を一番簡単に探す方法を紹介します。それはカービューの一括査定を利用して、どこの買取店がマッチングするのか見ることです。一括査定を申し込まなくてもOKです。

それでは具体的に実施してみましょう。 条件としては「北海道 札幌市中央区 旭ヶ丘 郵便番号064-0941」とします。

1.サイトにアクセス

カービューにアクセスする。

2.車情報と個人情報を入力

売却予定の車の情報と個人情報を入力し「簡単&無料 確認画面ヘ進む」をクリック。(最終的に申し込みをする必要はないため、適当でも構いません。)

カービュー4

4.買取店表示

画面上部にお近くの買取店が表示されます。

カービュー5

以上、筆者がおすすめする車買取店を一番簡単に探す方法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで最新情報をチェック