中古車の賢い買い方が分かる!買い方の手順と注意点をご紹介

中古車の賢い買い方が分かる!買い方の手順と注意点を徹底紹介

「中古車を買うなら、よりお得に賢く買いたい」「でも買うのは初めてで、どうすれば良いのかよくわからない…」という悩みをお持ちの方は多いと思います。どの車を選ぶかももちろん大切ですが、“どの買い方を選ぶか”によって手に入る中古車に違いが出てきます。

この記事では、中古車を買う方法と注意点、お得な中古車を賢く見つけるためのポイントをお伝えします。あなたにどの買い方が合っているかを知るために、ぜひ参考にしてください。

中古車の買い方は大きく分けて5種類

中古車の買い方には、主に以下の5種類があります。それぞれ、特徴と注意点をお伝えします。

中古車販売店/中古車買取店の販売部門で購入する

あなたのお住まいの近くで、様々なメーカーの車がたくさん並んでいるお店を見たことはないでしょうか。中古車販売店はこのタイプのお店です。メーカー・車種問わず幅広い車種を扱っているので、お気に入りの車種が見つかることも多いです。安価な中古車も多く、近所のお店であれば、購入後気軽に相談できるのもメリットと言えます。

注意点

  • 1店舗あたりの中古車仕入れ・販売台数には限界があります。次にご紹介する中古車検索サイトに比べると、地域で絞られる分、選択肢はどうしても狭まります。
  • 大手の販売店では広いエリアでの展開も行っており、元々中古車買取を専門に行っていたお店が、販売に進出したケースもあります。そういった場合は、他店舗に自分の希望する車がないか、または希望する車を売りたいという人がいないかもチェックしてもらう事ができます。

中古車検索サイトで問い合わせ~購入する

「カーセンサー」「Goo」などの中古車在庫情報を提供しているウェブサイトで、販売店にある中古車を検索して問い合わせをする方法です。現在では、もっとも一般的な中古車の買い方と言えます。1店舗単位でいえば上に紹介した中古車販売店と在庫は共通ですが、なんといっても全国の膨大な中古車を車種・メーカー・ボディタイプなどで検索・絞り込みできる便利さが魅力です。

注意点

  • サイトから在庫問い合わせをすると、販売店から連絡が入ります。現車の確認、購入手続きにはお店に出向く必要があります。
  • 中古車検索サイトが扱う在庫情報は2016年3月現在、大きく分けると4種です。
    カーセンサー/Goo/車選び.com/オークネット.jp
    別のサイトに見えても、上記同じサイトを検索していることもあります。以下に一覧をご紹介しますので、探しているものがない場合は在庫情報が被らないところで探すのがおすすめです。
  • 気にいった中古車があっても、お店は比較的遠方の場合があります。
    現車を確認・契約するのに遠方まで出向く必要があります。また納車対応をしてもらえるかも確認しましょう。
  • 大手サイトであれば、非常に多くの人が同時に中古車を探しています。気にいった車種があっても、次の瞬間には売れてしまっている事があるので要注意です。
中古車検索サービスの在庫提携一覧
  カーセンサー グーネット 車選び.com カカクコム ナビクル
カーセンサー      
グーネット    
車選び.com      
オークネット.jp        

中古車ディーラーで購入する

車のメーカー(生産者)に対して、車を消費者に届ける役目がディーラーです。ディーラーは新車、というイメージがあるかもしれませんが、「下取りで引き取った車」を中心に中古車を販売する中古車ディーラーも存在します。また、メーカー系列の中古車ディーラーであっても自社以外のメーカーの中古車も扱っています。(一部特定のメーカーを除く)

ディーラーの強みといえば、やはり充実した整備・サポートでしょう。価格よりも、中古車の質と安心を重視する方におすすめです。

注意点

  • 販売店と同様ですが、基本的には候補となる車が店舗在庫に限定されることです。D-Ucarなどの、ディーラーの在庫を検索できるサービスもありますので、こちらを活用しましょう。
  • 質の高い中古車が揃う一方で、価格が中古車販売店よりも高い傾向にあります。

オートオークション代行業者に依頼する

中古車の売買を行うオートオークションには、一般の方は入場できず、古物商資格を持った方であっても個人であれば業者と同伴でなければ入れないようになっています。 そのため、個人がオークションで中古車を購入したい場合は落札を代行する業者に依頼します。手数料が安く、オークション価格で希望の中古車を買うことが出来るのがメリットです。

流れとしては、

  1. 代行業者に登録
  2. 今後出品予定の中古車情報を確認
  3. ほしいものがあれば、保証金とともに落札依頼
  4. 無事落札されれば、請求書の発行・振り込み
  5. 車両の納車・名義変更の手続き

(車両価格によって、4・5の手順は逆になる場合もあります)

注意点

  • 一般的なオークション代行では、整備点検をせずに車の引き渡しを行います。そのため、納車後に整備工場やディーラーでの整備点検が必須になります。
  • オークションでは検査員が車をチェックしますが、見落としやチェックしない項目も多くあります。車の状態を確認するものは出品検査表と画像しかなく、代行業者も車は直接確認しません。修復歴の見落としなどもあり得るため、かなり慣れた方以外はおすすめしません。

個人間売買で購入する

個人間で車を売り買いすることで、業者のマージンを排除し、最も安く中古車を購入できるのが個人間売買のメリットです。掲示板などを使って、直接の知り合いでない方から購入するケースが多いようです。

しかし売買の法定手続きや、車の登録は自身が行わなければならず、安いメリットがある一方で安心して買うためには相当の知識が必要になります。また車の品質も保証されず、瑕疵担保責任の件でトラブルになることも珍しくありません。そのためオートオークション代行と同様、慣れた方以外にはおすすめしません。

注意点

  • 取引相手が個人であり、車の品質や保証に難点があります。
  • 取引は完全自己責任で、法的手続きや登録手続きは自身で行わなければいけません。
  • 選択肢が少ないため、希望の中古車が見つかるとは限りません。

中古車を買う時の一般的な流れを紹介

中古車の買い方の一般的な流れは以下となります。オークション代行・個人間売買の場合は流れが異なりますが、おおむねこの流れを押さえておけば問題ありません。

  1. 中古車の検索(検索サイトの場合)
  2. 候補の数台に絞り込み・問い合わせ(検索サイトの場合)
  3. 店舗訪問・現車確認・見積もり
  4. 契約手続き
  5. 必要書類の作成
  6. 任意保険の検討・加入
  7. 金額の支払い(支払い方法によって位置は前後します)
  8. 納車

契約から納車までの期間

契約から納車までは、1~2週間程度が一般的と言われています。中古車の状態や条件によっては、これより短くなる場合や、日にちが延びる場合があります。

契約から納車までの期間について、詳しくは、「中古車は納車まで何日かかるか/中古車による納車日数の違いについて」の記事を参考にしてください。

賢く中古車を買うために

ここでは、よりお得に、賢く中古車を買う為のポイントをご紹介します。

お得に購入できる時期

1年を通して中古車の価格が下がるのは、4月中旬~5月と言われています。この期間に入ると、

  • 3月までの新車・中古車の購入需要が落ち着く(需要が減る)
  • それに対して下取りされた中古車が市場に残っている(供給過多になる)

という状態になり価格が下がります。

中古車をお得に購入できる時期について、詳しくは、「中古車が最も安い時期を知って、可能な限り安く中古車を手に入れよう!」の記事を参考にしてください。

トラブルを避けるためには購入前のチェックが必須

中古車の購入におけるトラブルが心配な方もいることでしょう。国民生活センターに寄せられた相談の事例からいくつかピックアップしてみました。

  • 1年2ヶ月前に購入した中古車が走行不能になり、修理に出したところ違法改造車とわかった。
  • 1ヶ月前に届いた中古車が100キロ前後の走行で、エンジンがかからなくなった。まだローンの支払いも始まっていないし、性能も心配なので解約したい。
  • 昨年購入した中古車を売却しようとしたら、メーターが改ざんされていたと判明した。
  • 車の買い取りを依頼した業者から中古車の購入を勧められたが、「現物を見てから」と伝えた。その後、「やはり購入しない」と伝えると「キャンセルには応じない」と言われている。

中古車の購入におけるトラブルの約半数(自動車公正取引協議会への相談事例を参照)が中古車の機能と性能によるものです。トラブルを避けるためには、中古車の状態・機能を購入前にチェックすることが大切です。

購入前にここを見るべき!という項目を「中古車を購入する前にチェックするポイントを紹介」で詳しくご説明しています。

買い時・おすすめの中古車について

実際、どのような中古車が買い時なのかについて、気になる方も多いことでしょう。基本的に以下の2つがポイントになります。

  • モデルチェンジ後は、旧モデルが中古車市場に溢れ、価格が下がる
  • 人気車種のモデルチェンジ後がねらい目

またTOYOTAのノアと、マツダのビアンテではビアンテの方が圧倒的に安いというように、機能がほぼ同じ車種でも、メーカーによって中古車の価格は大きく異なります。

これはメーカーのネームバリューの影響ですが、乗るうえでの機能は大きな違いがありません。 メーカーにこだわらなければ、高機能の中古車を安く手に入れることが可能です。

買い時のおすすめ中古車について、詳しくは「中古車の買い時/安くなる時期と今買い時の車種を徹底解説」を参考にしてください。

良質な中古車を賢く買うならディーラーの代車落ちがおすすめ

良質な中古車をお得に買うなら、「ディーラーでの代車落ち」を狙うことをおすすめします。これは、ディーラーが顧客に貸し出していた代車を一定期間経過後、中古車として売りに出すものです。

  • 使用期間、走行距離が普通の中古車に比べて抑えられていること
  • ディーラーが代車として使っていたので、整備、点検が十分に行われており、質は保証つき

といった事から、非常にコスパの良い中古車といえるでしょう。

もちろん、車の状態も良好である分、10万や20万~の低年式過走行車ほど安くはありません。とにかく安く買いたい!という方にはおすすめしない選択肢ですが、「良質な車を、新車よりもお得に買いたい」という方にはぜひおすすめです。

まとめ

いかがでしたか。今回は、中古車の買い方の流れについてお伝えしました。中古車の購入は正しい買い方と注意すべきポイントを知っていれば決して難しいことではありません。

買い方の中で慣れが必要なのは、オートオークション代行/個人間売買での購入です。初めて中古車を買う方が挑戦すると失敗・トラブルにもなりかねません。迷ったら中古車販売店/中古車検索サイト/中古車ディーラーの中から選ぶと良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで最新情報をチェック