pagetop

中古車のリサイクル料金/支払いタイミングや費用について徹底解説

中古車のリサイクル料金/支払いタイミングや費用について徹底解説

中古車の購入時には、車体料金と一緒に“リサイクル料金”という費用も支払わなければならない場合があります。

リサイクル料金について、「具体的な支払額は?」「いつどこで支払えばいい?」などの疑問を持っている方は意外と多いのではないでしょうか。

今回の記事では、中古車のリサイクル料金について、

  • 支払いのタイミング
  • 具体的な費用(支払額)

上記の2つの観点からご説明しています。最後まで読んで頂ければ、自分が支払うリサイクル料金の費用がどのぐらいで、どのタイミングで支払えばいいのかが分かる内容となっております。

是非参考にして下さい。

リサイクル料金とは?

まず、リサイクル料金とは何のために支払う費用なのか、ということについてご説明したいと思います。もう知っている、という方については読み飛ばして頂いて結構です。

リサイクル料金とは、簡単にいうと車の廃棄処分のための費用で、平成17年から施行されている“自動車リサイクル法”という法案によって決められています。

以前まで廃棄処分となった自動車を解体した後に残るゴミは、解体業者のもとで埋め立て処分がされていました。

しかし、埋め立て費用の高騰などにより業者が圧迫されてしまい、不法投棄や適正でない処理を多発させてしまう事態となってしまいました。

これらを改善するため、政府は事前にリサイクル料金として車の所有者にも廃棄処分にかかる費用を負担するよう義務付けました。

この法案が「自動車リサイクル法」です。詳細は、環境省 自動車リサイクル関連 法律制定の背景を参考にして下さい。

対象となる車

基本的に納付の対象となる車は以下になりますが、ほぼ全ての車が対象となります。

  • ほとんど全ての車(トラック・バス・特殊自動車・ナンバープレートの付いていない機内車も含まれる)
  • 被牽引車
  • 二輪車(原動付自転車、側車付き含む)
  • 大型特殊自動車、小型特殊自動車
  • その他法定で定めるもの(農業機械、林業機会、スノーモービル、公道を走らないレース用自動車、自衛隊の走行車…etc)

以上、「リサイクル料金とは何の為の費用なのか」についてご説明させて頂きました。次は支払いのタイミングについてご説明します。

リサイクル料金を支払うタイミング

新車の場合、購入時に他諸費用の支払いと同じタイミングで支払うとご説明しましたが、中古車の場合も同様で、その車を購入するタイミングで支払うことになります

その際、販売業者からリサイクル券というものを受け取ります。

doc_recycle

リサイクル券とは、リサイクル料金を支払うと発行される証明書のようなものです。販売業者を橋渡し役として、前のオーナーから次のオーナーに引き継がれます。

リサイクル券は売却時に必要となるので、車検証と一緒に大切に保管しておきましょう。もしリサイクル券を紛失してしまった場合、再発行することが出来ません。

しかし、自動車リサイクルシステムの公式サイトから料金の預託状況を印刷すれば、リサイクル券の代わりとして使用することが出来ます。

自動車リサイクルシステム_TOP2

リサイクル料金検索を行う場合は、車検証の車台番号と登録番号、またはリサイクル券番号を入力する必要があります。

紛失してしまったときの為にリサイクル券番号は必ず控えておくようにしましょう。

リサイクル料金は売却した際に戻ってくる

リサイクル料金の流れ

リサイクル料金は、車を売却した際に手元に戻ってくるようになっています。

売却した際には、次の所有者から車両価値金額+リサイクル料金を受け取ることになえるので、リサイクル料金が査定額に含まれているかしっかり確認するようにしましょう。

※内、資金管理料金(380円)だけは最初のオーナーが負担する

海外に輸出した場合のリサイクル料金

リサイクル料金が預託された車を海外に輸出した場合、車の所有者は所定の手続きを行うことでリサイクル料金の取り戻しを行うことができます。

また、取り戻し手続きが出来る期間は車を輸出した日から2年間が期限となっています。

輸出に伴うリサイクル料金の取り戻し手続きについてはリサイクル料金返還の方法(自動車リサイクルシステム)をご確認下さい。

以上、リサイクル料金の支払いタイミングや売却の際の引継ぎについてご説明しました。次は具体的な費用に関してご説明します。

リサイクル料金の費用

リサイクル料金の費用の相場としては、普通車であればおおよそ1万円~1万8千円程度です。車種毎に少し異なりますが、以下が車種毎の費用の相場となります。

車種 装備類 金額相場
軽・小型乗用車(コンパクトカー) エアバッグ類4個、エアコン有り 7千円~1万6千円程度
普通乗用車 エアバッグ類4個、エアコン有り 1万円~1万8千円程度
中・大型トラック エアバッグ類2個、エアコン有り 1万円~1万6千円程度
大型バス エアバッグ類2個、エアコン有り 4万円~6万5千円程度

より具体的に車種のリサイクル料金を知りたい!という方は、自動車リサイクルシステム公式サイトの、リサイクル料金検索を使用するといいでしょう。

手元に自動車検査証又はリサイクル券があれば、車体番号などの情報を入力するだけで詳細なリサイクル料金が分かります。

リサイクル料金検索

自動車リサイクルシステム_料金検索

また、これから購入予定の車のリサイクル料金を調べたい場合は、各自動車メーカーのホームページで詳細なリサイクル料金を調べることができます。

例:トヨタの車種別リサイクル料金一覧

トヨタ-I-車種別リサイクル料金一覧

費用の内訳

金額の内訳としては、以下のようになります。

例:軽・小型乗用車(コンパクトカーの場合)

費用の内訳表

  1. 車を解体時に出るシュレッダーダストの処理料金
  2. エアバッグ類のゴミ、カーエアコンから出るフロン類の処理料金
  3. 資金管理料金(380円又は480円)
  4. 情報管理金(130円)

3.資金管理用金、4.情報管理料金とは、預託されたリサイクル料金を管理している「自動車リサイクル促進センター」に支払う料金です。

まとめ

いかがでしたか?今回は中古車のリサイクル料金についてご説明しました。

廃車にしない場合もリサイクル料金は支払わなければなりませんが、リサイクル料金を納付するということは車を所有する上での義務ですので、しっかりとした知識を身に付けた上で中古車の購入・売却に臨むようにしましょう。

コラム:【事業者の方向け】リサイクル料金の消費税と会計処理(仕訳)について

以下は事業者の方向けに、リサイクル料金の消費税と会計処理(仕訳)についてご説明しています。

前述でお伝えした通り、リサイクル料金は「シュレッダーダスト料金」、「エアバッグ料金」、「フロン類料金」、「情報管理料」、「資金管理料」の5つから構成されており、全て相当分の消費税が含まれます。

以下でケース毎の消費税と会計処理についてご紹介します。

勘定科目 処理区分 消費税
シュレッダーダスト料金 預託金 資産計上
(投資その他の資産)
課税対象外
エアバッグ類料金
フロン類料金
情報管理料
資金管理料 支払手数料 費用管理 課税仕入

資金管理料のみ損金として計上することができ、この場合の消費税課税区分は「課税仕入れ」となります。

それ以外の料金については、サービスの提供を受ける、つまり、自動車を売却やリサイクルするときまで損金として計上することは出来ません。

売却時・下取り時の会計処理

売却時・下取り時のリサイクル料金も含めて謙譲することになります。

  1. 車両の売却額
  2. 売却時の車両の帳簿価額
  3. リサイクル預託金
  4. 1-(2+3)が車両の固定資産売却損益となります。

この場合、リサイクル預託金の謙譲については、「金銭債権の謙譲」となりますので、有価証券の謙譲や売掛債権の謙譲と同様に消費税課税区分は「非課税売り上げ」となります。

廃車した場合の会計処理

リサイクル(廃車)というサービスの提供を受けることに該当するため、その時点でリサイクル預託金相当額を損金に計上することになります。

仕訳としては、【手数料***/預託金***】となります。尚、この場合の消費税区分はサービスの対価となりますので「課税仕入」になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで最新情報をチェック