pagetop

中古車の修復歴のリスクと安全な中古車を見分けるポイント

中古車の修復歴のリスクと安全な中古車を見分けるポイント

中古車の購入を検討する際、気になった車が修復歴車などで「修復歴車って具体的にはどんな車を指すのか」「修復歴車のリスクは?見分け方や回避方法は?」といったことが気になっている方も多いのではないでしょうか。修復歴車についてはいくつかの見解があり、軽い修復歴なら価格が下がってお得、という方もいます。しかし筆者の見解では、やはり修復歴車は選ぶべきではありません。

今回の記事では、修復歴車とは何か、修復歴車のリスクと避けた方がいい理由、見分け方のポイントについてお話しします。ぜひ参考にしてください。

修復歴とは:修復歴車の定義

まず、修復歴車とは何か、修復歴車の定義をお伝えします。

修復歴車とは、簡単にいうと「車の骨格(フレーム)部分を交換・修復したもの」を指します。この原因は事故であることが多いので、「事故車」という呼び方もされます。
細かい定義は、以下の3組織によって定められています。

骨格とはどの部分を指すのか、具体的に修復歴となる損傷はどこになるのかを、以下に図解つきでご紹介します。

車の骨格・フレーム名称

自動車の骨格・フレーム名称

1. フレーム 2. フロントクロスメンバー 3. フロントインサイドパネル 4. ピラー
5. ダッシュパネル 6. ルーフパネル 7. ルームフロアパネル 8. トランクフロアパネル
9. ラジエターコアサポート

上記のうち、1~8については

  • 骨格部分に損傷があるもの
  • 骨格部分が修復されているもの

のいずれかに該当すれば修復歴(事故歴)車です。しかし、ネジ止め部分は修復歴には含まれません。

また9については、

  • 交換されているかつ、隣接している骨格部分にへこみ・曲がりまたは修理歴のあるもの

が修復歴車となります。

時々、事故にあっても修理していなければ修復歴車にはあたらないのではともいわれますが、該当部分に損傷やへこみがあれば修復歴車になり、それが修理済かは関係がありません。上記も修復歴車として申告する義務があり、修理済でない分、より危険度が高いものです。

修復歴車の具体的なリスク

次に、修復歴車の具体的なリスクについてお話します。

走行に支障が出る可能性がある

車の骨格とは、文字通り骨組み・構造部分として、安全に走行する為に欠かせないものです。その部分に損傷があったという事は、車の剛性・直進性能・ブレーキ等に影響がある可能性もあります。一部では、軽い修復歴ならば安くなるのでお得とも言われていますが、やはり筆者として修復歴車は選ぶべきではないと考えています。

確かに修復歴車は、格安といえるほど中古車価格が下がるのも事実ですが、その分事故・不具合の可能性や、手に入れてからの修理代が増すリスクがあります。特に骨格の損傷は不具合の連鎖となるケースも多いため、結果的にメンテナンス・修理額で値下がり分は帳消しになってしまう事があります。命を預けて乗るものである以上は、わざわざ自分からこのリスクを取りにいく必要はないと考えています。

逆に、よく避けようと言われている低年式・過走行車については、修復歴車やその他の故障車でなければ15年以上、15万km以上大きな不具合もなく走っている中古車が多くあります。

修復歴車のトラブル事例

また、修復歴車を巡るトラブルにはどのようなものがあるのでしょうか。実際に、消費者生活センターに相談が寄せられたのは以下のようなケースです。

修復歴車のトラブル事例

Aさんは、中古車販売店で2009年式の車を購入することにしました。数日乗った段階で、エンジンに不具合が起こり、走らなくなってしまいました。最寄りの整備工場に持ち込んだところ、修復歴車であることが発覚しました。販売店の見積を見直すと、修復歴の有無欄は記載されておらず、空白になっていました。問い合わせて確認したところ、販売店は「修復歴は見積書類には書かれていないが、口頭で修復歴車である事は伝えた」といいますが、Aさんは身に覚えがありません。最終的に言った・聞いていないの水掛け論になってしまい、法的手段に出ようにも裁判費用が高くつくことから、Aさんはあきらめて安価で車を手放すことになってしまいました。

修復歴車にはこのようなトラブルのリスクがついて回ります。修復歴車を購入しないようにすること・見分けるポイントを知ることが大切です。

修復歴車かどうかを見分けるポイント・回避方法

ここでは具体的に、現車確認の際、修復歴車かどうかを見分けるポイントと、事前の回避方法をお伝えします。

修復歴車の外観からのチェック方法

外観から修復歴車・事故車の可能性をチェックできる方法として、「ボディパーツにズレがないか」チェックすることをおすすめします。

通常、車の各ボディパーツの隙間は均一になるように生産されています。その隙間にズレがある場合は、車の骨格が歪んでいる、つまり修復歴や事故歴がある可能性があります。このズレは、よく見ないと分からないものが多く、明らかにズレがあるものは修復歴車でもごく稀です。

具体的には以下にあげるようなポイントのズレの有無をチェックしましょう。

車体前方からのチェックポイント

修復歴チェック:前方

  • ボンネットとフェンダーの隙間は均一か
  • ヘッドライトとボンネットの隙間は均一か

車体横側のチェックポイント

修復歴チェック:横

  • 前後のドアとドアの隙間は均一か
  • ドアとフロントフェンダーの隙間は均一か
  • ドアとリアフェンダーの隙間は均一か

車体後方からのチェックポイント

修復歴チェック:後方

  • テールライトとトランクの隙間は均一か
  • トランクとバンパーの隙間は均一か
  • (ワゴンタイプなど)テールゲートとフェンダーやバンパーの隙間は均一か

修復歴車の内部からのチェック方法

次に、中古車の内部で、修復歴や事故歴が疑われるかどうかのチェック方法をお伝えします。

修復歴チェック:ボンネット開き

  • ボンネットやトランクのシーラーに修理痕がないか
  • ボンネット・フェンダーの取り付けベルトの塗料が剥がれていないか

こちらが剥がれていると、一度はそのボルトを外した跡という事です。事故とは限りませんが、その部分を修理したということなので、販売店に確認しましょう。

  • ドアの取り付けボルトの塗料が剥がれていないか

内容は上と同じです。一度も外したことが無ければ綺麗に塗装されています。こちらが剥がれていれば、修理を行った跡ということです。修理内容を販売店に確認しましょう。

同じ車種の中古車を比べてみるのが有効

上でお話ししたような、中古車のコンディションは、少しばかり判断基準が難しいかもしれません。もし、広い規模の中古車販売店や、中古車ディーラーに車を見に行くならば、「同じ車種の別の中古車」と比べてみるのがおすすめです。

車は、生産される過程ではどれも同じです。しかし修理の方法は違いが出てきます。2台を比べてみて、変わりがないようならその部分は修理をしていないといえるでしょう。

修復歴車を事前に回避する方法

修復歴の有無は、価格表や中古車詳細情報に記載することが義務づけられています。中古車検索サイトでは、修復歴の有無で条件設定をして検索することができます。ネット経由で中古車を探す場合はぜひ活用しましょう。

カーセンサーでの検索方法

上記は、カーセンサーの中古車検索結果です。中央あたりに、「修復歴なし」というチェックボックスがありますので、こちらを選択し、再検索すると申告済みの修復歴車を除外することができます。

ただ、この方法はすべての修復歴が正確に記載されている前提なら有効ですが、中にはごく稀に、修復歴を記載していない悪質な販売店がある可能性も考えられます。安全に乗れる中古車を購入するために、上のチェックポイントを合わせて確認できれば理想的でしょう。

また、修復歴車でなかったとしても、「水没車」や「塩害車・雪害車」というリスクもあります。実は、水没車は修復歴にカウントされません。しかし修復歴車と同様に重要な構造部分、特に電装系に異常をきたすケースもあります。これらのリスクを合わせてチェックする方法については「中古車を購入する前にチェックするポイントを紹介」で詳しくお話ししていますので、参考にしてください。

まとめ

いかがでしたか。今回の記事では、中古車の修復歴とは何か、修復歴車のリスクと見分け方のポイントをお伝えしました。修復歴となる故障や損傷の種類もさまざまで、ダメージの度合いもそれぞれ異なります。

しかし、自身で整備・修理ができる方でない限り、修復歴が機能や安全におよぼす影響を推し量ることは難しいものです。今回の記事を参考に、修復歴車を避けて安全に乗れる中古車購入に役立ててください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで最新情報をチェック

コメントを残す

*