pagetop

中古車の購入に必要な書類と取得方法を分かりやすく解説

中古車を購入する際に必要な書類と取得方法を分かり易く解説

中古車を購入や売却・下取りをするときに必要な書類はいくつかあります。何となく書類を用意しなければいけないことは分かるものの、具体的に何が必要で、どのように取得すればいいか分からず困っている方も多いのではないでしょうか。

実はそこまで手間が掛かるものではなく、方法が分かれば簡単に準備できます。

今回の記事では、中古車の購入や売却・下取りする時に必要な書類と取得方法について分かり易く解説します。

中古車の購入に必要な書類を知りたい方は「1.中古車の購入に必要な書類」から読んでください。

売却/下取り時に必要な書類を知りたい方は「3.車売却・下取り時に必要な書類」から読んでください。

中古車の値引きを成功させるいちばんの方法

車を買うときに、いちばん値引きに効くのは、いま乗っている車をできるだけ高く売ることです。車の売却にはいろいろな方法がありますが、そのなかには賢い方法と、損をする方法があります。

たとえばディーラーへの下取りや、大手買取業者一社に見積もりを取って、そのまま売却するというのは、実は大きな間違いなのです。車を高く売るための最大の秘訣は、複数の買取業者に査定をしてもらい、買取店に競争してもらうこと。

いくつもの買取業者に連絡を取り、見積もりを取るのは手間がかかりますが、「一括査定サービス」を使えば、必要情報をたった一回書くだけで、自動的に複数業者に査定依頼ができます。

下取りに比べると10万円~30万円高い査定額が出ることも珍しくありません。まずは愛車がいくらで売れるか調べてみましょう。

愛車の価格を調べる >>


1.中古車の購入に必要な書類

本章では中古車の購入(契約)に必要な書類を説明します。同じ中古車でも普通車と軽自動車では必要な書類が異なるため、それぞれケースで分けて紹介します。

1-1.中古車の普通車を購入する際の必要書類

普通車の購入に必要な書類は下記の通りです。

「印鑑証明書」は市区町村の役所、「車庫証明書」は警察署で手続きを行う必要があるため、平日に時間を作る必要があります。「自動車検査証」「自賠責保険証」「委任状」は、中古車販売店が準備してくれますので、あなたが時間を使って取得する必要はありません。

必要書類 必要数 交付元 備考
実印 1本 印鑑登録をした印鑑
印鑑証明書 1枚 市区町村の役所 交付から3ヶ月以内のもの
車庫証明書 1枚 警察署 販売店に取得代行してもらうことも可能
(代行手数料は15,000円程度)
自動車検査証
(車検証)
1枚 販売店 任意保険の際に必要になる情報が記載されているため、
コピーをもらっておきましょう。
自賠責保険証 1枚 販売店
委任状 1枚 販売店

「実印」「印鑑証明書」「車庫証明書」の取得方法は「2-1.実印の準備」に進んでください。

1-2.軽自動車を購入する際に必要な書類

軽自動車に必要な書類は下記の通りです。

普通車の時と違い「実印」や「印鑑証明書」は必要ありません。ただし、「住民票」が必要になります。住民票の取得は、市区町村の役所で手続きする必要があるため、平日に時間を作る必要があります。

「自動車検査証」「自賠責保険証」「委任状」は、中古車販売店が準備してくれますので、あなたが時間を使って取得する必要はありません。

必要書類 必要数 交付元 備考
住民票 1枚 市区町村の役所 交付から3ヶ月以内のもの
印鑑
(認印でも可)
1本 シャチハタ・三文判は認印として認めていない自治体が
あるため、販売店に事前に確認が必要
自動車検査証
(車検証)
1枚 販売店 任意保険の際に必要になる情報が記載されているため、
コピーをもらっておきましょう。
自賠責保険証 1枚 販売店
委任状 1枚 販売店

住民票の具体的な取得方法は「2-4.住民票の取得方法」に進んでください。

2.中古車購入時に必要な書類の取得方法

前章で中古車購入に必要な書類を説明させて頂きました。今回は、それらの書類を具体的に取得する方法について解説します。

2-1.実印の準備(※普通自動車購入時/売却時に必要)

実印とは、住民登録をしている市区町村の役所で印鑑登録の申請をして受理された印鑑のことを指します。実印なしでは車を購入ができないため、印鑑登録がまだの方は役所での手続きが必要です。

それでは、最初に実印を作るために必要な印鑑登録の方法について解説します。既に印鑑登録が済んでいる方は、読み飛ばして頂き「2-2.印鑑証明書の取得方法」からご確認ください。

2-1-1.本人による印鑑登録の方法と必要書類

印鑑登録は原則として申請者本人の手続きが基本ですが、代理人による申請も可能です。以下は、申請者本人が印鑑登録をするまでの流れです。

印鑑登録をするまでの流れ

  1. 実印として登録する印鑑を用意
  2. 身分証明書を用意
  3. 管轄の役所にて印鑑登録の申請書を提出
受付時間

窓口は基本的に土日休みのため、平日の8時30分~17時00分です。(地域により異なります)
※但し、月に何度か土曜・日曜窓口が開設される地域もございます。「市区町村名 役所」などでGoogle検索して調べてください。

手数料

無料~300円程度(地域により異なります)

登録までの所要時間

登録の手続きから申請まで数十分程度で完了します。ただし、春先など引越しをする人が多いシーズンは、移転に伴い役所で印鑑登録を行う人が多く、窓口が込み合っているため待ち時間が長くなります。

それでは、1~3の印鑑登録をするまでの流れを詳細解説していきます。

1.実印として登録する印鑑を用意

実印として登録できる印鑑には規定が設けられています。下記が登録できる印鑑の仕様です。

登録できる印鑑 大きさ8ミリ以上~24ミリ以内の印鑑
印鑑の形は丸、四角のどちらでも可
実印のサイズ
登録できない印鑑 欠けた印鑑、擦り減った印鑑、シャチハタ印、三文判
  • ※三文判は機械で大量生産されている印鑑です。正確には印鑑登録することは可能ですが、同じ形の印鑑が世に多く出回っており第三者に悪用される危険性があるため三文判の登録は控えましょう。

もしも実印登録できる印鑑を持っていない場合、「町の印鑑屋」もしくは「インターネットの印鑑屋」で印鑑を作りましょう。インターネットの印鑑屋でおすすめは、「ハンコヤドットコム」です。理由は、印鑑の種類が豊富な事、印鑑を作るまでの期間が短く、即日で出荷してくれるためです。大よその費用は、3,300円~です。

2.身分証明書を用意

市区町村の役所で印鑑登録申請をする際は、本人確認のために身分証明書の提示を求められます。以下、いずれかの身分証明書を用意しましょう。

身分証明書として有効なもの

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード(写真つき)
  • 身体障害者手帳

など写真付きの公共機関が交付している証明書
※書類に有効期限があるものは有効期限内のものに限る

3.管轄の役所にて印鑑登録の申請書を提出

「実印として登録する印鑑」と「身分証明書」を持参し、住民登録をしている市区町村の役所にて申請します。申請は「印鑑登録申請書」に名前や住所など申請者本人の基本情報を記入し、窓口に提出して手続きを行います。

印鑑登録の申請が受理されると「印鑑登録証」もしくは「印鑑登録カード」が交付されます。印鑑登録証(印鑑登録カード)は「印鑑証明書を交付する」際に利用しますので大切に保管しましょう。

続いて代理人による印鑑登録の方法を紹介します。
ご自分で手続きを行う方は、「2-2.印鑑証明書の取得方法」に進んでください。

2-1-2.代理人による印鑑登録の必要書類と申請方法

印鑑登録は代理人による申請も可能ですが、その場合は即日に印鑑登録と印鑑証明書を受け取ることは出来ません。代理人による申請では2回に分けて役所に行かなければならないため、急ぎの場合は登録者本人が手続きを行いましょう。以下、申請が受理されるまでの流れです。

代理人による印鑑登録が受理されるまでの流れ

  1. 代理人が必要書類を持ち役所で手続きを行う
  2. 役所より申請者の住所に「紹介回答書」を郵送
  3. 紹介回答書と必要書類を持ち役所で手続きを行う

それでは流れに沿って、手続きの方法を紹介していきます。

1.代理人が必要書類を持ち役所で手続きを行う

代理人が最初に市区町村の役所へ行く際に必要な書類を紹介します。下記を準備して役所の窓口で手続きを行いましょう。

代理申請に必要なもの

  • 印鑑登録申請書(登録する本人が記入したもの)
  • 委任状(登録する本人が記入したもの)
  • 登録する印鑑
  • 代理人の印鑑(認印で可)
  • 代理人の身分証明書

「印鑑登録申請書」は登録する本人が住民登録している市区町村の役所のホームページよりダウンロードできます。用紙を印刷し、登録する本人自ら内容を記載します。

「委任状」は市区町村の役所に準備されていることがほとんどです。特に指定のフォーマットはないため、コチラをダウンロードしてお使い頂いても構いません。(※名古屋市で配布されている委任状を使用)

「登録する印鑑」は、どれでも登録できるわけではありません。規定は「実印として登録する印鑑を用意」をご確認ください。

「代理人の印鑑」は、実印ではなく認印でOKです。

「代理人の身分証明書」は、下記いずれかが必要です。

身分証明書として有効なもの

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード(写真つき)
  • 身体障害者手帳

など写真付きの公共機関が交付している証明書
※書類に有効期限があるものは有効期限内のものに限る

2.役所より申請者の住所に「紹介回答書」を郵送

申請手続きの受付後、役所より登録する本人宛に「紹介回答書」が送られてきます。紹介回答書の項目欄に登録する本人自ら記入して、代理人に渡します。

3.紹介回答書と必要書類を持ち役所で手続きを行う

代理人が「紹介回答書」を含む下記必要書類を持って、再度役所にて代理申請手続きを行い「印鑑登録証」を受け取ることができます。

代理申請に必要なもの

  • 照会回答書
  • 登録する印鑑
  • 代理人の印鑑(認印で可)
  • 登録する本人の身分証明書
  • 代理人の身分証明書

2-2.印鑑証明書の取得方法(※普通自動車購入時/売却時に必要)

印鑑証明書は前項で紹介した「印鑑登録」を済ませておかなければ取得できません。印鑑証明書も原則として印鑑登録者本人の申請が基本ですが、代理人による申請も可能です。印鑑証明の詳細については、「中古車購入に印鑑証明が必要な理由と発行までの流れ」の記事をご確認ください。

2-2-1.本人による印鑑証明書の取得方法

印鑑登録をした際に発行された「印鑑登録証」もしくは「印鑑登録カード」を持参して市区町村の役所窓口で申請します。もしくは役所にある電子端末を利用することで発行することができます。その際、本人を確認するための暗証番号が必要です。

受付時間

窓口は基本的に土日休みのため、平日の8時30分~17時00分です。(地域により異なります)
※但し、月に何度か土曜・日曜窓口が開設される地域もございます。「市区町村名 役所」などでGoogle検索して調べてください。

手数料

300円程度(地域により異なります)

登録までの所要時間

登録の手続きから申請まで数十分程度で完了します。ただし、春先など引越しをする人が多いシーズンは、移転に伴い役所で印鑑登録を行う人が多く窓口が込み合っているため待ち時間が長くなります。

続いて代理人による印鑑証明書の取得方法を紹介します。ご自分で手続きを行う方は、「2-3.住民票の取得方法」に進んでください。

2-2-2.代理人による印鑑証明書の取得方法

印鑑証明書を取得するだけであれば、委任状は必要ありません。代理人が、印鑑証明書を取得したい人の「印鑑登録証」もしくは「印鑑登録カード」を市区町村の役所に持参して行うことができます。市区町村の役所に印鑑証明書を取得するための電子端末が置いてあります。その端末に「印鑑登録証」もしくは「印鑑登録カード」を差し込み暗証番号入力することで発行できます。

注意点
電子端末での印鑑証明書を取得する場合、暗証番号を入力しなければなりません。その際、暗証番号を3回間違えると発行できなくなる可能性があります。発行できなくなった場合は、窓口に問い合わせましょう。

2-3.車庫証明の取得方法(※普通自動車購入時に必要)

車庫証明は、印鑑証明などとは違い「警察署」の窓口にて発行できます。発行手順は下記の通りで、本人でなくても取得は行えます。車庫証明の詳細については、「中古車購入に必要な車庫証明の取り方/書き方を徹底解説」をご確認ください。

車庫証明の取得手順

  1. 自宅から2km以内で中古車を駐車するスペースを確保する
  2. 警察署にて必要書類を受け取る、もしくは都道府県によってはインターネットから必要書類をダウンロードできますので、都道府県の警察ページを確認ください。(※中古車販売店によっては、予備で書類一式を持っている可能性があります。)
  3. 必要書類を記入する
  4. 警察署へ必要書類を提出し、下記を行います。
    ・自動車保管場所証明申請手数料(約2,000円※地域により値段は異なります。)の支払い
    ・証明書の受け取り日(通常は1週間程度)の通知
    ・引換券を受け取り(※住所付きの本人確認書が必要な場合があります。)
  5. 警察が実際に駐車スペースに空きがあるのか確認に来る
    注意点:申請した駐車スペースに何か物が置いてあると、車庫証明が発行してもらえないので、しっかりと駐車スペースを空けておきましょう。
  6. 警察署に交付の手数料(500円)と証明書を受け取る
    注意点:書類の捺印の押し直しが発生する場合がありますので、書類に使用した印鑑を持参しておきましょう。
<受付時間>

窓口は基本的に土日休みのため、平日の8時30分~17時00分です。(地域により異なります)

<手数料>

2,000円程度(地域により異なります)

<発行までの所要時間>

登録の手続き自体は、空いていれば数分程度で完了します。但し、警察が実際に駐車場の確保されているのか確認するための期間がありますので、発行までに1週間程度かかります。

以上が中古車の普通自動車購入時に必要な書類の発行方法です。購入だけではなく、今の車を売却・下取りを考えている方は「3.車売却・下取り時の必要書類」に進んでください。

2-4.住民票の取得方法(※軽自動車購入時に必要)

住民票の取得は原則として本人の申請が基本ですが、代理人による申請も可能です。最初に本人による住民票の取得方法を説明します。

2-4-1.本人による住民票の取得方法

住民票の取得は、印鑑証明書と同じく市区町村の役所窓口で発行できます。その際、本人確認のため身分証明書を提示する必要があります。以下のうち、いずれかの身分証明書を用意しましょう。

身分証明書として有効なもの

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード(写真つき)
  • 身体障害者手帳

など写真付きの公共機関が交付している証明書
※書類に有効期限があるものは有効期限内のものに限る

<受付時間>

窓口は基本的に土日休みのため、平日の8時30分~17時00分です。(地域により異なります)
※但し、月に何度か土曜・日曜窓口が開設される地域もございます。「市区町村名 役所」などでGoogle検索して調べてください。

<手数料>

300円程度(地域により異なります)

<登録までの所要時間>

登録の手続きから申請まで数十分程度で完了します。ただし、春先など引越しをする人が多いシーズンは、移転に伴い役所で印鑑登録を行う人が多く窓口が込み合っているため待ち時間が長くなります。

続いて代理人による住民票の取得方法です。

2-4-2.代理人による取得方法

住民票の発行は代理人でも可能です。但し、必ず「委任状」が必要です。また、代理人本人であることが証明できる下記いずれかが必要です。

身分証明書として有効なもの

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証

委任状は原則的に市区町村の役所に準備されていますが、特に指定のフォーマットはありません。委任状はコチラよりダウンロードできます。(※名古屋市で配布されている委任状を使用)

以上が中古車の軽自動車購入時に必要な「住民票」の取得方法です。購入だけではなく、今の車を売却・下取りを考えている方は「3.車売却・下取り時の必要書類」に進んでください。

3.車売却・下取り時に必要な書類

車を売却・車下取り時の必要な書類を説明します。普通車と軽自動車で売却・下取りに必要な書類が異なります。

3-1.普通車の売却・下取り時に必要な書類

普通車を売却・下取りする時に必要な書類で新たに準備が必要なものは「印鑑証明書」です。「実印」「自動車検査証」「自賠責保険証明書」「自動車納税証明書」「リサイクル券」も必要ですが、基本的に紛失していなければこれらの書類は手元や車の中(ダッシュボード)にしまってあります。
まとめると必要書類は下記の通りです。

必要書類 必要数 交付元 備考
実印 1本 印鑑登録をした印鑑
印鑑証明書 1枚 市区町村の役所 交付から3ヶ月以内のもの
自動車検査証
(車検証)
1枚 購入時に発行済み ダッシュボードに保管されていることが
多い
自賠責保険証明書 1枚 購入時に発行済み ダッシュボードに保管されていることが
多い
自動車納税証明書 1枚 毎年、5月までに支払い済み 大切な保管庫に保管されていることが
多い
リサイクル券 1枚 購入時に発行済み ダッシュボードに保管されていることが
多い

3-2.軽自動車を売却・下取りする際に必要な書類

軽自動車の売却・下取り時に必要な書類は、特に市区町村の役所で発行する必要はありません。
必要書類は下記の通りです。

必要書類 必要数 交付元 備考
印鑑(認印) 1本 シャチハタ、三文判は認印として認めて
いない自治体があるため販売店に事前に
確認が必要
自動車検査証
(車検証)
1枚 購入時に発行済み ダッシュボードに保管されていることが
多い
自賠責保険証明書 1枚 購入時に発行済み ダッシュボードに保管されていることが
多い
軽自動車納税証明書 1枚 毎年、5月までに支払い済み 大切な保管庫に保管されていることが
多い
リサイクル券 1枚 購入時に発行済み ダッシュボードに保管されていることが
多い

以上が車売却時・下取り時の必要書類です。次にそれらの必要書類の取得方法について簡単に説明します。

4.車売却・下取り時に必要な書類の取得方法

車を売却・下取り時に必要な書類で新たに準備するものは「印鑑証明書」のみです。印鑑証明書の発行方法は、「2-2.印鑑証明書の取得方法」に記載をしておりますので、そちらをご確認ください。

他に必要な「実印」「自動車検査証」「自賠責保険証明書」「自動車(軽自動車)納税証明書」「リサイクル券」は紛失をしていない限り、自宅の保管庫やダッシュボード等にあると思います。もし紛失してしまった場合は、再発行を行う必要があります。詳細については、「中古車売却書類の種類と発行方法をわかりやすく解説」の記事をご確認ください。

5.まとめ

いかがでしたか?中古車の購入・売却・下取り時の必要書類を理解いただけましたか?スムーズな契約をするために予め必要書類を確認しておきましょう。

中古車の値引きを成功させるいちばんの方法

車を買うときに、いちばん値引きに効くのは、いま乗っている車をできるだけ高く売ることです。車の売却にはいろいろな方法がありますが、そのなかには賢い方法と、損をする方法があります。

たとえばディーラーへの下取りや、大手買取業者一社に見積もりを取って、そのまま売却するというのは、実は大きな間違いなのです。車を高く売るための最大の秘訣は、複数の買取業者に査定をしてもらい、買取店に競争してもらうこと。

いくつもの買取業者に連絡を取り、見積もりを取るのは手間がかかりますが、「一括査定サービス」を使えば、必要情報をたった一回書くだけで、自動的に複数業者に査定依頼ができます。

下取りに比べると10万円~30万円高い査定額が出ることも珍しくありません。まずは愛車がいくらで売れるか調べてみましょう。

愛車の価格を調べる >>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket