pagetop

車売却のコツ/中古車売却の相場を調べる方法と注意点を徹底解説

車売却のコツ/中古車売却の相場を調べる方法と注意点を徹底解説
ざっくり言うと…
車の売却額の相場を知りたいなら、中古車買取相場サイトで調べるのが手軽ではやい
買取相場価格サイトは「Goo」「ナビクル」がおすすめ
愛車をいちばん高く売れる方法は「一括査定」サービス

車を売ることを考えている方のなかには「車を売るためにはどんな方法があるだろう」「いちばん高く売るための方法、ポイントは何があるの?」「まだ売ることは決めていないけれど、自分の愛車がどれくらいの値段で売れるのか確かめたい」など、いろいろな疑問をお持ちかと思います。

実は、車の売り方次第で、売却額には大きな差が出ます。自分にとってベストの車の売り方が判断できるように、この記事では詳しく売却を確実に成功させるための必須知識と、愛車の売却相場を調べるための方法を詳しく紹介します。

ぜひ参考にしてください。

愛車の本当の価値を知りたいですか?

車を手放すときに、利用されているのはディーラーへの下取りです。しかし、このディーラーへの下取り、実は大きな間違いなのです。

ディーラーは車を販売するのが仕事であり、車の買取を行うのが主な業務ではありません。自分の愛車を正当に評価してもらうのは、複数の買取業者に査定してもらうのがいちばん。

「一括査定サービス」を使うと、必要情報をたった一回書くだけで、自動的に複数業者に査定依頼ができます。ディーラーへの下取りに比べると、10万円~30万円高い査定額が出ることも珍しくありません。まずは愛車がいくらで売れるか調べてみましょう。

愛車の価格を調べる >>



車を売却するための3つの方法

車を売却するには、主に3つの方法があります。

車売却の主要な3方法

  1. 販売ディーラーへの下取り
  2. 中古車買取会社へ直接、査定依頼を申し込み、買い取ってもらう
  3. 一括査定サービスの利用

それ以外にも、オークションを利用する、個人売買を行うという方法もありますが、一般的ではありません。

またオークション、個人売買といった車の売却方法ではトラブルが多く、リスクが高いため、筆者としては原則として、おすすめできません(オークション利用、個人売買での、車売却についてさらに深く知りたい方は「中古車オークション代行ならここ!おすすめ業者を費用から徹底比較」「中古車の個人売買/おすすめとメリット・デメリットを解説」を参考にしてください)

次に、上記の主要な3つの車の売却方法について、説明します。

【車の売却方法1】販売ディーラーへの下取り

ディーラーへの下取りとは、ディーラーから新しく車を購入し乗り換えるとき、いま乗っている車をそのディーラーに売ることです。

現在乗っている車の下取り価格が、実質的に「値引き額」となります。

ディーラー下取りのメリットとしては、

ディーラー下取りで売却するメリット

  • 購入先と売却先が同じなので、手間がかからず、手続きもスムーズにできる
  • 下取り価格の交渉を通して、値引き額を増やせる場合がある
  • 車を売るときにいちばん利用されているので、安心感がある

ディーラー下取りのいちばんのメリットは、とにかく手間がかからないことだといえます。

一方、ディーラーは、あくまでも車を売ることで収益を上げるビジネスモデルを取っていることから、中古車買取店ほど高く買い取ってくれるわけではありません。

下取り価格=値引き額となりますが、ディーラーで売るよりは、買取店で高く買い取ってもらい、その分を購入資金にあてるほうが、得する可能性が高まります。

【車の売却方法2】中古車買取店で売る

車を売る際、下取りの次に利用されているのが、中古車買取店への売却です。買取店で売却することのメリットとしては、次のようなものがあります。

中古車買取店で売却するメリット

  • ディーラーへの下取りに比べると、売却額が高くなる傾向にある
  • 査定を依頼して、査定額に納得できなかったら売らなくてもよい

ディーラへの下取りと比較した場合、中古車買取店は販売ルートを多く持っています。結果として、ディーラーでは買取不可能な車両や、極めて低い価格しか出せない車両も、高く買い取ってもらいやすくなります。

デメリットとしては、買取店は安く仕入れれば安く仕入れるほど利益が出るビジネスなので、安く買い叩かれることがあるということです。

これを防ぐためには、複数の買取業者に査定依頼を行い、相見積もりを取るという方法があります。

【車の売却方法3】一括査定サービスを利用する

筆者がいちばんおすすめする車の売却方法は「一括査定サービス」です。

中古車買取店で売ることのデメリットとして、安く買い叩かれる場合があると書きましたが、これを防ぐには複数の買取業者に査定依頼をする必要があります。しかし、業者ごとに査定依頼を行い、実際に査定してもらうのは手間がかかります。

一括査定サービスは、たった一度、車種情報などの必要事項を記載すれば、自動的に複数業者に査定依頼を申込むことができるというサービスです。買取店側も、ほかの買取店(ライバル)に査定依頼をしていることは認識しているので、可能な限り高い査定額を提示することになります。

一括査定サービスの詳細は、後述します。

以上の3つが、車を売る際の主要方法となります。

次からは、車を売る前に、おおよそ自分の車がどれくらいの価格で売れるのか調べたい方向けに、相場を調べる方法をご紹介します。

中古車売却前に相場を調べる方法

中古車売却の相場を調べる方法は大きく分けて下記3つの方法があります。

中古車売却の相場を調べる主な方法

  1. 中古車業界に詳しい信頼できる友人、知人に訊く
  2. インターネットで中古車買取相場サイトを利用する
  3. ディーラー、中古車買取店に見積もりを依頼する(査定)

信頼できる確かな情報を得られるという点で、中古車業界に詳しいご友人などがいるのであれば、その方に訊くのが一番良い方法だと思います。ただ、中古車業界に友人・知人がいるケースは多くの方には当てはまらないでしょう。

そのため、筆者としては「中古車買取相場サイト」で調べる方法をおすすめします。この方法はもっとも時間がかからず、ちょっとしたスキマ時間に調べられる手軽さがポイントです。

もし、売却を前提に相場を知りたいのであれば、販売ディーラーや中古車買取店へ見積もり依頼する方法もひとつの手です。見積もり金額に納得できれば、そのまま売却の手続きを進めることができてとてもスムーズです。この方法のメリット・デメリットについては本記事最後のコラムで触れていますので、気になる方はご参考ください。

では、「中古車買取相場サイトで調べる方法」について、次章で詳細をお伝えします。

手軽にチェック!おすすめの中古車買取相場サイトを利用する方法

中古車の買取相場を調べられるサイトはいくつかあります。おすすめのサイトをご紹介するにあたり、まずは車の売却方法について簡単に触れておきます。

売却するならどの方法を希望するかによって、おすすめのサイトが異なるためです。中古車の売却方法は大きく分けて下記の二種類があります。

買取(中古車買取店)
買取とは、中古車の買取をおこなっている業者に買い取ってもらうことです。有名どころでは、ガリバーやビッグモーターなどがあります。
下取り(ディーラー)

下取りとは、車を購入することを前提に、販売ディーラーに今の車を買い取ってもらい、販売価格から引いてもらうことです。

なお、一般的に相場は「買取価格>下取り価格」となることがほとんどです。新車購入予定の方を含め、売却方法を決めていない場合は「買取」の検討をおすすめします。

では、売却方法別でおすすめのサイトと使い方を紹介します。

買取希望の方向け:買取相場の調べ方

車の買取希望の方には、下記2つの相場サイトをおすすめします。

いずれも、「車種・グレード・年式・走行距離」を加味した買取相場を算出してくれます。

特にGooはボディカラーや事故歴の有無なども条件指定することができるため、より精度の高い相場を算出できると考えられます。

ただ、メールアドレスの入力が必須で、相場チェックをするとGooのメールマガジンに登録されることになります。気軽にチェックしたい方にはやや不向きかもしれません。

一方、ナビクルのサイトでは「8か月後までの未来の相場」までシミュレーションできる便利な機能があります。また、メールアドレスなどの個人情報も不要なため、気軽にチェックしたい方や今後の相場変動をみたい方におすすめです。

では実際に買取相場を調べてみましょう。まずは、Goo買取の買取相場検索をしてみます。

Goo買取での買取相場検索

検索する基本車両情報
  • 車種:トヨタ/86/グレードGT
  • ボディカラー:クリスタルホワイトパール
  • 年式:平成25年(2013)
  • 走行距離:20,000km
  • 車検時期:平成28年(2016)10月
1.サイトへアクセス

「Goo買取 買取相場検索」にアクセスする。

2.メーカー・車種・年式・グレード選択

メーカー「トヨタ」・車種名「86」・年式「平成25(2013)」・グレード「GT」を選択し、「買取相場検索を開始」をクリックする。

Goo相場検索02_車種選択

3.詳細条件指定

車体色や走行距離などの全19項目を埋め、全項目が“OK!”になったことを確認して「今の愛車の価格を調べる」をクリックする。

Goo相場検索03_詳細条件指定

4.買取相場の表示

入力した条件に基づき、買取相場が表示されます。

Goo相場検索04_結果表示

以上が、Goo買取における買取相場の調べ方です。

続いて、ナビクル 下取り・買取相場シミュレーターで買取相場検索をしてみます。

ナビクルでの買取相場検索

検索する基本車両情報
  • 車種:日産/セレナ/ハイウェイスター
  • 年式:平成21年(2009)
  • 購入:2009年4月
  • 走行距離:80,000km
1.サイトへアクセス

「ナビクル 下取り・買取相場ページ」にアクセスする。

2.メーカー選択

「国内の自動車メーカー」より「日産」をクリックする。

ナビクル相場検索01_メーカー選択

3.車種選択

一覧から「セレナ」を選択する。

ナビクル相場検索02_車種選択

4.年式・グレード・走行距離選択

年式「2009年式」・グレード「ハイウェイスター」・新車購入年月「2009年4月」・走行距離「80,000km」を選択して、「買取・下取り相場をチェック!」をクリックする。

ナビクル相場検索03_年式等選択

5.買取相場・下取り相場の表示

買取相場および下取り相場の金額がグラフとともに表示されました。現在・過去・未来の相場推移も確認できます。

ナビクル相場検索05_結果表示

以上が、ナビクルにおける買取相場・下取り相場の調べ方です。

▽ 車を高く売るなら一括査定
http://a-satei.com

次に、下取りを希望する方に向けて、下取り相場のチェックにおすすめのサイトをご紹介します。

下取り希望の方向け:下取り相場の調べ方

車の下取り希望の方には、下記2つの相場サイトをおすすめします。

上記はどちらも個人情報は不要なので、気軽に利用することができます。また、トヨタと日産のサイトですが、他のメーカーの車も調べることができるので非常に便利です。

ただし、該当車種を絞り込む際のステップがサイトで異なります。両サイトとも最初に「メーカー・車種・年式」を選択しますが、次のステップで「発売年月・型式」から選ぶか「グレード名・型式」から選ぶか、といった違いがあります。ご自身が使いやすい方をお試しください。

では実際に下取り相場を調べてみましょう。ここでは例としてトヨタの下取り相場検索をしてみます。

検索する基本車両情報
  • 車種:トヨタ/ヴィッツ/Fリミテッド2
  • 年式:平成21年(2009)
  • 走行距離:20,000km
1.サイトへアクセス

「トヨタ 下取り参考価格情報」にアクセスする。

2.メーカー・車種・年式・グレード選択

メーカー「トヨタ」・車種名「ヴィッツ」・年式「2009 H21」を選択し、「同意の上利用する」をクリックする。

トヨタ下取り検索02_車種選択

3.ボディタイプ・モデル選択

トヨタ下取り検索03_モデル選択

4.グレード・仕様を選択

トヨタ下取り検索04_グレード選択

5.下取り相場の表示

トヨタ下取り検索05_結果表示

以上が、トヨタ下取り参考価格情報における下取り相場の調べ方です。

ここでご紹介した相場を確認できるサイトをまとめましたのでご参考下さい。

サイト 買取相場 下取り相場 特徴
Goo買取 × 個人情報の入力が必要
ナビクル ・買取・下取り相場が一度に分かる
・8か月後までの相場推移が分かる
トヨタ ×
日産 ×

なお、これらウェブ上で調べられる買取相場・下取り相場には、下記注意点があります。

注意点

  1. 提示される相場は“過去の業者間オークションをもとに算出されたもの”である。
  2. 実際の価格は、実際の車の状態やボディカラーなど様々な要素で変動する。
  3. よって、相場価格での売却を保証するものではない。

相場はあくまでの参考価格であり、実際の売却がそれより高いケースがあれば低いケースもありますのでご注意ください。

この注意点が前提にあっても、検索結果の相場を見て売却決意のできる方が出てくると思います。より高い買取額を実現するためにおすすめの売却方法として、「一括査定サービス」があります。次章ではこの方法についてお話します。

おすすめの売却方法:一括査定

売却の相場が分かり「これなら売ろうかな」と愛車売却の決心ができた方がいると思います。ただ、知り得た情報はあくまで相場であり、実際の売却価格が相場より上回る可能性もあれば、逆に下回る可能性もあります。だからこそ、一番高く買い取る会社を探す方法を知っておくべきだと筆者は考えます。

その方法として「一括査定サービス」というものがあります。簡単に言うと、車両情報(メーカー・車種・年式・走行距離など)と連絡先を入力して送信すると、近隣エリアの買取店に一括で査定依頼できるウェブサイトです。

一括査定の流れ

この方法のメリットとしては、主に下記のようなポイントがあります。

一括査定のメリット

  • 対応してくれる買取会社を自分で調べる必要がない。(探す手間が省ける)
  • 1回の申込で複数社に申し込むことができる。(1社ずつ申し込む手間が省ける)
  • 複数社の査定価格を比較することで、一番高い会社を選ぶことができる。
  • 器用な方であれば、各社を競わせて金額をつり上げることも可能。
▽ 車を高く売るなら一括査定
http://a-satei.com

もちろん、良い点ばかりではなく、デメリットもあります。

一括査定のデメリット

  • 複数の買取会社から一斉に電話がかかってくる(対応が大変)
  • 買い取った後に売り手が付きやすい車だと、営業がしつこい可能性がある
  • 複数社の査定を受けるため、1社だけに頼むよりも売却までに時間がかかる

この一括査定サービスは複数存在するため、どのサービスを利用すべきか迷う方がいると思います。また、メリット・デメリットから合う人・合わない人に分かれるサービスでもあります。

おすすめのサービスや実体験記などと掲載した記事がありますので、気になる方はご覧ください。

まとめ

いかがでしょうか。愛車の売却相場を知りたい場合は、売却・下取り相場サイトがおすすめです。もちろん、あくまで相場ですので、どのサイトでもその価格での売却を保証するものではありません。売却や乗り換えの計画で参考情報として、ぜひ活用してください。

コラム1:販売ディーラー・中古車買取店に見積り依頼して相場確認する方法

 

本記事でご紹介した「買取・下取り相場サイトでチェックする方法」以外に、販売ディーラーや中古車買取店に見積もりを依頼する方法でも相場を知ることができます。いずれも実車を見た上で見積りを出してもらうことになりますので、相場としては精度の高い情報を得ることができます。

この方法のメリット・デメリットは下記のようなものがあります。

メリット

  • 精度の高い相場情報を得ることができる
  • 見積り金額に納得できれば、そのままそのお店で下取り/売却をお願いできてスムーズ
デメリット

販売ディーラーの下取り

  • 新車購入する場合にしか使えない。
  • 一般的に、「売却価格(買取店)>下取り価格(ディーラー)」であるため、金額面では損する可能性が高い。

買取店での売却

  • 売却前提で話が進む。
  • 買取店1社のみへの依頼だと、その買取店の相場が基準となり妥当かどうかの判断ができない。

上記より、筆者はメリットよりもデメリットの方が大きいと考えており、あまりおすすめできません。懇意にしている販売ディーラーや中古車買取店があれば話は別ですが、そうでない場合は控えましょう。

コラム2:車を売却する際のよくある疑問Q&A

 

愛車の売却相場を知り、車を売ることを決めたあとも「どんな書類が必要なんだろうか」「気をつけたほうがいいところはないか」と気になる方もいらっしゃるかと思います。
ここでは、車を売るときに生じるよくある疑問に答えます。

査定してもらうとき、車を売るときに必要な書類は?

普通乗用車を売るときに必要な書類は以下の通りです。

  • 車検証
  • 印鑑登録証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書
  • 実印
  • リサイクル券

軽自動車の場合は、認印でも可能なので「実印」「印鑑登録証明書」は不要となります。

またリサイクル券については購入時に発行されていますので、ダッシュボードなどに保存されていることが多いかと思われます。

万が一、必要書類を紛失してしまった場合は慌てずに、再発行の手続きを行いましょう。車の売却に必要な書類と、紛失などのトラブル対処法については「中古車売却書類の種類と発行方法をわかりやすく解説」で、詳細に説明しています。

査定で見られるポイントは?

以下の情報があれば、概算価格は知ることができます。

  • 車種・グレード
  • 年式
  • 走行距離
  • ボディカラー
  • 事故車・修理歴があるかどうか

ただし、中古車は一台一台、状態が異なりますので、書類だけで正確な見積額を出すことはできません。実際に、査定を依頼した場合は、次のような項目をチェックされます。

  • 外装(傷、へこみ、塗装状態)
  • 内装(装備品、タバコの臭いの有無、汚れ)
  • 純正パーツ・社外パーツ
  • 付属品の有無

査定額を少しでも引き上げたいのであれば、純正オプションはきちんと取っておくことが大切です(社外パーツは、査定にとってマイナスに働いてしまう場合もあります)。

また整備手帳(メンテナンスノート)も必ず保管しておいて、買取業者に提示できるようにしておきましょう。丁寧に乗られ、定期的な整備がされてきた車は、当然ですが、高く売れる可能性が高まります。

キズのある車、事故を起こした車は売れない?

キズがある車、事故歴のある車でも売ることは可能です。

何年も乗っている車であれば、少々のすり傷ができるのは当然のことといえます。へこみなどがあっても、相場よりは査定額は下がるでしょうが、それだけで売れなくなるというわけではありません。

事故を起こしたことがある車でも同様です。ただし車のフレーム(骨格部分)を損傷したことがある「修復歴有り」の車は、売れないか、査定額が著しく落ちることを覚悟しておきましょう。

事故車と修復歴車の違いについては「事故車とは何?故障のリスクと事故車の見抜き方をどこよりも分かりやすく解説」の記事を参照してください。

愛車の本当の価値を知りたいですか?

車を手放すときに、利用されているのはディーラーへの下取りです。しかし、このディーラーへの下取り、実は大きな間違いなのです。

ディーラーは車を販売するのが仕事であり、車の買取を行うのが主な業務ではありません。自分の愛車を正当に評価してもらうのは、複数の買取業者に査定してもらうのがいちばん。

「一括査定サービス」を使うと、必要情報をたった一回書くだけで、自動的に複数業者に査定依頼ができます。ディーラーへの下取りに比べると、10万円~30万円高い査定額が出ることも珍しくありません。まずは愛車がいくらで売れるか調べてみましょう。

愛車の価格を調べる >>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket