中古車の購入時期を賢く判断!安い時期と注意点

中古車の購入時期を賢く判断!安い時期と注意点
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

中古車の購入を検討する際、「同じ買うなら、安い時期を狙いたい」「欲しい車種をお得に買いたい」と考える方は多いのではないでしょうか。中古車の価格は変動するため、購入時期を上手に選べばよりお得に中古車を入手することができます。

本記事では「中古車はどの時期が安いの?」という疑問に答えるとともに、中古車を探す上での注意点、併せて知っておきたい「時期以外の選ぶポイント」にも触れていきます。

また記事の最後では「中古車を購入予定だけど納車時期が気になる」「車を売りたいけど売る時期に悩んでいる」といった疑問についてコラムを用意していますので、是非ご参考ください。

中古車がいちばん安くなる時期と注意点

中古車購入を検討している場合、「安くなる時期はあるのか」「お得に購入できる時期はあるのか」と気になる方は少なくないでしょう。結論としては、中古車価格の下がる時期は複数存在します。

ここでは、気になる「中古車が安い時期」とその時期の購入における注意点をお話します。

中古車がいちばん安くなる時期は4月中旬~5月

中古車価格が下がる時期は存在します。中古車の価格は市場の相場をもとに決定されるもので、相場の変動に伴い中古車価格も変動します。その変動の中で、中古車価格の下がる時期が何度か訪れることになります。具体的には下記の時期です。

中古車価格が下がる時期

上記のうち、中古車価格がいちばん下がるのは4月中旬~5月の春先です。
何故この時期に中古車がいちばん安くなるのか、その理由について次でご説明します。

なぜ4月中旬~5月はいちばん価格が安くなるのか

先程お伝えしたとおり、中古車の価格が一年でいちばん安くなるのは4月中旬~5月です。
なぜなら、中古車の需要が落ちる時期だからです。

詳細な理由としては、

  1. 2~3月は新車販売強化と新生活需要で、車がよく売れる。
  2. 乗り換えによる下取り増加と、中古車の仕入れ強化で中古車在庫が増える。
  3. 中古車需要が落ち着く4月になっても在庫が余った状態になり、結果的に価格が下落する。

という市場の流れがあるためです。

中古車をよりお得に安く購入したい方は、ぜひ4月中旬~5月を狙ってみてください。
但し、この時期は「価格の安さ」というメリットの反面、注意点やデメリットもあります。次章でお話ししますので併せてご覧ください。

中古車が一番安い時期の注意点

中古車価格がもっとも下がる時期は4月中旬~5月とお伝えしましたが、知っておくべき注意点があります。それは、「中古車が安い時期でも、全ての車が安くなるとは限らない」という点です。人気の車種や人気のカラーなど、その時のトレンドによっては価格が変動しにくい中古車があるため要注意です。

例えば、「ホンダ VEZEL」は2013年発売後から人気が高く、2014年度・2015年度と新車SUV販売台数No.1を誇っている車種です。このような新車で人気のある車種は必然的に中古車での需要も高くなり、簡単に値下がりしないのが現状です。

また、発売から間もない車種は中古車として市場に出回る台数が少なく、希少性や経年変化具合などから見ても、価格が新車とあまり変わらないケースがあります。

そのほか、ボディカラーで価格が左右されるケースもあります。同じ車種でもボディカラーによってその価値は変わり、特に人気のホワイト・ブラックの車体は価格が高い…といったことも充分起こりえます。

人気車種・カラーが欲しいという方は、「中古車価格が必ずしも下がるとは限らない」「下がっても下がり幅が他に比べて小さい」ケースがあることを心に留めておきましょう。人気車種・カラーにこだわりがある場合は「見つけたときが買い時」になりえますので、「安い時期」を待たずに常に情報収集しておくことをおすすめします。

ここまで、4月中旬~5月がおすすめの安い時期だとお話ししましたが、時期を狙って安く買いたいという方の中には、さらに値引き交渉してお得に購入したいと考えている方もいるでしょう。次に値引き交渉のコツをお伝えしますので、参考になれば幸いです。

値引き成功率が上がるタイミング

正直、安い中古車をさらに値引きすることは基本的に難しいのですが、タイミング次第では値引き交渉の成功率が高まります。そのタイミングとは、「月末」です。

ひとり勝ち状態のエリアでなければ、中古車販売店は月末になると販売目標の達成に苦心し始めます。「なんとかこの契約1件を取りたい!」といった雰囲気になることが多く、値引き交渉を有利な状態からスタートすることができます。もし探す時期を調整できるのであれば、問合せ・来店は月末がおすすめです。

ただし、いくら有利な状態になるとはいえ、無理な金額で値引き交渉すれば販売店側から嫌がられてしまう可能性があります。出会えた1台との縁が切れてしまわないよう、交渉の程度には注意が必要です。

値引き交渉するためのポイントについて詳細を知りたい方は「中古車の値引きを必ず成功させる為に知っておくべき全知識」をご覧ください。

安い時期だけじゃない!中古車をお得に購入する秘訣

ここまでお伝えしたように、お得に中古車を購入する方法のひとつは「時期」を狙うことです。しかし、お得に購入する方法は他にもあります。それは、「走行距離で車を選ぶ」ことです。

走行距離は、中古車購入を検討する方の多くが気になるポイントではないでしょうか。何万キロまでなら安全なのか?あとどのくらい走れるのか?と悩む方もいると思います。

多くの方は「走行距離が長いと走行上の安全性が落ちそう」という感覚があり、多走行車は避けがちです。そのため、過走行になればなるほど、中古車の価格は下がっていきます。この多走行車こそが、安く中古車を購入するひとつのポイントです。

かつては走行距離10万キロが中古車の寿命と言われていましたが、現在の車は耐久性・機能が向上していますので、走行距離15万キロあたりまでまったく問題なく走ります。海外では、メンテナンスなしで20万キロ以上走行している日本車も多くあるほどです。軽自動車の場合でも同様で、10万キロを超えて走ってもそう故障することはありません。

多走行車であっても、あなたが思っているよりしっかり走る中古車がありますので、選択肢の一つとしてみてはいかがでしょうか。それでも安全性が不安だ…という方には「6万キロ」の中古車がおすすめです。

理由は、走行距離15万キロあたりまでまったく問題なく走る実情とは裏腹に、現在でも「走行距離5万キロ以上は抵抗がある…」という方が多くいるためです。結果、走行5万キロを超えるか超えないかで中古車の価格は大きく変わります。6万キロとなると更に安くなり、中古車としてかなりお得な金額になるためおすすめです。

走行距離6万キロの中古車のメリット・注意点など詳細については「6万キロの中古車/走行距離による買い得・売り得を徹底分析」を参考にして下さい。

まとめ

いかがでしょうか。中古車が安くなる時期はあるとはいえ、すべての車種・ボディカラーが同じように安くなるとは限りません。「4月中旬~5月の春先」は中古車を安く買えるおすすめの購入時期ですが、車種・カラーにこだわりのある方は、ご紹介した「走行距離で絞る方法」を実践し、時期に囚われずに情報収集をすることをおすすめします。

なお、中古車を探す際は、購入後も安心して乗れる中古車を選ぶことも大切です。「安心して乗れる中古車を安く買う為には?3つの重要ポイント」を参考にして、納得できる中古車を見つけてください。

コラム1:中古車の納車時期

実際に中古車を購入するとなった場合、納車までどのくらいかかるのか?と気になる方は多いのではないでしょうか。納車時期は中古車の状態や購入状況によって、早くなることもあれば遅くなることもあります。もし早い納車を希望する場合、事前に知っておくことで納車時期を早められるポイントがあります。

通常、中古車の納車にかかる期間は10日~2週間程度と言われています。とはいえ中古車の状態や購入にかかわる状況によって、納車の早い車・遅い車が出てきます。

納車が速くなるケース

  • 車検が残っている中古車の場合
  • 車庫証明がすぐに取れる場合
  • 購入する中古車が軽自動車の場合
  • 購入場所と距離が近い場合
納車が遅れるケース

  • 車検が切れている中古車を購入する場合
  • 納車が立て込んでいる場合
  • ローン審査による納車日数の遅れ
  • 納車整備で部品がないことが発覚した場合

すでに納車が遅れている状況である場合、そこから納車時期を早める方法は正直ありません。しかし、事前に実行することで、納車を早めることができるポイントが存在します。

納車を早める為にできる3つのポイント

  • すぐ支払いができる状態であること
  • 「いつまでに納車できるなら購入する」と条件をつける
  • 販売店側がすぐ車庫証明を出せるようにしていること

上記ポイントは、これから中古車の購入・納車を迎える方で、少しでも早く納車してほしい方は覚えておいて損はないでしょう。各ポイントの詳細や注意点などの詳細が気になる方は、「中古車の納車/気になる期間・費用から注意点まで徹底解説」を参考にしてください。納車後トラブルを避けるためのポイントも紹介しています。

コラム2:中古車売却におすすめの時期

中古車の売却を検討する際、できるだけ高く売りたいと考える方は多いのではないでしょうか。中古車は車種・年式・走行距離などによって“お得な売却時期”が異なり、中古車購入のように「○月がおすすめ!」と言い切れません。そのため、最適な売却時期を判断するにあたり、個々の条件で相場を確認する必要があります。

そこでおすすめのツールが「ナビクル 下取り・買取相場シミュレーター」です。このツールでは現時点の相場はもちろん、翌月~8か月後の未来予想買取相場も算出されるため、売却時期の参考資料として最適だと思います。

実際にナビクルで具体的な下取り・買取相場の調べ方を説明するために、今回は以下の条件で調べてみましょう。(2016年6月22日現在)

車種:トヨタ/プリウス/グレードS(2009年5月発売モデル)
年式:2009年式
購入年月:2009年10月
走行距離:7万キロ

1.サイトにアクセス

「ナビクル 下取り・買取相場ページ」にアクセスする。

2.メーカー選択

「国内の自動車メーカー」よりトヨタをクリックする。

ナビクル相場検索01_メーカー選択

3.車種選択

車種一覧からプリウスをクリックする。

  • ※「査定申込ランキング」「ボディタイプ別の一覧」のどちらから選択しても大丈夫です。

ナビクル相場検索02_車種選択

4.条件指定

年式を「2009年式」、グレードを「S」、新車購入年月を「2009年10月」、走行距離を「70,000km」に指定し、「買取・下取り相場をチェック!」をクリックする。

ナビクル相場検索03_年式等選択

5.結果表示

「過去」「現在」「未来」の買取・下取り相場推移が表示されます。
2016年7月20日現在では下記結果がでました。

  • 買取相場:59.3万円
  • 下取り相場:55.5万円

ナビクル相場検索04_結果表示

また、グラフを見ると分かる通り、8月・10月・12月・来年2月と2か月毎の未来の予想買取相場が表示されています。この結果を参考にして、自分の車はどの時期が高く売れる、いつまでに売却した方が良いのかの判断をしてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで最新情報をチェック