7万キロ超の中古車は買い得?賢く買える走行距離を徹底解説

7万キロ超の中古車は買い得?賢く買える走行距離を徹底解説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

中古車の購入を考えている方の中には、走行距離が気になる方も多いと思います。「走行距離7万キロ~の中古車って安いけど大丈夫なの?」という悩みをお持ちの方もいるのではないでしょうか。
結論から言えば、安全に乗れることを求めるなら7万キロの中古車でもまったく問題ありません。しかし走行距離に関係なく、安全な中古車を選ぶ知識は必須です。走行距離がたとえ短くても、リスクのある中古車を選んでしまっては意味がありません。

今回の記事では、走行距離7万キロの中古車のメリットと注意点、賢く車を買う為のおすすめ走行距離、安全な中古車の見抜き方までをお伝えします。どれも簡単に実践できることですので、ぜひ参考にしてください。

7万キロを超えた中古車でも問題ない

車の寿命について「走行距離10万キロ」という意見を耳にすることはまだ多くあります。走行距離7万キロの中古車は「寿命まで3万キロしかないのでは…」と心配になる方もいることでしょう。しかし結論からいえば、走行距離が7万キロを超えていても、安全に乗れる中古車としては全く問題ありません。走行距離10万キロが車の寿命というのは、少し昔の話になりますので現在の状況とは異なります。

現在の車は耐久性・機能も向上していますので、走行距離10~15万キロを超えていてもまったく問題なく走ります。海外では、メンテナンスなしで20万キロ以上走行している日本車も多くあるほどです。軽自動車の場合でも同様です。10万キロを超えて走ってもそうそう故障はしません。

筆者は全国の中古車販売店のオーナーと会う機会も多いため、こういった問題についても聞いてみるのですが、どこでも同じ見解を得ています。走行距離7万キロを超えた中古車でもまったく問題ないといえるでしょう。

しかし、走行距離にかかわらず、故障車・隠れた事故歴・適切なメンテナンスがされていない車はリスクがあるため選ぶべきではありません。こちらの見抜き方・チェックの方法については後述します。

7万キロを超えた中古車のメリットと注意点

走行距離が7万キロを超えた中古車には以下のようなメリットと注意点があります。

メリット:中古車価格が安くなる

一番のメリットとして、中古車価格が安くなることが挙げられます。
中古車価格は市場のニーズで決まりますので、その車を欲しがる人が少なくなれば、自然と価格は下がります。現在でも「走行距離5万キロ以上は抵抗がある…」という方が多くいるため、5万~6万キロを超えるか超えないかで中古車の価格は大きく変わります。7万キロとなると、中古車としてかなりお得な金額になります。

参考事例として、トヨタ エスティマの2010年式・共通モデルでの走行距離の違いによる価格差を見てみましょう。

年式 走行距離(万キロ) 中古車本体価格(万円)
2010 9.7 139
2010 6.5 159
2010 5.8 202
2010 4.9 228
  • ※2016年5月11日時点でのカーセンサー中古車在庫から調査
  • ※修復暦なし・カーセンサーアフター保証つきに限定

この結果を見ると、走行距離6.5万キロを超えると大きく価格が下がっているのがわかると思います。また、先ほどお伝えしたように、走行距離が7万キロを超えていてもまったく問題ないというのが筆者の見解です。中古車を安く購入することを重視するなら、走行距離7万キロの中古車はおすすめの選択肢といえます。

中古車を安く購入することを重視するなら、走行距離7万キロの中古車はおすすめの選択肢といえます。

注意点1.リセールバリューには期待できない

逆に、安く買える中古車ということはリセールバリュー(車を手放す際の売却価値)にはあまり期待できません。むしろ中古車の場合、走行距離にリセールバリューに期待するべきではないというのが筆者の見解です。どんな車であっても、経年・使用に伴う価格落ちからは逃れられないからです。(一部の人気車・海外での需要が高い車を除きます)売却時に少しでも価格がつけば満足、という考え方をするのが中古車では良いと思います。

注意点2.車両の綺麗さ・新しさには期待薄

走行距離を考えれば自然ともいえますが、7万キロ走っている車は年式もそれなりに経過しています。1年1万キロとすれば7年落ちの車ということになります。どうしても経年による車両の汚れはありますので、ピカピカの車が良いという方には向きません。

また、車は5年~7年ほどでフルモデルチェンジがあることが多いので、一世代前の車であることも多いでしょう。モデルチェンジでデザインが大幅に変わることもあるため、新しいデザインの車に乗りたい、という方にはおすすめしません。

このメンテナンスがされていれば安心

先ほど、走行距離5万キロを超えていても問題ないとお伝えしました。その上で、7万キロの中古車でこのメンテナンスがされていれば安心できる、というポイントを以下にご紹介します。経年・使用とともに少しずつ劣化していくゴム製の部品が交換されているかどうかがメインになります。

タイミングベルトが交換されている

タイミングベルトはエンジンが機能する上で欠かせないものですが、ベルトはゴム製のもので10万キロを目安に交換が必要です。7万キロ前後の走行距離で交換されていればより安心です。

ブッシュ類(緩衝材)が交換されている

ブッシュ類とは、ゴム製の緩衝材を指し、車の緩衝作用や異音軽減までを担う部品です。こちらも10万キロ・もしくは10年を目安に交換が必要とされています。このブッシュ類も交換されていれば安心です。

エンジンのオイル交換は適切にされているか:必須

エンジンはオイル交換のメンテナンスがきちんと行われていれば、そうそう故障するものではありません。車が故障する場合、故障箇所はラジエーターなどの冷却系・エアコンなどの不具合・電装系の故障が原因であることが多いのです。逆にいえば、オイル交換などの基本的なメンテナンスが適切に行われているかは安全に乗るうえで必須といえるでしょう。

年式と走行距離の関係

走行距離と合わせて知っておくべきなのが年式と走行距離の関係です。一般的に、1年間の走行距離は8,000キロ~1万キロが適切と言われています。おおむね、1万キロの走行距離に対して1年落ちになる計算です。年式と走行距離を見比べてみれば中古車がどのように使われていたか想像できます。
使用年数に対して走行距離が少ない場合でも、単純に「そこまで走っていないから程度が良い」とは言い切れません。走行距離7万キロの車では、極端に言えば以下のようなケースがありえます。

走行距離7万キロ/10年落ちの場合

年式落ちに対して走行距離が少ない場合です。たとえば、週末しか乗られていないようなセカンドカーとしての使い方がされていたと想像できます。もしくは、最初の7年間は普通に運転されていて、あとの3年間は倉庫や青空駐車で放置されていた車かもしれません。
後者の場合、車の塗装や内部の消耗品などが相当傷んでいる可能性があります。

走行距離7万キロ/4年落ちの場合

運転する機会が相当多いか、1回の運転での移動距離が長距離に及ぶようなハードな使い方をされていた車です。おそらく高速道路の運転がメインと考えられます。
先に述べた「走行距離7万キロ/10年落ち」の例に比べて、車を頻繁に動かしていること・高速道路の運転は車へのダメージが少ない点からまだ「有り」といえます。

筆者の見解でいえばまだ安心なのは後者といえますが、どちらもリスクを考えるとベストとは言えません。もちろん、毎日運転しながらも短距離しか移動せず、メンテナンスも充分にされていた車でも「走行距離7万キロ/10年落ち」で紹介したようなケースがある訳ですが、慣れない方が判断するのは難しいものです。同じ走行距離なら、1年間の走行距離が8,000~1万キロになる中古車が無難です。

ベストな走行距離の考え方

10万キロの中古車でも安心というのは分かったけど、どの走行距離を選べばいいのか?という方もいることでしょう。ここまでの内容を踏まえて、あなたが重視する項目別におすすめの走行距離をご紹介します。
(前提として、1年間の走行距離1万キロとして考えます)

価格重視なら7万キロ~10万キロ

中古車は走行距離が5万キロを超えたあたりで価格が下がる傾向があります。これは購入層が「5万キロいっている車はちょっと…」とためらいがちであることと無関係ではありません。市場での需要が下がれば中古車の価格も下がります。安全に乗れる車をとにかく安く買いたい方には、走行距離7万キロ~10万キロの中古車がおすすめです。

10万キロ近い中古車では、上記にご紹介したようなメンテナンスが実施されているか、もしくは中古車販売店で部品交換まで対応してくれるかを確認しましょう。

新しさ・車両の綺麗さ重視なら3万キロ~6万キロ

走行距離が3万~6万キロの中古車は、大事に乗られていたものであれば経年によるキズや汚れも少ない状態です。価格の安さという中古車のメリットも捨てがたいが、その中でも新しい車に乗りたいという方は走行距離3万キロ~6万キロの中古車がおすすめです。

走行距離にかかわらず安全な車を選ぶためのポイント

中古車は新車とは異なるため、以下のようなリスクが付きまといます。

中古車のリスク

  • 故障車のリスク
  • 修復歴車(事故車)のリスク
  • 水没車のリスク
  • 塩害車・雹害車・雪害車のリスク

これらは、安全な中古車を購入するうえで絶対に避けたいリスクです。走行距離で「買い」だったとしても、これらのケースに当てはまっていたらまず購入するべきではありません。故障車なんて選ばないから大丈夫、という方も多いかもしれませんが、たとえば水没車は修復歴には含まれないため、販売時に申告されていないこともあり得るのです。そのため、不具合やリスクがないかを見抜けることが賢い中古車選びには必要です。

誰でもできる具体的なチェック方法は「中古車を購入する前にチェックするポイントを紹介」で詳しくお話ししていますので現車確認の際は、必ずこれらのポイントを押さえておきましょう。

まとめ

いかがでしたか。今回の記事では、走行距離7万キロの中古車のメリットと注意点、おすすめの走行距離についてお話ししました。実際、走行距離7万キロ以上は選択肢になかったという方もいるのではないでしょうか。しかし実際のところ、7万キロ以上の中古車は価格面でメリットがあり、安全な中古車を選べれば非常にコスパが良いと考えています。今回の内容をあなたに合った走行距離の中古車を賢く購入する参考にしていただければと思います。

コラム:走行距離から中古車を探す方法

今回の記事を読んでいただいて、実際に希望の走行距離で中古車を探したい!という方もいると思います。ここでは、中古車検索サイトの代表的な2つ、カーセンサーとGooを対象に「希望の走行距離で中古車を探す方法」を具体的にお伝えします。ぜひ、ここでご紹介する方法に添って中古車を検索してみてください。

カーセンサーでの検索方法

まず、カーセンサーで希望の走行距離から中古車を探す方法をお伝えします。
参考例として「トヨタ アルファードを千葉県で探す」流れを実践してみましょう。

1.サイトにアクセス

カーセンサーにアクセスします。

2.メーカー選択

メーカーを選択します。ここでは「トヨタ」をクリックします。

走行距離による中古車の検索方法(カーセンサー):メーカー選択

3.車種選択

車種一覧が表示されますので、「アルファード」をクリックします。もしくは、車種ごとにチェックボックスがありますので複数にチェックを入れれば、複数車種を同時に検索できます。

走行距離による中古車の検索方法(カーセンサー):車種選択

4.エリア選択

エリアを選択します。ここでは「千葉県」にチェックを入れました。
「チェックした地域の中古車を検索する」をクリックすると、該当エリアの中古車在庫一覧が表示されます。

走行距離による中古車の検索方法(カーセンサー):エリア選択

5.走行距離の選択

検索結果画面で、走行距離の項目を変更します。「走行距離5万Km~7万Km」に設定しました。こちらを変更すると、「○台検索する」のボタンで台数が変わりますので、そちらをクリックして完了です。

走行距離による中古車の検索方法(カーセンサー):走行距離の選択

グーネットでの検索方法

次に、グーネットで希望の走行距離から中古車を探す方法をお伝えします。
参考例として「BMW 1シリーズを神奈川県で探す」流れを実践してみます。

1.サイトにアクセス

グーネットにアクセスします。

2.メーカー選択

メーカーを選択します。ここでは「BMW」をクリックします。

走行距離による中古車の検索方法(Goo):メーカー選択

3.車種選択

車種一覧が表示されますので、「1シリーズ」をクリックします。こちらもカーセンサーと同様、車種ごとにチェックを入れることで複数車種での検索が可能です。

走行距離による中古車の検索方法(Goo):車種選択

4.エリア選択

エリアを選択します。ここでは「神奈川県」にチェックを入れました。神奈川県を直接クリックするか、「チェックした地域で中古車を絞り込む」をクリックすると、該当エリアの中古車在庫一覧が表示されます。

走行距離による中古車の検索方法(Goo):エリア選択

5.走行距離の選択

検索結果画面で、走行距離の項目を変更します。「走行距離4万km~7万km」に設定しました。こちらを変更すると、「該当件数 ○件」の件数が変わりますので、「この条件で検索」をクリックして完了です。

走行距離による中古車の検索方法(Goo):走行距離の選択

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで最新情報をチェック