pagetop

予算オーバーで後悔したくない!「中古車の総額」の見方を徹底解説

予算オーバーで後悔したくない!「中古車の総額」の見方を徹底解説

中古車の価格を見て、何とか買えると思い購入を決め、いざ支払いとなったとき、大幅に支払い金額が増加していることに気づき、泣く泣く諦める羽目に…というのは、何回か中古車を購入した経験がある方でも陥りがちな失敗です。

中古車には車両本体の価格以外にも、税金や手数料など、いろいろなお金がかかります。本体価格だけを見て、比較したり、購入を決めたりするのは危険です。

予算内で抑えるためには、中古車の「総額」を見なければなりません。

この記事では中古車購入の際にカギとなる「総額」には何が含まれているのか、車両本体以外に、およそどれだけの費用がかかるのか詳しく解説します。

これを読めば、予算オーバーすることなく、お気に入りの中古車を確実にゲットできるはずです。

【超】お得な「非公開」中古車を紹介してもらう方法

中古車を購入するなら、安くて、しかも質の高い一台を入手したいものですよね。しかし、中古車市場のなかには、状態が悪いものや、他に比べて割高な車両も多く含まれています。

できるだけコストパフォーマンスの高い中古車を購入するには、コツがあります。それは世の中に出回らない「非公開車両」に狙いを定めること。

中古車市場に在庫として公開している車両の多くは、そうしないと売れないからです。本当に良質で、お買い得な中古車の場合は、何もしなくてもすぐに売れてしまうので、わざわざ公開して、宣伝する必要はありません。

その市場には出回らない、特別な「非公開車両」を優先的に紹介してくれるサービスがありますので、お得な中古車をゲットしたい方は、まずは問い合わせしてみることをおすすめします。もちろん利用するのにお金はかかりません。

専門家の力を借り、満足できる中古車選びをしてください。

秘蔵の非公開車両を見る >>


中古車購入の予算を立てるときは、必ず「総額」を見る

中古車を購入する際には、車両価格だけでな「総額」をチェックしておく必要があります。車両価格には車両本体の金額しか含まれていないため、別に諸費用が発生します。

したがって、中古車を購入する際は、最低限の予算として「車両価格+諸費用」を用意しなければなりません。この車本体の値段と、そのほかの経費をあわせたものが総額となります。

ちなみに、諸費用とは主に、

  • 法定費用
  • 各種代行手数料

上記2つの合計額を指します。

もしも車両価格だけをチェックして予算を立ててしまった場合、その他諸費用で大幅な予算オーバーとなってしまいます。

中古車総額の説明図版

諸費用を含めた「総額」を目安に購入予算を立てておけば、予算を大幅に超えるような事態を避けることができます。

「総額表示」以上のお金がかからないと思うのは間違い!落とし穴を解説

総額表示には、「車両価格+諸費用」が含まれていますが、それ以上の金額がかかる場合もあります。

というのも、総額表示はあくまでも「必要最低限の費用が含まれている」というだけなので、条件次第では別途費用が必要となります。

別途費用が必要となる例を挙げると、

  1. 車検に伴う点検整備、検査費用
  2. 走行保証費用
  3. 装備品追加オプション費用
  4. ボディコーティング費用

などがあります。

上記のうち3.と4.は、購入者が希望する場合のみ必要となる費用ですので、あまり気にする必要はないでしょう。

しかし1.と2.に関しては、実際に購入して走行する際、購入者にとって大きな影響がある費用です。次の項目でそれぞれ解説していきます。

車検がない場合は、点検・整備料、検査料金が別途かかる

中古車検索サイトにおいて、「車検なし」と表示されている車両があります。このように表示されている車両は車検が切れているため、購入時に車検を受ける必要があります。

しかし、車検切れ車両購入に伴う点検・整備費用や検査料金は原則として総額に含まれていませんので、「車両価格+諸費用+車検費用=購入予算」となります。

車検に伴う費用は販売店や車両によって異なりますが、軽自動車の場合で約7万円、普通車の場合では10万円近くかかるケースもあります。

この場合、総額とは別に必要となりますので、購入予算を立てるときに考慮しなければなりません。

また、「車検なし」と似ている表示として、「車検整備付」というものがあります。この表示の意味は、「車検は切れているが、車検に伴う法定整備費用は車両価格に含んでいる」となっているため、法定整備費用を別途請求されることはありません。

ただし、法定整備の段階で見つかった車両不備内容によっては、別途費用が発生するケースもありますので、事前に販売店へ確認しておく必要があるでしょう。

簡単に捉えると、「車検なし」よりも「車検整備付」と表示されている車両のほうが、追加費用は安くなるということです。

走行保証をつける/延長を行うときも、料金は上乗せされる

総額表示は必要最低限の費用が含まれていますが、購入後の走行保証費用は含まれていません。

また、販売店によっては独自の短期保証を付加しているケースもありますが、あくまでも短期保証ですので、十分な保証とはいえないでしょう。

このようなケースで保証を付加する際に重宝するのが、「Goo保証」や「カーセンサー保証」などの保証サービスです。

これらの保証は、保証対象の車両を購入する場合に、1~3年の保証を付加できるものです。保証費用は車両の種類や期間によって異なりますが、国産車の場合で大体1~5万円程度となっています。

外車の場合は修理費用が高額となるケースが多いことから、保証費用も10万円以上となる場合が多いです。

この保証はあくまでもオプションとして扱われるため、総額とは別に必要となります。

ただし、販売店によっては、「購入プラン」に保証をセットにした総額を表示しているケースもあるので、車両詳細のページをしっかりとチェックしておきましょう。

「保証」「車検」「整備費用の取り扱い」を必ずチェックしておこう

中古車を購入する際のチェックポイントを簡単にまとめました。

中古車を購入する場合のチェックポイントまとめ
項目 チェックポイント
保証 保証の有無や延長保証を付加できる車両かどうかをチェックしておきましょう。
車検 車検の有無をチェックします。車検なしの車両であれば総額表示に加えて整備費用が必要となりますので、購入予算を多めに立てましょう。
整備費用の取り扱い 車両詳細欄で「整備費用別」と表示されている場合、総額表示とは別に法定整備費用が必要となります。

対して、「整備込」や「法定整備含む」と表示されている車両であれば、法定整備費用を上乗せする必要はありません。

上記項目は、購入予算に大きく影響しやすいポイントです。中古車を購入する前に必ず上記ポイントをチェックしたうえで、購入予算を立てるようにしましょう。

中古車の「総額」の内訳一覧

中古車の総額には、

  1. 法定費用
  2. 手数料

という2つの費用が含まれています。それぞれの内訳は下記のとおりです。

中古車総額内訳一覧
費用の分類 費用の名称 費用が発生するタイミング 詳細
1.法定費用 自動車税 4月1日時点の所有者に対して発生 自動車の所有者に課せられる税金。所有する自動車の排気量に応じて税額が変わります
自動車重量税 車検時 自動車の重量に応じて課せられる税金です
自動車取得税 購入時 取得価額が50万円を超える自動車を取得した場合に、各都道府県が取得者に対して課す税金です
自動車損害賠償責任保険(自賠責保険料) 自動車と原付自転車を使用する際、すべての運転者への加入が義務付けられている保険です
消費税 他の商品と同様、中古車を買うときも消費税がかかります
自動車リサイクル料金 自動車をリサイクルする際にかかる料金です。車両価格に含んでいるケースもあります
法定預かり金 各種申請時に必要となる印紙代です。販売店によっては、法定預かり金を手数料に含めることもあります
2.手数料 登録代行費用 購入時 車の名義登録作業を、販売店に代行してもらうための費用です
車庫証明代行費用 車庫証明の申請を販売店に代行してもらうための費用です
納車費用 購入者のもとに車を運ぶための費用です。遠方の場合は別途費用が発生する可能性があります。

上記表に対する見解と中古車を安く買う方法

簡単にまとめると、上記表のうち「法定費用+手数料」が購入時に必ずかかる費用となります。

中には、「諸費用をあまりかけたくないから、安くできないのかな?」とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

結論からいうと、2.の手数料部分であれば安くすることが可能です。手数料を安く上げる方法として一般的なのが、「車庫証明を自分で取りに行く」という方法です。

車庫証明は車庫を管轄する警察署で発行できるため、ご自身でも手続き可能な書類です。

車庫証明書の代行手数料は大体10,000~15,000円程度が相場となっているため、ご自身で書類を発行すればその分諸費用を安くすることができます。

また、諸費用以外の部分で中古車を安く買う方法があります。それは、「4~5月の時期に中古車を購入する」という方法です。

なぜこの時期なのかというと、中古車市場の繁忙期は3月がピークという影響から、4~5月は車両価格が安くなる場合が多いからです。

加えて、3月の繁忙期を過ぎると中古車が売れにくくなるため、販売店側も交渉に応じてくれる可能性が高くなるのです。「少しでも安く中古車を購入したい」という方は、この時期を狙いましょう。

車両の名義変更はユーザが行うことはできない

ちなみに、「車検が残っている車両の名義変更を自分で行えば、さらに手数料を安くできるのでは?」と考える方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、購入者自身での名義変更は、販売店側が許可しない場合があります。その理由は3つあります。

販売店側が購入者自身での名義変更を許可しない理由
  1. 名義変更前の車両は所有者が運行責任を負うことになるため、名義変更前の引き渡しリスクが高い
  2. 名義変更に必要な書類の中には法的に再発行できないものがあるため、紛失リスクがある
  3. 手数料による利益確保のため

上記理由により、購入者自身での名義変更は許可されない場合があります。したがって、中古車を安く購入できる有効な方法をまとめると、

  1. 車庫証明書を自分で発行しにいく
  2. 4~5月の時期に販売店と交渉する

となります。必ずチェックしておきましょう。

中古車の総額の目安

中古車の総額は販売店の手数料部分が含まれるため、一律で規定されているわけではありません。中古車検索サイトの相場をみてみると、

  • 軽自動車…5~15万円
  • コンパクトカー…10~15万円
  • ミニバン…15~20万円
  • セダン…15~20万円
  • SUV…10~15万円
  • ※2017年1月時点のグーネットの国産中古車情報を調査。外車や特殊車両は異なる場合があります。

上記が諸費用の目安となっています。

例えば、軽自動車を購入する場合、車両価格+15万円が総額費用となり、車検なしの場合は別途費用が発生するということです。

ただし、車検費用に関しては販売店側と交渉できる場合も多いため、あくまでも目安として捉えておきましょう。

車両価格で安く見せかけ、手数料を大きく取る業者には注意!

中古車検索サイトを利用する際、注意しなければならない点があります。それは、「車両本体価格を安く見せかけ、手数料を大きく取る業者がいる」ということです。

なぜこのようなことが起こるのかというと、中古車検索サイトでは安く見える車両のほうが断然売れやすいからです。

当然のことながら、「同じ車種、同じグレードであれば安いほうがいい」と考える方も多いでしょう。

しかし、車両価格がいくら安く見えていても、「実際に見積もりしてみたら高くなってしまった…」というようなケースもあるのです。

さらに、悪質なケースでは、

  • 整備費用が付加されていない(現状渡し)
  • 走行保証なし(ノークレームノーリターン)
  • 手数料が高額

などの事例があります。

購入した車両に長く乗るためにも、見せかけの安さに騙されないようにしなければなりません。

見せかけの安さに騙されないための確認事項

見せかけの安さに騙されないための確認事項を簡単にまとめると、

  1. 車検がついているかどうか
  2. 保証がついているかどうか
  3. 手数料は適切かどうか

という3つのポイントがあります。それぞれ非常に重要なポイントですので、詳しく解説していきます。

車検がついているか確認

中古車の状態は、

  • 車検なし
  • 車検整備付
  • 車検残りあり

上記いずれかとなっています。このうち特に注意が必要なのは、「車検残りあり」という状態です。なぜかというと、名義変更さえすれば「整備なしでも引き渡しできる」からです。

通常、車検のない車両であれば、「法定点検」を同時に行います。

しかし、既に車検が付いている車両であれば法定点検を行う必要がないため、何も整備されずに売却される可能性もあるのです。特に、諸費用が明らかに安い場合は、見積もり時に整備の有無を確認しておく必要があります。

また、「車検なし」の状態であればすべて安心、というわけでもありません。車両価格で利益が出せなかった分を車検費用に上乗せする業者も存在しています。

この場合、「車検代行費用」として高額な費用が含まれている可能性がありますので、内容のよくわからない費用項目に関しては、購入前にしっかりと確認しておきましょう。

保証がついているか確認

中古車を購入する際は、必ず「走行保証がついているかどうか」を確認しておきましょう。

走行保証とは、納車後に故障や不具合があった場合に無償で修理してもらえる制度のことです。

なぜ走行保証を確認しておくのかというと、悪質な販売店では、「売り切り」や「ノークレームノーリターン」といった無保証状態で販売されているケースがあるからです。

このようなケースでは、納車後に不具合が生じてしまった場合でも修理費用を請求されてしまったり、対応してもらえなかったりと、想定外のトラブルにつながる可能性があります。

こうなってしまっては、いくら車両価格が安くついたとしても、結果的に損をしてしまうことになります。

想定外のトラブルを避けるためにも、購入前にしっかり保証内容を確認しておきましょう。

ここで、お得に保証を付けるための方法を伝授しましょう。それは、購入前に「保証をサービスしてもらえないか交渉する」という方法です。

購入前のタイミングで保証についての交渉があった場合は、販売店側も無下に断ることはできません。

したがって、場合によっては安価な費用で保証を付加できる可能性があります。ぜひ試してみてください。

手数料は適切かどうか確認

中古車を購入する際、「〇〇手数料」といった項目が必ず見積もりに含まれます。例を挙げると、

  • 登録代行手数料
  • 車庫証明代行手数料
  • 納車手数料

などが一般的です。これらの名称は販売店によって異なるものの、費用の目的は大体同じような内容となっています。

しかし、悪質な販売店の場合は上記手数料が高額なので、車体以外の諸費用が高くなってしまいます。

つまりわかりやすくいえば、「車自体は安く見えても安く購入できない」のです。このような販売店を避けるため、車両本体以外にかかる費用の目安を知っておきましょう。

車業界に長く携わってきた筆者の見解でいうと、車両本体以外にかかる費用の目安は「15万円前後」です。この金額は排気量や車両重量によって多少前後しますが、1つの目安になるでしょう。

逆にいえば、特に主だった保証やオプション付加もなく目安額を大きく超過しているような場合は、手数料の内訳を細かくチェックしたほうがいいでしょう。

また、「遠方だから」という理由で高額な納車費用を加算されてしまうケースもありますので、納車費用に関しても大体の相場をチェックしておきましょう。

納車費用の相場は、遠方の場合でも2~5万円程度です。この相場を明らかに超えているような場合は、購入前にしっかり交渉しておきましょう。

まとめ

今回の記事で触れた「中古車を購入する際に注意すべきポイント」を簡単にまとめると、

  1. 中古車を購入するときは「総額」を予算立ての目安にする
  2. 総額以外の費用が発生する場合もある
  3. 安く購入するために、「車庫証明代行手数料」と「購入時期」に着目する
  4. 車両本体以外にかかる費用の目安は「15万円前後」
  5. 見せかけの安さに騙されないための確認事項を購入前にチェック

となります。これらのポイントさえチェックしておけば、予算を狂わせることなくお得に中古車を購入できるでしょう。ぜひ参考にしていただければ幸いです。

【超】お得な「非公開」中古車を紹介してもらう方法

中古車を購入するなら、安くて、しかも質の高い一台を入手したいものですよね。しかし、中古車市場のなかには、状態が悪いものや、他に比べて割高な車両も多く含まれています。

できるだけコストパフォーマンスの高い中古車を購入するには、コツがあります。それは世の中に出回らない「非公開車両」に狙いを定めること。

中古車市場に在庫として公開している車両の多くは、そうしないと売れないからです。本当に良質で、お買い得な中古車の場合は、何もしなくてもすぐに売れてしまうので、わざわざ公開して、宣伝する必要はありません。

その市場には出回らない、特別な「非公開車両」を優先的に紹介してくれるサービスがありますので、お得な中古車をゲットしたい方は、まずは問い合わせしてみることをおすすめします。もちろん利用するのにお金はかかりません。

専門家の力を借り、満足できる中古車選びをしてください。

秘蔵の非公開車両を見る >>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket