pagetop

中古車の下取り/相場や必要書類などを徹底解説

中古車の下取り/相場や必要書類などを徹底解説

新車や中古車への買い替えを検討しており、今乗っている車をそのまま販売店に下取りをしてもらう人が多いと思います。その際、本当に下取り価格は適正なのだろうか、もっと高くで売れるのだろうかと疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。もしも、下取り価格を上げられれば、結果的に新しい車を安く手に入れることができます。

今回の記事では、車の下取り相場や概算価格を調べる方法と下取りの際に必要な書類、下取り価格を高くする方法、また最後には法人の方向けに仕分けについて解説しています。

中古車の下取りとは

最初に下取りについて解説します。車の売却方法としては大きく分けて下記3つが存在します。

  1. 新車への買い替え時に、そのまま新車販売ディーラー店に下取りしてもらう
  2. 中古車への買い替え時に、そのまま中古車販売ディーラー店に下取りしてもらう
  3. 中古車買取業者に買取をしてもらう(販売店とは別のところに売却する)

本記事では1が下取り、2~3が買取として定義しています。

一般的に売却価格は「買取(中古車買取業者)=買取(中古車販売ディーラー)>下取り」の傾向があります。理由は、中古車販売ディーラーや中古車買取業者の方が、買い取った車を直接ユーザーに販売する経路を沢山持っているためです。

対して新車販売ディーラーの場合、下取りした車の多くは、オークション業者もしくは買取業者へ販売し、その後ユーザーに販売することになるため、間に挟む業者が増えて、結果的に買取価格を高く出せない傾向にあります。

それでは、中古車の「下取り相場と買取相場を調べる方法」を次に説明します。

中古車の下取り相場/買取相場を調べる方法

中古車の下取りを含む買取相場を調べる方法について解説します。主に下記がよく利用されているサイトです。ただし、ひとつ注意点を上げるとすると、これらサイトで調べられる相場は、過去の実績を基にしたシミュレーションであるということです。あくまでも参考価格としてご理解ください。

今乗っている車を下取りにするのか買取にするのか決まっていない方は、「ナビクル 下取り・買取相場シミュレーター」をおすすめしています。具体的な調べ方については、「中古車買取相場のおすすめの調べ方・使えるサイトを徹底紹介」の記事をご確認ください。

新車ディーラーへの下取りに決めている方は、「トヨタ 下取り価格参考情報」「日産 下取り参考価格シミュレーション」の両方を利用することをおすすめします。具体的な調べ方については、「中古車下取り相場/3分で相場が分かるおすすめの方法を解説」をご確認ください。

次に中古車の下取り・買取の際に必要な書類について解説します。

中古車の下取り・買取に必要な書類

中古車の下取り・買取の際に必要な書類を解説します。いざ売却手続きをしようとした際に書類が足りないということにならないように、予め何が必要な書類なのかを確認・準備しておきましょう。下取りでも買取でも必要な書類は変わりませんが、普通自動車か軽自動車で一部書類が異なりますので、分けて説明します。

書類 普通自動車 軽自動車 一般的な保管場所・発行方法
自動車検査証(車検証) ダッシュボード
印鑑登録証明書 市区町村の役所や証明書発行センターにて発行
自賠責保険証明書 ダッシュボード
自動車納税証明書 自宅の重要な保管庫
軽自動車納税証明書 自宅の重要な保管庫
実印 自宅の重要な保管庫
印鑑(認印でも可能) 自宅の重要な保管庫
リサイクル券 ダッシュボード

表の○が付いている書類は、必ず用意しなければならない書類です。また、紛失してしまった場合や購入した時と住所が異なっているなどの場合には、再発行などの手続きが必要です。詳細については、「中古車売却書類の種類と発行方法をわかりやすく解説」をご確認ください。

続いて、車の下取り・買取価格を高くする方法を解説します。

車の下取り・買取価格を高くする方法

誰でも車を売るなら“高く売りたい”と考えると思います。本章では車を高く売る方法を簡単に説明します。

まず1つ目の方法としては、1章で紹介した下取り・買取相場をもとに営業マンに交渉することです。ただし、多くの営業マンもユーザーからその様な交渉をされることに慣れているため、「サイトで調べられるのは、あくまでもシミュレーションで、今現在はその価格では難しい」と言われてしまいます。交渉を行うのであれば、買取店(ガリバーやビッグモーター)で現時点の査定見積書を取って、それを提示するのが一番効力あるでしょう。ただし、買取店も買取ができて初めて売り上げが立つため、一生懸命営業されることを理解しておきましょう。

高く売る方法の2つ目は、車一括査定サービスを利用することです。ただし、この方法は下取りではなく買取前提となります。車一括査定サービスとは、インターネット上で売却予定の車種情報と住所などの個人情報を入力し申込を行うと、複数の買取業者に同時に査定依頼が行えるサービスです。複数の査定見積もりを比べられるため、より高く売却できる可能性が上がります。詳細については、「中古車の一括査定が行えるサービスについて徹底調査」の記事をご確認ください。

まとめ

いかがでしたか?中古車の買取を含む下取りの相場を調べる方法、下取りする際に必要な書類、下取り価格を高くする方法を紹介しました。買う時の値引きは勿論ですが、売る価格を高くできれば結果的に新しい車を安く手に入れることができます。

コラム:中古車を下取り・売却した際の仕分けについて【法人or個人事業主の方】

中古車を下取り・売却した際の仕分けについて説明します。あなたが当てはまる条件を確認してみましょう。

  • ケース1:法人で「売却額>帳簿価格」の場合
  • ケース2:法人で「帳簿価格>売却額」の場合
  • ケース3:個人事業主で「売却額>帳簿価格」の場合
  • ケース4:個人事業主で「帳簿価格>売却額」の場合

ケース1:法人で「売却額>帳簿価格」の場合

  • 売却する車の取得価格:200万円
  • 資産計上しているリサイクル委託金:2万円
  • 減価償却累計額:180万円
  • (帳簿価格=売却する車の取得価格-減価償却累計額=200万円-180万円=20万円)
  • 売却額(リサイクル委託金含む):30万円
借方 貸方
現金 300,000 車両運搬具 200,000
委託金 20,000
固定資産売却益 80,000
合計 300,000 合計 300,000

ケース2:法人で「帳簿価格>売却額」の場合

  • 売却する車の取得価格:200万円
  • 資産計上しているリサイクル委託金:2万円
  • 減価償却累計額:150万円
  • (帳簿価格=売却する車の取得価格-減価償却累計額=200万円-150万円=50万円)
  • 売却額(リサイクル委託金含む):30万円
借方 貸方
現金 300,000 車両運搬具 500,000
固定資産売却損 220,000 委託金 20,000
合計 520,000 合計 520,000

ケース3:個人事業主で「売却額>帳簿価格」の場合

  • 売却する車の取得価格:200万円
  • 資産計上しているリサイクル委託金:2万円
  • 減価償却累計額:180万円
  • (帳簿価格=売却する車の取得価格-減価償却累計額=200万円-180万円=20万円)
  • 売却額(リサイクル委託金含む):30万円
借方 貸方
現金 300,000 車両運搬具 200,000
委託金 20,000
事業主借 80,000
合計 300,000 合計 300,000

ケース4:個人事業主で「帳簿価格>売却額」の場合

  • 売却する車の取得価格:200万円
  • 資産計上しているリサイクル委託金:2万円
  • 減価償却累計額:150万円
  • (帳簿価格=売却する車の取得価格-減価償却累計額=200万円-150万円=50万円)
  • 売却額(リサイクル委託金含む):30万円
借方 貸方
現金 300,000 車両運搬具 500,000
事業主貸 220,000 委託金 20,000
合計 520,000 合計 520,000
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで最新情報をチェック