pagetop

中古車の業者オークションを安心・安全に活用するための必須知識

中古車の業者オークションを安心・安全に活用するための必須知識

中古車の売買方法として「中古車の業者オークション」を聞いたことがある方は多いと思います。

そして「業者オークション」という響きから、お得に購入・売却できるのか?」と疑問に思ったことはありませんか。

中古車の業者オークションはその名のとおり、販売店や買取業者が利用する卸価格の自動車オークションです。

しかし、一般の方は古物許可商資格を持つ業者と同伴でない限り、立ち入ることはできません。したがって、業者オークションで購入・売却したいのなら、「オークション代行」を使う必要があります。

オークション代行を利用すれば、卸価格で自動車を購入できたり、中古車店よりも高値で売却できたり、さまざまなメリットを得られる可能性があります。

ただし、購入の際に現車確認することができないため、適切な知識がないまま利用すると、状態の悪い中古車をつかまされることにもなりかねません。

今回の記事では、中古車業者オークションに何度も出入りした経験から、

  • 中古車業者オークションのメリット・デメリット・利用に向いている方のタイプ
  • 業者オークションでご希望の中古車を購入・売却するための必須知識

をお伝えします。

ぜひ参考にしてください。

中古車の業者オークションとは

中古車の業者オークションとは、

  • 自動車ディーラー
  • 中古車ブローカー
  • 中古車販売店
  • 板金塗装店
  • 海外中古車バイヤー

などのさまざまな自動車関係業者が利用する、卸価格の中古車オークションです。

オークションとは、購買意欲のある参加者に競わせて、商品に最も高い金額を提示した買い手に販売することで、「競り(せり)」や「競売」ともいわれます。

中古車の業者オークションで自動車を購入・売却できるのは、「古物商資格を持つ会員」のみとなっており、一般の方が立ち入りすることはできません。

加えて、会員になるための審査があるため、当然、犯罪組織に関係しているような怪しげな業者は出入りできない仕組みになっています。

中古車オークションの仕組みを図解

業者オークションで中古車が売買される仕組みをわかりやすく図にしてみました。下記をご覧ください。

業者オークションで購入する仕組み

業者オークションで売却される仕組み

有名な業者オークションには、

  • HAA神戸
  • USS
  • ベイオーク
  • トヨタオークション(TAA)
  • JU

などがあり、各社が独自に運営する会場でオークションが行われています。これらのオークションに参加するには、利用者もそれぞれの基準を満たす必要があります。

オークション代行業者は、このオークション会員資格を持ち、購入者に代わってオークションで落札したり、売却希望者の代わりに中古車を出品したりすることができます。

その対価として、利用者は「オークション代行手数料」を支払います。

代行手数料はおおよそ30,000円~50,000円で、別途10,000円程度の出品料と成約料がそれぞれかかります。したがって、5~6万円程度が車両購入費用と別にかかると捉えておけばよいでしょう。

業者オークション代行を利用するメリット

では、業者オークション代行にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

そのメリットはごくシンプルで、なんといっても安く中古車を購入できる可能性が高い点です。

また売却の場合、例えば買取店・販売店で売ったとしたら、売却額は買取店の利益が差し引かれた額になります。しかし、業者オークションではそのような心配がなく、より高く売れる可能性があります。

中古車販売店と比べ、どれほど安く買え、高く売れるのかは車種や状態によって異なりますが、差が大きい場合には40万円以上の差額が発生する事例もあります。

このように、業者オークション代行の最大のメリットは「金額面」といえます。

業者オークション代行のデメリット・注意点

業者オークションは、お得に中古車を買いたい・売りたいという方にはメリットがある方法です。しかし、業者オークションならではのデメリットや注意点も存在します。

ここでは、業者オークション代行のデメリットと注意点をまとめました。

購入時のデメリット

  • 現車確認できない
  • 保証は付けられるが、保証費用が高額
  • 代行手数料がかかる
  • 出品票にない不具合があっても、返品保証期間を過ぎると返品できない
  • オークション出品車は、ノークレーム・ノーリターンが原則
  • 場合によっては、販売店よりも高くなることもある
売却時のデメリット

  • 売れなかった場合でも、再出品手数料がかかる
  • 販売店よりも安くなってしまう可能性もある
  • 整備なしでは売れない場合がある

ここからは、購入時と売却時に分けてデメリット・注意点を詳しくご説明します。

業者オークション代行:購入時のデメリット・注意点

購入時は、「出品票」(※中古車の成績表のようなもの)を見てオークションに参加します。

つまり、現車確認ができません。では、購入時に重要な「出品票」がどのように作られるのかというと、車両出品時に専門の検査官が検査を行い、検査結果を出品票に記載するのです。

しかし、ここにも注意点があります。

業者オークションの審査は、内装・外装を主に評価します。したがって、機関的な不具合が残っていたとしても、発見されないことがあるのです。

その場合、現地での車両搬出時までにオークション運営側へクレームを入れれば対応してもらえますが、業者オークション代行の場合は現車確認せず購入することになるので、対応が非常に難しいといえます。

これが、購入時に生じる大きなデメリットでしょう。

業者オークション代行:売却時のデメリット・注意点

業者オークション代行で売却するときに一番考えられるデメリットは、「売れない場合がある」という点です。

業者オークションは、購入者と売却者のバランスによって成り立っています。

したがって、最低出品額が相場とズレていたり、明らかに採算が取れないような車両は、落札されずに流れてしまうこともあるのです。

そうなった場合、再度出品するか持ち帰るかのどちらかを選択することになります。

持ち帰る場合は陸送費がかかりますし、再出品するにも再出品手数料がかかります。つまり、どちらにしても追加の費用がかかってしまうのです。

また、値段を決めずに売り切りで出品した場合、競りで流れる可能性は低くなりますが、想定外の低い金額で落札される可能性もあります。

このような点が、業者オークション代行で売却する際に生じるデメリットだといえるでしょう。

業者オークション代行利用に向いている方・いない方

業者オークション代行のメリット・デメリットを踏まえて、オークション代行の利用に向く方・向かない方をまとめてみました。

あなたがどちらに当てはまるかを、オークション代行を利用するかの参考にしていただければと思います。

業者オークション代行に向いているのは

  • 自動車に関する知識があり、中古車の程度を見分けられる
  • メンテナンス技術があり、ご自身で自動車整備できる
  • 中古車の相場を理解している

という方でしょう。

対して、業者オークション代行に不向きだと思われるのは、

  • 初めて中古車を購入する
  • 自動車の程度を見分けられない
  • 中古車市場の相場に詳しくない
  • きちんと整備された車に安心して乗りたい

という方でしょう。

業者オークションは、その名のとおり自動車関係業者のみが参加を許されているオークションです。したがって、出品票の記載事項にも数多くの専門用語が記載されています。

また、出品時に指定する最低落札価格は、ある程度中古車市場に詳しくなければ、相場より高過ぎたり低過ぎたりする可能性もあるでしょう。

要するに、「自動車に詳しくなければ利用するのは難しい」購入・売却方法なのです。
はじめて中古車の購入・売却を行う場合は、正直なところあまりおすすめしません。

その反面、状態が良い中古車を見分けられる方であれば、より状態のいい中古車を、安い価格で購入できるという大きなメリットがあります。

上記のような方にとっては、中古車販売店で中古車を購入するよりも業者オークション代行を利用したほうが、よりお得な取引ができるでしょう。

業者オークションの取引相場:車両本体価格は中古車販売店と極端な差はない

業者オークションと販売店では、実際どれほどの価格差があるのか、気になる方も多いのではないでしょうか?

まず、一般的に通常の販売店よりも業者オークションのほうが、本体価格は安く購入できます。逆に、売却する場合は、業者オークションのほうが高値を付けられる可能性が高いでしょう。

これは、中間に入る業者がいないことでコストも低くなるためです。

中古車販売店が過剰に利益を乗せるケースは少なくなっている

前述したように、購入時に30~40万円以上の価格差が出たといった場合もありますが、傾向としては中古車販売店と業者オークションの価格差は少なくなっています。

理由は、近年は中古車検索サイトで複数の中古車を比較する利用者が増えているためです。あまりに相場から離れた価格を付けた中古車は売れ残ってしまうわけです。

このような背景から、中古車販売価格に販売店が過剰な利益を乗せているというケースは、少なくなっているといえるでしょう。

この記事を書くにあたって、筆者は実際に中古車販売店を営むショップオーナーにも話を聞きましたが、やはりほぼ同じ見解でした。

このような事情から、なかには「中古車価格に利益を乗せられない分、諸費用で利益を出すしかない」というショップもあるようです。

したがって、「車両本体価格だけを見れば、業者オークションと販売店の相場が著しくかけ離れているケースは少ない」というのが筆者の見解になります。

では、実際に車両価格を以下で比較してみましょう。

どちらが安い?業者オークションと中古車販売店の販売価格を比較

前提として、車両の状態で多少の差があることを理解しておいてください。当然ながら、内装・外装ともにきれいな状態であるほうが、車両価格は高くなります。

しかし、業者オークションでは評価点、中古車販売店では写真と記載内容で比較するしかありません。全く同じ中古車が2台存在しないという都合上、完全な比較は難しいことをご了承いただければと思います。

今回、以下の中古車条件で比較しました。

比較車両

  • ホンダ/オデッセイ
  • 型式/RB1
  • 年式/平成19年
  • グレード/アブソルート
  • 走行距離/80,000km前後
  • ボディ色/白
  • 修復歴/なし
業者オークション価格

  • 評価点/5点満点中4点(判断基準レベル:程度良し)
  • 相場価格44~49万円
  • 走行距離81,000km
販売店価格

  • 本体価格59万円
  • 走行距離83,000km
  • 車両状態記載:内装・外装ともに非常にきれい
  • ※販売店保証3カ月、3,000km含む
    ※車検整備含む(法定24カ月点検整備付)

比較結果:業者オークションの車両販売価格が10~15万円安い

業者オークションのほうが、10万~15万円安いという結果になりました。ただし、購入時には業者オークション代行費用が別途必要となるため、実際には上記価格の差は5万円程度縮まります。

また、販売店の価格には走行保証と車検整備が含まれていることから、著しい価格差にはならないといえるでしょう。

業者オークションと買取価格を比較

では、売却するときの買取価格ではどのような差があるのでしょうか。

購入時と同様に、程度によって価格差が生じる場合があり、全く同じコンディションで比較することはできませんが、以下を参考にしてください。

今回比較した車両は、下記のとおりです。

比較車両

  • トヨタ/イスト
  • 型式/NCP110
  • 年式/平成20年
  • 走行距離/70,000km前後
  • 修復歴/なし

比較結果は以下のようになっています。

業者オークション価格

  • 評価点/3点(判断基準レベル:普通)
  • 相場価格26~30万円
  • 走行距離81,000km
販売店・買取店の買取価格

  • 本体価格32.5万円前後
  • 走行距離75,000Km

※グレード、ボディ色指定なしのため、多少前後する可能性あり

比較結果:買取価格は業者オークションと販売店買取価格にほぼ差がない

買取価格では、業者オークション価格と販売店買取価格にほぼ差がありませんでした。

ただし、販売店の買取価格は色や買取時期、車両の程度を指定しない平均値であるため、多少前後する可能性があります。

中古車売却時の注意点として、内装・外装や機関部分が価格に影響を与える場合も多いため、正確な金額を出すには、実際に査定してもらう必要があるでしょう。

筆者おすすめのオークション代行:カーオークション.jp

これまで、業者オークション代行サービスについてご紹介してきましたが、代行業者は数多く存在しています。「どの業者を選んだらいいのか分からない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、筆者おすすめのオークション代行業者をご紹介します。選定のポイントは以下です。

  • 大きな不具合があったときにクレームを入れられる業者か
  • できる限り細かく車の状態を教えてもらえるか
  • 料金体系が明確かどうか

といった3点です。この3つのポイントで業者を厳選した結果、筆者は「カーオークション.jp」をおすすすめします。

カーオークション.jp 公式サイトTOP

カーオークション.jp 公式サイトはこちら

カーオークション.jpをおすすめする理由は、

  • オプションで「カーオーク保証」を付けられる
  • 名義変更などの代行サービスも併せて利用できる
  • 中古車の検索が簡単
  • 画像付きレポートがある
  • 料金体系が明確に提示されている

などがあります。

特に、「カーオーク保証」は最大251部位の修理保証が付けられますので、業者オークション利用時のリスクを低く抑えることができます。

そのため、「安心して安く買いたい」「大手の代行業者を使って上手に売却したい」という方にピッタリのサービスです。

業者オークション代行を活用するための必須知識

業者オークション代行を利用する際、購入時と売却時ともに「必ず押さえておくべきポイント」があります。それぞれ簡単に解説していきます。

購入時の指標となるのは「評価4点」以上

業者オークションでは、専門の検査官が審査を行った後、それぞれの車両に「評価点」を付けます。評価点の付け方はオークション会場によって少し異なりますが、おおむね共通しているのは下記のような基準です。

業者オークションの評価水準
総合評価 内装・外装
S点
(新車レベル)
A
(そのまま展示可能なレベル)
6点
(走行30,000km未満で、新車レベル)
5点
(走行60,000km未満で、非常に程度が良い)
4.5点
(走行100,000km未満で、内装・外装ともに軽補修すれば5点に達する)
B以上
(補修の必要がないレベル)
4.0点
(走行150,000km未満で、補修によって程度が良くなる)
C以上
(目立つ傷や劣化が見られるため、若干の補修が必要なレベル)
3.5点
(多少の板金・補修が必要)
D以上
(板金や修復の必要な箇所が複数あるレベル)
3点
(全補修前提となる)
E以上
(全補修・交換を必要とするレベル)
2点
(商品価値が低い)
商品価値が低いと判断される中古車
1点
(商品価値が判断できない状態)
改造車・災害車・競技車両・粗悪車
R点、A点 修復歴有車両
×点 レプリカや旧車などで商品価値が判断できないもの

上記は、実際に出品票に記載される配点を分かりやすく説明したものです。

業者オークションで中古車を購入するときは、上記表の「総合評価4点以上」を目安にすることで、粗悪車に当たる確率を低くすることができます。

また、代行業者に中古車を探してもらう際も上記の基準を伝えたほうが、ご自身のニーズや希望により近い中古車を見つけやすくなります。ぜひ参考にしてください。

売却時は目立つ傷のみ補修して出品

先述した「業者オークションの評価水準」をご覧いただくと分かるとおり、業者オークションでは目立つ傷があると評価が大幅に減点されます。

特に、中古車販売店が多く参加している業者オークションであるため、「内装・外装のきれいさ」は非常に重要な評価ポイントとなっています。

したがって、目立つ傷の補修を出品前に完了させておけば、より高額で売れる可能性も高くなるうえに、売れ残りのリスクも抑えることができるでしょう。出品する際には、ぜひ参考にしてください。

まとめ

いかがでしたか。今回は、中古車の業者オークションのメリット・デメリットと、代行を利用する上で知っておくべきポイントをお伝えしました。再度、以下にポイントをまとめます。

  • 中古車販売店よりも安く購入でき、高く売却できる可能性がある
  • 業者オークションには多少のリスクが伴う
  • 自動車関連知識がある方にとってはメリットが大きい
  • おすすめの業者オークション代行は「カーオークション.jp」
  • 購入時は「評価4点以上」を要チェック
  • 売却時は目立つ傷のみ補修して出品すると高く売却しやすい

ここまで読んで業者オークション代行を利用したい、と思った方は、上記ポイントを押さえた上でおすすめサービスをぜひ活用してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで最新情報をチェック